メニュー
>> 屋久島ツアーおすすめと選び方

屋久島のガイドツアー選び方|迷ったらこんなところチェックしよう

見過ごしてしまいそうな点をガイドが気付かせてくれることも

屋久島のパックツアー現地のトレッキングツアーを探すと、屋久島はガイドツアーが盛んな場所だということがわかります。

山や森を歩くエコツアーやトレッキングツアー、川で遊ぶカヤックツアー、海で遊ぶダイビングツアーなどその内容も様々です。

ですがガイドツアーに参加するとき、どのガイドショップを選んだらよいのか悩みませんか?
インターネットで検索してもたくさんのガイドさんがいるのでなかなか決めるのが難しいです。

ということで、ガイドツアーを決める際のポイントについて解説します。

本記事の著者

ネイチャーガイド歴17年。
埼玉の秩父出身⇨大学で森林生態学⇨専門学校で環境保全⇨屋久島移住&ネイチャーガイドショップ運営。
年間200日ほどガイドツアーを行う
⇨現在、拠点を関東に移し活動中!

森の中が好き!
読みたいところから

屋久島のガイドツアーは自分に合ったものを

1日中、長い時間を共にするガイドツアー。しかも、自分は初めての場所で、アウトドアで、心細さもある。という状況に置かれますので、ぜひ頼りになる、そして自分にあったガイドさんを探さなければなりません。

さらに、あなたの屋久島旅行の印象も参加するガイドツアーによって決まっていまいます。

ツアーのペースや休憩時間の長さ、どこで立ち止まり、何を見て、何をするか等はある程度ガイドツアーのプログラムに委ねられることになります。つまりガイドツアーのフィルターを通して、あなたは屋久島を体験するわけです。

となると、少しでも自分のスタイルに合うガイドさんを選ぶことが屋久島の1日を成功させる重要なポイントということが出来ます。

といっても、それはなかなか難しいですが、せめてガイドツアーを予約する前に以下のポイントについて確認してみてください。

ポイントは

  • ホームページでガイドのスタイルや雰囲気を知る
  • 適正なツアー料金
  • サービス内容をチェック
  • 直接問い合わせて雰囲気を知る

ホームページでガイドのスタイルや雰囲気を知る

pc 女性


インターネットで「屋久島 ガイドツアー」と検索すると様々なガイドさんのサイトが出てきます。ひとつひとつ見ていくととても時間がかかって大変かもしれません。けれど、よーく見てみると結構ガイドさんのスタイルがサイト作りに反映されているんです。

楽しさを全面に押し出したガイドさんもいれば、アットホームな雰囲気を大切にしているガイドさんもいます。貸切ツアーなのか他の参加者とミックスになるツアーなのかというのも判断のポイントです。

また、ガイドさんの紹介ページでガイドさんの顔をチェックしておくと良いかもしれません。

自然という野外でサービスを提供するガイドにとって、自社のホームページというのは飲食店でいう店舗のようなものです。そこにガイドさんのスタイルやポリシーがたくさん詰まっています。

まずはホームページをチェックして雰囲気をつかむのが大切です。単純にそのガイドさんのホームページが好きかどうかで選ぶというのも方法です。

適正なツアー料金

ガイド料金

ガイドツアーに参加するということは、ガイドを1日雇うのと一緒です。

人を雇う事になりますので、基本的に価格も安くなりすぎることはありませんが、ツアーの人数によって多少変化してきます。

相場としては1日ツアーで13,000円前後、半日ツアーで7,000円前後です。それ以上安いツアー料金なら、多くは語れませんが少し訳ありかもしれません。

ただ、大手旅行会社のトレッキング付きツアーなどの場合、多くの集客が見込めるためガイドツアー参加料が安くなる傾向があります。

その代わりガイドツアー自体の参加者が多くなり、10名前後の大所帯ツアーになりやすいので、ガイドさんとのコミュニケーションの機会は必然的に減ります。ただ引率されるだけだったということも。

