日帰りトレッキングにおすすめの30L〜39Lザック 詳しくはこちら

縄文杉トレッキング徹底ガイド【初心者向け】

「縄文杉トレッキングは標準タイム10時間。往復22km以上。トレッキング初心者の私でも行けるの?」

屋久島観光の目玉といっていい、縄文杉トレッキングのそんな疑問にお答えします。

本記事を書いている筆者は屋久島でネイチャーガイドを15年以上経験。初心者が縄文杉に行きたくなった時に伝えたいことを記しました。

縄文杉トレッキングを成功させるには、

  • 十分な体力
  • しっかりとした装備
  • 早めのスケジューリング

このあたりの準備を怠らなければ、縄文杉トレッキングを成功させることは十分に可能です。

普段登山の習慣がない初心者にとって、縄文杉に行けるのかどうかとても不安になると思います。そんな方へ向けて本記事では縄文杉トレッキングの事前準備について解説いたします。

記事の内容をチェック
サイト管理人プロフィール
アイコン
管理人

佐藤崇之(@earthy_outdoor)ネイチャーガイド。埼玉県秩父市出身。2003年に屋久島へ移住。初心者向けのトレッキングツアー&エコツアーに17年間携わり、ガイドショップを経営。家族の事情で屋久島を離れ、現在は埼玉に戻り関東近郊の森を散策する。ハイキング・トレッキング・キャンプなどにまつわるアウトドアアイテムが大好物。

縄文杉トレッキングの成功は入念な事前準備にあり

厳しい事を何度も言って恐縮ですが、縄文杉トレッキングは楽なコースではありません。あくまで「事前の準備がしっかりできている方が行けますよ」というコースです。

プロのガイドの私だって、いつも体中が筋肉痛でした。

どれくらいハードなコースかをスペックで見てみましょう。

往復の歩行時間10時間前後
往復の歩行距離22km以上
標高差約700m
総歩数約40,000歩

注目していただきたいのが総歩数4万歩のところ。1日で4万歩も歩く大変さを想像できる人は、そう多くないのでは無いでしょうか。

普段、運動習慣のない方がいきなり4万歩の縄文杉に挑戦すると、途中で足を痛めてしまって歩けなくなってしまうことがあります。体力は大丈夫なのですが、膝や股関節などの関節部分に炎症がおきてしまうのです。

そうなってしまうと、ペースも一気に遅くなるので、標準タイムをオーバーし日没に間に合わなくなってしまうこともよくあります。痛み止めの薬や膝サポーター、ヘッドライトの準備が必要です。

脅かすような事をたくさん書いてしまってすみません。ただ、縄文杉登山をぜひ成功していただきたいので、あえて強調いたしました。

ということで、縄文杉成功の鍵は事前の入念な準備に掛かっているといっても過言では無いのです。

【事前知識】縄文杉トレッキング定番の荒川登山口往復ルートを知っておく

それでは、縄文杉トレッキングの日帰りルートはどのような感じなのかを、簡単に写真でご紹介します。

【往路】荒川登山口から早朝出発が基本!

まだ、暗いうちから出発する季節もあるのでヘッドライトは必ず必要。最初からトロッコ道が待ち受けています。

雨が降ればレインウェアや折りたたみ傘などを利用して、体を冷えから守りましょう。標高が高いですので、体が濡れると体温が奪われますよ。

とても歩きやすそうなトロッコ道ですが、片道9km前後、時間にして2時間30分ほどですので、徐々に足に負担がかかります。このトロッコ道の終点までとにかく頑張って歩いていきます。あまり景色の変化もないので、淡々とこなしてしまいましょう。

トロッコ道が終了したらいよいよ山道へ。ここからが本番です。

トロッコ道が意外と長いです。歩きやすいからこそ、ペースも上がり足に負担がかかります。トロッコ道が終わったらやっと本番!? 縄文杉まで登山道を約2時間ほど登っていきます。

縄文杉までは木道階段が多数あります。歩きやすい階段ですが、段差に自分の歩幅を合わせて行くので結構体力が奪われます。

ストックがあるとバランスも取れるし、歩行をサポートしてくれますよ。階段だけではなく、こんな根っこがむき出しの道もあるので、滑らない&転ばないような登山靴が必要です。

【復路】縄文杉に到着!

スタートから5時間ほどで縄文杉に到着!疲れが吹き飛ぶ瞬間です。ここまで頑張って歩いてきた人だけが見られる、実物の縄文杉。達成感もものすごいはず。しっかりと目に焼き付けてくださいね。

縄文杉到着はまだまだ半分【復路も侮れない】

けれども、縄文杉到着もまだまだ道のりは半分終了しただけ。という事にふと気づいてしまう瞬間がやってきます。縄文杉トレッキンはそう簡単なものではございません。

帰りは急な階段を下りますので、復路も往路とほぼ同じくらいの時間がかかる場合があります。

そして、再びトロッコ道へ。帰りのトロッコ道も同じく2時間30分ほどの道のりです。とにかく1日10時間くらいを歩き続けるのは、体力を使いますし、普段運動をされていない方にはさらに大変に感じると思います。

中には体力が続かず、途中で引き返す人も珍しくありません。縄文杉に挑戦するならば、ハーフマラソン大会に参加するくらいの準備と気合が必要かもしれませんね。

とにかく、最後まで事故の内容に油断しないで歩きましょう。もっと詳しくコースを知るならこちらをどうぞ

縄文杉への準備① 屋久島に行く前に体力づくりをしておこう

DSC_0368

ではここから、縄文杉登山へ向けての準備を説明していきます。

屋久島での縄文杉トレッキングが決まったら、まず準備して頂きたいのが山を10時間歩ける体力です。

個人で行くにしてもガイドツアーを利用するにしても、体力だけは自分で準備する必要があります。せっかくの縄文杉ですから、途中リタイアがないよう、安全に帰ってこられるようにまずは体力を作りましょう。

