カテゴリー
おすすめの登山リュック(30L〜39L)はこちら  >>

2021 おすすめの屋久島パックツアー&ダイナミックツアー

屋久島旅行の予約はホテルや飛行機、トレッキングツアーやレンタカーの手配など、たくさんありすぎて結構大変。

それぞれ別々に予約をしていると、管理も大変だし、予約をし忘れていたなんてことにもなりかねません。

そこで、一括でしかもオンラインで予約できてしまう「宿と移動がセットになったツアー」がおすすめ。

ネットならいつでも簡単に予約できるし、ホテルと飛行機の予約が一元化できるので、予約漏れもありません。

さらに「宿と移動がセットになったツアー」なら、セールやクーポンを利用すればさらにお得になるチャンスも多く、予約前には一度チェックする価値アリです。

屋久島は海外旅行並みに旅行費用がかかるとも言われています。少しでも旅費を抑えたいですよね。

ということで、本記事では屋久島で観光業に15年以上携わってきた筆者が、屋久島のパックツアーとダイナミックツアーのおすすめ予約サイトとその選び方をご紹介します。

まずはおすすめの予約サイトをリストアップします。予約サイトの上手な選び方は後半で解説しますが、そちらを先に読みたい方はこちらからどうぞ

もくじ
管理人プロフィール

アーシー/2003年に屋久島へ移住し、17年間屋久島のフィールドでネイチャーツアーガイドの経験を持つ。今は新型コロナでツアー業を自粛。現在は出身地である埼玉県に戻り、新たな事業を構想中!

おすすめの屋久島パックツアー&ダイナミックツアー

さっそく、屋久島のおすすめツアー予約サイトをご紹介します。

【JALツアー】

JAL国内ツアー

【パッケージタイプ】JAL国内ツアー
【ダイナミックタイプ】JALダイナミックツアー

安心のJAL品質。ツアーはパッケージタイプとダイナミックタイプを選べる

JAL国内ツアーオリコンの調査でも4年連続満足度1位(2020年調べ)という人気のツアー。予約画面が丁寧な作りなので予約時も安心感があります。ホテル数が少ないものの、いいホテルばかり。ちょっと贅沢な旅行がしたいという方におすすめです。ときどき行われるタイムセールやクーポンを利用すると、他の旅行サイトより安くなることもあります。

\ 飛行機とホテルだけのシンプルなプラン。空席があれば何時でも予約OK! 

【楽天トラベル】

楽天トラベル

【公式サイト】楽天トラベル

屋久島の宿泊施設掲載数NO1|お宿を比較するなら楽天トラベルがおすすめ

楽天トラベルの一番の特徴は宿泊施設の掲載数が豊富なところ。お好きな宿と飛行機を自由に組み合わせたダイナミックツアーを作るならイチオシです。楽天トラベルなら格安な宿もあるので、節約派の方にもぴったり。掲載宿泊施設が多いので、ほかサイトでは満員で予約できない時も楽天トラベルなら空きがあるかも。

\ たくさんの宿から選びたいなら! /

≫ 楽天トラベルの申込が初めての方は申込方法

【じゃらん】

【公式サイト】じゃらん

提携宿泊施設も多いので、じっくり選びたい派におすすめ

楽天トラベルに続いて、屋久島の提携お宿が多い「じゃらん」。JALの飛行機と組み合わせられる「じゃらんパック」を利用することで、自分でパッケージツアーを作ることができます。クーポンやセールも頻繁に配布・行われているので、お得に予約できるのも嬉しいポイントです。

\ 予約しやすい! /

【近畿日本ツーリスト】

近畿日本ツーリスト

【公式サイト】近畿日本ツーリスト

テーマ性があり満足度の高いパックツアーならココ

様々なテーマに特化したプランが揃う近畿日本ツーリストのツアー。縄文杉や宮之浦岳などのトレッキングツアー、歩かなくても楽しめるバスツアー、屋久島以外も観光するツアーなど、好みに応じて選ぶことができます。ツアーの開催日は限定的&すぐに満員になるので、予定があったら即予約するのがコツです。

