10月・11月・12月におすすめ!縄文杉&白谷雲水峡2日間セットツアー募集中!

ガイド愛用の登山ギア・山道具を公開

こんにちは。屋久島オーセンの佐藤です。

ガイドという仕事上、登山のアイテムは仕事の相棒として、こだわりを持って選んでいます。

年間、約200日ほど大小問わず山を歩いている中で、「この装備があって良かった!」というものを選んでみました。

ぜひ、山の装備の参考にしていただければと思います。

登山装備・アイテムを選ぶときの自分的こだわり

登山装備・アイテムを選ぶときのポイントは自分的にいくつかありまして、

  • 体に当たるものはフィット感を大切に
  • 軽量性と丈夫さ・便利さのバランスをとる
  • 普段使いができるものを積極的に選ぶ
などを気をつけています。

体に触れるものはフィット感にこだわる

当然といえば当然なのですが、ウェア・靴・ザックなどの直接体に当たるアイテムはフィット感を大事にします。

フィット感はサイズ的なことだけではなく、素材的な部分も含めてです。

少しだけ我慢すればいいや、というサイズは良くなくて、長時間使用しているとその部分から痛みが出て、がまんできなくなります。

軽量性と丈夫さ・便利さのバランスをとる

軽量であれば相対的に耐久性が低くなりがちになります。

一方、便利な道具ほどたくさんの機能が付加されて重量が重くなりがちになります。

自分のスタイルに合わせて、ああだこうだと考えながら道具を選ぶ時間が楽しいのですが、軽量性・機能性・耐久性のバランスを考えるのが大事です。

普段使いができるものを積極的に選ぶ

山だけではなく、普段から使えるようなアイテムがあれば積極的に街使いもします。

色んな場所でたくさん使ったほうが、愛着が湧くし、長く使えるからです。

なので、山だけで使うにはちょっと高いなと思うものでも、普段も使えるものを買えば、結果的には安い買い物だったりします。

 

では、現在(旧モデルもあり)活躍中のアウトドアアイテム・装備をご紹介します。

登山おすすめ装備・アイテム|ザック・バッグ

体に合ったザック、軽いザック、使いやすいザック。ザック類に求めるものがぼくは多いほうかもしれません。いろんなザックを背負ってみたい!

グレゴリーバルトロ

荷物を軽くする魔法のフィット感。

「そのフィット感が再び僕を山に登れるようにしてくれました。」

ガイドの仕事で体を酷使しすぎたのか、ただ不摂生が積み重なったのか、一時期ザックを背負うと、腰痛がひどく、歩けないほどの痛みで悩まされたことがありました。

もう、ガイドも引退かと思われた時に救ってくれたのが、このグレゴリーのザックバルトロでした。

グレゴリーのバルトロシリーズは大型ザックで65リットル〜85リットルのラインナップ。女性用モデルとしてはディバが相当します。

ある程度重量のある荷物を背負った時の、体への装着感と、上半身への負担の少なさは脱帽です。

背負うと実際の重量より軽く感じるという程のフィット感。

グレゴリーのバルトロに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

【レビュー】グレゴリーバルトロ75L(2018)は背負い心地最高の体に優しい大型ザック

マウンテンハードウェア スクランブラー

生地自体が防水!ザックカバーは必要ありません

主に日帰り登山&普段遣いもしてしまうザック。

オーセンでもツアー参加者に無料レンタルしているザックです。

容量35リットルなので、日帰りツアーにも、宿泊ツアーにも使っています。(宿泊ツアーはガイドが食材を持つのでこの容量でなんとか大丈夫)

