フェリー・高速船で屋久島への行き方と時間

鹿児島県本土より60kmの南の海上に位置する屋久島。

屋久島へは鹿児島の港からフェリーや高速船でも渡ることができます。

フェリー・高速船が出航する鹿児島の港は鹿児島の繁華街である天文館の近くにあるので、フェリーや高速船を使う旅は鹿児島観光も楽しめます。

さらにフェリー・船での旅は青い海を眺めながら屋久島へ向かえるので島旅の情緒もたっぷりです。

この記事では鹿児島から屋久島の往復にフェリーや高速船を使うメリットと注意ポイントについてご紹介します。

↑鹿児島ー屋久島間を1日1便運行するフェリー屋久島2

鹿児島から屋久島の船は3航路あるけど、「高速船」と「フェリー屋久島2」が一般的

鹿児島から屋久島へのフェリーや高速船には3種類あり、

  1. 高速船「トッピー・ロケット」(1日数便運行)
  2. 「フェリー屋久島2」(1日1便)
  3. 「ふぇりーはいびすかす」(1日1便)

です。

どの船を利用しても鹿児島から屋久島へ行くことは出来るのですが、一般的には「高速船トッピー・ロケット」と「フェリー屋久島2」を利用する方が多いです。

「フェリーはいびすかす」は貨物船の要素が大きく、しかも鹿児島を出航したあとは種子島に経由&1泊、それから屋久島に到着しますので、時間がとてもかかります。

この記事では、「高速船トッピー・ロケット」と「フェリー屋久島2」についてご説明しています。少し長めの記事ですが、参考になれば嬉しいです。

【高速船】便数も多く、時間も選べる、便利な「トッピー・ロケット」

時速80kmで高速船はして走ります

「トッピー」とは種子島方言でトビウオの事。「ロケット」は種子島にJAXAのロケット発射台があることから船の名前に付けられました。

トッピーもロケットもそれぞれの運営会社が違うだけで船のタイプは同じ高速船です。かつてはライバル関係にあった船会社同士が、今は共同運行という形になり「トッピー・ロケット」と呼ばれています。

乗る船によってトッピーと書いてあったり、ロケットと書いてあり紛らわしいですが、料金や出航時刻などは基本的に同じものです。

  • 料金:往復 16,200円〜
  • 便数:1日4〜7本(季節変動あり)
  • 予約:空席があれば予約なしでも可。繁忙期は満席になる
  • 時間:2〜3時間(直行便と種子島経由便がある)

⇒高速船トッピー・ロケットのホームページ

海上を時速80km以上というスピードで走り、波に強く揺れが少ないという特徴を持っています。

1日数便ある鹿児島ー屋久島間の高速船ですが、鹿児島と屋久島を直接結ぶ「直行便」と、種子島や指宿を「経由する便」出航時間によって異なっています。航行時間はおおむね2時間〜3時間程度です。

船の中では安全の為にシートベルトの着用が義務づけられており、飛行機に乗っている時と同じような感覚です。

後述するフェリーのように船内を歩き回ったり、甲板に出たりということは出来ません。

屋久島の高速船発着の港は「宮之浦港」と「安房港」の2つあり、到着や出発の際は気をつけて

屋久島には高速船が到着する港が宮之浦港安房港の2つに分かれています。

ここも、すごく紛らわしいところなのですが、同じ島の中に船の発着が2箇所あるので間違いやすいです。

しかも、宮之浦港と安房港の間は車で30分もかかりますし、バス便も接続が悪く不便が多いです。宿泊する宿の場所を踏まえた上で船の時刻を選んでください。

ご自分の利用する船がどちらの港なのかは必ず確認しておく必要があります。

翌日に縄文杉登山などが控えている方なら安房地区着の高速船の方が便利でしょう。

特に気をつけて頂きたいのは、海が時化ると安房港を利用する予定だった高速船が、宮之浦港に変更になることです。

安房港は防波堤の能力が弱く、波が高いときなどは安房港での停泊が出来ないときがあります。そうなると安房港ではなく宮之浦港に変更になります。

港が変更する際のお知らせは、公式のホームページか屋久島町内に流れる町内放送で知ることになりますが、事前に直接電話にて問い合わせをした方が確実でしょう。

【フェリー】1日1便だけだけど、フェリー屋久島2ならゆっくりと旅ができる

フェリー屋久島2外観

鹿児島港を朝8:30分に出港する「フェリー屋久島2」。

およそ4時間の航行で屋久島に到着し、1時間ほどの停泊の後に再び13:30頃に屋久島を出発し鹿児島に戻ります。

  • 料金:往復 8,900円〜
  • 便数:1日1便(ドック運休期間あり)
  • 予約:予約なしでも可
  • 片道:役4時間
  • 鹿児島発:8:30
  • 屋久島発:13:30