\たくさんのツアーがあって迷ってしまうかも?/

【JTB】

JTB 

【公式サイト】JTB

⇨【JTB】ホテル・ツアーのクーポン

豊富なプランと高品質なツアー。だれにでもおすすめできるJTB

宿泊施設の掲載数が豊富なJTB。宿と飛行機を自由に選べるダイナミックパッケージツアーが充実。レンタカー付きプランもあるので、一緒に予約するのに便利です。

\提携の宿も多く予約がしやすい!/

【H.I.S】

H.I.S

【公式サイト】H.I.Sツアー

旅慣れた人向け。価格を抑えたツアーが揃う

「一人参加限定」・「トレッキング付き」・「アウトドア装備レンタル付き」など、探すと特徴のあるツアーが出てきます。移動には船を利用したり、JAL以外の航空会社を利用したり、旅慣れた人向けですが、その分価格を抑えられます。トレッキング付きツアーでは参加者同士の交流もたくさんあるようです。

屋久島旅行のパックツアーやダイナミックツアーを選ぶポイント

それでは、屋久島のパックツアーやダイナミックツアーを選ぶポイントをいくつがご紹介します。

ポイントは主に以下の④点です。

  • すべて飛行機を利用したツアーを選ぶ
  • シンプルならパックツアーを、自作するならダイナミックツアー
  • 現地トレッキングツアーも組み合わせてしまう
  • 利用空港から屋久島までのツアーがあるか調べる

以下で簡単に説明します。

すべて飛行機を利用したツアーを選ぶ

屋久島への移動は国内旅行ながら、なかなか長い時間がかかります。できるだけ時間を無駄にしないためにも、すべて飛行機を使ったツアーを利用するといいでしょう。

飛行機の他には船を利用するツアーもありますが、移動時間に対する料金のメリットはそれほど高くありません。

屋久島に行くなら第一選択肢は飛行機を利用したツアーです。

シンプルならパックツアー、自作ならダイナミックツアー

ツアーといっても、「パックツアー」と「ダイナミックツアー」の両者があり何が違うの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

簡単に言えば、

  • 「パックツアー」→ホテルも飛行機も選ぶ選択肢が少ないシンプルなツアー
  • 「ダイナミックツアー」→ホテルも飛行機も自分で選ぶ要素が多いツアー

です。

それぞれのツアーを違いも最近は少なくなってきています。ですが、パックツアーは選べるホテル等は少ない代わりに、予算に応じてあとは選ぶだけとシンプルな仕組み

一方、ダイナミックツアーは出発地と帰着地の空港を変えられたり、ホテルもたくさんの中から選べたりと、選択肢の幅が広いです。その分悩む部分も多いのが特徴です。

現地トレッキングツアーを組み合わせてしまう

屋久島で現地トレッキングを予定しているなら、ツアーと一緒に予約することも可能です。現地トレッキングツアーを一緒に予約できるのはJALパックツアーなどのパックツアータイプになります。

ただ、パックツアーだと、どんなガイドさんが担当になるかわかりません。屋久島はガイドツアーの盛んなところなので、気になるガイドショップがあるなら、パックツアーにせずに、自分で探すのも楽しいです。

出発空港から屋久島までのツアーがあるか調べる

そもそも、自分が利用する最寄りの空港からの屋久島までツアーがあるのかを調べる必要があります。

主要な空港からは乗り継ぎをすれば屋久島へのツアーはほぼあります。ただ、屋久島空港へはJAL系のJACのみの就航です。なので、ANAなどの他社便と組み合わせたツアーがほぼありません。

例えば「中部国際空港」から、乗り継ぎ空港である鹿児島へはANA便のみの就航。なので、屋久島までのツアーが無く、他の方法を考えなければいけません。

屋久島ツアーの選び方に迷った方へさらに詳しく解説

その他、屋久島ツアーを予約する時のポイントについてまとめました。

屋久島ツアー選び方①:飛行機を利用したツアーが第一選択肢。船利用のツアーは屋久島の旅行日数から決める

屋久島のツアーを決める時は旅行の日数で「飛行機か船か」を決めましょう。

  • 3泊以内の短期旅行なら往復飛行機のツアーがおすすめ
  • 4泊以上なら船を利用するツアーも視野に入れる

これが基本的な考え方です。

船のほうが節約できそうな気もしますし、実際ネットで屋久島のツアーを調べると船を利用するツアーがたくさんあった理もします。

ですが、船で鹿児島から屋久島に渡るルートは大幅に時間を費やしてしまいます。場合によっては移動だけで一日が終わってしまうことも。

なので、長期の旅行でないのなら屋久島まで飛行機で移動するルートが断然おすすめ。早く予約すれば、料金的にも船利用とそれほど変わらないで済む場合もあります。

飛行機にするか船にするかを選ぶ基準は、料金ではなく旅行日数です。以下で詳しく説明します。

3泊4日以内なら屋久島まで飛行機往復のツアーがおすすめ

屋久島への飛行機は以下の3つの空港から直行便が出ています。

  • 鹿児島空港 1日数便
  • 伊丹空港 1日1便
  • 福岡空港 1日1便

これらの空港を乗り継いで、屋久島にアクセスするのが一番時間が少なくて済みます。そして、鹿児島空港からは1日数便出ているので、早い時間の飛行機を利用すれば、屋久島に到着した日も半日遊ぶことも可能。同じ理由で、屋久島を出発する日も夕方の便を選べば、その日、1日も屋久島を楽しむことができます。

もし、屋久島旅行の日程が3泊4日以内ならば、移動日も有効に使えるように屋久島へのアクセスは「飛行機」を利用することをおすすめします。

4泊以上の旅行日数なら高速船・フェリー利用もOK

屋久島へは鹿児島からフェリーや高速船に乗り換えて行くこともできますが、これは時間的に余裕のある方向け。それは船で屋久島に行こうとすると、移動に多くの時間がかかってしまうからです。

例えば、鹿児島空港から船が出る鹿児島港に移動して、屋久島に高速船で行こうとすると、

  • 鹿児島空港から港までバスで1時間
  • 高速船に乗り換えて2〜3時間

と、トータルで半日は必要となってきてしまいます。これだと、屋久島に夕方遅く到着したり、出発する日も午前中の早い時間に島を出発したりと、せっかくの貴重な旅行の時間を有効に使えません。

もし、屋久島旅行が4泊以上の長期の旅行なら船を利用したツアーがいいでしょう。

屋久島ツアー選び方②:屋久島のツアー選びはシンプルおまかせならパックツアー、自由に組み立てるならダイナミックツアー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飛行機と宿がセットになっているパックツアー。ですが、調べてみると、

  • 「料金固定のパッケージツアー
  • 「料金変動のダイナミックツアー

の2つに大きく分けられます。

ところで、この2つのツアーの違いご存知でしょうか?筆者はちゃんと調べるまで、よくわかっていませんでした。
いろいろ調べてみると、その違いは以下の通り。

スクロールできます
項目パッケージツアーダイナミックパッケージツアー
旅行代金固定制変動制
ホテル選択肢少なめ多め
出発と帰着の空港同じ空港違う空港もOK
向いている人飛行機旅の初心者
旅行の中身も企画してほしい
旅行日程まで余裕あり
飛行機旅に慣れている
旅行のプランは自分でする

キャンセルのルールも違う「パックツアー」と「ダイナミックツアー」

旅行の予約をする時に気になるのが、キャンセルについての規定。両者のツアーはそれぞれキャンセル規定が異なります。

パッケージツアー
ダイナミックツアー
  • キャンセル料が有利
  • 例:JALパックなどは「旅行の前日から起算して21日前までキャンセル無料」となっています。
  • 予約した時点がキャンセル料が発生
  • 例:1区間500円〜キャンセル料が発生。
  • 屋久島の場合、乗り継ぎすることが多いので往復4区間分2000円のキャンセル料が最低でも必要です。
  • 早めの予約で、キャンセルの可能性が高いなら⇨パッケージツアー
  • 直前の予約でキャンセルの可能性が低いなら⇨ダイナミックツアー

予約のタイミングでしっかりとキャンセル料を確認するのが大切ですね。

という使い方もできそうです。

屋久島ツアー選び方③:現地トレッキングツアーを組み合わせる

結論から言えば、屋久島に行ったら縄文杉や白谷雲水峡などのトレッキングはツアーに参加することをおすすめします。

屋久島の山は天候が読みづらく道迷いもよくあります。自然を楽しみたいなら、登山経験のある方でもガイドツアーに参加すると余裕が生まれてもっと楽しめます

初めての土地で登山となると、事前の計画や装備など意外とたくさんの準備をしなければいけません。これがっけこう面倒です。

ここはトレッキング付きのパックツアーもありますので、そういったツアーを利用すれば予約の手配も簡単で安心です。

一人旅ならトレッキング付きのツアーがおすすめ

縄文杉や白谷雲水峡のトレッキング付きツアーなら一人でも、現地のガイドツアーに参加できます。逆に現地のガイドトレッキングに直接一人で申込むと、料金が高くなりがち。または、お一人様は申し込みできないケースもあります。

その点、トレッキング付きのツアーならお一人様OKのところがほとんどなので、安心して申し込めます。特に一人旅の方は、安全面からも積極的にトレッキングツアーに参加していただきたいです。

屋久島のトレッキングツアーについては以下の記事も参考にしてください

屋久島旅行でパックツアーやダイナミックツアーを使うことのメリットとデメリットとは?

屋久島旅行の飛行機やホテルの予約はツアーを利用したほうがいいのか、個人手配がいいのか悩むところ。そこで、ツアーを利用した時のメリットとデメリットを挙げてみました。

◎パックツアーやダイナミックツアーを使うことの『メリット』4つ

  • 乗り継ぎ便の時でも予約が一つですむ
  • 合計の料金が安くなることが多い
  • キャンセル料が有利な場合がある
  • 頻繁にセールをしている

個人手配に比べると、予約がシンプルで簡単。また、旅行中の管理もしやすいのがツアーの大きなメリットです。そして、ツアーにすることで、旅行代金がお安くなったり、お得なセールが利用できたりするのも見逃せません。

△パックツアーやダイナミックツアーを使うことの『デメリット』2つ

  • 変更や予約のキャンセルがしづらい
  • ホテルや飛行機の選択肢が限られる場合がある

一方、デメリットとしては、予約の変更やキャンセルが安易にできないというのがあります。旅行日程の一部だけ変更したくても、一度全部キャンセルをしなければいけない場合も。じっくり吟味して決めるか、全部おまかせの精神で決める人に向いていると言えるでしょう。

また、格安ツアーのなかには選べるホテルや飛行機の便が限られている場合もあります。屋久島の場合は飛行機の乗り継ぎが発生する場合が多いです。スムーズな乗り継ぎができない場合は少し高くても別のツアーを選ぶといいでしょう。

まとめると、

メリット
デメリット
  • 乗り継ぎ便の時でも予約が一つですむ
  • 合計の料金が安くなることが多い
  • キャンセル料が有利な場合がある
  • 頻繁にセールをしている
  • 変更や予約のキャンセルがしづらい
  • ホテルや飛行機の選択肢が限られる場合がある

屋久島ツアー(宿+移動)のメリットは時短と安心

個人手配でもネットで簡単に予約できますが、ツアーを利用すると以下のようなメリットがあります。

  • 乗り継ぎ便の時でも予約が一つですむ
  • 合計の料金が安くなることが多い
  • キャンセル料が有利な場合がある

この3つのメリットについて詳しく見てみます。

メリット1 ツアーは飛行機と宿泊が一緒に手配できて屋久島に便利

乗継便も一括で予約できるツアーは非常に安心で便利です。なぜなら、屋久島旅行では飛行機の乗り継ぎがするケースが多いからです。

例えば、東京から鹿児島空港で乗り継いで、屋久島に行く場合でも予約サイトで乗る飛行機と、ホテルを選択すればそれで予約完了です。

早ければ、15分で予約が完了してしまいます。

一方、個人でチケットや宿を手配するのはけっこう大変な作業です。乗り継ぎ便の時間を調整する必要があったり、宿も別のサイトから予約しなければならないからです。

とくに、他社便同士の乗り継ぎが難しく、交通機関の遅延(屋久島はよくあります)などの際は、各交通機関に電話して、チケットを取り直す作業が必要になります。

その点、ツアーなら乗り継ぎ時刻も考慮して飛行機を選べるし、トラブル時も対応の手間が少なくて済みます。

メリット2 ツアーは料金が安くなる可能性あり

飛行機と宿泊を一緒に予約することで、料金が安くなる場合があります。

理由は、大手旅行会社が提携しているお宿などは、個人手配で予約するよりも割安だったり、特別なオプションがついていたりするからです。

とくに、ツアーは時々、バーゲンセールをしていたり、かなりお得なクーポンが発行されていたりします。

ただ、お得なプランは早く売り切れてしまうことも多いので早めの予約が確実です。運良くお安いツアーが見つかったらすぐに予約することをおすすめします。

メリット3 パッケージツアータイプはキャンセル料が有利な場合がある

一部のパッケージツアーなどではキャンセル料の発生日が有利な事もあります。

例えば、JALのパッケージツアーの場合、キャンセル料の発生が「旅行前日からさかのぼって21日前まで無料」です。

⇨例:JAL国内ツアー旅行業約款・条件書 15・取消料欄

しかしながら、ダイナミックパッケージタイプは規約が変わり、予約をすると即時にキャンセル料がかかるようになってしまいました。

キャンセルの可能性がある場合はパッケージツアーを利用するといいです。

ただ、キャンセル料の規定はパッケージツアー&各旅行会社によって違うので、予約の前に条件書をよく確認しましょう。

全国主要都市から屋久島への行き方とツアー

全国の主要都市からおすすめの屋久島ツアーと行き方についてまとめまた。

東京発おすすめの屋久島ツアー

東京発のおすすめ屋久島ツアーと行き方は「羽田空港ー鹿児島空港ー屋久島」です。

このルートは一番便数も多く、ツアーも揃っていて利用しやすいです。その他にも成田空港発でLCCを利用したり、鹿児島からは高速船を利用したりするルートも考えられます。

ですが、移動時間を考えると羽田空港を利用して、全部飛行機で屋久島に行くのがおすすめです。

大阪発発おすすめの屋久島ツアー

大阪発のおすすめ屋久島ツアーと行き方は「伊丹空港発の直行便で行く屋久島」ルートです。

直行便利用なら屋久島まで2時間もかからないという近さであっという間に到着できます。ただし、このルートは1日1便と便数が少ないので、すぐに満席になってしまいます。その場合は「伊丹空港ー鹿児島空港ー屋久島」などの別ルートを利用するしか有りません。

名古屋発発おすすめの屋久島ツアー

名古屋発オススメの屋久島ツアーと行き方は「セントレア空港ー鹿児島空港ー屋久島」のルートです。

「セントレア空港〜鹿児島空港」はJAL便がないため、JAL便しか飛んでいない「鹿児島空港ー屋久島空港」と相性が悪く、ツアー数が少ないのが現状です。このルートのツアーがあれば、満員になる前に予約をしてしまいましょう。その他、新幹線で伊丹空港まで行けば「伊丹空港ー屋久島」の直行便が使えたり、「小牧空港ー福岡空港ー屋久島」というルートも考えられます。

福岡発発おすすめの屋久島ツアー

福岡発おすすめの屋久島ツアーと行き方は「福岡空港ー屋久島空港」の直行便ルートです。

同じ九州なので、福岡から屋久島までは1時間30分程度ととても近く、飛行機に乗ればあっという間に到着です。その他、新幹線で鹿児島まで行き、船で屋久島にいくといルートも考えられますね。

まとめ:屋久島ツアーはお得で&効率が良い旅の味方

本記事では屋久島旅行におすすめのツアー旅行サイトをご紹介しました。

屋久島旅行のポイントは移動に時間をかけないのが秘訣です。3泊4日程度の旅行ならば、積極的に飛行機を使ったツアーを利用したほうがいいです。

もし、屋久島のツアー選びに迷ってしまったら、JAL国内ツアーが一番のおすすめです。取り扱い宿泊施設の多い楽天トラベルJTBも人気の旅行予約サイトです。エイチ・アイ・エスはトレッキング付きやバスツアー付きなどテーマを持ったツアーが魅力。

国内旅行なのに近場の海外旅行より高くなりがちなのが屋久島。パックツアーは頻繁にセールやクーポンを出しているので、賢くお得に利用してしまいましょう。

ピックアップ記事

よく読まれている屋久島関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

もくじ
閉じる