メニュー
>> 屋久島ツアーおすすめと選び方

【レビュー】アルパインライトパンツなら疲労が減る!楽に歩ける!

登山やアウトドアに、ストレッチの効いたトレッキングパンツは今や定番のアイテムです。

だけど、ストレッチ素材でも大きく足を上げた時には生地が突っ張るものもあり、もっと楽に足が上げられたらなと感じたことは有りませんか?

足の上げ下げの際の突っ張りは疲労の蓄積につながり、安全面から見てもよろしくありません。

そこで、おすすめなのがザ・ノース・フェイスのアルパインライトパンツ

特徴は、

  • ストレッチ性の高さと立体裁断で動きやすい
  • テーパードのシルエットで足さばきが良く、足元の視認性が高い
  • シルエットが余分なものがない

素材やシルエットが考えられていて、歩きやすさが格段にアップし、疲れづらいアウトドアパンツです。

本記事では筆者も今までに3本も購入した、ザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツについてレビューしていきます。

素材APEX Aerobic Light(ナイロン90%、ポリウレタン10%)
機能フロントファスナーはハーネスを考慮したダブルスライダー仕様/ウエストスピンドル仕様
サイズS、M、L、XL、XXL
重量380g(Lサイズ)
色展開ブランデーブラウン、グラフィットグレー、ブラック、モアブカーキ、ニュートープ、アーバンネイビー
本記事の著者

ネイチャーガイド歴17年。
埼玉の秩父出身⇨大学で森林生態学⇨専門学校で環境保全⇨屋久島移住&ネイチャーガイドショップ運営。
年間200日ほどガイドツアーを行う
⇨現在、拠点を関東に移し活動中!

森の中が好き!
読みたいところから

ザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツは歩きやすいから疲労が少ない

筆者も色違いで3本も買ってしまったほど、信頼しているザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツ

信頼の理由は、登山時の歩き易さが素晴らしいから。

  • 大きな段差でも生地が突っ張る事が少なく足が上げやすい。
  • テーパードしたスリムな裾で、足さばきが良く、余計な動きをしなくて済む。

このパンツを開発した経緯も、アルパインクライマーがもっと動きやすいパンツを欲したところからだそう。

そして、曲げ伸ばしを刷る膝位置は丁寧に立体裁断が施されています。

ザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツはストレッチ性の高い素材

使われている素材はAPEX Aerobic Light(ナイロン90%、ポリウレタン10%)というソフトシェル素材。ストレッチ性が高いことに加えて、裏地がさらりとしているのもつっぱらない理由。

おかげで、登山のような段差を上り下りする動きが非常に楽です。ズボンの生地がツッパていたらそれだけで、エネルギーをロスしてしまいますからね。

本当は何も履かないのが一番楽?なのでしょうが、怪我や虫さされのことを考えると肌を露出させたくありません。

生地は薄手ではないので、ズボン全体としても多少重みはあります。ただ、その重みでずり落ちることはなく、一度履いてしまえば不思議と体に馴染みます。

立体裁断でつっぱらない

タイツを履いているかのごとく、足を上下左右どのように動かしてもほとんど突っ張りが感じられません。

ひざまわりは丁寧に立体裁断が施されています。また、腰回りも深めでゆとりがあるので、体をねじったりしても生地が引っ張られることが少ないです。

テーパードした裾で足さばきが良く足元がよく見える

膝から下にかけてはダブつきが無く、きれいなテーパード処理がなされています。おかげで足さばきが良いです。ごつい登山靴を履いていても、余った裾同士が擦れることが少ないです。

それだけでもストレスが減ります。登山の時は足元の枝にズボンの裾を引っ掛けるときがあるので、スリムな裾はその点にもメリットが有ります。

さらに、足回りのダブつきがないので、足元がよく見えます。足元がよく見えるのも体力の消耗を減らします。

というのも、下山時に慎重に足を運ばなければならないシチュエーションで、一瞬足元がよく見えない時に片足のまま、足置き場を探すことがあります。

僅かな時間ですが、その間は片足で体重を支えているので、それだけ余分な体力を使って強いまいます。

足を置く場所がすぐに探せて、そこにスムーズに足を置くためにも、足元の視認性が高いほうが有利なのです。

アウトドアで使いやすい特徴

撥水性が高いから多少の雨でも行動し続けられる

雨が少しだけ降ってきて、レインウェアを着ようかどうか迷うときがあります。

もちろん衣類を濡らしてしまってはアウトドア環境では致命的。このザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツで使われているAPEX Aerobic Light(ナイロン90%、ポリウレタン10%)は高い撥水力でサラッと水を弾きます。

多少の雨なら染みてこないので、少しの雨でわざわざレインウェアを着ることもありいません。レインウェアの脱ぎ着は意外と時間を使うのでそれだけでも時間の節約にもなります。

ポケットはすべてジッパー付きで物を落とさない

シンプルな作りですが、ポイントはしっかり抑えられているパンツです。

ポケットはすべてジッパーがついていて、中に入れた物が落ちなくて済みます。

 

腰回りにバックルが無いからハーネスやウェストベルトと干渉しない

ウェストは紐で止めるタイプ。

ベルトと違いザックのウェストベルトをきつしても痛くならない。

ワンタッチで取り外しができ、きつさも調節できるバックル式のベルトが主流のなか、毎回紐で結ぶのは多少手間がかかるのは事実。しかし、重い荷物を背負う場合や、クライミングのハーネスを付ける時などは、ベルトが硬いと皮膚に食い込んで痛くなります。

縦走登山なども重い荷物を担ぐシチュエーションも見据えるならば、紐タイプもありです。

幅広い年代層、幅広い用途に使える

ストレッチ性が高いので体型を選ばない

お世辞にも足が長いとは言えない筆者。また、あまりスリムな体型でも有りません。けれども、美しいシルエットで脚長効果があるのに加えて、ストレッチ性もあるので、かなり助けられていると感じます。

ちなみに、身長180cm・体重72kgの体型でサイズはLサイズを着用。

よくストレッチするのでそれほどシビアにならなくてもいいのも嬉しいです。サイズに迷っても、大きめを買わなくても大丈夫かも。裾の長さも海外ブランドのパンツのように長過ぎることがありません。

シルエットが美しくシンプルなのでアウトドア以外にも

ザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツはアウトドアのみならず、カジュアル着として普段利用をしている人もいるほど。

筆者もかっこいいアウトドアウェアはガンガン普段着するべきと思っている派。アウトドア以外にも使えるデザインのウェアはなかなかないので、本当に貴重です。

普段使いもできるほどの美シルエット&シンプルデザインながら、本格的なアウトドアシーンでも使えるものってあまりないかもしれません。

ザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツまとめ

快適なストレッチ性と美しいシルエットで、アウトドアでも普段遣いもできてしまうザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツ

楽しいはずのトレッキングやハイキングも、疲労が溜まりすぎたら苦痛になってしまいますが、このパンツなら余計な疲労を貯めずに済みます。

さらに、アウトドア以外でも使えてしまうデザインなので、一つ手元にあると色々なシーンで利用できますね。

筆者もこの10年以上、ガイドの仕事で年間200日近くアウトドアフィールドに出てきましが、一番多く履いているパンツでもあります。履きつぶし続けて、いままで3本も買ってしまいました。

手元にないと逆に不安になるほど、体に馴染んだアイテムです。

ザ・ノース・フェイスでも長く定番となっているモデルなので、その人気と製品としての完成度の高さが伺えます。

以上、ザ・ノース・フェイス アルパインライトパンツのレビューでした!

読みたいところから
閉じる