屋久島ネイチャーガイドツアー ご予約受付中!!ご予約はこちらから

屋久島のベストシーズンについて

太鼓岩

「屋久島のベストシーズンはいつですか?」

屋久島ででガイドの仕事をしている時に、お客様によく聞かれる質問の一つです。登山するなら寒くないほうがいいし、夏の台風は避けたいし・・・と、悩むところです。

結論から言うと、屋久島のベストシーズンは何をして遊ぶかによって変わってきます。

屋久島は海・山・川と遊べる場所が豊富で、登山・ダイビング・カヤックなど多彩なアクティビティが楽しめる場所。自分が楽しみたいアクティビティでおすすめの季節が変わってきます。

ということで、季節ごとにおすすめのアクティビティを考えてみましたので、よろしければ御覧ください。

読みたいところをタップ

春シーズン 3月・4月・5月の屋久島

春の縄文杉や白谷雲水峡はベストシーズンのひとつ

3月・4月は寒さも残る

春の縄文杉や白谷雲水峡はベストシーズンの一つ。ただ、標高700m〜1300mほどの場所なので、3月前半は雪が降る可能性もまだあり、年によっては車道が通行止めで行けない時も。

  • 3月は雪が降る可能性があるものの、4月や5月はちょうど良い季候
  • 3月の連休やゴールデンウィークは混み合いますが、それ以外の時期は混雑しすぎることがありません

寒い日もあれば温かい日もある春の気候。3月後半から5月中旬ころまでは本当にいい季節です。

春の宮之浦岳・黒味岳トレッキングは寒さ対策を

標高1800m以上の山岳部は3月中は雪が残る年もあります。ただ、全く雪がない時もあるので、屋久島観光協会に問い合わせるといいでしょう。梅雨に入る前なので、気持ちの良い登山ができそうです。

  • 梅雨前の比較的天気の良い季節です。
  • 特に5月中旬からは標高1,300m以上ではヤクシマシャクナゲが咲き、登山ファンで山は賑わいます。
  • 新高塚小屋や高塚小屋、淀川小屋などの山小屋が賑わうのもこの季節です。(ゴールデンウィーク期間中の山小屋は、定員オーバーで大変混み合います。)

屋久島の春のおすすめツアー

雪も溶け始め、いよいよ登山の本格シーズン。山は歩きやすい気温でどこでもおすすめです。また西部照葉樹林の新緑の美しさも見ていただきたい景色です。

梅雨シーズン 6月・7月の屋久島

梅雨の縄文杉&白谷雲水峡は雨覚悟

雨は白谷を美しくする
  • 6月ころから梅雨に入ると屋久島は雨の日が多いです。もう一度言います。雨が本当に多いです!
  • 一年の中でも登山者が少ない季節ですので、どこも混雑することなく登れます。

屋久島の梅雨の雨は本当に手強いです。登山が中止になる可能性も高い季節ですが、人も少ないので静かな森を楽しめます。7月後半ころに屋久島の梅雨は明けます。

梅雨の季節のおすすめアクティビティ

山は大雨・土砂災害警報などが発令されやすい季節です。もし、危険が無いのであれば梅雨のしっとりとした白谷雲水峡はおすすめの場所です。ただ、大雨時は川が増水しますので控えたほうがいい日もあります。

夏シーズン 8月・9月の屋久島

夏の縄文杉&白谷雲水峡が一番賑わいます

  • 夏休みシーズンに入り、登山者が多くなります。
  • 比較的8月下旬〜9月初旬は登山者が少なめで穴場。
  • 台風が発生・襲来する季節になります。天気予報はこまめにチェックして下さい。

梅雨が明けると晴れる日も多くなります。気温が高めですので熱中症に注意です。

夏の宮之浦岳登山は暑さに注意

夏のオンシーズンも時期を選べば静かな森を楽しめます

』は日が長く、登山にもいい季節ですが、宮之浦岳や黒味岳などの森林限界を超える山では、直射日光による暑さに注意が必要です。

水分補給をしっかりしないと、南国の強い日差しで、熱中症や脱水症状などのリスクが高まります。真夏の宮之浦岳登山は注意が必要です。

夏はダイビング・カヤック・SUP・沢登りが気持ちいい!

