無料のレンタル・お一人様からOKの縄文杉・白谷雲水峡のガイドツアー参加者募集中!

【レビュー】温かいサーマレストXサーモのエアマットで熟睡&登山の疲労回復を

最近流行りのグランピングとは違い、山に必要最小限の荷物を背負っていく山のキャンプの場合は夜寝る時は寝袋にくるまって、マットの上でごろ寝をします。

そんな、ミニマムな夜をテントで過ごすのも、アウトドアの魅力ですが、ただ、やはり寝ている時に寒いのは体にも心にもしんどくて、できることならぬくぬくと温かい夜を過ごしたいです。

そういった場合はダウンがたっぷりはいったシュラフを選択するのもひとつの方法ですが、もっと暖かさを求めるならば暖かいマットを使うのも重要なポイントです。

寝袋の暖かさに対してはシビアに吟味するものの、シュラフの下に敷くマットの暖かさについてはおろそかになりがち。

実際にぼくも今まではマットの暖かさは必要最小限でいいと考えていました。

ところが、今回ご紹介するサーマレストのネオエアXサーモを使用してからマットの暖かさの重要性に気づきました。

今回はアウトドアでの眠りを変えてくれる「サーマレストネオエアxサーモ」の使用感のレポートです。

地面からの冷えは相乗以上に体温を奪う

ぼくは寒いのは苦手。メンタルもめっぽう弱いので、アウトドアで寝るときも我慢したくないタイプです。

いつも、アウトドアで寝袋にくるまって寝る時は、もっと快適に熟睡できないものか思っていました。

実は熟睡できるかどうかには、寝袋の品質も大事ですが、マットの硬さや暖かさも非常に重要だということに気がつきました。

地面の上にマットを敷かずに寝た場合、体の熱を地面がほぼ無限に吸収していってしまいます。

それを防ぐために、マットを使い、体温の保持と柔らかい当たりの寝心地を提供してくれるのが、寝袋の下に敷くマットの役割です。

暖かいマットの仕組み

マットの暖かさの重要性を教えてくれたのがサーマレストのネオエアXサーモ。

空気を入れて膨らますと、手を触れるだけで体温を反射し温かみが伝わってくる不思議なマットです。

体温を効率よく反射しているのでしょう。

秘密はマット内部に仕組まれた何層にも重なっているシート

このシートでマット内部に隔壁をつくり、隔壁間で空気の対流を起こさせないので熱が伝わりづらく地面からの冷えをシャットアウト。

逆に体から出た体温は暖かい空気の層となって、隔壁内のとどまるので、地面には伝わらず暖かい空気の層となって体を温めてくれるというスグレモノ。

なんと地面からの冷えをシャットアウトしてくれるので、氷の上でも眠れるという謳い文句です!

1

83 cmのレギュラーサイズを使用しています。

このサイズならば足先から頭まですっぽり乗ることができ、段差もできないので快適に眠ることができます

厚みが凄い

厚みが6~7cmほどあります。

多少凹凸のある地面でもこれだけの厚みがあれば違和感なく眠れます。

生地は思ったよりも頑丈

裏生地は厚みがあって、思ったよりも頑丈にできています。

適度に摩擦があって、ツルツル滑りやすいという感じではありません。

なのに軽い!コンパクト!

丸めると非常にコンパクトで十分に軽いです。

これだけの暖かさがあって重量が460gと非常に軽いです。

同社の人気クローズドセルタイプのマットである、リッジレストが同じ長さで400gなのでたった60gの違いです。

リッジレストはぼくも使用しますが、ほぼ同じ重量でも、暖かさは段違いに違います。

スポンサードサーチ

これだけ暖かいマットで寝ると熟睡できてるみたい

このネオエアーXサーモを使用し始めて感じたのは、翌日の疲れの残り具合です。

特にこのマットで寝ると翌日体を動かした時に背中側が軽く感じます。

ここは主観なので、なんとも言い難いのですが、背中の筋肉がちゃんと動いてくれると言ったらいいでしょうか。

ダルいや重いが少なく感じるのです。

そして、睡眠中はふと寒さで夜中に目が覚めてしまうということも少なくなりました。アウトドアだと割と夜中に何度も起きる方なのですが、朝までぐっすりだったということがよくあります。

