6月・7月の梅雨の屋久島おすすめポイント。天気や混雑具合は

6月・7月の屋久島は梅雨シーズン。オススメは雨を楽しむ事。

5月の初夏を思わせる陽気が過ぎ6月になると、いよいよ屋久島に梅雨がやってきます。梅雨前線が停滞する位置により雨の降り方は違ってきますが、基本的には6月〜7月初旬の1ヶ月半はほぼ雨が続くと思っていた方が良いでしょう。雨が当たり前の屋久島ですが、梅雨の季節は特に大雨になることが多いです。
ここはあえて雨を楽しんでしまうくらいの心づもりで屋久島に訪れて見て下さい。もし晴れた日に当たればラッキーくらいの気持ちの方が屋久島旅は成功します。

梅雨の屋久島のポイントは
  • ・苔の潤いが美しいので、白谷雲水峡がお勧め(でも大雨時は沢の増水に注意!)
  • ・大雨ならば大川の滝、千尋の滝などが豪快!
  • ・大雨の時は無理して山に入らず、あえてカフェでゆっくりもオススメ

6月の屋久島は梅雨本番

6月の屋久島の天気

6月に入ると梅雨の影響を受けて、雨の日が多くなってきます。その年の梅雨前線の停滞する位置により変化はありますが、6月初旬などはまだまだ梅雨の雨としては弱い方かもしれません。6月中旬〜下旬になると、梅雨前線が停滞する期間はものすごい量の雨が降り、飛行機や島内のバスなど交通機関がストップしてしまうこともあります。

一度梅雨前線が停滞すると、山では雨が止むこと無く降り続け「大雨警報」が発令されることもあります。こうなると、登山口に向かう道路が封鎖されることもありますので、登山バスやタクシーなども運行が出来なくなってしまうのです。

また、飛行機の運航にも支障が出やすく、飛行機も船も泊まってしまうこともあります。屋久島旅行の際は予備日を含めた余裕のある日程がお勧めです。

気温はそれでも海岸近くで22度以上と高めで、湿度も80%以上と高くなってきますので、脱水症状などに気をつけましょう。

梅雨シーズンでももちろん晴れの日もあります。いわゆる梅雨の中休みです。夏のように日差しが降り注いで、心から太陽のありがたさを感じるときです。そんな日に運良く当たれば本当にラッキーですね。

6月の屋久島の混雑状況

6月になると梅雨の影響もあり、夏のシーズンに比べればどこも静かです。特に混雑を警戒する必要も無いでしょう。また飛行機の値段なども下がりますので、交通費を安くする事も可能です。

6月の屋久島の縄文杉や白谷雲水峡は?

特に気をつけたいのは大雨の日の白谷雲水峡です。白谷雲水峡の入り口から苔むす森や太鼓岩へ続く道の途中で、白谷川を渡るポイントがあるのですが、この川が増水してしまうと渡れなくなります。

怖いのが渡ったのはいいけれども帰ってこられなくなる場合です。他の迂回するポイントも増水時は渡れなくなりますので、注意が必要です。数年前には増水に流されて死亡事故も起きています。

7月の屋久島は梅雨明け間近!中旬以降のほうがお天気が良いかも

7月の屋久島の天気

7月は梅雨の影響が残る前半と梅雨が明ける後半で、お天気の様子はガラリと変わります。もし、日程の調整が利くのであれば7月後半の方が晴れる確率が高まってくるでしょう。

梅雨が明けた後はいよいよ夏空が続くことになります。快晴の日が多くなり、気温も一気に高くなってきます。屋久島の日差しは南国らしく強いので、紫外線対策はしっかりとして下さい。

一つ心配なのは台風の影響です。7月〜10月はやはり台風の到来が気になります。旅行の前には天気予報をチェックしておきましょう。

7月の屋久島の混雑状況

7月前半はまだお客様も多くなく、静かな雰囲気です。ただ、7月後半からは夏休みの期間に入りますので、徐々にお客様が多くなってきます。狙い目は7月中旬頃でしょうか。梅雨明け直後にタイミングが合えばラッキーですね。

7月の屋久島の縄文杉や白谷雲水峡は?

縄文杉も白谷雲水峡も半袖のシャツ一枚で歩く事が出来るくらい温かくなります。ただ、雨や風の日は休憩中などに体が冷えてしまいますので、レインウェアや長袖のシャツなどでしのぐ必要があります。

7月後半は屋久島も観光シーズンに入ってきますので、徐々にお客様も多くなってきます。登山をされる際は早めの行動が良いでしょう。

7月の屋久島 その他のオススメのエリア

お天気が良ければ、夏の気候になりますので、山だけではなくカヤックやダイビングなどのウォーターアクティビティがお勧めです。水が美しい屋久島ですので、全身で水と戯れてみて下さい。オーセンでは水系のアクティビティは行っていませんので、お問い合わせ頂ければ他のガイドさんをご紹介します。

6月・7月は雨をたっぷり堪能できる屋久島らしい季節です

観光地としては6月の梅雨時期の屋久島は閑散期にあたります。すぐその後にやってくる賑わいの夏の前のアイドリングタイムです。

「一月に35日雨が降る」とは作家、林芙美子の晩年の小説「浮雲」に出てくる一説。この文学的表現を身をもって体験出来るのが6月〜7月の梅雨の屋久島なのではないでしょうか?

屋久島の人にとっての梅雨は雪国の人の冬と同じように、太陽が降り注ぐ夏の空を待ちわびる季節です。毎日の雨に息を潜めて、静かに夏の到来を待ちます。濃密な雨が続きますが、屋久島の静けさを求めるのが旅の目的なのであれば、梅雨の季節に訪れてみて下さい。

ただ、山へ登ったり、川で遊んだりとアクティビティを重視するのであれば、やはり7月中旬以降の梅雨明けをお勧め致します。まだ手つかずの初夏の気持ち良さは本当にお勧めです。