ダイビング、シュノーケル、カヤック、沢登り、SUPなどなど、屋久島は山だけでなく水のアクティビティも最高です!

しかも透明で美しい屋久島の「水」。できればたくさんの人にその素晴らしさを知っていただきたいです。

水のアクティビティが、寒さを気にせず楽しめるのは「7月・8月・9月頃」。この季節は屋久島の水であそんで頂きたいです。

夏の屋久島の山のおすすめは

暑い季節ですので登山は暑さ対策が大切。それでも清流の流れる白谷雲水峡はとても気持ちよく過ごせる場所です。また、縄文杉コースも水場が豊富なので、夏でも安心です。

秋シーズン 10月・11月の屋久島

秋の縄文杉&白谷雲水峡は静かでかなりおすすめ

  • 気温が下がり、歩きやすくなる季節です。日照時間が短くなるのでヘッドライトは忘れずに。
  • 連休の時だけ集中的に縄文杉ルートは混雑。それ以外は穴場の季節。

春と同様、気温差の大きい季節です。でも、静かで良い森を楽しめるいい時期です。

秋の登山は涼しく快適に歩ける

  • 日照時間が少なくなるものの気候的には登山に良い季節。
  • 秋晴れが続く時期にぴったりはまれば、屋久島といえども雨に降られずに済むかもしれません。
  • 10月は山小屋も混雑しがちですが・11月になると徐々に減っていきます。

秋の屋久島おすすめのアクティビティ

日は短くなるものの、涼しく登山のしやすい季節です。

冬シーズン 12月・1月・2月の屋久島

冬の縄文杉&白谷雲水峡は積雪の可能性あり

  • 冬の1月〜2月は屋久島の山は積雪の可能性もあります。その場合は中級者向けとなり、装備や技術も必要となってきます。
  • 積雪がなければ登山は可能です。登山者は少なめ。特に混み合うことはないでしょう。
  • 積雪があっても、暖かい日が続けば雪が溶けてしまうことも。登れるかはタイミング次第です。

山の上は雪の可能性もあるのがこの季節。でも飛行機も安くなるのでお得な季節でもあります。

冬の宮之浦岳は雪の可能性大です

屋久島の1月と2月の山
平石から九州最高峰の宮之浦岳を眺める
  • 雪の多い年は、しっかり雪山登山になります
  • 屋久島頂上は理論的には北海道の気温と一緒
  • 万全な装備で行動して下さい

屋久島旅行が格安な季節と方法

屋久島は国内旅行の中でも特に料金が高くなりがち。

少しでも旅行を格安にする方法は

格安旅行のコツ
  • 宿と飛行機がセットになったツアーを利用する
  • 早割りのチケットを取る
  • LCCなどの格安航空会社を選ぶ

の3つが代表的なものです。

パックツアー利用で屋久島旅行を格安にする

パックツアーは予め宿と飛行機がセットになっているので安いことが多いです。

ただ、注意ポイントとして格安過ぎるパックツアーは船を利用しているので、移動に時間が取られてしまいます。これだと屋久島をしっかりと楽しむことができません。

おすすめは屋久島まで船を使わず、全て飛行機を使ったパックツアー。これなら、限られた日数でもしっかりと屋久島を楽しむことができます。

おすすめの屋久島パックツアーについては以下の記事で比較しています。参考にしてみて下さい。

↓各地から屋久島への行き方については以下の記事でまとめています。

早割やLCCで屋久島の安いチケットを狙う

同じく、飛行機を使った屋久島旅行では、早めの予約で割安なチケットを利用する方法が定番です。

ご自身で手配することが多いかと思いますが、屋久島空港へ就航している飛行機は全てJAL便。なので、乗り継ぎが必要な場合もJAL便で統一しておいたほうがトラブル時に有利です。

