屋久島旅行のタイミングで台風発生! 台風を避けられる季節はあるの?

会社のお休みも何ヶ月も前に申請して、飛行機のチケットも早割で格安でゲットできた。さあいよいよ屋久島旅行だ! という矢先に台風発生&屋久島に近づいてくる!

相手が自然だから仕方ないとはいえ、正直旅行のテンションも下がってしまいますよね。

もしも、みなさんの屋久島旅行の時に台風が発生してしまったらどうすれば良いのか、また避けられる季節はないのか?。

参考になる屋久島の台風データと、台風発生時の対応についてまとめてみました。

データから見る屋久島に接近する台風の数

今回は気象庁が発表している台風に関する過去のデータを利用して屋久島の台風の状況をデータで見てみました。

まずは、鹿児島県の薩摩地方、大隅地方、種子島・屋久島地方のいずれかの気象官署等から300km以内に入った場合を「九州南部に接近した台風」として、過去36年間(1980年〜2016年)ついて調べてみると。

  • ●過去36年間に九州南部に接近した台風の年間平均値は3.5個
  • ●主に7月・8月・9月・10月に0〜3個程度接近
  • ●4月〜6月、11月にも台風が接近する年があり
  • ●12月〜3月には台風接近数は0

という結果になりました。

こうやって見ると、4月〜11月までは多かれ少なかれ、屋久島近辺を台風が通過する可能性があるということが分かります。

また、1951年〜2016年までの統計で台風上陸直前の中心気圧が低い(勢力が強い)台風TOP10のうち、6個が鹿児島に上陸する台風であるという結果が出ています。

南の海上で発達し、勢力が強くなった台風が鹿児島県付近で上陸すると言うことですから、屋久島もその影響を強く受けることが分かります。

台風とは切り離せない屋久島の生活・環境

屋久島は勢力の強い台風が襲来する、台風とは切っても切り離せない島。昔から屋久島に住む人々も屋久島の自然も、上手に台風と付き合ってきました。

例えば、屋久島の家には平屋が多いです。しかも、天井の低い平屋です。これは屋久島に来る台風の威力がとても強いので家が飛ばされないように配慮したものです。

また、森の木々を見ても台風の強い風で枝葉が吹き飛ばされ、立ったまま枯れている「立ち枯れの木」が多く見受けられます。

こうやって見ると屋久島に台風が来るのは決して珍しいことでは無く、台風とは切っても切れない生活をしていると言うことが分かります。

立ち枯れてしまった屋久杉

 

台風が避けられる季節はあるのでしょうか?

データから見ると7月〜10月は0個〜3個、平均すると月に1個の台風が接近していることが分かりました。

ではその季節を外した月の、4〜6月や11月でも台風が来る年もあり、完全に大丈夫とは言い難いです。更に6月は梅雨の季節でもありますので、台風が来ずとも梅雨前線の影響を受けてしまいます。

となると、台風を完全に避けられる季節は12月〜3月の冬の季節であり、オンシーズンである4月〜11月は台風の恐れが多かれ少なかれあるということが分かります。

屋久島旅行のタイミングで台風が接近したらどうするか

自分の旅行のタイミングで台風が来て欲しくないものの、データから見るとやはり台風の事も考えておかなければならないようです。ただ、台風の良いところは、南の海上で発生したらすぐに情報が発令され、いつ頃屋久島に近づいてくるかが分かりますので、事前の対応も可能になります。

自分の屋久島旅行のタイミングで台風が接近したときに考えられる状況と対応について、今までの経験を挙げてみました。

  1. 飛行機や船が動かず、屋久島に行くことが出来ない⇒台風通過を待ってチャレンジ or 次回の機会にチャレンジ
  2. 飛行機や船が動かず、屋久島から出ることが出来ないかもしれない⇒旅行の予備日を作っておく or 事前に屋久島に渡らない
  3. 飛行機と船は動いたけど、屋久島では台風の影響でアウトドアで遊べない⇒アウトドア以外の事をする or   次回の機会にチャレンジ

