日帰り縄文杉登山 荒川登山口往復コースを詳しく解説!

p1020643

縄文杉の前で記念撮影 疲れも吹き飛びます

縄文杉登山ルートについて地図と写真を交えて見所やポイントをご案内しています。

少し長い記事になりますが、縄文杉登山の概要が事前にイメージできればと思います。

縄文杉登山の定番 荒川登山口往復コース

縄文杉の日帰り登山で定番の『荒川登山口からの往復コース』。定番といえども往復10時間、推定歩行距離22km以上、高低差700m、あのスカイツリーより高いところまで登って、その日のうちに帰ってきます。日帰りで行くにしては相当の体力を要するコースです。

縄文杉コース 横断断面図片道11km 高低差700m

まずはトロッコ道の前半部分

荒川登山口からトロッコ道の終点までの道のりはとても長いので、2つに分割してご紹介します。まずはトロッコ道がメインの荒川登山口から楠川別れまでです。時間にしたら1時間30分程度ですが、トロッコ道が歩きやすいので距離に換算すると思ったより長距離を歩きます。

前半 縄文杉トレッキングコース(荒川登山口〜楠川分かれ)

 

荒川登山口

130430_2773

縄文杉トレッキングスタート地点 荒川登山口 右側建物はトイレ

縄文杉登山の朝は早いです。午前5時ごろから安房の屋久杉自然館から専用のシャトルバスに乗って、35分間ドライブし荒川登山口に到着します。シャトルバス内は飲食禁止なので、朝食はバスに乗る前や登山口に到着したときに済ませてしまいましょう。

バスで荒川登山口に行く方法は以下にまとめてあります。

日帰り縄文杉登山 荒川登山口までのアクセス方法とお弁当
トイレは荒川登山口、シャトルバス乗り換え所にありますので、準備を済ませたらいよいよ出発です。

屋久島の花崗岩の露出した岩

DSCF1238o-sen-0

花崗岩の隆起している様子 圧巻です

スタートからトロッコ道がいきなり始まります。トロッコ道沿いには露出した屋久島花崗岩が目立ちます。屋久島は約1,400万年前に地下深くでできあがった花崗岩の隆起によりできた岩の島。その屋久島の土台が所々で見られます。

トロッコ道沿いは伐採跡地の若い森

DSCF1240-o-sen-0

トロッコ道沿いの若い森

トロッコ道沿いの森はまだまだ若い森です。というのも、屋久杉の森は江戸時代から明治、大正、昭和と伐採され続けていました。特にトロッコ道が出来たのが大正時代。大正時代以降に伐採された後、ゆっくりと復活しつつある森なのです。

けっこう高い橋もあります。慎重に渡りましょう

130811_5683

手すりのない橋

川を渡る度に出てくる橋。手すりがついているものもありますが、手すりがないスリル満点の橋もいくつかあります。風の強い日などは特に注意して渡りましょう。高所恐怖症でも慌てずゆっくり歩けば大丈夫です!

小杉谷集落跡地

ここはかつての集落跡地。小杉谷は大正から昭和45年まで、主に山仕事に従事する人々とその家族が住んでいた山の中の集落でした。当時は商店、銭湯、郵便局などもあり、町として機能があった場所です。

美しい安房川

P5020449

安房川のほとりで休憩タイム

集落跡を過ぎる途中、今度は左手にきれいな川が見えてきます。天気がよければ行きか帰りに立ち寄って休憩しましょう。屋久島の川は透明度が高く美しい。ちなみに人が放流したヤマメが泳いでいることがあります。

楠川分かれ

PB110011 (1)

楠川分かれ

集落跡地がが終わる頃、白谷雲水峡へ抜ける楠川分かれが見えてきます。ここまでスタートから約1時間30分です。この先に一つ目のバイオトイレがあるので、お手洗いが必要な方は寄っておきましょう。

トロッコ道後半〜登山道へ

楠川分かれからもまだ1時間はトロッコ道ですが、すこし傾斜もつき始めます。思っている以上に足に疲労がたまりますので、オーバーペースに気をつけて歩いていきましょう。

トロッコ道後半

杉の人工林

人工林は80年もの。

杉の人工林

楠川分かれからしばらくは杉の人工林が続き、整然と杉の木が立ち並んでいる様子が分かります。天然のヤクスギと人工のスギはおなじ屋久島に生えている杉でも、お値段が違います。

バイオトイレ

PB300158

縄文杉トレッキングコース 最初のバイオトイレ

縄文杉トレッキングコースにはバイオトイレが2カ所設置されています。まずはトロッコ道途中のバイオトイレです。おがぐずと菌の力で屎尿を分解してくれるすごいトイレ。室内にはボタンがあるので使用後はポチッと押して下さい。

トロッコ道終点

ここで長かったトロッコ道が終わり、そのポイントにもバイオトイレがあります。この後、縄文杉を見てまたココへ帰ってくるまで4時間ほどはトイレ設備はありませんので、必ずお手洗いを済ませておきましょう。

いよいよ本番の山道へ!