屋久島空港へはまだLCCの就航はありません。ですが、鹿児島空港・伊丹空港・福岡空港で乗り継ぐ場合は、それぞれの空港までLCCを利用すると旅行の費用を格安にできます。

よく利用される鹿児島空港へはジェットスターやピーチなどのLCCが就航しています。

早割のチケットやLCCなどの料金を一括で検索するなら、

が料金を比較できて便利です。

屋久島はオフシーズンが快適で安いです

屋久島の飛行機・宿などが格安になる時期はやはりオフシーズンです。実際のところ、屋久島の観光で大きな出費といえば、飛行機代と宿代。

それも、屋久島のホテルクラスに泊まる場合だけで、民宿や素泊まりなどを利用すればもっと格安になります。なので、屋久島の観光を格安に仕上げるには、飛行機代が安くなるオフシーズンを選べば間違いないです。

オフシーズン=人が移動しない時期=格安な時期

つまり、人が少なく静かな屋久島を楽しめる季節でもある非常に良いシーズンなのです。なかなか、お休みを取るのが難しいかもしれませんが、他の人と休みが合わないときこそ屋久島旅行のチャンスです。

屋久島は一人旅でも楽しい島なので、急に取れてしまった休暇などに是非屋久島にいらして下さい。

森が静かなオフシーズンは?

静かな森でゆっくりカメラ撮影

オフシーズンは静かな森を楽しめ、しかも格安で旅行できるおすすめの時期です。屋久島の醍醐味は自然を楽しむこと。

それならば、人が少ないオフシーズンこそが屋久島のベストシーズンかもしれません。飛行機の料金が安くなったり、宿の予約が取りやすかったり、屋久島の観光にオススメです。

静か&格安が狙えるオフシーズン
  • 4月〜GWを外した5月
  • 8月下旬〜9月上旬
  • 連休以外の秋シーズン
  • 冬はいつでもオフシーズン

静かな屋久島を味わうならこんな季節を選ぶといいでしょう。

「混雑」覚悟の屋久島のハイシーズンは?

屋久島旅行の標準的な日数は3泊4日。屋久島までの移動に多くの時間を費やしてしまうので、実質的に遊べるのは中2日となります。

大型連休や夏休みなど、中〜長期でお休みが取れる期間に人が集中します。特に混み合うのは以下の時期でしょう。

  • ゴールデンウィーク(4月下旬〜5月中旬)
  • お盆休み(8月中旬)
  • シルバーウィーク(9月の連休)
  • 土日+祝日を併せた3連休がある時

3連休以上のお休みがあると、その前後に有休などをプラスして屋久島旅行をされる方が多いようです。

これらの時期は飛行機の値段も高くなりますし、屋久島のお宿やレンタカーなどもすぐに埋まってしまうので早めの予約が必要です。
屋久島の地域別で選ぶオススメのお宿リスト
屋久島のおすすめレンタカー【宮之浦・空港・安房】乗り捨て利用が便利

台風が心配だけど、天気の良いシーズンは?

一番気になるのは、天気の良いシーズンはいつかというところだと思います。

結論から言うと、屋久島のオンシーズンである4月〜11月の間は、どの季節も天気が悪くなる可能性があります。まず、台風の影響にはオンシーズン中は多かれ少なかれ、可能性があるようです。

詳しくは以下の記事で解説しています。

まとめ

屋久島は暖かくて、比較的登山シーズンが長いので3月〜11月までが基本的なオンシーズンになります。

ただ、それ以外の季節も、積雪がなければ静かな山歩きを楽しむことができます。

人の少ない自然の中を歩けるオフシーズンが、考え方によってはベストシーズンなのかもしれません。

少し長めの休暇がないとなかなか行けない屋久島旅行。

大型連休以外でもお休みが取れたら、ぜひ来てみてください!

読みたいところをタップ
閉じる