生地自体に防水性があり、ザックカバーを使用せず、内部にビニール袋を入れ、防水性を高めています。

背面にはウォーターバッグを入れるスペースがあるのですが、ちょうどmacbook proの15インチを入れるのにピッタリ。

普段遣いにもバッチリです。

アークテリクス MAKA2

小さいのにたくさん入る。デザインが美しい

アークテリクスはカナダのアウトドアメーカー。

なんでも、本気のものづくりをする大好きなメーカーです。

でもそのかわり、お値段もお高めのものが多い(けど、モノがいいから長く使えます)。

このウェストバッグのMAKA2も実は2個めのアイテム。

先代よりも、サイズアップ&各所をマイナーチェンジしたことで、さらに使いやすくなりました。

スマホと財布と鍵を入れるのにちょうどいいし、内部の荷物を減らせば500mlのペットボトルだって入りますよ。

スポンサードサーチ

登山おすすめ装備・アイテム|ウェア

毎年、新商品が出るたびに目移りしてしまうウェア類。

アークテリクスのアルファFLジャケット

機能とデザインを両立したジャケット

晴れた日でも信用できない屋久島のお天気。登山に欠かせないのがしっかりとしたレインウェアです。

アークテリクスのレインジャケットの特徴は、体の形に合わせたストレスフリーなシルエット。そのこだわりは良好な視界を確保するフードにも現れています。

もちろんゴアテックスを使用しているので防水透湿性能も世界トップレベルの品質。

さらにデザインが美しいので、雨の日の自分写真もかっこよく撮れますよ。

軽量性にもこだわっているのでザックにいつも入れておけば、ウィンドブレーカーとして利用してもOKです。

ちょっと値が張りますが、デザインが良く普段使いも可能なので着回しが利くアイテムです。

今はこのモデルも廃盤になってしましたが、近いモデルのアルファFLジャケットがありますよ。

モンベルのウールのアンダーウェア

汗冷えしないのはウールだから

汗をかいたり、雨で濡れたりしても体が冷えすぎることがないのがウールの特徴。ぼくはアンダーウェアはウールを好んで着ています。

肌に触れる部分の衣類は素材が非常に大事で、コットンやレーヨンが含まれていると濡れた時に体を冷やすので、肌着には適していません。

モンベルのウールのアンダーウェアは厚みが選べて、お値段もお手頃です。春や秋には欠かせないアイテムなのです。

パタゴニアのフリースR2

定番のフリースR2は汎用性の高さが魅力

昔から決めているわけではないのですが、必ずいつもワードローブに入っているパタゴニアのフリースR2。

不満点がないので他のメーカーを試す気も起きないのだと思います。

新しいパタゴニアのフリース R 2は以前と比べてタイトな作りになり、高くなった襟が空気の侵入を防いでくれます。保温力も以前より高まりました。

これもパタゴニアR2も普段使いができてしまうので、ジーンズに合わせやすいです。
パタゴニア公式サイト メンズ・R2ジャケット クライミング Sediment

フーディニのパンツ

北欧のブランドはおしゃれすぎる

僕には十分すぎるくらいに、おしゃれなパンツでした。
フーディニは北欧スウェーデンのブランド。

ストレッチの利いたこのパンツはスリムなシルエットだけど動きやすいパンツ。その美しいシルエットのおかげでアウトドアっぽいワイルドな印象は薄く、街でも履けてしまいそうな雰囲気。

普段着のまま、山に来ましたっ!ていう感じになります。

現在は新しいモデルに生まれ変わっています。

パタゴニアのハーフパンツ

登山にもランにも、ちょっとした水遊びにも1枚で済みます

夏の暑い時期の登山は長ズボンだと蒸れてしまって、快適に歩けません。

そんな時はハーフパンツで涼しく歩くのが好みです。

このパタゴニアのショートパンツならば軽量なのに丈夫なので、普段のランに使ったり、ちょっとした水遊びならそのまま飛び込んで濡らしてしまってもすぐに乾くのでお気に入りです。
パタゴニア公式サイト メンズ・クアンダリー・ショーツ クライミング Forge Grey

スポンサードサーチ

登山おすすめ装備・アイテム|ギア

小さいながらも重要な小物たちをご紹介。アイテムに隠されたギミックを知り・使うのがアウトドアの醍醐味!

