白谷雲水峡から縄文杉へ日帰り挑戦→やっぱり難しかった

ツアー日時:2015年7月23日
担当ガイド:佐藤崇之

こんにちは。オーセン屋久島の佐藤です。

先日、2015年7月20日〜21日にかけて屋久島を襲った豪雨により、県道ヤクスギランド線の途中が崩落しました。これにより、縄文杉登山でメインとなる荒川登山口への道が絶たれ、現情報によると復旧まで1週間〜2週間の見込みだそうです。

追記:2015年8月以降は通常通り復旧しています

今回はそんな事情もあり普段は行わない、白谷雲水峡から縄文杉へ日帰りツアーを強行的に催行しました。もちろん、お客様には相当ハードなことを伝え、了承していただきました。このコースは普段オーセン屋久島では1泊2日で行くコース「1泊2日縄文杉ツアー(白谷雲水峡往復)」と同じルートを日帰りするというものです。
結果からいうと、やっぱり1泊2日で行くことを日帰りで行くものではないですね。

白谷雲水峡出発は朝5時。警報発令のために前日まで縄文杉へ行けなかった人たちがすでにたくさんいました。暗い中を出発です。

白谷から縄文杉は無理でした
お客様は男女2人組。一昨年にオーセン屋久島のツアーにご参加いただいたリピータさんです。お二人とも写真が好きなご様子。

かなりハイペースじゃないと行けない事に気付いた

白谷から縄文杉は無理でした
早朝の太鼓岩です。この日は若干曇り空だったものの、しっかり宮之浦岳まで見えていました。お二人とも縄文杉よりもこの太鼓岩の方がメインだったそうで、せっかくなのでここで長い時間ゆっくりしました。

そして話し合いの結果、縄文杉へは無理をしないペースで行ければ良いということにしました。ウィルソン株までは行けるかな。

白谷から縄文杉は無理でした
となると、鹿が出てきたら写真も撮れるし。気持ちに余裕が出てきました。

白谷から縄文杉は無理でした
ウィルソン株でも人が少なく快適な状態。ここでランチにして折り返します。

白谷から縄文杉は無理でした
再び白谷雲水峡へ帰ってきました。

結局ウィルソン株までの往復コースとなりましたが、それでも足は結構疲れます。縄文杉まで白谷雲水峡から往復するのはかなりハードであるということがわかりました。もし、このコースを日帰りで行くことをご検討されている方は無理をなさらないようにしてください。また、白谷雲水峡の川が増水すると帰ってこられなくなります。雨の危険がある時はやめておいたほうが無難でしょう。屋久島の雨は想像を絶する時が良くありますので。