⇒フェリー屋久島2のホームページ

車や物資を運ぶ屋久島の人の生活に欠かせない船です。まさに屋久島と鹿児島を結ぶライフラインです。

フェリー屋久島2は屋久島の宮之浦港にのみ停泊します。前記の高速船のように安房港に停泊することはありません。

長い船旅も楽しく! フェリー屋久島2の楽しみ方

フェリー屋久島2の船は大きく、甲板に出ることも出来、天気が良ければ青い海と桜島を眺めながら快適な船の旅を楽しむ事が出来ます。

また、船内にはシャワーや自販機・ゲームコーナー・キッズスペース・漫画本等の貸し出しがあり、長い船の時間も飽きずに楽しめます。

また名物のうどんコーナーでは時間限定でうどんを食べることができ、フェリー屋久島2に乗船する楽しみの一つです。是非食べてみて下さい。

船内は自動販売機も充実

なんと浴室も!現在はシャワーの利用のみ可だそうです。

フェリー屋久島2名物のうどんコーナー。提供時間は決められていますが、意外と美味しいので是非!

だしの味か利いたおうどん

高速船は1日数便で時間を選べる。フェリー屋久島2は時間に余裕のある旅行者向け

高速船は1日数便の運行がありますので出航時間を選びやすいのがメリットです。

その反面、フェリー屋久島2は朝8:30に鹿児島港を出港。13:30に屋久島港を出航の1日1往復なので、鹿児島での前泊・後泊が必要となります。

ですので、フェリー屋久島2は旅行の日程に余裕のある、学生さんとか長期休暇中の方に適しています。逆に日程に余裕がない方は高速船か飛行機を使った方がいいでしょう。

船を使うなら一緒に鹿児島観光もおすすめ

高速船やフェリーを使った屋久島旅行は鹿児島での滞在も視野に入れて、時間をたっぷり使える旅行にオススメです。

いかにも島旅らしい情緒があり、鹿児島の港が鹿児島市内に近いので、天文館で鹿児島の美味しいグルメを楽しめるのがメリットです。

例えば、天文館で鹿児島名物の「しろくま」のかき氷を食べたり、

鹿児島の黒豚を使ったとんかつを食べたり、

鹿児島には美味しいグルメもあるので、屋久島のついでにぜひ立ち寄るのもいいでしょう。

ただ、船の移動は乗り換えの時間も含めて時間がかかります。場合によっては丸1日移動で使ってしまいます。ですので、旅行の時間が少ない方は飛行機を選ばれた方が良いです。

屋久島に行くついでに鹿児島も観光していくとなると、最低でも4泊5日〜位の旅行期間は必要になってきます。

是非長いお休みが取れる方は船を使った旅行も検討してみて下さい。

パックツアーとクレジットカードを利用して、お得に屋久島旅行をしよう

国内旅行の中でもトップクラスに移動費がかかると言われる屋久島旅行。大げさではなく、近場の海外旅行の方が断然安いくらいです。

交通費が高いおかげで、屋久島は一生に一度なんて言われたりするのですが、節約できるところは節約したいですよね?