また、自分でも想像をしていなかったのですが、同じ寝袋を使っていても、ネオエアXサーモのほうが、リッジレストよりも暖かく感じます。

マットの違いで寝袋の暖かさに違いが出るとは思わなかったのですが、熱が逃げていないということなのかもしれません。

寒いのが苦手なので、保温着は多めに持っていくのですが、全部着て寝るということ少なくなった気がします。

スポンサードサーチ

エアーマットのパンクの心配は?

エアータイプである限りパンクの心配は常にあります。

クローズドセルタイプのリッジレストであるならば、手荒に扱っても壊れることがないので、石が転がる地面に座布団代わりに使ったも大丈夫です。

ところが、エアマットでは穴が空いてしまったら致命的です。

使い始めの頃はリッジレストを使うように少々手荒にあつかったら、やはり穴が空きました。

ただ、小さい穴だったので、夜寝ている間に徐々に空気が抜けいくというような状況でした。

夜中何度か目を覚まして、膨らまし直して、夜を過ごしたという事があります。

穴が開いたらアウトドア環境で修復はほぼ困難

一応リペアキットがついていたり、ダクトテープなどで緊急補修すう用意はしていますが、小さい穴が開いた場合は、その場所を特定するのがアウトドアの環境下では困難です。

家に持ち帰り、バスタブに水を張って、空気が漏れている箇所を特定します。

とにかく、アウトドアではとがった枝や小石の多い所に直接しかないとか、マットの下にグランドシートを敷くとか気を使うことで防ぐしかありません。

また、もし仮にマットに穴が開いて使えなくなったら、身の危険があるという厳しい環境では使わないほうがいいです。

厳しい環境化でつかうのであればクローズドセルの方が、故障して使えなくなる心配が少ないので利点が多いです。

空気を入れる作業は大変ではないか

自動膨張式でもないネオエアXサーモの場合は空気を入れるのに手間がかかります。

一応収納袋が、空気入れの袋になっていますが、なかなか空気が入らずに嫌になりました。

ぼくがよく使う方法は70リットルか90点リットルの大きなビニール袋の隅を切り、輪ゴムでネオエアXサーモのバルブに装着し、ビニール袋に空気をたっぷり含んだ上で押し込むという方法です。

この方法だと2〜3回で空気が入りますし、なにより大きなビニール袋はザックの内部に防水バッグとして利用することもできます。

その他、大人数のグループならばAmazonで販売している空気入れを持っていきます。

この電動ポンプはとても気に入っていて、ネオエアを数十秒で膨らませるパワーがあり、またUSB充電式なので、充電が切れてもモバイルバッテリー持っていけば電力の心配もありません。

スポンサードサーチ

コンパクトで軽く、暖かい、アウトドアでの快眠の味方です

Xサーモは寒い環境に強いエアマットであり、良い睡眠で体力の回復が期待できる非常に優れたアイテムです。

何も寒い季節だけではなく、暖かい季節でも積極的にこのやマットを使うことで、熟睡が得られやすいので、シーズンを選ぶ必要もないと考えています。

マットの重量は軽いものだと100g程度のものもありますが、これだけの寝心地で重量460g(レギュラーサイズ)のネオエアXサーモならば、多少重量増でもこちらを選んでしまいます。

あの地面からの冷えに凍えなくてもいいという快適さを知ってしまったら、もう手放すことができないアイテムです。

寝袋にくるまってぬくぬくと暖かい中、星を眺めながら眠るを実現してくれる頼もしいマットです。