反面、個人経営でホームページからの集客を中心としているガイドさんならば、1回のツアーあたりの参加者は少ない傾向があります。

その分、ツアー料金は高めになりますが少人数ツアーとなり、ガイドさんとの距離も近く、要望があれば聞き入れてもらいやすいです。

その他、お一人様でのツアー参加の場合は別途追加料金やツアー料金自体が高額に設定されている場合もあります。

これにも理由があって、そのツアーにもし他にあいのりする参加者の申し込みが無かった場合に、ガイド一人に対しお客様がお一人だけとなりますので、ガイドの賃金(日当)を一定水準確保するためです。

1人以上集客できないのはお客様の責任ではなく、事業者側の責任のような気がしますが、観光客数の少ない屋久島では仕方のない仕組みなのかもしれません。

ただ、最近はお一人様でも追加料金無しの値段設定のガイドさんも増えています。ぜひ問い合わせてみてください。

サービス内容をチェック

川辺での休憩タイム 沢水で淹れたコーヒーと鹿児島のお菓子で

屋久島でアウトドアアクティビティを楽しもうと思うと、いろいろな下準備や手配が必要になってきます。

ガイドツアーに参加すれば、ガイドサービスの他に色々なサービスが受けられるため、必要な手配を省略でき便利です。

サービスの内容は、ガイドショップにより少しずつ違いますので、申し込む場合は必ず確認をしましょう。

①傷害保険の有無

アウトドアでのアクティビティですので、ケガや事故に見舞われる可能性は高くなります。ガイドツアーによってはツアーに参加する際に傷害保険が付帯されている場合があります。ガイドツアー付帯の傷害保険は団体価格が適用されるので、個人で個別に申し込むよりは価格が安く設定されています。

ただ、ケガの際に受け取れる保証額も最低限のものが多いですので、万全を期すならばお客様ご自身でもご加入することをお勧め致します。

②送迎やお弁当の手配など

公共の交通機関が少ない屋久島の場合、ツアーの際に登山口までお宿から送迎が付いている場合がほとんどです。(送迎の範囲外の地域を設定しているショップもあるので注意。)

また、ツアーに必要なお弁当の手配なども受け付けているガイドツアーもあります。宿泊先のお宿でお弁当が提供される場合もあります。事前にチェックしましょう。

③アウトドアアイテムのレンタル

レインウェアや登山靴など、自身で購入する場合や、屋久島のレンタルショップを利用する方法もありますが、ガイドツアーに参加するとレンタルが利用できるガイドツアーもあります。レンタル料金は有料と無料がありますので確認しましょう。
屋久島トレッキングに必要なレインウエアは購入すれば2万円程度、登山靴は1万円はするものを選びたいですね。これから、ずっと使い続ける予定の方は購入してもよいのですが、そうでないならレンタルが一般的です。

交通の便の悪い島内ならレンタル屋さんへ足を運ぶのも一苦労です。ガイドツアーのサービスにレンタルがついていると大変助かりますね。

④意外と嬉しいおやつや飲み物サービス

ガイドツアーに参加すると休憩の時におやつや飲み物のサービスも嬉しいサービスの一つです。フィールドでお湯を沸かして煎れてくれるお茶やコーヒー、お弁当の時にはお味噌汁などもあります。

お弁当はもちろん冷たくなっていて温められませんので、ちょっとしたことですが温かい飲み物があるとそれだけで随分ちがうものです。

また甘い軟水の沢水で淹れるコーヒーは格別です。

直接問い合わせて雰囲気を見る

実はこの方法が最も確実でおすすめです。メールや電話などで直接ガイドツアーに問い合わせをしてみましょう。快く対応していただけるかどうか、そのお店の雰囲気を知ることができます。

なので、この方法は現地のガイドショップにしか使えませんね。

大手旅行会社のトレッキング付きツアーだと、どんなガイドさんが来るのか当日まで不明なので、あとはおまかせするしか無くなってしまいます。

少しでも自分にあったガイドさんを見つけるなら、現地のガイドショップがおすすめです。

まとめ:

いかがでしたでしょうか?
ポイントは自分の好きなガイドショップのホームページを見つけることと、料金とサービスのバランス、そして出来たら直接ガイドショップに問い合わせてみるということになります。

ガイドツアーに参加するのって、一日を通してガイドさんと深い関わりを持ちます。

より自分にマッチした屋久島のガイドツアーを選択していただき、ぜひ楽しい屋久島旅行にしていただきたいです。

読みたいところから
閉じる