簡単に節約する方法として飛行機と宿の手配が一緒になったパッケージツアーなどを利用すると、それぞれを手配するよりも安くなることがあります。

また、それぞれのツアー予約サイトに合ったクレジットカードなどを作っておくと、マイルやポイントの還元率が上がったり、入会キャンペーンのポイントを貰えたりします。

クレジットカードの新規入会キャンペーン&利用でもらえるポイントを組み合わせれば一万円分位の価値になる時がありますから、宿泊費が1泊分くらいは節約できる時があります。

JALをよく利用するJAL派の方ならJALダイナミックパッケージJAL楽パックJALじゃらんパックを利用するのがお勧めです。

屋久島空港はJAL便のみ就航しているので、屋久島まで全部飛行機という方はJALのツアー一択ですね。

一方、ANA派の方や鹿児島までのJAL便が無いセントレア空港発着なら、ANAのスカイツアーANA楽パックANAじゃらんパックがお勧めです。

それぞれの予約サイトでたまるマイルとポイントとクレジットカードの組み合わせは、

となります。

さらに、楽天トラベルやじゃらんなどは、頻繁にクーポンを発行していますので、一度サイトを覗いてみてもいいでしょう。
楽天トラベルクーポンページ
じゃらんクーポンページ

クレジットカードや予約サイトのクーポンを活用して、旅行の飛行を節約したら、その分で屋久島や鹿児島で美味しいものを食べてくださいね。

船の旅で持っていたい酔い止め

鹿児島から屋久島を船で移動するときに必ず持って行きたいのが「酔い止め」です。

屋久島は太平洋に位置する島ですから、鹿児島の錦江湾を出た途端に波が高くなり船が揺れます。それが、1時間も2時間も続くと、流石に船酔いをしてしまいます。結構苦しいです。

私の場合は時々しか船に乗らないので、体が慣れておらず波の高さが2mを越えると船酔いの兆候が出始め、気分が悪くなります。

そうなると必要になってくるのが「酔い止め」です。

最近はコンビニなどでも売っていますが、うっかり買うのを忘れてしまうんですよね。あと、屋久島にはドラッグストアが少ないので、屋久島で買おうと思っても買えない場合があります。

最近はAmazonや楽天などでも薬が買える時代ですので、事前に購入しておくことをお勧めします。

船の旅で持っていたい2 旅の気分を盛り上げるアイテム

船の旅は本当にのんびりしていて気持ちがいいんですが、ちょっと時間が長く退屈してしまいます。

高速船などはテレビが設置されているものの、チャンネルが選べないのと、海上では電波が入らないことも。そんな時のために退屈をしのげてさらに旅の気分を盛り上げてくれるアイテムがあるといいですよ。

私が利用しているのがAmazonのプライム会員特典の動画や音楽。日頃からAmazonをよく利用するので、年会費Amaoznのプライム会員に登録しています。

Amazonプライムビデオには屋久島の写真集も出版している写真家の三好さんが登場する屋久島作品もあります。

これと、映像も音楽も楽しめるAmazon Fire タブレットがあれば完璧です。

まとめ:船の旅は時間がかかるもの。むしろゆっくりの時間を楽しんで。

船で屋久島に行くと、本当に屋久島は遠いなって思います。飛行機やバスや船の乗り換えをして、1日かけて、やっと到着する島です。

でも、それだからこそ、遠くに来たぞ!という気持ちになれるのが船の旅の醍醐味なのではないでしょうか?

旅行の日程が4泊5日以上取れる方は、ゆっくりと船の旅をお勧めします。ついでに鹿児島のグルメも楽しんで帰っていただければ、さらに言うことなしでしょう。

 

ただ、その反面旅行時間に余裕がない方、具体的には3泊4日以下の旅行ならば船は使わず飛行機で屋久島に来られた方が確実にいいです。

屋久島の「縄文杉」と「白谷雲水峡」以外に、島内をドライブしたりお土産を買ったりなど、いろいろと楽しむためには屋久島に到着した日や、屋久島を出発する日を有効に使わなければなりません。

お昼頃には屋久島に到着すれば、午後はドライブなどで楽しめますから時間を無駄なく楽しめます。

 

屋久島の飛行機については以下に関連ページがございますのでよろしければご覧ください。

間違いのない屋久島への行き方。3泊4日なら飛行機がお勧めな理由

鹿児島〜屋久島を飛行機で!鹿児島空港乗り継ぎのポイント

福岡空港から屋久島へ飛行機で行く方法

伊丹空港から屋久島へ90分!押さえておきたい屋久島ー伊丹直行便のメリットと注意ポイント

22日前ならキャンセル無料!屋久島旅行にJALダイナミックツアーの申し込み方法