シダス アウトドア3D

コンパクトだからザックの中にいつも入れておける

コンパクトなのに明るさも200ルーメンと十分なスペックのペツルのヘッドライトジプカ。

面白いのが、後ろの丸いプラスチックを引っ張れば、リールに巻かれた紐がスルスルと出てきて、頭に装着できること。

ベルト式のものに比べればフィット感は劣るけど、あるく分には十分すぎるほどの固定力です。

コンパクトだからいつもザックの中にしまっておけます。

乾電池でもOKだし、別売りの専用バッテリーならばUSBで充電可能。

モバイルバッテリーを持ってい行くならば予備電池が要りません。

シダス アウトドア3D

お手持ちの靴をランクアップしてくれるシダスのインソール

インソールひとつでここまで登山靴の快適さが変わるのかと思わせてくれたアイテムです。

登山靴を自分の足にフィットさせるのってすごく繊細な作業です。

特に足裏のフィット感までぴったりな靴を探すのは本当に難しい。

そんな、足裏のフィット感をサポートしてくれるシダスアウトドア3Dのご紹介です。

【シダスのインソールレビュー】「アウトドア3D」は効果抜群!登山時の足裏の痛み解消

SOTO ウィンドマスター

風の中でも一点集中の炎ですばやくお湯を沸かすスゴイやつ

寒冷な山中で飲む一杯の温かいコーヒーは体と同時に心も温めてくれます。

欲しいときにすぐにお湯が沸かせるというのは山ではとても重要なこと。

日本のメーカー新富士バーナーの「SOTO ウィンドマスター」は風の影響を受けにくい構造と、一点集中の炎で短い時間でお湯を沸かしてくれるすごいヤツです。

さらに、コンパクト設計なので持ち運びが楽な上、セッティングも簡単なので時間の節約にもなります。

SOTO ウィンドマスターについては以下の記事からどうぞ

SOTO(ソト)のバーナー『ウインドマスター』は登山で早く簡単にお湯を沸かしたい人におすすめ【レビュー】

登山おすすめ装備・アイテム|登山靴・ソックス

足元の装備はとてもデリケートなもの。シンデレラフィットする登山靴を日々探しています。

モンベル登山靴

驚異的なグリップ力を発揮するモンベルのソール「トレールグリッパー」

気づけば、2018年にはモンベルの登山靴を2足購入するほどの定番登山靴になってきました。

雨が多く、根っこや木道を歩くことが多い屋久島の登山道では、滑らないという事が登山靴の条件です。

どんなにいい登山靴で、有名ブランドでも滑りやすい登山靴は屋久島では使えません。

モンベルの登山靴については以下の記事からどうぞ

屋久島にモンベルの登山靴が全力でおすすめな理由

スポンサードサーチ

登山おすすめ装備・アイテム|キャンプギア

ぼくは年間何十日も山で寝ます。そんな時に必要な道具たちをご紹介。

モンベル ダウンハガー800#3

屋久島の3シーズンに使いやすいモンベルのダウンハガー800#3。

ダウンの品質といい、買いやすい価格といい、非常にコストパフォーマンスに優れています。

【レビュー】モンベルのシュラフ【ダウンハガー800#3】が登山初心者におすすめな理由

サーマレスト ネオエア Xサーモ

マットレスの暖かさはシュラフと同じくらい重要

山で寝袋を使って寝るときに、マットレスの重要性を教えてくれたアイテムです。

シュラフを選ぶ時は寒くないようにスペック(使っているダウンの重量など)を気にしますが、それと同じくらいマットの暖かさも寝るときの快適性を左右します。

いや、むしろマットの暖かさによって、寝袋のスペックをワンランク落としてもいいくらいです。

このマットレスならば地面からの冷えを防ぎ、体からの熱を保温してくれ、寝てる間も背中がじんわりと暖かく感じます。

「氷の上でも眠れる」のウリ文句は伊達ではありません。

山の疲れをしっかりとってくれる睡眠アイテム。ぼくが激推しする一品です。

登山おすすめ装備・アイテム|便利グッズ

山道具ではないものの多用途であると便利なものを選んでみました。意外なアレが使えます。

ジップロック

絶対に外せない、アウトドア装備といえばジップロックです。

多用途に使えて、軽く、安価。

衣類の防水にも、小物の仕分けにも、調理道具にも、ゴミ袋にもなるスグレモノです。

また、袋タイプ以外にもスクリュータイプのものは食器としても、ご飯とおかずを詰めて弁当箱として利用することができます。

あまりに、当たり前の存在しすぎて忘れがちになりますが、おすすめ登山装備からジップロックを外すわけにはいきません。