メニュー
>> 屋久島ツアーおすすめと選び方

屋久島のベストシーズンと季節の特徴について

太鼓岩

「屋久島のベストシーズンはいつですか?」

屋久島でガイドの仕事をしている時に、お客様によく聞かれる質問の一つです。屋久島観光にも色々ありますが、登山するなら寒くないほうがいいし、夏の台風は避けたいし・・・と、みなさん屋久島旅行の季節についてはとても迷われるようです。

また、屋久島のツアーホテルなどの料金も季節によって大きく違ってきます。

基本的には屋久島でどんなアクティビティをするかによって、屋久島のベストシーズンは変わってきます。春や秋なら登山が気持ちいいし、夏なら川や海で遊ぶのがいいです。

ただ、それだけではなく屋久島の旅行の季節を選ぶには、

  • 台風の季節がいつなのか
  • 混雑するハイシーズンを避けて
  • 旅行代金が下がるオフシーズンを狙って

など、いろいろと選ぶポイントもあります。

ということで、屋久島の季節の特徴について、いろいろまとめてみました。あなたにとってのベストシーズンが「いつ」なのかぜひ参考にしてみてください。

本記事の著者

ネイチャーガイド歴17年。
埼玉の秩父出身⇨大学で森林生態学⇨専門学校で環境保全⇨屋久島移住&ネイチャーガイドショップ運営。
年間200日ほどガイドツアーを行う
⇨現在、拠点を関東に移し活動中!

森の中が好き!
読みたいところから

春シーズン 3月・4月・5月の屋久島

南の島である屋久島の春シーズンははちょっと早く3月〜5月頃。でも、3月は雪が降る可能性もあるという事を踏まえつつお読みください。

春の縄文杉や白谷雲水峡はベストシーズンのひとつ

3月・4月は寒さも残る

春の縄文杉や白谷雲水峡はベストシーズンの一つ。気候も暖かくなり始め、登山をするのにも気持ちのいい季節です。

ただ、縄文杉や白谷雲水峡などは標高700m〜1300mほどの場所なので、3月中に寒波が来てしまうと雪が降る可能性もまだあります。そうする、車道が通行止めで行けない時もあるので、3月に旅行を予定する方はそこは覚悟しておいてください。

  • 3月は雪が降る可能性があるものの、4月や5月はちょうど良い季候
  • 3月の連休やゴールデンウィークは混み合いますが、それ以外の時期は混雑しすぎることがありません

夏の本格的なシーズンの前なので、人も少なく山歩き・森歩きも静かに快適です。

寒い日もあれば温かい日もある春の気候。3月後半から5月中旬ころまでは本当にいい季節です。

春の季節の宮之浦岳・黒味岳トレッキングは要注意!寒さ対策を

とはいえ、標高1800m以上の山岳地帯は注意が必要です。というのも、標高が高いので気温が低く、3月中は雪が残る可能性もあります。4〜5月でも雨が降ればかなり寒くなります。

積雪の状況などは屋久島観光協会に問い合わせるといいでしょう。ただ、その後の梅雨に比べれば天気の良い日も多いので、悪天候に見舞われなければ気持ちの良い登山ができそうです。

  • 梅雨前の比較的天気の良い季節です。
  • 特に5月中旬からは標高1,300m以上ではヤクシマシャクナゲが咲き、登山ファンで山は賑わいます。
  • 新高塚小屋や高塚小屋、淀川小屋などの山小屋が賑わうのもこの季節です。(ゴールデンウィーク期間中の山小屋は、定員オーバーで大変混み合います。)

春の屋久島についてもっと詳しく知るなら以下の記事を御覧ください。
≫春の屋久島の観光情報 3月・4月・5月ころ

春の屋久島の登山について、何を着ていけばいいのか悩んでしまったら以下の記事が参考になります。
≫屋久島の服装おすすめ|春と秋

梅雨シーズン 6月・7月の屋久島

ただでさえ雨の多い屋久島です。それが梅雨の季節はさらにさらに雨が多くなります。

誇張するわけではなく本当にもう毎日が雨です。雨が降る頻度も、降る量もおおくなります。もし、晴れの屋久島を期待するなら、別のシーズンにしたほうがいいです。

が、雨のしっとりとした屋久島の森を見るなら、この季節を狙ってもいいのではないでしょうか?白谷雲水峡の苔などは本当にきれいで、生き生きしています。

梅雨の縄文杉&白谷雲水峡は雨覚悟

雨は白谷を美しくする
  • 6月ころから梅雨に入ると屋久島は雨の日が多いです。もう一度言います。雨が本当に多いです!
  • 一年の中でも登山者が少ない季節ですので、どこも混雑することなく登れます。

