無料のレンタル・お一人様からOKの縄文杉・白谷雲水峡のガイドツアーご予約受付中!

縄文杉登山ツアー参加した方がいい?ガイドツアーのメリットとデメリット

屋久島オーセン 縄文杉登山ツアー風景 少人数制は参加者のペースに合わせてもらえるのがいいところ

縄文杉登山を検討するにあたって、

  • ガイドツアーへ参加したほうがいいのか
  • 自分たちだけで大丈夫なのか

と、悩む方もいらっしゃるかと思います。

縄文杉へはガイドツアーに参加しなくとも、迷うことはないと思いますが、それ以外にガイドツアーを利用するメリットがあります。

この記事ではガイドツアーへ参加することのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

ガイドツアーへ参加するメリット

①宿泊先からの送迎(送迎範囲内の場合)がある

屋久島のほとんどのガイドツアーは送迎があります。交通の便がよいとは言えない屋久島での送迎サービスは大変メリットがあります。

縄文杉登山は夜明け前から宿を出発することが多いです。まだ早朝の暗い中(本当に暗いです)。

レンタカーに乗って、登山バスが出発する屋久杉自然館までのドライブはかなり大変です。

またレンタカーを借りるなら前日から借りる必要があり、レンタカー代なども考えなくてはいけません。

その他、バス利用の場合ですと、屋久杉自然館発着のシャトルバスに間に合う時間のバスは1本のみです。また、近くにバス停があるお宿に泊まる必要があります。

以上のような点を考えると送迎サービスのある縄文杉ツアーを利用するのは大変メリットがあります。

②アウトドア装備の無料レンタルがある

弊店でも行っているのですが、ツアー参加者の方にはレインウェアやザック、宿泊ツアーなら寝袋など、アウトドア装備のレンタルがございます。

レンタル料金については、弊店では無料で行っておりますが、有料で行っているガイドショップさんでも、自分で揃えるよりは遥かにお安く済みます。

ご自分で道具を持っている方でも、屋久島まで持ち運んでくるのは結構な荷物ですから、ツアーに参加してレンタルしてしまうのも一つの方法です。

参考までに弊店のアウトドア装備無料レンタルは以下のページでご紹介しています。
ツアーに参加すると登山アイテムがレンタル無料

③安全面へサポートやペース配分など安心できる

トロッコ道を行く

アウトドアを楽しむのにはとても重要なポイントです。

近年、屋久島では山中での遭難事故が年に1件程度発生しています。

その多くが悪天候に対しての対応を誤ったケースと見受けられます。

 

もちろん、ガイドがいるからといって100%大丈夫とは言い切れませんが、経験あるガイドなら山の異変はすぐ気付けます。

また、その対処方やネットワークも持っており、お客様を安全にサポートすることができます。

 

そして、意外に知られていないのがペース配分の大切さです。

ペース配分を誤ると、登山口に帰ってくる前に暗くなり道迷いや滑落の危険性も出てきます。

また、時間的な不安から急ぎすぎた場合は転倒などの事故のリスクが大きくなります。

山中で動けなくなれば、ヘリで救助してもらうしか方法はありません。

 

ガイドツアーへ参加すると、ガイドはその日の参加者の歩き方を見て休憩の時間や、歩く速度などを調節しながらペース配分をしますので、疲れ方や怪我のリスクを減らせます。

ペース配分は怪我やトラブルを回避するためにとても重要なことなのです。

④屋久島の自然や歴史について分かりやすく解説

気付かないポイントもガイドが解説

旅行の前にネットや本などで下調べはしていっても、いざ現地で歩き始めるとすっかり忘れてしまい、結局よくわからなかったという経験はありませんか?

縄文杉までの道のりには、沢山の植物や苔、屋久杉があります。その生態や歴史、エピソードなどを聴きながら歩けば、何も知らずスルーしてしまうより何倍も楽しめるはずです。

そして縄文杉までは最低でも片道5時間、単調なトロッコ道を黙々と歩くのは辛すぎるという方もいらっしゃるでしょう。

せっかく遙々屋久島まで来られたのに、縄文杉だけしか観ないのは大変もったいないことです

 

ガイドツアーへ参加するデメリット

①料金がかかる

荒川登山口 登山届け提出ボックス前 登山口でも登山届けを出すことができます

ガイドツアーへ参加されるか否かを迷われる最大のポイントは、料金がかかる点ではないでしょうか?

縄文杉ツアーの平均金額は一人12,000円〜14,000円が相場なようです。やはり旅費は少しでも安く抑えたいというのが人の心情です。

ガイドに依頼する必要性を感じられない方は、ご自身で行くという選択もあると思います。

その際は事故が起きてしまったときの事も考えて、

  1. 登山届の提出
  2. 十分な装備と行動食
  3. 余裕のある行動計画

などに十分気をつけてください。

 

②他の参加者と一緒になることも。お互いの配慮が必要

ガイドツアー参加中はトイレも休憩時も他の参加者と共に行動することになります。

それは、参加者全員が同じタイミングで同じことをするので、必ず「他の参加者を待つ」というロス時間ができてしまいます。

ですので他人への配慮をしながら1日行動する必要があります。

 

少人数制で行っている個人ガイドさんにお願いした場合は、1チーム1~5名程度ですので落ち着いた雰囲気にはなりますが、他の参加者と一緒に行動を共にすることには変わりありません。

もし、プライベートなツアーがお望みならば、ガイドツアーによっては貸切プランの設定もあります。

 

また、知らない人との出会いも旅の楽しみと思えば、むしろ積極的にお互い話しかけてみてもいいかもしれません。

山で出会ってその後仲良くなっていく人もたくさんいらっしゃいます。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?縄文杉登山にガイドが必要かどうかご検討されている方へ、そのメリットとデメリットをご案内しました。

どちらがよいかは人によって価値観や好みが違うため一概にはいえません。

よくご検討されて、ぜひ楽しく安全な縄文杉登山をなさってください。