日帰りトレッキングにおすすめの30L〜39Lザック 詳しくはこちら

名古屋発の屋久島への行き方とおすすめ屋久島ツアー

名古屋から屋久島への行き方と屋久島ツアーについて知りたい方へ。

屋久島は国内旅行なのに、名古屋からはややアクセスがしづらく、ツアー選びと行き方には工夫が必要です。

名古屋から屋久島に行き方が簡単ではない理由は以下の通り。

  • セントレア空港から屋久島までの直行便が無い
  • 乗り継ぎ空港である鹿児島空港へ、セントレアからJALの飛行機が飛んでいない

屋久島空港にはJAL便のみが就航しています。セントレア空港からメインの乗り継ぎ空港の鹿児島空港へ、JAL便が就航していないので、ツアーの予約も数が少ないし、飛行機チケットの予約もコツが必要なのです。

そこで本記事では、少し難しくコツが必要な「名古屋発のおすすめ屋久島ツアーと行き方」について解説します。

記事の内容をチェック
サイト管理人プロフィール
アイコン
管理人

佐藤崇之(@earthy_outdoor)ネイチャーガイド。埼玉県秩父市出身。2003年に屋久島へ移住。初心者向けのトレッキングツアー&エコツアーに17年間携わり、ガイドショップを経営。家族の事情で屋久島を離れ、現在は埼玉に戻り関東近郊の森を散策する。ハイキング・トレッキング・キャンプなどにまつわるアウトドアアイテムが大好物。

名古屋発⇨屋久島へのおすすめの行き方は?

名古屋から屋久島の行き方のおすすめ2ルート

これぞ、というルートが見つけづらい名古屋から屋久島の行き方。逆に言うといろいろなルートが考えられのですが、その中でも代表的なのは以下の3ルートになります。

  1. セントレア〜鹿児島空港〜屋久島
  2. 名古屋駅(新幹線)〜伊丹空港〜屋久島
  3. 小牧空港〜福岡空港〜屋久島

その中でもおすすめは『①のセントレア空港〜鹿児島空港〜屋久島』へのルートが便数も多くツアーも選びやすいのでおすすめです。

ですが、セントレア空港より名古屋駅のほうが便利という方は、『②名古屋駅(新幹線)伊丹空港〜屋久島も』検討してみてもいいでしょう。

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

①セントレア空港⇨鹿児島空港⇨屋久島空港の行き方

①セントレア空港〜鹿児島空港〜屋久島空港の行き方

セントレア空港から鹿児島へ行き、そこから飛行機か船で屋久島に行く方法。セントレア〜鹿児島間はJAL便が無いため、JAL便しか就航していない鹿児島〜屋久島との乗り継ぎがスムーズではなく、ツアーも少ないのが現状です。

セントレア空港
  • 利用航空会社:ANA/スカイマーク/ジェットスター/ソラシドエア
鹿児島空港 乗り継ぎ
  1. 飛行機に乗り継いで行く方法
  2. 高速船に乗り継いで行く方法

があります。

屋久島

屋久島空港か、屋久島の港(宮之浦港・安房港)に到着。

鹿児島空港での飛行機の乗り継ぎは、他社便同士になるので注意が必要

セントレア空港から鹿児島空港へはJALが就航していいません。一方、鹿児島空港から屋久島空港へはJALのみが就航。他社便同士の乗り継ぎになるため、乗り継ぎ時間を多めに取る必要があります。

鹿児島から屋久島の船利用の場合は移動時間を多めに。

セントレアから鹿児島空港までは飛行機。その後の屋久島までは高速船を使う場合、鹿児島空港から港までは「高速バス」等で1時間〜1時間30分の移動時間が必要です。

このルートの予約方法

このルートを利用する場合、全部飛行機で行く方法と一部船を使う方法に分かれます。それぞれの方法で取り扱いのあるツアー予約会社をご紹介します。

A.屋久島まで「全部飛行機」のパックツアーを作る場合

セントレア空港から屋久島へは直行便が無く、鹿児島空港での他社便同士の乗り継ぎになるので、パックツアー少なめです、が以下の旅行会社がおすすめです。

B.鹿児島から屋久島は「船を利用」するツアーを作る場合

飛行機と高速船を組み合わせたツアーで、数も多く選びやすいです。料金的にも抑えられていますが、鹿児島で船に乗り換えるので、その分の移動時間がかかります。最低でも3泊4日、できれば4泊5日くらいの旅行日程にしたほうが、屋久島で楽しむ時間を確保できます。

