無料のレンタル・お一人様からOKの縄文杉・白谷雲水峡のガイドツアーご予約受付中!>>

名古屋から屋久島への行き方は?オススメのアクセス方法

名古屋から屋久島までのアクセスは直行便がないために、鹿児島空港などで乗り継いで屋久島に行くのが一般的です。

ところが、名古屋から屋久島へのアクセスにはちょっと面倒な部分があります。

それは、鹿児島〜屋久島はJAL便のみの運行に対して、起点となる鹿児島空港へセントレア空港からはJAL便の運行がないのです。

そのため、他社便どうしの乗り換えとなり、乗り換えの時間等に注意が必要です。

そのあたりのことも含めて、名古屋から屋久島へのアクセス方法について解説していきます。

名古屋から屋久島へアクセス・行き方のおすすめは飛行機です

屋久島への移動時間が一番少なく済むのが飛行機を使う方法。

屋久島へは鹿児島空港、福岡空港、伊丹空港の3ヶ所から飛行機が出ているのですが、名古屋から屋久島への直行便はまだありません。

なので、上記の3つのいずれかの空港で乗り継いで、屋久島へ飛行機で到着という方法となります。

なかでも屋久島への便数が多い鹿児島空港を利用するのが一般的です。

おすすめ① 名古屋から鹿児島空港経由で屋久島へアクセスする

名古屋から鹿児島空港へのJAL便がないのがちょっと不便

屋久島空港はJAL便のみが就航しているので、名古屋から鹿児島空港までもJAL便を使えるとスムーズに乗り継ぎができるのですが、残念ながら2019年現在、名古屋ー鹿児島間のJALの直行便はありません。

なので、飛行機での移動を考えた場合、他社便である

を利用する必要があります。

乗り継ぎが他社便であるために、乗り換えの際の時間は少し多めに見ておくと良いでしょう。

また空港会社によって、1日1便しかなくその日のうちに屋久島への乗り継ぎができない場合もあります。

それでは、各航空会社ごとに詳しく見ていきましょう。

ANAは1日数便名古屋〜鹿児島間があり乗り継ぎ可能

ANAソラシドエアとのコードシェアを活用することによって1日数便、名古屋〜鹿児島間を往復しています。

鹿児島空港で屋久島便に乗り継ぐ場合、飛行機会社がANA→JALに変更となるので、30分以上の乗り継ぎ時間が必要となります。

夕方の便に関してはこの30分の乗り継ぎ時間の確保ができない場合があるので、確認の上予約しましょう。

また、出発空港では他社便への乗り継ぎがあることをしっかりと伝えておくと、飛行機が遅延した時に対応してもらえます。

ジェットスターは一日1便の日と2便の日があり

ジェットスターは名古屋発ー鹿児島行きがが朝と夕方の2便ある日と、夕方のみの1便しかない日の2つのパターンがあります。

名古屋を夕方発の便だと、残念ながらその日の屋久島最終便には間に合うことができません。

ですので、その日のうちに屋久島に到着するならば朝便のある日に限られてしまいます。

また、LCCであるジェットスターはトラブル等で時間が大幅に遅れることがあります。行きも帰りも乗り継ぎ時間は十分にとっておくと良いでしょう。

スカイマークは1日2便だけど午後便は乗り継ぎが難しいか

スカイマークは名古屋から鹿児島まで一日2便運行していますが、朝便なら屋久島行きへ問題なく乗り継ぎができます。

スカイマークの国内線で他社便に乗り換える際は60分以上の乗り継ぎ時間が必要になります。

午後便を利用すると屋久島行きの便に乗り換え時間60分の確保が難しく、その日のうちに屋久島に到着するのが難しそうです。

乗り継ぎの時間には十分気をつけて予約するようにして下さい。

スポンサードサーチ

おすすめ② 名古屋から福岡空港経由で屋久島へアクセスする

鹿児島空港と比べると料金が高くなりがちですが、名古屋から福岡空港に行き、そこで屋久島行きに乗り換える方法もあります。

福岡空港からは1日1便で、座席数が少ないのがデメリット

ただ、ひとつデメリットなのが、福岡空港から屋久島への直行便は1日1便のみで、さらに小型のプロペラ機ですので、座席数が非常に少ないです。

座席数が少ないのですぐに予約で埋まってしまうので、早めにチケットを確保する必要があります。

さらに、この飛行機が悪天候等で決行となった場合の代替案が少ないのもデメリットです。

便数の多い鹿児島空港利用ならば、次の便に振り替えや船便に変更等柔軟に対応ができるのですが、福岡空港利用はそれは難しいでしょう。

小牧空港〜福岡空港〜屋久島空港ルートもあり

さらに裏技的なルートですが、名古屋から近い小牧空港からは福岡空港へフジドリームエアラインズの飛行機が飛んでいます。

午前の便ならば、屋久島行きの飛行機に上手く間に合う場合もあります。

あまり利用する方は少ないのかも知れませんが、空港に近い方は一考の余地もあるのではないでしょうか?

スポンサードサーチ

おすすめ③ 名古屋から伊丹空港経由で屋久島へアクセスする

電車や車を利用して伊丹空港へ行き、伊丹空港から屋久島への直行便を使って行く方法です。

名古屋から伊丹空港まではマイカー・新幹線・在来線などを利用できるので、このルートを利用する方も多いようです。

朝に出発すればお昼ころの伊丹空港発屋久島便に十分間に合います。

伊丹空港からは1日1便で、座席数が少ないのがデメリット

同じく伊丹空港から屋久島への直行便は1日1便のみで、さらに小型のプロペラ機ですので、座席数が非常に少ないです。

さらに人気路線なので伊丹〜屋久島の直行便はすぐに予約で埋まってしまいます。早めにチケットを確保する必要があります。

さらに、この飛行機が悪天候等で決行となった場合の代替案が少ないのもデメリットです。

便数の多い鹿児島空港利用ならば、次の便に振り替えや船便に変更等柔軟に対応ができるのですが、伊丹空港利用はそれは難しいでしょう。

名古屋から屋久島へ飛行機を使った場合の交通費は?

