屋久島の縄文杉とは?樹齢・大きさ・標高・世界遺産・近づけない?疑問にお答えします

※当サイトはプロモーションを含む場合があります


毎年たくさんの人が訪れる屋久島の縄文杉。

日本でいちばん有名な杉の木かもしれません。

この縄文杉について、基本情報や発見された経緯・歴史・疑問・トレッキングについてまとめてみました。

縄文杉トレッキングの前に縄文杉の基本情報を知りたいという方は参考にして下さい。

縄文杉トレッキングツアーついて詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

目次

屋久島の縄文杉とは

縄文杉のデータ|場所・標高・大きさ・高さ

縄文杉のスペックは下記のとおりです。

スクロールできます
項目内容
場所屋久島の高塚山
標高約1300m
幹の太さ胸高周囲:約16.4m
胸高直径:約5.2m
樹高約25m
推定樹齢推定値:2170年〜7300年

幹の太さに対して、樹高が低いのは屋久島が強烈な風を吹かせる台風の常襲地帯であるためです。

屋久島の縄文杉がある場所

縄文杉の所在地はグーグルマップで確認すると鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦にあります。

地図上の座標は北緯30度21分39秒 東経130度31分54秒です。

標高約1300mの位置にあり、荒川登山口より片道5時間ほど歩いた山中にあります。

徒歩でのみ行くことが可能な場所なので、縄文杉を見るためにはそこまで行く体力が必要になります

縄文杉の本名は「大岩杉」。いつの頃からか「縄文杉」と呼ばれるように

縄文杉は江戸時代からその存在が知られていたようです。

ただ、正確な登山地図など無かった時代だった為、昭和初期まで「ナントカ山の東側にデッカイ杉がある」などの口伝だけが残っていました。

昭和41年(1966) 屋久島の岩川貞次さん(当時の屋久島町役場観光課勤務)が、「18人抱えの杉がある」という伝説をもとに標高1300mの高塚山にて発見されたのが、今の縄文杉です。

当初は縄文杉の名称は無く、大きな岩のような杉であったことと、また発見者の岩川さんの「岩」の字から「大岩杉」と名付けられました。

翌年、昭和42年(1967)元日の新聞見出しに「生き続ける縄文の春」と紹介され世に知られるようになりました。

その記事には「推定樹齢4000年 発見された大屋久杉」という見出しと、「この一粒のタネが芽を出したころ、縄文時代であった」と書かれています。

その後、九州大学の真鍋大覚教授に「大岩杉」の樹齢調査を依頼。

推定樹齢7200年との調査結果をもとにいつの頃からか「縄文杉」という名前で呼ばれるようになりました。

また、別の説では縄文杉の表面の紋様が縄文式土器に似ているからとも。

その後、新聞等では「縄文杉」が使われるようになり、広く認知されるようになったのです。

縄文杉の年齢は2000年〜7300年?

そして気になるのが「縄文杉の樹齢です」。

縄文杉の年齢は推定値で2170年〜7300年となっています。

推定値ということは、年齢が確定していない(確定できない)ということ。

その理由は、縄文杉内部は空洞化していて、もう全ての年輪が残っておらず、年輪を数えて樹の年齢を知ることはできません

そこで、様々な方法で樹齢を「推定」するのですが、当初5mを超えるほどの幹の直径から、成長のスピードから逆算すると推定約7200年といわれました。

一方で、縄文杉のいちばん古い部分から細胞を取り出し、その炭素を調べると年代がわかる「放射性炭素年代測定法」だと約2170年と全く異なる結果となりました。

測定方法によって大きく年代が違う縄文杉

測定方法によって推定樹齢が大きく違う縄文杉。それだけ、樹齢を調べるのが難しいのです。

いずれにしても、縄文杉はおそらく数千年は生き続け、卑弥呼以前の時代から壮大な時間の中を生きているはず。

その計り知れないほどの長い命を今なお見ることができるという事実が、多くの人々を惹きつけています。

私たちは現代に生まれながら卑弥呼以前の森を歩き、そしてその頃からそこに立つ縄文杉を観ることができるのです。

縄文杉と屋久杉は何が違うの?

屋久杉の森の風景

縄文杉は一本の木に与えられた固有名詞。

屋久杉は屋久島に生存する杉の品種名。

です。

日本各地に存在するスギにはそれぞれ、秋田杉や立山杉などと地域名称で呼ばれることがあります。

屋久杉も同じく屋久島に生えている杉なので「屋久杉」という地域名称で呼ばれています。

縄文杉はこの屋久杉に付けられた固有名詞です。

ですので実は縄文杉も屋久杉の一部ということができます。

本土の杉も屋久杉も、両方ともヒノキ科スギ亜科スギ属に属するCryptomeria japonica(クリプトメリアジャポニカ)という同じ種です。

ですが屋久杉は、屋久島の特異な地形や天候などから、生態や遺伝子的に本土のスギとは別の種類というほどではありませんが、少し違いもあります。

縄文杉は色々な条件が重なり、他に例を見ないほどの高樹齢の樹になったようです。

縄文杉が世界遺産なの?

縄文杉が世界遺産なの?

とよく聞かれるのですが、屋久島の20%エリアが世界遺産に登録され、その中に縄文杉も含まれています。

このあたりのことを詳しく解説します。

縄文杉は世界遺産エリア内にあります

屋久島が世界遺産に登録されたの1993年12月。

東北の白神山地と共に登録された、日本で初めての世界自然遺産です。

屋久島の20%ほどの面積、10,747haが世界遺産エリアとして登録されています。

登録理由は下記の通り。

「世界的に特異な樹齢数千年のヤクスギをはじめ,多くの固有種や絶滅の恐れのある動植物などを含む生物相を有するとともに,海岸部から亜高山帯に及ぶ植生の典型的な垂直分布が見られるなど,特異な生態系とすぐれた自然景観を有しているため」

となっています。なんか難しいです・・・(困)。

屋久島が世界遺産に登録された理由を、簡単に言いかえると、

  • 数千年クラスの屋久杉がたくさんあるよね。
  • 固有種とか貴重な動植物がいるよね。
  • 海から高い山の頂上まで植物の変化が残っているのが珍しいよね
  • 自然の景色が美しいよね

といった感じです。

「屋久島の自然の価値と希少性と美しさが世界的に見ても残すべき」と評価されました。

その中にあるのが縄文杉です。

なので、縄文杉を目指すと、その手前辺りから世界遺産になっていきます。

縄文杉ルートの世界遺産は夫婦杉を過ぎた先から

平成19年発行の「環境省 霧島屋久国立公園 区域及び公園計画図」を見てみました。

縄文杉登山道で世界遺産エリアに入るのは、縄文杉の手前、夫婦杉を過ぎてから20分ほど進んだあたりからです。

縄文杉はぎりぎり世界遺産に入っていると行った感じ。

逆に言うと、そこに行くまでのエリアは世界遺産エリアではありません。

でも、安心してくださいね。世界遺産エリア以外でも景観の美しい森の中を歩いていきます。

縄文杉を取り巻く背景

縄文杉が知られるようになったきっかけや、過去の出来事などをまとめました。

縄文杉が知られるきっかけ

環境への関心が高まる中、「環境保全週間」をアピールすべく昭和58年(1983)環境庁の作った「7200歳です」という見出しの縄文杉ポスターが全国の国鉄(現JR)の駅などに貼り出されました。

縄文杉の目の前に、セーラー服の女子高生が立っているというものです。

これがきっかけで、縄文杉は全国的に有名になり、屋久島への観光客が年間10万人を越えるようになります。

その巨大さ、太古の生物であるというロマンが多くの登山客を引き寄せることとなります。

原生林の乱開発から保護へ

縄文杉発表後の昭和45年頃(1970)には、行政のチェーンソーと森林軌道による乱開発から屋久島にも「原生林」と呼べるものが残り少なくなりました。

そして土砂災害が頻発します。

過剰な森の伐採の結果、台風のたびに崩れるようになった屋久島の惨状を「良くない」と考える人が増えます。

そのころ同時に、本土ではいわゆる四大公害が顕在化し、環境保護への関心が日本全体で高まります。

縄文杉を取材した記者、宮本秋弘氏の「原生林の貴重さ」を呼びかける記事からの訴えなどにより、次第に原生林保護を支持する人々が増えていきます。

そしてついに昭和47(1972)年に「屋久島を守る会」が発足します。

「屋久島を守る会」そして「土砂災害に苦しむ人」の訴えがあって「伐採から保護へ」と屋久島に関わる人々の考え方も変わってゆきます。

昭和56年~57年(1981~1982)にかけて、瀬切川原生林の伐採中止が決定され、昭和58年(1983)には国立公園内の伐採規制も強化されました。

もっとも、すでに計画を中止できない状態の地域では、平成15年(2003)まで、原生林の伐採が続きましたが・・・。

縄文杉の観光化

縄文杉を目的に多くの登山客が観光にやって来るようになったことで、やがて縄文杉を保護するに至ります。

さらに何万人もの登山客が縄文杉を訪れるために原生林を歩くことで、縄文杉周辺の山も荒れることとなってしまったのです。

「これは本末転倒、木を見て森を見ない、の最たるものだ。」という声が上がり、縄文杉周辺の森である原生林を保護しようとする動きがでてきまます。

そしてついに「縄文杉を切って原生林を残せ。」という声までが屋久島に広がり始めます。

原生林の重要性と世界遺産登録

実は屋久島では縄文杉が発見さる以前より、植物学者である田代善太郎氏は屋久島の原生林の重要性を感じていました。

「屋久杉の多くを原生状態のまま残し、これに南国・屋久島に特有の海岸の暖地植生も加えて、山頂部の屋久杉原生林までを保護する必要ありと認める」と当時の調査報告に記しています。