このルートのツアーなら以下の旅行会社がおすすめ。

C.ダイナミックツアーを組み合わせて、「全部飛行機」のツアーを作る場合

他社便同士の飛行機を使ったツアーは少ないのが現状。ならば、「ダイナミックツアーを2つ組み合わせる方法」を考えてみます。

ダイナミックツアーは飛行機と宿を自由に組み合わせて作るオリジナルなツアー。例えば以下のように楽天トラベルJTBなどのサイトで2つのツアーを組み合わせます。

STEP
第一区間 名古屋発⇨鹿児島空港はANA利用のダイナミックツアー

ANA便を利用できるツアーで鹿児島までのツアーを予約します。その際に宿泊ホテルは屋久島を選択。

STEP
第2区間 鹿児島発⇨屋久島のJAL利用のダイナミックツアー

JAL便を利用できるツアーで屋久島までのツアーを予約します。その際に宿泊ホテルは屋久島を選択。

注意ポイント

  • 他社便同士のツアーなので、乗り換え時間を多めに取る
  • 飛行機が欠航して乗り継げない可能性がある

②名古屋(新幹線)⇨伊丹空港⇨屋久島

名古屋駅から新幹線で大阪に行き、伊丹空港から屋久島を目指すルート。伊丹空港から屋久島への直行便は1日1便だけ。座席数も少ないので早めの予約がおすすめです。

名古屋駅

新幹線(在来線も可)で新大阪へ行き、伊丹空港へ

伊丹空港

屋久島への直行便は1日1便。

屋久島空港

伊丹空港ー屋久島空港は1日1便で座席数少なめ。予約は早めに!

伊丹空港からの屋久島直行便の飛行機は人気がある上に小型飛行機で座席数少なめです。だから予約は早めにしないと、すぐに満席になってしまいます。

③福岡空港ルート 小牧空港⇨福岡空港⇨屋久島

小牧空港(名古屋市営空港)からFDA(フジドリームエアライン)で福岡空港へ。その後、1日1便の福岡空港から屋久島空港へ直行便を利用するコースです。

実はこのルートが一番シンプルで予約も簡単。面倒なのは嫌という方はこのルートのツアー一択です。

小牧空港
経路
福岡空港
経路
屋久島空港

国内旅行でも乗り継ぎがある場合はツアーが便利

大阪伊丹空港や小牧空港から屋久島まで行くルートで利用する飛行機は座席数が少ないので繁忙期は予約が取れないことも。

そうなると、鹿児島空港経由の便を乗り継いで屋久島に向かうことになります。

個人手配で飛行機を予約すると、乗り継ぎの時間がちゃんと合っているか?どこか予約に間違いがないか?と当日までドキドキしてしまいます。

なので、事前に旅程が決まっている時は積極的に飛行機とホテルがセットになったツアーを利用するのがおすすめです。

ツアーなら、予約時に自動的に最適な飛行機の組み合わせを提示してくれるので安心ですし、さらに、セールやクーポンなどがあればお得に利用できます。

屋久島旅行にはツアーを利用するのがおすすめです。おすすめのツアー予約サイトやクーポン・セール情報は以下のページでもご紹介しています。

個人手配するならホテル選びに幅が広がる

飛行機とホテルがセットになったツアーだと、どうしても選べるお宿が限定されてしまいます。

もちろん、良いお宿が選択できるので問題ないのですが、もっとホテル選びにこだわりたいなら、個人で予約を手配すれば好きなホテルを吟味することができます。

屋久島のホテルやお宿は旅の内容に合わせてエリアから選ぶのも大事。屋久島のおすすめのお宿をエリア別にまとめてみました。

名古屋から鹿児島へ行き《船》で屋久島へ行く場合

こんな人におすすめ
  • 鹿児島観光も組み込みたい
  • 船でゆっくり旅をしたい

旅行日程に余裕があるなら船の旅もおすすめ。鹿児島の港は鹿児島の繁華街「天文館」のすぐ近くです。ついでに、1泊して鹿児島市内観光を楽しむというなら、船を使ったルートがいいでしょう。

スタート
セントレアから鹿児島空港へ

羽田・成田空港から鹿児島空港へ飛行機で移動

乗り継ぎ
鹿児島空港からバスで市内へ
移動時間約1時間
便数多数 15分間隔
片道料金1,300円
参考URL鹿児島交通 高速バス
南国交通 高速バス
乗り継ぎ
鹿児島港から船
移動時間2時間〜2時間30分
便数1日数便
片道料金約9,200円 (各種割引あり)
参考URL高速船トッピー&ロケット
ゴール
屋久島 到着

鹿児島空港から港までの移動は予め調べておきましょう

鹿児島空港から屋久島行きの高速船が出港している港まで、高速バスに乗る必要があります。場合によっては、港までバスが行かずに、近くの天文館から歩いていく可能性もあります。移動時間等も考慮する必要があるので、ルートと時間は前もって予習しておいたほうが当日慌てずに済みます。

屋久島まで船で行く方法は以下の記事に詳しくまとめてあります。

≫ 鹿児島から屋久島へ高速船やフェリーでの行き方・乗り場・体験レビュー

まとめ 名古屋発の屋久島への行き方とツアーの選び方は工夫が必要

名古屋から屋久島はややアクセスがしづらく、ツアー選びと行き方には工夫が必要です。

もともと、セントレアからの直行便が無いうえ、JAL便しか飛んでいない屋久島空港。

さらに乗り継ぎ空港である鹿児島空港へはセントレア空港からJAL便が飛んでおらず、他社便を利用する必要があるという条件。

そのおかげで、他地域に比べて屋久島ツアーが少ないというのが、名古屋発の屋久島ツアーの現状です。

であるならば、他社便同士の組み合わせのツアーを利用するか、新幹線も組み合わせて、伊丹空港からのツアーも視野にいれるなど、工夫が必要なのが名古屋発の屋久島への行き方とツアーでした。

目次
トップへ
記事の内容をチェック
閉じる