どちらかと言えば、やはり台風が近づいてきたら旅行が予定通りにいかないことが多く、出来れば避けたいものです。

ただ、ごく稀に「台風接近前に屋久島上陸⇒1日だけ台風をやり過ごして翌日は台風一過の晴天&人が少ない森歩きを楽しめる」なんて、強運の持ち主もいらっしゃいます。ですので時間に余裕があって、流れに身を任せられるのであれば、台風一過の晴天の屋久島を狙うなんて事も出来るかもしれません。

屋久島 大川の滝 88メートルの落差 豪快に流れ落ちる

屋久島 大川の滝 台風時は近づくことができない

台風で屋久島に来られなかったら、また次回チャレンジする心づもりが大切

都会にいると、台風でもなんとかなりそうな気がしますが、屋久島にいると自然の力の前では何ともならない、自然には逆らえないということが良くわかります。

でも、そんな当たり前の自然と人間の関係を知ることも屋久島旅行の一部なのではないかと考えます。台風が発生したら屋久島に行くことも、島から出ることもできない可能性がある。でも、それだからこそ、屋久島は一生に一度は訪れたい場所なのかもしれませんね。

まず、ご自身の屋久島旅行が近づいてきたら、1週間前くらいから天気予報をチェックするのを忘れないで下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?屋久島の旅行を計画するときの参考に少しでもなればと思います。

台風も登山も自然が相手です。もちろん無理や危険は避けなければなりませんが、ある程度は「運に任せる。」「なるようになる。」と覚悟を決める必要があるのかもしれません。

 

 

屋久島オーセン 屋久島ガイドツアーと観光情報


屋久島オーセンでは縄文杉や白谷雲水峡などを中心に、屋久島の自然を楽しめるガイドツアーを開催しています。どのツアーもお一人様から追加料金なしでご参加可能です。また、グループ様にはお得な貸切料金もございます。

ご参加のお客様には、高機能にこだわったレインウェアやザック、シュラフやマットなど、基本装備をすべて無料でレンタルいたします。ぜひご利用下さい。

また、ホームページでは「屋久島の観光情報」や「屋久島登山についての情報」も合わせてご案内しておりますので、屋久島旅行の際はご参考にしていただければと思います。

⇒屋久島オーセン 屋久島ガイドツアーと観光情報

屋久島の森をゆっくり堪能できます。 日帰り 白谷雲水峡フルコースツアー

“日帰り
白谷雲水峡の魅力はコケに覆われる森、そのまま飲めてしまう沢水、太鼓岩からの絶景などたくさんありますが、ただ森の中に居るだけでも十分気持ちよくなれる所です。お一人様から参加OK!レインウエアなどのレンタル無料!で開催しております。
ただただ、美しい森の中に一日中浸っていたい。そんな思いから生まれた1日たっぷりのフルコースツアーです。

⇒日帰り 白谷雲水峡フルコースツアーについて

 

初めての屋久島なら定番コースから行ってみよう! 日帰り2日セット縄文杉+白谷雲水峡ツアー

2日間セット縄文杉+白谷雲水峡ツアー
オーセンでは縄文杉と白谷雲水峡を、それぞれ日帰りで行く2日間セットツアーをご用意しています。初めて屋久島に来られる方が楽しめるように、登山時のサポートや森の見所のご案内。その他レインウエアーなど登山アイテムの無料レンタルもご用意しております。
同じガイドが2日間サポートしますので、縄文杉ツアーと白谷雲水峡ツアーをトータルでコーディネートします。

⇒日帰り2日セット 縄文杉+白谷雲水峡ツアーについて

 

初心者でも体力があれば大丈夫! 1泊2日縄文杉&白谷雲水峡ツアー

jomonsugi-bannar
世界遺産の森で一夜を過ごし、朝焼けの縄文杉を眺める。そんな貴重な体験も山に宿泊すれば可能です。オーセンが無料レンタルを行っているレインウエアや宿泊用装備は、高機能で軽量なものばかり。縄文杉をもっと楽しむなら宿泊スタイルの縄文杉ツアーもおすすめです。
※登山道の難易度は低いですが、体力的には中級者以上です。しっかり体力づくりが必要です。

⇒1泊2日縄文杉&白谷雲水峡ツアーについて