屋久島のガイドがオススメする屋久島ガイドブック・本・地図

屋久島の旅行の計画が決まったら、最近はインターネットで情報を調べる方が多いのではないでしょうか?

けれども、本屋さんに並んでいる屋久島のガイドブックや屋久島エッセイ本もぜひ手にとって見てください。

プロが作った屋久島のガイドブックは必要な情報が良くまとめられていて、さらに美しい写真が旅行の前のテンションをグッと上げてくれます。

また、屋久島の作家さんやライターさんによるエッセイ本も多数出版されていて、ガイドブックとはひと味違った目線で屋久島が語られています。

屋久島旅行の前にも情報収集に使えるのはもちろんですが、屋久島旅行の後に読み返すと思い出が蘇ってきますよ。

屋久島ガイドブック

るるぶ屋久島 奄美 種子島

[amazonjs asin=”4533115969″ locale=”JP” title=”るるぶ屋久島 奄美 種子島’17 (国内シリーズ)”] 旅行雑誌の定番るるぶ。どこでも手に入り易く、情報もコンパクトにまとまっています。屋久島のガイド情報やお食事処の情報もしっかり載っているので、1冊持っていると便利です。

ただ、奄美大島や種子島といっしょに一冊の本にまとめられているので、情報量としては少なめです。もっと、ディープな屋久島を知るなら以下の本がよいでしょう。

屋久島トラベルサポート

[amazonjs asin=”4777015904″ locale=”JP” title=”屋久島トラベルサポートBOOK (NEKO MOOK)”] 2014年の発行ですが、オーセンも協力させて頂いています。

このガイドブックはライターさんとカメラマンさんが、じっくりと屋久島に1ヶ月くらい滞在して作っており、とても心のこもったガイドブックになっています。

登場するモデルさんも屋久島在住の方が多く、背伸びをしていないそのままの屋久島のガイドブックという感じです。もう少し凝った屋久島のガイドブックをお探しならお勧めの一冊です。

ワンゲルガイドブック 屋久島

[amazonjs asin=”4635040933″ locale=”JP” title=”屋久島 (ワンゲルガイドブックス)”] オーセン屋久島も少し協力させていただいた、山と渓谷社のコンパクトな山ブック。宮之浦岳などの定番コース等、縦走や日帰りで行ける山など、主に登山情報を効率よくまとめています。

屋久島全体の旅行本というよりは、山に特化した屋久島のガイドブックといった感じです。本自体もコンパクトなので、屋久島旅行に持って行くのに便利です。

屋久島BOOK2016

[amazonjs asin=”B01BOJ4XNU” locale=”JP” title=”屋久島ブック2016″]

毎年発売されていた山と渓谷の屋久島BOOK。残念ながら2016年以降は発売が無くなってしまいました。こちらも定番の屋久島のガイドブックです。

屋久島エッセイ・小説

山登りはじめました2いくぞ!屋久島編

[amazonjs asin=”4040666909″ locale=”JP” title=”山登りはじめました2いくぞ!屋久島編 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)”] 女性の登山入門のバイブルかもしれません。これを読んだら屋久島の山に登りたくなるかも。

ひかりのあめふるしま屋久島

[amazonjs asin=”434440145X” locale=”JP” title=”ひかりのあめふるしま屋久島 (幻冬舎文庫)”] これを読んで屋久島に来たという方が続出しました。本が出版されてから時間は経っていますが、この本に出てくる人たちはまだまだ屋久島にいらっしゃいますよ。実際に屋久島で探してみても面白いかもしれません。

屋久島の山岳地図

[amazonjs asin=”4398763791″ locale=”JP” title=”山と高原地図 屋久島 宮之浦岳 2017 (登山地図 | マップル)”] 2017年に執筆者がリニューアルされた定番の山岳地図。地図といいながらも屋久島の登山ルートだけで無く見所などもまとめられていて、登山のシュミレーションをするにはもってこいです。もちろん登山の際に携帯すると山の安全度や充実度がアップするのですが、それ以外の時も地図を何時間も眺めて楽しむことが出来ます。自分が歩く(歩いた)ルートに思いを馳せるのも山の楽しみの一つですので、屋久島に来る前に手に入れれば屋久島の予習もバッチリです。

オーセンおすすめの屋久島のガイドさん

縄文杉登山にガイドはいらない? ガイドツアーのメリットとデメリット

屋久島オーセン 白谷雲水峡と縄文杉のツアー

屋久島オーセンでは縄文杉や白谷雲水峡などを中心に、屋久島の自然を楽しめるガイドツアーを開催しています。どのツアーもお一人様から追加料金なしでご参加可能です。また、グループ様にはお得な貸切料金もございます。

また、高機能にこだわったレインウェアやザック、シュラフやマットなど、基本装備をすべて無料でレンタルいたします。ぜひご利用下さいませ。

屋久島の森をゆっくり堪能できます。 日帰り 白谷雲水峡フルコースツアー

“日帰り
白谷雲水峡の魅力はコケに覆われる森、そのまま飲めてしまう沢水、太鼓岩からの絶景などたくさんありますが、ただ森の中に居るだけでも十分気持ちよくなれる所です。
ただただ、美しい森の中に一日中浸っていたい。そんな思いから生まれた1日たっぷりのフルコースツアーです。お一人様からご参加OK! レインウェアのレンタル無料!でご参加頂けます。

⇒日帰り 白谷雲水峡フルコースツアーについて

 

初めての屋久島なら定番コースから行ってみよう!縄文杉と白谷雲水峡 日帰り2日セットツアー

2日間セット縄文杉+白谷雲水峡ツアー
オーセンでは縄文杉と白谷雲水峡を、それぞれ日帰りで行く2日間セットツアーをご用意しています。初めて屋久島に来られる方が楽しめるように、登山時のサポートや森の見所のご案内。その他レインウエアーなど登山アイテムの無料レンタルもご用意しております。
同じガイドが2日間サポートしますので、縄文杉ツアーと白谷雲水峡ツアーをトータルでコーディネートします。

⇒日帰り2日セット 縄文杉+白谷雲水峡ツアーについて

 

初心者でも体力があれば大丈夫! 1泊2日縄文杉&白谷雲水峡ツアー

jomonsugi-bannar
世界遺産の森で一夜を過ごし、朝焼けの縄文杉を眺める。そんな貴重な体験も山に宿泊すれば可能です。オーセンが無料レンタルを行っているレインウエアや宿泊用装備は、高機能で軽量なものばかり。縄文杉をもっと楽しむなら宿泊スタイルの縄文杉ツアーもおすすめです。
※登山道の難易度は低いですが、体力的には中級者以上です。しっかり体力づくりが必要です。

⇒1泊2日縄文杉&白谷雲水峡ツアーについて