2018年ゴールデンウィーク オーセン屋久島ツアー開催状況

毎年楽しみなゴールデンウィーク。屋久島のゴールデンウィークも毎年たくさんのお客さんが訪れる、一年でももっとも賑やかなシーズンといってもいいでしょう。

2018年のゴールデンウィークは平日にお休みを取れるならば、一般的には4月28日〜5月6日までと9日間の大型連休となります。最低でも3泊4日は必要と言われる屋久島を旅行するならば、この時期はチャンスなのです。

2018年のオーセンのガイドツアーの開催状況とゴールデンウィークの屋久島の登山のポイントを解説いたします。

ゴールデンウィークの予約は早めが成功の秘訣

長いお休みが取れて、屋久島旅行にちょうどいいゴールデンウィーク。けれども、それは他の人に取っても同じことです。

飛行機のチケットやお宿、ガイドツアーやレンタカーなどはすぐに満員となってしまうため、早めのご予約がおすすめです。特にガイドツアーとレンタカーは島内の台数に限りがあるようで、直前予約はほぼ困難になってきます。

GWの混雑具合は?例年のパターンは前半〜中盤が混み合います

屋久島のゴールデンウィークの混雑状況を予想するのは難しいのですが、毎年の傾向としてはゴールデンウィークの前半〜中盤にかけて観光客の方が集中するようです。

特に混雑が予想される縄文杉登山ですが、今年度の場合はゴールデンウィークに入った直後の4月29日と4月30日、ゴールデンウィーク中盤の5月3日と4日あたりが混み合うのではないでしょうか?

長い休暇の前半は旅行にあてて、後半は家でゆっくりしてから仕事に備えるというパターンの方が多いのだと思います。

オーセン屋久島の2018年GWガイドツアーの開催状況

まずはオーセンの2018年ゴールデンウィーク期間中のツアー開催状況をお知らせ致します。ガイドツアーは全て事前の予約制となっております。料金の決済は現地で行えますので、ツアー参加ご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。

→ガイドツアーご予約フォーム

募集ツアー内容
4月25日(水) 日帰り2日間 縄文杉+白谷雲水峡ツアーあと4名!
4月26日(木) 上記ツアー2日目
4月27日(金) 受付終了
4月28日(土) 白谷雲水峡フルコースツアーあと3名!
4月29日() 1泊2日 縄文杉&白谷ガイドツアー 満員です
4月30日() 上記ツアー2日目
5月1日(火) 受付終了
5月2日(水)  1泊2日 縄文杉&白谷ガイドツアー あと1名!
5月3日()  上記ツアー2日目
5月4日()  受付終了
5月5日() 1泊2日 縄文杉&白谷ガイドツアー あと3名!
5月6日() 上記ツアー2日目

昨年(2017)の縄文杉登山者の傾向から今年の予測は?

縄文杉登山者の正確な人数を把握するのはなかなか難しいのですが、参考になるデータがあります。

日帰りの縄文杉登山者が利用する、荒川登山口行きのシャトルバス。毎日運行されるシャトルバスの利用者数がこちらのツイッターで配信されています。

2017年のゴールデンウィークは休みの取得次第では4月29日〜5月7日までの10連休になりました。そこから昨年度(2017年)のバス乗車人数を見てみると

ゴールデンウィークの前半では平日扱いにも関わらず5月1日に人が集中しています。また、ゴールデンウィーク後半では5月4日・5日が多かったようですね。

やはり2017年度(昨年)はGWの前半〜中盤に集中していたようです。

ゴールデンウィーク中の屋久島を楽しむヒント

ゴールデンウィークともなると、普段は静かな屋久島も、縄文杉や白谷雲水峡などを中心に混み合うのは仕方のないことかもしれません。

ですが、少しでも混雑を避ける方法がありそうなのでいくつか考えて見ました。

ポイントは「少しだけ行動パターンをずらす」です!

もし可能であれば、少しだけ行動パターンをずらしてみましょう。

  • ゴールデンウィークのお休みを1日でも前倒ししたり、遅らせたりする。
  • 1日目に白谷雲水峡へ、2日目に縄文杉へ登る(逆のパターンが多いです)
  • 登山をする日は早めに出発する

などが考えられます。

ゴールデンウィークのお休みを1日でもずらす

これは、可能な人とそうでない人がいますが、もし可能であれば1日でもお休みをずらすと良いかもしれません。ゴールデンウィークのような大型連休の前後は、その反動からものすごくお客さんが少なくなりますので穴場です。

初日に白谷雲水峡、2日目に縄文杉登山の順番にする

屋久島に来たら、ぜひ行きたい場所のトップ2が縄文杉と白谷雲水峡だと思います。そして、登る順番としては最初に縄文杉登山、2日目に白谷雲水峡というパターンが多いようです。

私もできればこの順番で登った方が良いと思います。その一番の理由が、

2日目に縄文杉登山を予定していて、大雨で山に登れなかったら後がなくなって縄文杉に行けなくなってしまう

です。

もし、予備日を設定していれば翌日に延期することもできますが、多くの方はそんなに日程の余裕はないため、第一目的である縄文杉を早く済ませてしまうほうが良いと思います。

ただ、お天気の予報がそれほどまで悪くなく、大混雑が予想される日なのであれば、2日目に縄文杉登山をするというのもアリかと思います。

早めに、余裕を持ってスタートする

人気の縄文杉や白谷雲水峡は少し早めにスタートするのが良いでしょう。というのも縄文杉コースならトイレや各ポイントなどが混み合うので(場合によっては各トイレで20分〜待ちも)、少しでも早めに行動することで人が分散し快適になります。

また、ガイドブックに紹介されている登山のコースタイムも、ゴールデンウィーク期間中の混雑時の事は勘案していないので、実際のタイムはプラス10%くらいを見ておいた方が良いです。ゴールデンウィーク中は余裕を持っておいた方が良いでしょう。