屋久島の梅雨の雨は本当に手強いです。登山が中止になる可能性も高い季節ですが、人も少ないので静かな森を楽しめます。7月後半ころに屋久島の梅雨は明けます。

6月〜7月の時期の屋久島のおすすめについてもっと詳しくはこちらから。
≫6月・7月の梅雨の屋久島おすすめポイント。天気や混雑具合は

梅雨〜夏の屋久島の登山について、何を着ていけばいいのか悩んでしまったら以下の記事が参考になります。
≫夏の屋久島の気温とトレッキングの服装ー6月・7月・8月・9月

梅雨時期は雨が弱ければ森歩き。災害級の雨ならホテルステイを楽しむ

梅雨時期の白谷雲水峡やヤクスギランドの森の美しさは、「これこそ、屋久島の森!」と言えるほどの美しさです。ただ、それはほどほどの雨の日の話であって、ひとたび大雨が降れば災害級の危険性もあり得ます。

そんな時は、自然の力に抗うこと無く、麓の安全なところでゆっくりと過ごすに限ります。幸い屋久島には温泉もありますし、リゾートホテルなどもあります。そんな日を見越して温泉巡りや、ホテルステイなどに予定を変更してしまうのもいいでしょう。

屋久島のホテルについては以下の記事でもご紹介しています。

≫屋久島のおすすめ温泉付きホテル&温泉が近いお宿15選

≫屋久島のホテル・民宿は何処に泊まればいい?おすすめの宿まとめ

夏シーズン 8月・9月の屋久島

一年のうちで一番賑わいをみせるのが夏の屋久島。夏休みやお盆休みを利用して、たくさんの人が屋久島にいらっしゃいます。登山だけではなく、カヤックやダイビングも楽しめるのもこの季節の魅力です。

夏の縄文杉&白谷雲水峡が一番賑わいます

  • 夏休みシーズンに入り、登山者が多くなります。
  • 比較的8月下旬〜9月初旬は登山者が少なめで穴場。
  • 台風が発生・襲来する季節になります。天気予報はこまめにチェックして下さい。

梅雨が明けると晴れる日も多くなります。気温が高めですので熱中症に注意です。

夏の宮之浦岳登山は暑さに注意

夏のオンシーズンも時期を選べば静かな森を楽しめます

』は日が長く、登山にもいい季節ですが、宮之浦岳や黒味岳などの森林限界を超える山では、直射日光による暑さに注意が必要です。

水分補給をしっかりしないと、南国の強い日差しで、熱中症や脱水症状などのリスクが高まります。真夏の宮之浦岳登山は注意が必要です。

夏の時期の屋久島のおすすめについてもっと詳しくはこちらから。
≫夏の屋久島|気候・混雑状況・おすすめスポット【8月〜9月】

夏の屋久島の登山について、何を着ていけばいいのか悩んでしまったら以下の記事が参考になります。
≫夏の屋久島の気温とトレッキングの服装ー6月・7月・8月・9月

夏はダイビング・カヤック・SUP・沢登りが気持ちいい!

ダイビング、シュノーケル、カヤック、沢登り、SUPなどなど、屋久島は山だけでなく水のアクティビティも最高です!

しかも透明で美しい屋久島の「水」。できればたくさんの人にその素晴らしさを知っていただきたいです。

水のアクティビティが、寒さを気にせず楽しめるのは「7月・8月・9月頃」。この季節は屋久島の水であそんで頂きたいです。
≫目がキラキラ!子連れ家族旅行におすすめは屋久島の水遊びと森あるき

登山だけでなくカヤックやダイビングなども楽しめるのがこの季節のいいところ。どんなアクティビティを予約したらいいのか迷ったら、じゃらんの体験予約が種類も豊富で選びやすいです。
≫【クーポンは要チェック】じゃらん体験予約で屋久島の遊びを探す

秋シーズン 10月・11月の屋久島

秋の縄文杉&白谷雲水峡は静かでかなりおすすめ

  • 気温が下がり、歩きやすくなる季節です。日照時間が短くなるのでヘッドライトは忘れずに。
  • 連休の時だけ集中的に縄文杉ルートは混雑。それ以外は穴場の季節。

春と同様、気温差の大きい季節です。でも、静かで良い森を楽しめるいい時期です。

秋の登山は涼しく快適に歩ける

  • 日照時間が少なくなるものの気候的には登山に良い季節。
  • 秋晴れが続く時期にぴったりはまれば、屋久島といえども雨に降られずに済むかもしれません。
  • 10月は山小屋も混雑しがちですが・11月になると徐々に減っていきます。

秋の時期の屋久島のおすすめについてもっと詳しくはこちらから。
≫秋の屋久島は静かな森を楽しめるベストシーズンのひとつ

秋の屋久島の登山について、何を着ていけばいいのか悩んでしまったら以下の記事が参考になります。
≫屋久島の服装おすすめ|春と秋

冬シーズン 12月・1月・2月の屋久島

冬の縄文杉&白谷雲水峡は積雪の可能性あり

  • 冬の1月〜2月は屋久島の山は積雪の可能性もあります。その場合は中級者向けとなり、装備や技術も必要となってきます。
  • 積雪がなければ登山は可能です。登山者は少なめ。特に混み合うことはないでしょう。
  • 積雪があっても、暖かい日が続けば雪が溶けてしまうことも。登れるかはタイミング次第です。

山の上は雪の可能性もあるのがこの季節。でも飛行機も安くなるのでお得な季節でもあります。

冬の宮之浦岳は雪の可能性大です。かなり経験者向き

屋久島の1月と2月の山
平石から九州最高峰の宮之浦岳を眺める
  • 雪の多い年は、しっかり雪山登山になります
  • 屋久島頂上は理論的には北海道の気温と一緒
  • 万全な装備で行動して下さい

台風を避けられる季節はいつ?

気になるのは、屋久島の台風シーズン。台風が近づくと船も飛行機も運行停止で屋久島行くことも、出ることもでき無くなってしまいます。

結論から言うと、台風が屋久島に近づく可能性があるのは4月〜11月。

実は観光にちょうどいい季節はほとんど、台風の可能性があるのです。ただ、やはり夏場が台風の中心です。詳しくは以下の記事で解説しています。
≫屋久島旅行直前に台風発生! 台風を避けられる季節はあるの?

季節が決まったら、屋久島旅行の予約は早めが鉄則な2つの理由

屋久島に行く季節が決まったら、早めに旅行の予約をしましょう。その理由は2つあります。

海外旅行並みに旅費が高い屋久島 早めの予約が費用を抑えるコツ

屋久島旅行は国内旅行なのに海外旅行並みに旅行費用が高いです。

主な理由は、飛行機や船を乗り継ぐことで交通費が高くなるのと、国内旅行の相場よりホテルなどの宿泊施設の価格が高めだからです。

なので、国内旅行だからといって直前に飛行機やホテルを予約すると、「海外旅行に行けるくらいの値段!」とビックリしいます。とくに大型連休の時は値段が跳ね上がります。

旅行費用を抑えるコツは早めに予約をすること。旅行の日程が決まったらすぐにでも飛行機とホテルの予約をしてしまいましょう。滞在中のトレッキングツアーなどは、別途調べて予約することもできます。

島へ渡航する手段は飛行機と船 人気の季節はすぐに満席になります

もうひとつ、早めに予約したいのは屋久島に渡る飛行機や高速船などの座席数に限りがあるからです。

飛行機は小型のプロペラ機しか着陸できない屋久島空港。そのため、座席数が少なく70人乗りか48人乗りのものを使用しています。だから、人気の路線や日程や時間帯はすぐに満席になってしまいます。

それに加え、屋久島空港へは1日に1便〜数便の運行しかありません。満席のためにちょうどよい乗り継ぎの飛行機が取れず、何時間も待たされてしまうなんてこともあります。

希望の飛行機に乗るためにも早めの予約がおすすめなのです。

屋久島旅行におすすめのツアー予約サイト

屋久島旅行の予約は簡単で便利なネット予約がおすすめです。以下に屋久島におすすめの旅行予約サイトをご紹介します。

楽天トラベル

屋久島の選べるお宿の件数が一番多いのが楽天トラベル。価格帯も安いお宿から高級路線のお宿まで、一通り揃っています。逆に多すぎて選ぶのに困ってしまうかも知れませんが、口コミを確認するなどして希望のお宿を選んでください。

また、お宿と一緒に飛行機も予約できるので、旅行の予約を一つにまとめることができます。他の旅行サイトでは高いホテルしかツアーで選べない時も、楽天トラベルなら安い価格帯のお宿と合わせて旅行費用を節約することができます。