縄文杉までの写真

トロッコ道終点

ここから登山道が始まります。縄文杉までは2時間30分ほど。登山道はいきなり急階段で始まりますのでペースを上げすぎずに行きます。階段には、一組ごとに番号が付いていて、50番までセットされています。現在位置の目安にしながら登っていきましょう。

ウィルソン株

P9240016

ウィルソン株 中に入ってハートを見つけてみましょう

中に人が入れるほどの大きな屋久杉の切り株。最近では中から見上げた時、空いている穴の形がハートに見えるということで人気のスポットです。ウィルソン株だけではなくその周りの森にも目を向けてみてください。立派な屋久杉が立ち並ぶ森が広がっています。

大王杉

P5250617

屋久島を代表する巨木 大王杉

いくつかの急登を登っていくと、立派なヤクスギたちが次々と出てきます。この大王杉も名前に負けないほどの大迫力。縄文杉と並ぶ屋久島を代表するヤクスギです。

縄文杉が待つ森へ

PB240069

屋久島世界遺産エリアの森 縄文杉と同じ歴史があります

大王杉あたりから森の雰囲気が変わり、巨木が多くなってきます。夫婦杉など名前の付いた木もありますが、名もなき巨木も増えてきます。これほどのサイズで名前がないのは、縄文杉に比べてまだまだのサイズということなのでしょう。

いよいよ縄文杉

縄文杉

縄文杉 壮大さは写真では伝わりません!

バスを降りてからはるばる5時間弱、やっと縄文杉に到着。お疲れ様でした。しばしの時間ですが縄文杉をじっくりと堪能して下さい。

帰りの事も忘れないで!縄文杉まではコースの半分

DSCF1758トロッコ

来た道を戻ります

縄文杉に到着したらそれで終わりではありません。そこはまだ半分の地点でここから折り返し下山がスタートします。

けれど一度歩いた道なので、意外と早く感じるかもしれません。行きに見そびれたものを見ながら山道を下り、トロッコ道到着までに80分かかります。

帰りのトロッコ道は、すべて下り傾斜なので、予想外にスピードが出ます。「18時までに下山バスに乗る」というタイムリミットを考慮に入れて怪我のないよう進みましょう。

これまでの11kmの登りで疲れた体に、復路の下山も11km。このダメージの追い討ちはけっこう大変です。

18時に間に合うペースで歩けなければ、のんびりタクシーで帰る方法もあります。(タクシーは荒川登山口から携帯で呼べるよう看板があります。)

登山口までのアクセスについて

安房地区の屋久杉自然館から荒川登山口までは3月〜11月までマイカー規制がされており、シャトルバスかタクシーでのみ入山が可能です。

日帰り縄文杉登山 荒川登山口までのアクセス方法とお弁当

トイレについて

トイレについては、屋久島の登山道の中では縄文杉ルートが最も整備されています。

荒川登山口からのトロッコ道沿いには時間にして1時間〜1時間30分おきにトイレがあります。

その後の登山道に入ってしまうと、またトロッコ道に戻ってくるまで4〜5時間基本的にはトイレはありません(縄文杉から奥10分の高塚小屋にはありますが、時間のロスが生じます)。

行けるところで必ず行っておきましょう。また、これらのトイレは皆様の募金していただく山岳保全募金によって、維持管理を行っています。

携帯電話の電波状況

携帯電波状況は、荒川登山口周辺で4G基地が完成し、ドコモ・auともにスタート直後は通話可能です。

しかし登山口周辺以外は、大王杉付近までは不通区域、その後は通話域と不通域が交互に出てきます。

バッテリー節約のためには初めから機内モードにして、Wi-Fiもoffにしましょう。

またスマホの防水対策はジップロックに入れるなどして、強い雨と湿度に気をつけましょう。

お弁当について

縄文杉トレッキングはお昼のお弁当はもちろんですが、朝が早いため朝弁当が必要な方も。 必ず前日にお弁当屋さんに予約して手配します。

弁当の値段は400円~700円、惣菜パンやお菓子で済ませる人も。屋久島に24時間開いているコンビニはありませんので、必ず前日までに準備しましょう。

<早朝登山弁当のお店>
●できたて屋2(安房) 0997-46-3071
●あさひ弁当(安房)0997-46-3790
●日の出弁当(安房) 0997-46-2882
●島むすび(宮之浦)0997-42-0770

できたて屋2 日替わり弁当 550円 美味しいです!

屋久島の登山マナー

①登り優先
②すれ違いには挨拶を
③なるべく静かに
④コケをいたわりましょう
⑤ごみは持ち帰りましょう

少しの気遣いでお互いが気持ちよく時間を共有できます。

自分のゴミや足跡は残さないようにしましょう。
誰かとすれ違う場合は、いったん止まって道をゆずりましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?日帰り縄文杉登山の定番の登山口である、荒川登山口往復ルートについて解説いたしました。とにかくトロッコ道がとても長く、相当な体力が必要ということは何度も繰り返し言わせていただきます!

縄文杉は決して「気軽に」行ける場所ではないので、万全の準備が必要なのですが、それだけに達成したときの感動は大きいものです。。

しっかりとした準備で安全に楽しい縄文杉登山をなさってください。