メニュー

屋久島 白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)への行き方|バス・レンタカー・タクシーのポイントや注意点!

※当サイトはプロモーションを含む場合があります

屋久島で人気のスポットである白谷雲水峡場所は屋久島の中心地「宮之浦地区」から車で30分ほど山道を登ったところにあります。

白谷雲水峡へ行く方法は主に3つ。

  • バス
  • レンタカー
  • タクシー

のいずれかを利用するのが一般的です。

この記事では白谷雲水峡の登山口への行き方・おおよその交通費と時間、またポイントや注意点も含めご案内します。

その他、白谷雲水峡のトレッキング情報についてはこちらの記事もどうぞ。

目次

バスで白谷雲水峡に行く

小原町のバス停付近 奥に見えるバスはまつばんだ交通のバスです。

白谷雲水峡へのバスは

  • 屋久島交通
  • まつばんだ交通

の2社のバス会社が運行しています。

屋久島交通のバスが本数が多く便利

屋久島交通の方が便数が多く利用しやすいので、屋久島交通のバス利用の方法について説明します。

白谷雲水峡へ行くには、

「宮之浦」地区から、「白谷雲水峡行き」のバスに乗り換えて行きます。

まずは宮之浦地区を目指し、そこでバスを乗り継ぎましょう。

例えば、安房方面からバスを乗り継いでいく場合は、宮之浦地区にある「小原町(おはらちょう)バス停」で「白谷雲水峡行き」に乗り換えなければなりません。

車内放送で事前に「白谷雲水峡へ行く方は〜」と乗り換えの仕方をアナウンスしてくれますが、聞き逃すと下りそびれますので気をつけましょう。

白谷雲水峡バスの時刻

>>屋久島交通バス時刻表より

宮之浦から白谷雲水峡をつなぐ屋久島交通のバスの時刻表です。

1日4便の運行があります。

白谷雲水峡へバスで行く 時間と料金

宮之浦エリアから白谷雲水峡までは35分ほどの乗車時間・料金は560円ほどです。

■ 宮之浦港→白谷雲水峡 35分 560円

1万円・5千円・2千円札は両替ができないので、小銭を用意しておきましょう。

また、全国で使える交通系ICカードは利用出来ないです。お気をつけを。

屋久島のバスについて詳しくはこちら↓の記事でも解説しています

レンタカーで白谷雲水峡へ行く方法

レンタカーがあれば、宮之浦地区から白谷雲水峡へはおよそ車で20分です。

白谷雲水峡入り口には無料の駐車場もあります。

宮之浦地区から白谷線へ

島をぐるりと走る県道から、宮之浦地区の宮之浦小学校の交差点で山側へ曲がると、あとは一本道で白谷雲水峡に登っていけます。

白谷雲水峡の看板が出てきますので、そのまま道なりに山道を登っていきましょう。

舗装されている道ですが、途中急勾配のところや、工事中で1車線の箇所もいくつかあります。

そしてカーブが多いのでスピードを落としてゆっくりと走っていきましょう。

白谷雲水峡の駐車場は無料です。

ですが、車を停められる台数が少なく、満車の時は道路上に駐車することになります。

シーズン中は朝から夕方までは、駐車場に人が常駐しており、誘導してくれますが、もし人がいない場合はバス1台が通れる道幅を確保して駐車するようにしましょう。

特にハイシーズンには、駐車場が一杯で停めらないこともありますので、早めに到着しておくほうが良いでしょう。

白谷雲水峡へ行くのに必要なレンタカーの手配は?

屋久島のレンタカー屋さんについては下記の記事でご紹介しています。

屋久島のおすすめレンタカー【宮之浦・空港・安房】乗り捨て利用が便利

ハイシーズンはレンタカーが足りなく、予約が難しくなるので、早めに予約をしておきましょう。

もし、レンタカーが見つからない場合は地元密着のレンタカーショップがおすすめです。

キラッキラのレンタカーじゃないかもですが、とても親身になって対応してくれますよ。

タクシーで白谷雲水峡へ行く方法

屋久島島内では、流しのタクシーはほぼありませんが、港、空港、屋久杉自然館などには、タクシーが待機していることもあります。

確実に必要な場合は事前に電話で予約しましょう。

タクシーで白谷雲水峡への運賃の目安と時間(4人乗りの場合)

  • 宮之浦〜白谷雲水峡 2,750円(約20分)
  • 屋久島空港〜白谷雲水峡 4,730円(約40分)
  • 安房〜白谷雲水峡 6,890円(約50分)

※運賃と時間はおおよその目安です。実際の乗車場所によって変わります。

屋久島のタクシー会社

屋久島のタクシー会社か下記の3つ。

  • 屋久島交通タクシー(宮之浦)0997-42-0611
  • 有限会社安房タクシー (安房)0997-46-2311
  • 有限会社まつばんだ交通タクシー(小瀬田)0997-43-5000

タクシーも台数に限りがあります。必ず利用するなら前日までに予約をしておきましょう。

まとめ

白谷雲水峡はトレッキングとハイキングの中間くらいの、比較的手軽に楽しめる場所。

その分、人気もありシーズン中は混雑することもあります。

バスで行くには時間と本数が限られてしまいます。早めに到着して、早めの下山をするようにして、バスに乗り遅れないようにしましょう。

また、レンタカーは時間の融通が効いて便利ですが、慣れない山道の運転になります。スピードを落として運転して下さい。

また、ガイドツアーへ申し込むと、宿泊施設まで送迎が付く場合がほどんどです。

運転が心配の方はガイドツアーに参加するのをおすすめします。(送迎範囲は各ガイドショップへお確かめください。)

ガイドツアーは直接現地で探すのもいいですし、ガイドツアー付きのパックツアーを申し込むのが一番簡単です。

おすすめの屋久島ツアーはこちら↓

\トレッキング付きツアーおすすめ3社/

  • J-TRIP ▶
    • 格安宿ならリーズナブルなツアーを作れる
    • トレッキング貸切プランもあり
    • 旅行キャンセル実質0円サービスあり
  • JALパック ▶
    • 空港へのお迎えや、バス乗り放題チケット利用で、レンタカー要らず
    • クーポン・セール時がお得
    • JAL便利用だから、遅延・欠航時も安心
  • クラブツーリズム ▶
    • テーマ性の高いツアーが魅力
    • バス周遊旅やあまり歩かないことに特化したツアーなどあり
    • 登山初心者向けに事前講習があるステップアッププログラムあり

2003年に屋久島へ移住し、17年間屋久島でエコツアーガイド業に従事。現在は屋久島や秩父でガイドツアー開を企画・運営。アウトドアアイテムが好物。関東(秩父・奥武蔵)と屋久島を中心にネイチャーガイドエコツアーを開催中。日本エコツーリズム協会会員

このページのブックマーク、シェア、リンクをしていただけると震えるほど喜びます\(^o^)/

  • URLをコピーしました!
目次