そして、楽天ポイントを活用する方にとっては、旅行の予約に楽天ポイントを使えて・貯める事ができるのが何よりも魅力。屋久島旅行は大きい出費を伴うので貯まるポイント数も大きいです。最後に、クーポンやセールなどの大幅値引きのタイミングも見逃せませんね。
≫楽天トラベルの公式サイトで探す
≫楽天トラベルのクーポンページをチェックする

JALツアー

安心・高品質のJALツアー。屋久島の飛行機を使った旅行に強いのがJALツアーです。お宿も基本的には高価格帯のホテルが揃っているので、お目当てのホテルに安心して宿泊するならJALツアーがいいです。

JALで予約できるツアーは、トレッキングツアーもセットになったJALパックツアーと、好きな飛行機とホテルを自由に組み合わせられるJALダイナミックパッケージツアーの2つがあり、好きな方を選択できます。

高額になりがちな屋久島旅行だからこそ、安心感のあるツアーを選ぶならJALツアーがおすすめです。
≫JALパッケージツアーで探す
≫JALダイナミックツアーで探す

じゃらん

楽天トラベルに比べるとやや数は少なくなるものの、じゃらんも選べるお宿が多い旅行予約サイトです。

好きなお宿と飛行機を組み合わせられるじゃらんパックも選べるので、一つのサイトでまとめて予約ができて便利です。さらに、じゃらんでは現地のアクティビティの予約もできるので、縄文杉のトレッキングツアーなども一つのサイトでまとめられます。

じゃらんもpontaポイントを使えて・貯められるので、普段からpontaポイントを利用している方は、屋久島旅行もお得にしちゃいましょう。
≫じゃらんでホテルとツアーを探す
≫じゃらん体験予約で現地ツアーを探す

近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリストでは、テーマに特化したパックツアーを展開する「クラブツーリズム」のツアーを予約することができます。

お一人様専用のツアーやトレッキング付きツアーなどがあり、自分にぴったりのツアーがあれば、簡単に予約を完了することができます。

その他にもハイクラスなホテルを利用するツアーや、屋久島と一緒に指宿を周るツアーなどがあるので、どれにしようか迷ってしまうほどです。
≫ 近畿日本ツーリスト屋久島ツアー 首都圏発で探す
≫ 近畿日本ツーリスト屋久島ツアー 中部発で探す
≫ 近畿日本ツーリスト屋久島ツアー 関西発で探す
≫ 近畿日本ツーリスト屋久島ツアー 東北発で探す
≫ 近畿日本ツーリスト屋久島ツアー 東北発で探す
≫ 近畿日本ツーリスト屋久島ツアー 中国発で探す
≫ 近畿日本ツーリスト屋久島ツアー 九州発で探す

HIS

比較的価格を抑えつつも、テーマのあるパックツアーを揃えるHIS。とくに屋久島のツアーではトレッキング付きのツアーの種類が多いです。

縄文杉だけではなく、白谷雲水峡や宮之浦岳縦走などいろいろと選ぶこともできます。
≫ HIS屋久島ツアー中部発で探す
≫ HIS屋久島ツアー九州発で探す
≫ HIS屋久島ツアー関西で探す
≫ HIS屋久島ツアー首都圏発で探す

屋久島におすすめのツアー予約サイトについて詳しくはこちら

屋久島におすすめのツアーについてはこちらの記事にまとめました。

≫ 屋久島ツアー旅行予約サイト比較

各旅行予約サイトのクーポンセール情報はこちらにまとめました

旅行予約サイトをお得に利用する「クーポン・セール情報」はこちらにまとめています。

≫ 屋久島旅行の予約前にチェック!クーポン・セール情報まとめ!

「混雑」覚悟の屋久島のハイシーズンは?

屋久島旅行の標準的な日数は3泊4日。屋久島までの移動に多くの時間を費やしてしまうので、実質的に遊べるのは中2日となります。

大型連休や夏休みなど、中〜長期でお休みが取れる期間に人が集中します。特に混み合うのは以下の時期でしょう。

  • ゴールデンウィーク(4月下旬〜5月中旬)
  • お盆休み(8月中旬)
  • シルバーウィーク(9月の連休)
  • 土日+祝日を併せた3連休がある時

3連休以上のお休みがあると、その前後に有休などをプラスして屋久島旅行をされる方が多いようです。

これらの時期は飛行機の値段も高くなりますし、屋久島のお宿やレンタカーなどもすぐに埋まってしまうので早めの予約が必要です。

≫ 屋久島のホテル・民宿は何処に泊まればいい?おすすめの宿まとめ

≫ 屋久島のおすすめレンタカー【宮之浦・空港・安房】乗り捨て利用が便利

読みたいところから
閉じる