縄文杉が「縄文杉」になった理由

 

「縄文杉」と聞いて何を思い浮かべますか?

今回は、縄文杉のある場所や大きさ、また、なぜ「縄文杉」と呼ばれるようになったのか、その名前の由来、さらには屋久島が世界遺産になるまでの経緯などをご紹介します。

縄文杉の前でヨガ 贅沢な時間です

縄文杉のある場所、大きさ、高さ

縄文杉は、鹿児島県の離島、屋久島にある樹齢2,000年〜7,000年と推定される巨樹。
屋久島の高塚山 標高 およそ約1300mに位置します。

  • 幹の太さ:周囲16.4m  直径約5.2m
  • 樹の高さ:約25m

その圧倒的な幹の太さの割に樹高がそれほど高くないのは、屋久島が強烈な風を吹かせる台風の常襲地帯であるため、それ以上高くなることが出来なかったためと言われています。

縄文杉の由来

縄文杉は江戸時代からその存在が知られていましたが、正確な登山地図など無かった時代だった為、昭和初期まで「ナントカ山の東側にデッカイ杉がある」などの口伝だけが残っていました。

昭和41年(1966) 屋久島の岩川貞次さん(当時の屋久島町役場観光課勤務)が、「18人抱えの杉がある」という伝説をもとに標高1300mの高塚山にて発見された杉です。

縄文杉は、昭和42年(1967)元日の新聞見出しに「生き続ける縄文の春」と紹介され、そこには「推定樹齢4000年 発見された大屋久杉」という見出しに次いで「この一粒のタネが芽を出したころ、縄文時代であった」と書かれ、これが「縄文杉」命名につながったとされます。

 

縄文杉の年齢

縄文杉内部は空洞化していて、もう全ての年輪が残っておらず、年輪を数えて樹の年齢を知ることはできません。

そこで、様々な方法で樹齢を推定するのですが、5mを超えるほどの直径になるために、成長のスピードから逆算すると約7000年、縄文杉のいちばん古い部分から細胞を取り出してその中の炭素成分を調べると約2000年と全く異なる推定年齢になります。

そんなにアバウトでよいのかと思ってしまいますが、今の所そのようになっています。

いずれにしても、おそらく数千年は生き続け、卑弥呼以前の時代から壮大な時間の中を生き続けた縄文杉。その計り知れないほどの長い命を今なお見ることができるという事実がきっと多くの人々を惹きつけるのでしょう。

そして卑弥呼以前の時代より、縄文杉の立つ山の形が変わらなかったからこそ縄文杉はいまだに立っていることが可能といえます。
ということは、周りの森にも縄文杉と同じ歴史があるといえるでしょう。

私たちは現代に生まれながら卑弥呼以前の森を歩き、そしてその頃からそこに立つ縄文杉を観ることができるのです。

縄文杉と屋久杉の違い

屋久杉の森の風景
日本各地に存在するスギにはそれぞれ秋田杉や立山杉などと地域名称で呼ばれることがあります。屋久杉も同じく屋久島に生えている杉なので「屋久杉」という地域名称で呼ばれています。

縄文杉は日本一太い屋久杉に付けられた固有名詞です。ですので実は縄文杉も屋久杉なのです。

本土のスギも屋久杉もヒノキ科スギ属スギという同じ種です。ですが屋久杉は、屋久島の特異な地形や天候などから、生態や遺伝子的に本土のスギとは違いがあります。そして縄文杉は色々な条件が重なり、他に例を見ないほどの高樹齢の樹になったようです。

縄文杉の世界遺産への経緯

原生林の乱開発から保護へ

縄文杉発表後の昭和45年頃(1970)には、行政のチェーンソーと森林軌道による乱開発から屋久島にも「原生林」と呼べるものが残り少なくなりました。そして土砂災害が頻発します。

過剰な森の伐採の結果、台風のたびに崩れるようになった屋久島の惨状を「良くない」と考える人が増えます。
そのころ同時に、本土ではいわゆる四大公害が顕在化し、環境保護への関心が日本全体で高まります。

縄文杉を取材した記者、宮本秋弘氏の「原生林の貴重さ」を呼びかける記事からの訴えなどにより、次第に原生林保護を支持する人々が増えていきます。

そしてついに昭和47(1972)年に「屋久島を守る会」が発足します。
「屋久島を守る会」そして「土砂災害に苦しむ人」の訴えがあって「伐採から保護へ」と屋久島に関わる人々の考え方も変わってゆきます。

昭和56年~57年(1981~1982)にかけて、瀬切川原生林の伐採中止が決定され、昭和58年(1983)には国立公園内の伐採規制も強化されました。
もっとも、すでに計画を中止できない状態の地域では、平成15年(2003)まで、原生林の伐採が続きましたが・・・。

縄文杉が知られるきっかけ

環境への関心が高まる中、「環境保全週間」をアピールすべく昭和58年(1983)環境庁の作った「7200歳です」という見出しの縄文杉ポスターが全国の国鉄(現JR)の駅などに貼り出されました。縄文杉の目の前に、セーラー服の女子高生が立っているというものです。

これがきっかけで、縄文杉は全国的に有名になり、屋久島への観光客が年間10万人を越えるようになります。
その巨大さ、太古の生物であるというロマンが多くの登山客を引き寄せることとなります。

縄文杉の観光化

縄文杉を目的に多くの登山客が観光にやって来るようになったことで、やがて縄文杉を保護するに至ります。

さらに何万人もの登山客が縄文杉を訪れるために原生林を歩くことで、縄文杉周辺の山も荒れることとなってしまったのです。「これは本末転倒、木を見て森を見ない、の最たるものだ。」という声が上がり、縄文杉周辺の森である原生林を保護しようとする動きがでてきまます。
そしてついに「縄文杉を切って原生林を残せ。」という声までが屋久島に広がり始めます。

原生林の重要性と世界遺産登録

実は屋久島では縄文杉が発見さる以前より、植物学者である田代善太郎氏は屋久島の原生林の重要性を感じており「屋久杉の多くを原生状態のまま残し、これに南国・屋久島に特有の海岸の暖地植生も加えて、山頂部の屋久杉原生林までを保護する必要ありと認める」と当時の調査報告に記していました。

屋久島ではこれに基づいて「海岸から山頂まで、高さ方向に垂直分布する自然をそのまま残す」という思想があったのです。

そこでまず、ヤクスギ原生林から海岸部までが天然記念物に指定されることとなり、後にその範囲が広がって、世界遺産地域に登録されるに至ります。

平成5年(1993年)屋久島は、白神山地と共に日本で始めての世界自然遺産に登録されました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?縄文杉について概要をお分かりいただけたのではないでしょうか。

縄文杉へ行く前に予備知識を持っていると、視点も変わりますし理解も深まります。

ぜひ参考にしていただき、よい縄文杉登山をなさってください。