屋久島ではこれに基づいて「海岸から山頂まで、高さ方向に垂直分布する自然をそのまま残す」という思想があったのです。

そこでまず、ヤクスギ原生林から海岸部までが天然記念物に指定されることとなり、後にその範囲が広がって、世界遺産地域に登録されるに至りました。

平成5年(1993年)屋久島は、白神山地と共に日本で始めての世界自然遺産に登録されています。

縄文杉はいつまで生きる?長寿な木こそ寿命が近い

縄文杉が長寿な木である事はまちがいありません。

ただ、長寿な気がいつまでも立っていてくれるとは限りません。

長寿な木ほど、実は寿命が近いのです。いつか縄文杉を見たいと思っている方は、早めに見ておくことをおすすめします

縄文杉の登山コースについて

縄文杉トレキングコースの内容

そんな、貴重な縄文杉ですが、登山道を往復10時間歩くのはやはり大変。

その半分が歩きやすいトロッコ道ではありますが、トロッコ道だけでも距離も20km以上。歩数にして4万歩前後です。

まずはコースの内容をしっかり把握するところから始めましょう。

⬇縄文杉へ続く荒川登山口コースはこちらの記事に詳しく解説しています。

残念だけど縄文杉は近づけない

縄文杉には近づくことができません。

せっかく何時間もかけて山道を歩いて到着したのに、触ることもできないので残念ですが仕方ありません。

縄文杉に近づいてしまうと縄文杉の根っこを踏んでしまい、ダメージを与えてしまい縄文杉に良くないのです。

縄文杉周辺部は木製デッキが設けられ、十数メートル離れたところから見ることになります。

また、縄文杉周辺の植生を回復させる試みも行われています。

その周辺の植物が年々大きく育ち、縄文杉自体も以前ほどしっかりとは見えなくなってきています。

昔の縄文杉の写真と比べると、全体像がわかりづらくなってきています。

縄文杉を見るなら早めにに登っておいたほうが良さそうです。

登山初心者で心配でも、しっかり準備をすれば大丈夫

縄文杉に登ってみたいけど、登山が不慣れという方でも準備をしっかりすれば大丈夫。

準備は体力づくりと、しっかりとした登山の装備を用意すること。

どんな体力づくりが必要なのかは下記の記事でまとめました。

トレッキングの装備について詳しくは下記の記事で解説しています。

縄文杉トレキングのお役立ち情報

縄文杉トレッキングで大切なお弁当と登山口までのアクセスについてまとめました。

縄文杉トレッキングに便利なホテル・宿について

縄文杉トレッキングに便利な安房エリアのホテル・宿についてまとめています。

縄文杉トレッキングの前後の宿泊場所は結構重要です!

登山口までのアクセスとお弁当について

縄文杉トレッキングの日の朝は早いのでしっかりと準備をしておかないと、登山口までのバスに乗り遅れます。

初心者からベテランまで、縄文杉トレッキングツアーがおすすめ

屋久島は縄文杉のトレッキングツアーが盛んなところ。

縄文杉トレッキングが不安な方でもガイドのサポートが受けられます。

また、トレッキングツアーでは、サポートや道案内だけではなく、屋久島の話や縄文杉の話が聞けるので、初心者だけでなく、ベテランさんでも楽しめます。

トレッキングツアーへの参加方法は、現地のガイドさんを探して直接頼むのも良いし、ガイドトレッキングツアー付きのパッケージツアーを利用するのも簡単でおすすめです。

縄文杉に登れるガイド付きトレッキングツアーについて詳しく知りたい方は下記のページをご覧ください。

縄文杉トレッキングは高齢者は大丈夫?子供は?

縄文杉トレッキングツアーの参加年齢について、縄文杉トレッキングガイドの見解を記しました。

年齢の参加制限は各ガイド会社によって違いますが、参考になればと思います。

まとめ:縄文杉は実際に見るのが一番

いかがでしたでしょうか?縄文杉について概要をお分かりいただけたのではないでしょうか。

縄文杉へ行く前に予備知識を持っていると、視点も変わりますし理解も深まります。

そして、文章や写真の知識を持ちつつ、実物の縄文杉を見るのが一番です。

ぜひ参考にしていただき、縄文杉を見に来てください。

縄文杉登山に不安があるというならば、トレッキングツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

現地のガイドさんのサポートがあり、詳しい縄文杉の話も聞けるのでおすすめですよ。

縄文杉トレッキングツアーついて詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

  • URLをコピーしました!
目次