体力づくりのヒントは以下の記事をお読み下さい。

縄文杉への準備② トレッキングの装備と持ち物はしっかりと【レンタルも活用】

屋久島 1泊2日縄文杉ガイドツアー


最初は何を用意していいかわからないアウトドア用品や衣類。必ず必要になるものや、あれば便利なもの、そして登山のサポートに役立つものなどいろいろとまとめました。屋久島は大きなアウトドアショップがありませんので、事前にしっかりと準備することをおすすめします。

縄文杉への準備③ 屋久島の季節別の気温と服装を確認しておく

屋久島 1泊2日縄文杉ガイドツアー


登山の準備に頭を悩ませるのが気温と服装。縄文杉は標高1300mの高さにあり、実は意外と気温が下がります。特に、春や秋などはまだ雪の可能性があり、雪が降っていたり残っていたりと南の島らしからぬ状況の時もあります。

その反面、夏などは汗をかきすぎて脱水症状になりえますので、薄着になれるような服装が求められます。季節によって大きく違う屋久島の縄文杉トレッキング道の気温。上手な服装選びがポイントです。

縄文杉トレッキングのコツ① 安全で疲れにくい歩き方が成功の鍵

「歩幅を狭く、ゆっくりと歩くのが登山の基本の歩き方です」

登りや下りの際に少しだけポイントを心がけておくだけで、疲労具合が断然と違ってきます。また、登山道での足を置く場所のポイントなども少し注意するだけで怪我のリスクが減りますよ。

縄文杉トレッキングの成功のコツ② 長旅で疲れない

屋久島までの移動で疲れてしまったら、縄文杉登山どころではありません。

屋久島に到着し、翌日の早朝から縄文杉登山をするというスケジュールならば、移動は疲れないように短時間で済む飛行機がおすすめです。

おすすめできないのは、船を利用し屋久島に遅い時間に到着してしまうパターン。

睡眠時間をしっかり確保するためにも、縄文杉登山の前日は夕方前には到着したいです。

屋久島はJALの飛行機が就航する空港があります。なので、飛行機で来島するのが一番。乗継便の手配とかは手間なので、ホテルとセットになったツアーを組めば簡単だし、不安が少ないです。

屋久島のツアーを選ぶなら以下の記事でおすすめを紹介しています。

縄文杉トレッキングのコツ③ 不安なら縄文杉のガイドツアーを利用する

トレッキング初心者で不安が多ければガイドツアーを利用しまし屋久島では縄文杉のガイドツアーが盛んに行われており、登山客の半分ほどが現地のトレッキングツアーを利用されています。

特に歩行時間の長い縄文杉トレッキングツアーは時間配分や登山口までのアクセスを考えるとトレッキングツアーに参加してしまうほうが、気分的にも楽になり自然を楽しむ余裕が出てきます。

ガイドツアーに参加するのが初めてという方は以下の記事を参考にして下さい。

縄文杉ツアーに参加するときの年齢について考える

「縄文杉ツアーは子供だったら何歳くらいから大丈夫?」、「大人は何歳まで登れるの?」

よくある質問ですが、縄文杉を安全に楽しめるにはそれなりの体力と気力が必要になってきます。個人的には子供は10歳頃から大人は60歳ころまでが安全に楽しめる年齢の範囲可と思います。

ただ、普段しっかりと運動をされている方はこの範囲ではないので、そこは個人差があると思います。縄文杉ツアーに参加できる年齢について、個人的な感想を以下の記事でまとめました。

屋久島のおすすめガイドツアー

ガイドツアーに参加することのメリットは時間配分等を心配することなく、歩くことに集中できること。心に余裕が生まれるので、自然を楽しむことに気持ちを傾けられます。

ガイドの解説が聞けるのも、旅の印象が深まることでしょう。屋久島のおすすめガイド選びに以下の記事を参考にしてみて下さい。

縄文杉の入り口 荒川登山口までのアクセス方法

縄文杉登山の定番は荒川登山口からの往復コース。

ただ、荒川登山口へ行くのには専用の登山バスかタクシーの利用が義務付けられています(3月〜11月の期間)。

縄文杉登山の日は早朝から忙しいスケジュール。登山バスの乗り方やお弁当の手配など、登山口に到着するまでのあれこれ準備することがありますので以下の記事でまとめました。

ガイドツアーに参加せず、個人で行く予定の方は参考にしてみてください。

まとめ:初心者でもベテランでも縄文杉トレッキングは準備が大切

体力と長く歩き続ける精神力が要求される縄文杉トレッキング。はっきり言って、体力面だけ見れば初級者向けのコースではありません。

長い時間歩き続けるには初心者でもベテランでも準備を怠ってしまったら、多分心が折れてしまうコースです。

だから、体力や装備の準備がとても大切です。

縄文杉トレッキングが終わった時に「楽しかった!」と思えるくらいの体力は残しておきたいですよね。

また、ガイドツアーに参加すると、ペース配分をコントロールしてもらえるのもメリットです。せっかくの屋久島旅行&縄文杉トレッキングですから、良い思い出になるようにしっかりとした準備で臨んで下さいね。

目次
トップへ
記事の内容をチェック
閉じる