屋久島の観光情報をチェック

白谷雲水峡トレッキング徹底ガイド

屋久島観光で人気の白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)。苔の美しい森といえばまっさきに名前が挙がるのがこの白谷雲水峡です。縄文杉やヤクスギランドなどのトレッキングスポットと並び、屋久島を訪れたらぜひ歩いてほしい森が白谷雲水峡です。

だけど、白谷雲水峡はどんな所?白谷雲水峡のおすすめのコースは?と分からないこともありますよね。

そこで、本記事では屋久島のネイチャーガイド歴17年の筆者がその疑問にお答えします。

半日のハイキングも、しっかりトレッキングもできる白谷雲水峡。体力や時間に合わせて幅広く楽しめるので、ぜひ訪れてみてください。

本記事の著者

ネイチャーガイド歴17年。
埼玉の秩父出身⇨大学で森林生態学⇨専門学校で環境保全⇨屋久島移住&ネイチャーガイドショップ運営。
年間200日ほどガイドツアーを行う
⇨現在、拠点を関東に移し活動中!

森の中が好き!
目次

白谷雲水峡のおすすめコースをご紹介

白谷雲水峡はいくつかのコースがあり、歩く人の体力や時間によって選ぶことができます。オススメの白谷雲水峡のコースについて参考にしてみて下さい。

半日ハイキングなら白谷雲水峡の「苔むす森」

こちらのコースは時間のない方、体力に自信のない方向けです。太鼓岩までは行かず、太鼓岩コースの途中である「苔むす森」までを往復します。

入り口から往復で2時間ほどのルートですが、美しい森が続きますので、3〜4時間位かけてゆっくり歩くのが良いでしょう。

早朝からスタートすれば、朝の清々しい森を楽しむことができ、午前中に戻ってくることができます。

また、屋久島に到着した日や出発の日も、その足で苔むす森まで散策するのも可能。半日だけのハイキングですが満足度が高いです。

1日トレッキングなら 白谷雲水峡の太鼓岩トレッキングがおすすめ

白谷雲水峡で最も高いところまで登る太鼓岩コース。白谷雲水峡入り口から苔むす森を経由し、太鼓岩を目指す往復コース。全体の所要時間は5〜6時間ほどになります。

大人の足で休憩なしで往復すれば4時間で歩けますが、実際は休憩をしたり、写真を撮ったりしますので、プラス1時間〜2時間はかかると見ておいた方がよいでしょう。

景色が最高な太鼓岩
白谷の森も水も楽しめる

お弁当を持って午前中からスタートするのがおすすめです。夕方は森の中は早く暗くなります。遅くとも15時ごろには戻ってきたいですね。

ということは、逆算すると朝は8時前後にはコースをスタートするとよいでしょう。比較的歩きやすい道が多いですが、途中急勾配の箇所や、石がごろつく箇所もあります。装備はしっかりして行きましょう。

白谷雲水峡へのアクセスや持ち物など

白谷雲水峡への行き方や便利なお宿についてのご紹介です。

白谷雲水峡はどうに行くの?レンタカー・バス・タクシーについて

宮之浦地区から車で20分の位置にある白谷雲水峡。レンタカーの他、バスやタクシーなどでアクセスできます。バス便はそれほど多くないので、下調べをしっかりしてから行きましょう。

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

白谷雲水峡のトレッキングに必要な持ち物や装備についてまとめました

トレッキングには何を持っていけばいいか迷います。屋久島の日帰り登山に必要な装備をまとめました。是非参考にしてみてください。

白谷雲水峡にガイド無しで行くならぜひ注意していただきたいこと

美しい白谷雲水峡ですが山岳遭難事故も発生しているところです。もし、ガイドなしでいくのであれば下調べをして十分に注意しましょう。

白谷雲水峡のツアーの選び方

白谷雲水峡を半日以上トレッキングするなら、ガイドツアーに参加すると中身の濃い1日が過ごせます。

ガイドツア

トレッキング付きツアーを申し込む

JALパックやH.I.S屋久島ツアー特集クラブツーリズム国内ツアーなどではトレッキング付きのツアー(交通+宿)が揃っています。飛行機やホテルを選ぶだけで、屋久島の旅行が完成してしまうので、とても便利です。

屋久島のガイドツアーを探すなら

ガイドを付けずに行くことも可能ですが、どうせなら屋久島の話をたくさん聞けるガイドツアーに参加するとメリットもたくさん。送迎やアウトドア装備のレンタルなども行っているお店もあるので、是非活用してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる