もう迷わない!屋久島パックツアー人気ランキング【2020最新】詳細はこちら▶

2泊3日の屋久島旅行|おすすめモデルコースとツアー紹介

どうしても、2泊3日しか屋久島旅行の時間が取れない方へ。

「屋久島旅行に始めていくけど休暇が少ない!2泊3日だとどんなプランがいいの?」

という方もいるはず。

本当は3泊4日の日程があるといろいろ楽しめます。(→【3泊4日屋久島プラン】はじめての方必見!現地ガイドおすすめのモデルコースと費用やツアーについて

でも、2泊3日でもなんとか屋久島で遊べる旅行プランを考えてみました。

モデルコースやとおすすめツアーなどをご紹介。屋久島で16年アウトドアのガイドしている経験からアドバイスいたします!

読みたいところへジャンプ
この記事を書いた人

佐藤崇之/ネイチャーガイド

初めて屋久島の森を歩いた時に感じた、圧倒的なの自然の奥深さをもっと皆さんに伝えたい。そんな思いで「オーセン」を立ち上げました。

屋久島旅行をもっと楽しみたい方をサポートするのがオーセンの役割です。インスタグラムでも情報を発信しています。

注目記事 【おすすめ7サイト】なんと屋久島が二人で10万円!GOTOトラベルキャンペーン

屋久島旅行を2泊3日で楽しむ前に、3泊4日を再検討

2泊3日の屋久島旅行について書く前に、ひとつそのデメリットを、それは屋久島旅行で2泊3日では時間が足りないということ。

屋久島は交通の便がそれほど良くなく、移動に時間がかかってしまうので、2泊3日だとどうしても忙しくなってしまうのです。東京や大阪からだと、その日の一番早い飛行機を利用しても、屋久島に到着するのはお昼頃が限界。

なので、屋久島旅行のおすすめは3泊4日以上なのです。もし、都合が許すならばまずは3泊4日をご検討下さい。

屋久島旅行の2泊3日おすすめモデルコースについて

とはいえ、なかなかお休みが取れない・合わないという方のために考えました。2泊3日で十分に楽しめる、屋久島モデルコース。

まず、屋久島2泊3日旅行を十分に楽しむためにできれば、

  1. 移動に時間を掛けない
  2. 到着・出発日は滞在半日以上確保

なので、今回のおすすめプランは以下の条件でということで話を進めていきます。

  • 移動は飛行機を使う重要ポイント
  • 屋久島にお昼までに到着。出発する日は午後の便で

上記の条件ならば、以下のモデルコースで屋久島を楽しむことができます。

2泊3日屋久島モデルコース。縄文杉と白谷雲水峡に行くプラン。

day
お昼ころまでに屋久島到着&ドライブとお土産購入

1日目は屋久島にお昼頃に到着し、レンタカーを借りて、ドライブやお土産購入。屋久杉自然館などの資料館に行って、屋久島の概要を知っておくのもいいですね。

day
早朝から縄文杉トレッキング1日

2日目は早朝から縄文杉トレッキング。登山口が遠く、一番近い安房地区からも40分のバス移動。さらに往復10時間のトレッキングコースを歩くので、早朝から夕方まで1日かかります。

day
午前中に白谷雲水峡ミニトレッキング&屋久島出発

さらに3日目は白谷雲水峡のミニトレッキングへ。縄文杉と並んで屋久島の人気スポットです。もしくは、前日の縄文杉の疲れが残っていたら、のんびり温泉というのもおすすめです。

午後の飛行機で屋久島を出発します。

と、こんなプランになります。2泊3日にかなり詰め込んだプランなので、ちょっと忙しいかも知れません。

これ以外にも屋久島には、カヤックやSUP、シュノーケル・ダイビングなど、まだまだ遊べることや場所がいっぱいありますので、好きなものを組み合わせてもいいでしょう。

それでは以下より更に詳しく掘り下げて解説していきます。

2泊3日屋久島旅行は初日が肝心。到着日の観光はドライブをしつつ登山の準備

屋久島に到着した日は翌日の縄文杉トレッキングのための体力温存のため、レンタカーをで屋久島をドライブするくらいにしておきましょう。

で、ドライブ&お土産買い&登山の準備の日とします。張り切って森に入るのもいいですが、疲れてしまうと本番の縄文杉トレッキングに支障が出てしまいます。登山は翌日以降に取っておきましょう。

おすすめ屋久島観光スポットに行く

屋久杉自然館で縄文杉トレッキングの予備知識をゲット

2泊3日で行ける、屋久島のオススメの観光スポットは

です。

どちらも、屋久島の資料館&ビジターセンター的扱いの場所で、屋久島の歴史や自然情報がゲットできます。

時間があれば、ぐるっと屋久島をドライブするのもいいです。

屋久島を取り囲む道路は周囲がちょうど100kmほど。車でドライブすると何も見なくとも3時間は必要です。

ドライブ中にヤクザルとヤクシカの2ショット

西側に広がる西部林道地域では野生のヤクザルやヤクシカなどがたくさん見られます。道路が狭く、カーブが多いのでゆっくり運転して下さい。ヤクザルたちものんびりと暮らしている様子を見ることができます。

ドライブのついでに食料確保も忘れずに

屋久島をドライブするついでに、スーパーなどに寄って翌日の登山の準備をしておきましょう。コンビニが未だにない屋久島。食料はいつでもどこでも手に入るわけではありません。

  • 「宮之浦地区」ならAコープヤクデンわいわいらんどといったスーパー。
  • 「空港の近く」ならドラッグストアモリという大型のドラッグストア。
  • 「安房地区」なら同じくAコープ

があります。夜も早めの時間に閉まるお店が多いので、食料は早めに確保しておいて下さい。

2泊3日屋久島旅行の【2日目】縄文杉トレッキングは丸一日必要


この2泊3日プランだと、縄文杉日帰り登山は2日目
に行うことになります。縄文杉トレッキングは歩くだけでも往復10時間。

登山口に行くのにも、専用のバスに乗り換えて最短で40分かかります。宿泊するお宿も、できるだけ安房地区に近いところに取っておかないと、朝のアクセスが大変です。

もし心配な方はお宿まで送迎も可能なガイドツアーを利用するのもいいでしょう。

オススメのガイドツアーさんは以下で紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

屋久島の縄文杉トレッキングは悪天候時はあきらめる

ただ、一つここで考えて置かなければいけない問題が・・・。縄文杉トレッキングの日に大雨が降ると警報が発令されることがよくあります。

登山口までのバスがストップ&予定していたガイドツアーが中止という事態に。すると、この旅行日程だと縄文杉トレッキングが叶わなくなるということです。

この部分はけっこう大事なので詳しく解説▼します

屋久島を出発する日の縄文杉トレッキングは難しい

例えば、2日目に警報等で縄文杉トレッキングが中止になってしまったとします。

では、3日目の屋久島出発日に縄文杉トレッキングをすることはできるのかというと、時間が足りないのでオススメできません。

屋久島を出発する飛行機の時間を考えると、少なくとも縄文杉トレッキングは午後15時頃までには下山口に帰ってくる必要があります。

その場合、逆算すると朝5:00頃に登山を開始。

その時間には登山バスが動いていないので、タクシー等を使って登山口に行く必要があります。さらに、その時間で登山をしたとしても、下山時にたくさんの登山者とすれ違うことになります。登り優先の山道では道を譲る必要から、余計に時間が必要になり、時間が足りなくなる可能性もあります。

以上の理由で、縄文杉トレッキングは屋久島を出発する日には難しいです。

2泊3日の屋久島旅行で荒天のアクシデントに合ってしまうと、結局縄文杉に行けずに屋久島旅行が終わってしまうという可能性があるのです。

ではどのくらい登山が中止になるのか?観光シーズン中に大雨警報が出やすさ

では、どれくらいの頻度で大雨警報と洪水警報が削れされているのかを調べてみました。

結果から言うと、2018年の4月から9月の間の6ヶ月間で、大雨警報と洪水警報が合わせて「14日発令されています。ちなみに同じ年の秋〜冬の10月から、翌年の3月までの半年間には大雨警報、洪水警報は発令されていません。

屋久島の観光シーズンの中心にあたる、4月〜9月までの半年間約180日間のうちの合計14日間ですので、確率とすれば約8%の日数は警報が出ているということになります。

この数字をどう捉えるかは人によって違うかも知れませんが、結構多いなという印象を持ちました。2018年だけではなく他の年も統計をとってみるべきなのでしょう。

しかし、屋久島に住んでいて、シーズン中に8%の確率で警報が出るというのは、なんとなく納得な数字です。「やっぱりそのくらいの確率でシーズン中は警報が出てるよな〜」というのが正直な感想です。

2泊3日の日程で縄文杉トレッキングが中止になった場合、解決策はまたリベンジすること

もし仮に自分が屋久島旅行中に警報が発令されてしまったら。

正直に申しまして縄文杉トレッキングは次回の屋久島旅行までお預けということになります。天候不良で登山中止は割とよくあることなので、不運だとは思わないで下さい。

自然相手のことですし、天気が荒れやすいのが屋久島の特徴ですから、それだけ縄文杉トレッキングは簡単ではないのです。

白谷雲水峡は屋久島旅行2泊3日の最終日に

話を戻して、2泊3日モデルプランについてです。

3日目の最終日に行っておきたいのは、縄文杉と並んで人気の高い白谷雲水峡。これでもかというくらい、コケに埋もれた森は日本国内ではなかなか見られるものではありません。

屋久島に来たならばぜひおさえておきたい場所です。ありがたいことに、白谷雲水峡は短いコースから長いコースまで、いろいろなコース設定があり、体力や時間に合わせて歩くことができます。

2日目に縄文杉に行ったので、疲れ具合に合わせて調節するといいでしょう。

疲れが残っているなら苔むす森まで往復3時間のショートコース

縄文杉の疲れが残っているようならば、白谷雲水峡の苔むす森まで往復3時間くらいのコースがおすすめです。

3時間と行っても途中からはしっかりとした山道になりますので、道具や装備は縄文杉トレッキングの時と同じものがいいでしょう。ゆっくり森を楽しみながら歩くのにちょうどいいコースです。

元気が残っているのなら太鼓岩までのしっかりコース

まだまだ余力があり、時間も十分にあるのなら太鼓岩まで往復5〜6時間くらいのコースがおすすめです。

太鼓岩からの絶景も、屋久島では歓声のあがるポイントの一つ。お天気が良ければ最高です。ただし、太鼓岩までの最後の10分間の登りはなかなかハードですので、登りだけではなく、下りのときも気をつけて下さい。

ちなみに、白谷雲水峡入り口でもらうコースマップは一部道が省略されているので間違いないようにして下さい。太鼓岩まではしっかりと歩きますよ。

白谷雲水峡から空港まではおおよそ車で40分必要

白谷雲水峡から空港まではおおよそ車で40分必要です。できればレンタカーを借りておくと、時間も融通が利くし、手荷物も車の中に置いておけるので便利です。

ほとんどのレンタカー屋さんは空港での乗り捨てができます。しかし、念のために乗り捨て可能かどうか事前に確認しておくと良いでしょう。

2泊3日縄文杉トレッキング以外のアクティビティは?

屋久島というと縄文杉が有名ですが、縄文杉以外の屋久島も魅力がたっぷり。1日あればできるアクディビティは、

  • 宮之浦岳登山
  • 太忠岳登山
  • 黒味岳登山
  • ダイビング
  • ヤクスギランドハイキング
  • シュノーケリング
  • 沢登り
  • カヤック
  • SUP
  • シーカヤック

などなど。山だけではなくきれいな水と戯れることができる、カヤックやダイビングもおすすめ。

インターネットでガイドさんのホームページを探したり、じゃらん体験予約屋久島を利用すると希望のアクティビティが見つかりますよ。

また当店でも以下のようなガイドツアーを開催しています。

2泊3日の屋久島旅行の費用は東京からおおよそ一人10万円です

個人で飛行機も宿も全部手配した場合の、屋久島旅行の費用を試算してみました。

条件として

  • 東京から屋久島へひとり旅
  • 宿は民宿タイプの食事付き
  • レンタカーを3日間借りる
  • 縄文杉トレッキングはガイドツアーを利用

こんな感じで行きたいと思います。

飛行機の費用は?

2泊3日で屋久島旅行を組むとなると滞在時間を少しでも伸ばすために、行きと帰りの移動は飛行機がベストです。

例えば東京から屋久島へ飛行機で行くとなるとスタンダードなのは、鹿児島で飛行機を乗り継ぐ、「羽田〜鹿児島〜屋久島」という往復で飛行機に4回乗るルート。

羽田から屋久島への直行便はないので、どうしても飛行機を乗り継ぐことになります。

  • 1ヶ月前に飛行機のチケットを取る
  • JALを利用する

という条件だと、

  • 羽田〜鹿児島 片道13,000円前後
  • 鹿児島〜屋久島 片道10,000円前後

です。なので、羽田から屋久島への飛行機代が往復50,000円前後となります。

宿泊の費用は?

屋久島は素泊まりの宿からホテル、民宿まで色々なタイプのお宿があります。料金の相場は

  • 素泊まり 1泊4,000円前後
  • 民宿2食付き 1泊8,000円前後
  • ホテル2食付き 1泊1,5000〜20,000円前後

となります。予算が許すならば、おすすめはJRホテル屋久島さんが温泉も景色も最高です。

ガイドツアーに参加費用は?

2泊3日の屋久島旅行なので中身を充実させるために縄文杉トレッキングはガイドツアーを利用したほうがいいです。

平均的には縄文杉1日で10,000円〜15,000円くらいがツアー参加料の相場です。

この中にアウトドア装備のレンタルが含まれていたり、別料金だったりと細かな違いはありますが相場としては

  • ガイドツアー参加料 一人15,000円

料金の一番の違いは1ツアーに定員にあります。人数制で4名前後でツアーを行うガイドツアーや、8人前後の大人数で行くツアーまで様々です。

ガイドツアーを予約する時はツアーの定員数にも注目して選んでみて下さい。

レンタカーの費用は?

屋久島は公共交通機関があまり発達していない所。自分で島の中をあちこち巡るにはレンタカーが必須です。

レンタカーを一日借りると相場は、

  • 1日5,000〜6,000円ほど。

空港へ持ってきてくれて、返却時も空港乗り捨てができるレンタカー会社さんを選ぶといいですね。ただ、お宿まで送迎してくれるガイドツアーに参加するならば、レンタカーは毎日借りなくてもいいかも知れません。

レンタカーはじゃらんレンタカー楽天レンタカーなどでお得なクーポンが発行されている時もありますよ。

【2泊3日屋久島旅行費用まとめ】東京発なら一人おおよそ10〜20万円前後が相場です。ただし季節変動あり。

その他、食事をしたりお土産を買ったりとそれ以外の費用もありますが、最初の条件である

  • 東京から屋久島へひとり旅
  • 宿は民宿タイプの食事付き
  • レンタカーを3日間借りる
  • 縄文杉トレッキングはガイドツアーを利用

で2泊3日の屋久島旅行の予算は

 通常期 片道料金
飛行機往復(羽田〜屋久島)50,000円前後
お宿(民宿2泊3日食事付き〕16,000円前後
縄文杉ツアーガイド料15,000円前後
レンタカー3日間18,000円前後
合計一人100,000円前後

となりました。季節や宿泊場所によっては、200,000円になるかも知れないし、もっと安く50,000円くらいに抑えられるかも知れません。

ただ、目安としてこの10万円を軸に自分好みの屋久島旅行を考えるといいでしょう。

2泊3日の屋久島旅行のツアーは飛行機上陸のプランが絶対です

繰り返しになりますが、屋久島に2泊3日の旅行で来るなら飛行機を使ったプランを絶対選ぶべき。

パックツアーなどを調べてみると、格安のプランはありますが、多くは、鹿児島から屋久島まで船を使ったプランなどになります。これだと移動に時間がかかってしまうので、できれば避けたほうが良いでしょう。

時間をお金で買うつもりで、全て飛行機を使ったプランがおすすめです。

そして屋久島にはJALの飛行機が飛んでいるので、JAL系のパックツアーを利用すると、鹿児島空港での乗り換えもスムーズにいきます。

旅行の予算を安く抑えるポイントは早めの予約に限ります。そして、屋久島行きの飛行機は小型で座席数が少ないので、すぐに満席になります。

なにはともあれ、早く予約するのが一番お得で確実な方法です。

屋久島旅行は2泊3日なら移動に時間をかけないのがコツ

ここまで、2泊3日の屋久島旅行のモデルコースについてご説明しました。2泊3日で屋久島旅行ならばできるだけ移動に時間をかけないのがコツです。

できるだけ、飛行機を使って屋久島まで行きましょう。それと、天候が悪化しやすい屋久島。必ず予定通り屋久島を出発できるとも限りません。その際は延泊を覚悟しなくてはいけないことも。そんな事も考えると、旅行には必ず予備日が必要かもしれません。

しかし、本音を言うと2泊3日はやはり忙しく、やはり3泊4日以上がいいです。可能ならばもう1日滞在して無理なく、ゆっくりと屋久島を楽しんで頂きたいです。

確実に縄文杉と白谷雲水峡などの人気スポットをめぐるならば、旅行日程を3泊4日で考えるのがおすすめです。

3泊4日の屋久島旅行プランやモデルコースについてはこちらの記事で解説しています。

それでも、どうしても2泊3日の旅行日程しかないのであれば、上記のプランを参考にしてみてくださいね。

以上、【2泊3日屋久島旅行】縄文杉と白谷雲水峡に行くモデルコース。費用やツアーについても解説でした!

屋久島Go To トラベルおすすめ旅行予約サイト

人気記事

新着記事

注目記事

屋久島情報をお知らせ!
読みたいところへジャンプ
閉じる