11月・12月におすすめ!縄文杉&白谷雲水峡2日間セットツアー募集中!

白谷(しらたに)雲水峡への行き方 バス・レンタカー・タクシーのポイントや注意点!

白谷雲水峡 入り口付近 屋久島交通のバス

屋久島で人気のスポットである白谷雲水峡。
場所は屋久島の中心地「宮之浦地区」から車で30分ほど山道を登ったところにあります。

時々徒歩で登山口に向かっている人を見かける事があるのですが、片道10kmくらいの車道を歩かなければいけないので、あまりお勧めできません。

白谷雲水峡へ行く方法は主に3つ。バス、レンタカー、タクシーのいずれかを利用するのが一般的です。
この記事では白谷雲水峡の登山口への行き方・おおよその交通費と時間、またポイントや注意点も含めご案内します。

白谷雲水峡 バスでの行き方は宮之浦地区から

小原町のバス停付近 奥に見えるバスはまつばんだ交通のバスです。

白谷雲水峡へのバスは屋久島交通まつばんだ交通の2社のバス会社が運行しています。

本数が多いのは屋久島交通 宮之浦地区から乗り継いで白谷雲水峡へ

屋久島交通の方が便数が多く利用しやすいので、屋久島交通のバス利用の方法について説明します。

白谷雲水峡へ行くには、「宮之浦」地区から、「白谷雲水峡行き」のバスに乗り換えて行きます。

 

宮之浦地区を起点にお宿を取っていればいいのですが、他の地区からだとまずは宮之浦地区を目指しましょう。

 

白谷雲水峡行きのバスは宮之浦港を始発点として、宮之浦エリアを巡ってから山へ登っていきます。

安房方面からバスを乗り継いでいく場合は、宮之浦地区にある「小原町(おはらちょう)バス停」で「白谷雲水峡行き」に乗り換えなければなりません。

車内放送で事前に「白谷雲水峡へ行く方は〜」と乗り換えの仕方をアナウンスしてくれますが、聞き逃すと下りそびれますので気をつけましょう。

 

また、雨の日などは小原町バス停では降りずに、その先の宮之浦バス停や宮之浦港バス停などで下車すると、屋根がついているので濡れずに済みますよ。

白谷雲水峡へバスで行く 時間と料金

■ 宮之浦港→白谷雲水峡 35分 550円

■ 空港→白谷雲水峡 乗り換えと、待ち時間も含めおよそ1時間(小原町で乗り換え) 990円
※アクセスの悪い時間帯がありますので注意してください。

■ 小原町→白谷雲水峡 25分 490円

屋久島交通 バス時刻表

屋久島交通 バス 時刻表
⇒屋久島交通 バス 運賃表
⇒屋久島交通 バス 路線図

まつばんだ交通 バス時刻表

⇒まつばんだ交通 バス時刻表 運賃目安

白谷雲水峡 レンタカーなら自由で便利

宮之浦地区から白谷雲水峡へはおよそ車で20分です。

宮之浦地区の宮之浦小学校の交差点で山側へ曲がります。

白谷雲水峡の看板が出てきますので、そのまま道なりに山道を登っていきます。

 

舗装されている道ですが、途中急勾配のところや、1車線の箇所もいくつかあります。

スピードを落としてゆっくりと走っていきましょう。

 

白谷雲水峡の駐車場は無料です。

ですが、車を停められる台数が少なく、満車の時は道路上に駐車することになります。

シーズン中は朝から夕方までは、駐車場に人が常駐しており、誘導してくれますが、もし人がいない場合はバス1台が通れる道幅を確保して駐車するようにしましょう。

 

特にハイシーズンには、駐車場が一杯で停めらないこともありますので、早めに到着しておくほうが良いでしょう。

屋久島のレンタカー店

屋久島のおすすめレンタカー【宮之浦・空港・安房】乗り捨て利用が便利

白谷雲水峡 タクシーでの行き方

屋久島島内では、流しのタクシーはほぼありませんが、港、空港、屋久杉自然館などには、タクシーが待機していることもあります。

確実に必要な場合は事前に電話で予約しましょう。

タクシーで白谷雲水峡へのおおよその運賃と時間(4人乗り)

●宮之浦〜 2,750円(約20分)
●屋久島空港〜 4,730円(約40分)
●安房〜 6,890円(約50分)

※運賃と時間はおおよその目安です。実際の乗車場所によって変わります。

屋久島のタクシー会社

  • 屋久島交通タクシー(宮之浦)0997-42-0611
  • 有限会社安房タクシー (安房)0997-46-2311
  • 有限会社まつばんだ交通タクシー(小瀬田)0997-43-5000

まとめ

白谷雲水峡は比較的手軽に歩くことができる場所。

その分、人気もありシーズン中は混雑することもあります。

バスで行くには時間と本数が限られてしまいますが、早めに到着・早めの下山が基本です。

また、レンタカーを借りていく場合にも、山道の運転になりますのでスピードを落として運転して下さい。

 

その他、ガイドツアーへ申し込めば送迎が付く場合が多いがほどんどです。

運転が心配の方はガイドツアーに参加されるのもいいかもしれません。(送迎範囲は各ガイドショップへお確かめください。)

以上、「白谷雲水峡への行き方 バス・レンタカー・タクシーのポイントや注意点!」でした。