それぞれルートで航空会社別にを1ヶ月前に予約した場合の飛行機の往復運賃を試算してみました。

中部〜鹿児島空港経由〜屋久島の場合

鹿児島〜屋久島の往復運賃はJAL20,000円前後。

名古屋から鹿児島空港への各航空会社の運賃の目安は?

往復飛行機運賃目安(季節変動あり)
①ANA26,000円→合計46,000
②ソラシドエアー11,800円→合計31,800
②ジェットスター8,500円→合計28,500
③スカイマーク9,700円→合計29,700

名古屋〜福岡空港〜屋久島の場合

福岡〜屋久島の往復運賃はJAL30,000円前後。

往復飛行機運賃目安(季節変動あり)
中部からジェットスター13,000円→合計43,000
中部からスターフライヤー22,000円→合計52,000
中部からANA27,000円→合計57,000
小牧からFDA26,000円→合計56,000

伊丹空港〜屋久島の場合

往復飛行機運賃目安(季節変動あり)
伊丹〜屋久島(JAL)53,000円+名古屋から伊丹の運賃

こうしてみると、やはり料金的にも鹿児島空港経由で屋久島へ行くのが一番安く、選択肢も多い結果になりました。

詳しくご自身で調べたい時は一括して飛行機の値段と時間検索できる、スカイスキャナーが便利です。

スポンサードサーチ

名古屋発の屋久島ツアーのおすすめは?

屋久島空港へはJALの飛行機のみが乗り入れているので、JAL系列のパックツアーが強いのです。

ですが、乗り継ぎ空港である鹿児島空港や福岡空港へ名古屋からJAL便が少ないため、JALダイナミックパッケージなどを利用することができません。

名古屋からのパックツアーは大手旅行会社のものを利用する必要があります。

それでは、名古屋から屋久島へパッケージツアーを1ヶ月前に予約した場合の相場を調べてみます。

JTBの名古屋発の屋久島パックツアー

JTB中部地区発の屋久島パックツアー

選ぶホテルの件数は少ないものの、庶民的な田代別館や高級ホテルのsankaraホテル、人気のJRホテルなどが選べる。

添乗員のつかないフリープランがメイン。

すべて飛行機利用のプランと鹿児島から高速船を利用するプランがありますが、お値段的にもそれほど違いはないので、移動時間が少なくて済むすべて飛行機のプランがおすすめ。

  • パックツアー相場 3泊4日で80,000円〜300,000円

JTB中部地区発の屋久島パックツアー

クラブツーリズムの名古屋発の屋久島パックツアー

クラブツーリズム屋久島・口永良部島旅行・ツアー・観光

宮之浦岳の縦走ツアーや縄文杉トレッキングがセットになったツアーや、移動に新幹線を使ったものやクルーズ船を使ったものなど様々な商品があるのが特徴です。

トレッキングツアーなどはガイドツアーへの参加となるので、ガイドを別途手配する手間が省けるのがいいですね。

  • パックツアー相場 3泊4日で100,000〜400,000円

クラブツーリズム屋久島・口永良部島旅行・ツアー・観光

個人手配の場合は乗り継ぎ時間に気をつけよう

繰り返しになりますが、もしパックツアーを利用せずに自分で飛行機の手配をするのであれば、屋久島空港へはJAL便のみの運行になることから、乗り継ぎの際は他社便からJAL便、JAL便から他社便への乗り継ぎになります。

その際は十分に乗り継ぎ時間を考慮するようにして下さい。

乗り継ぎ時間の目安は

  • ANAの場合は30分以上
  • スカイマークの場合は60分以上
  • ジェットスターの場合は2時間以上

が推奨されています。

ただ、屋久島便もよく遅延する飛行機なので、場合によってはこれ以上の余裕が合ったほうがいいでしょう。

チケットの時間と値段の検索は<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZH99Y+H9LBM+32Y6+5YJRM” target=”_blank” rel=”nofollow”>スカイスキャナー</a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZH99Y+H9LBM+32Y6+5YJRM” alt=””>がわかりやすくて便利です。

鹿児島で前泊・後泊して船を使うのもあり

どうしても、飛行機の乗り継ぎがちょうどいい時間がなく、日程に余裕があるのであれば、鹿児島まで飛行機で来て1泊してから、船で屋久島入りするのもありです。

その場合は移動に時間が必要になりますので、3泊4日以上の旅行日程は必要になってくるでしょう。

屋久島でもしっかり楽しむならば4泊5日の日程が欲しいところです。

それでも、鹿児島市内で鹿児島観光も楽しめるので、たっぷりと鹿児島と屋久島を楽しめますね。

まとめ:名古屋から屋久島はちょっと大変だけどLCCも豊富

いかがでしたか?

今回は飛行機路線を中心に名古屋から屋久島までの行き方をまとめてみました。

名古屋からは鹿児島までのJAL便がないので不便なものの、スカイマークやジェットスター、ソラシドエアなどの低価格の航空会社が運行しているおかげで、比較的気軽に屋久島旅行ができる場所でもあります。

なので、東海地区のお客様も屋久島には多くいらっしゃっています。

以上、名古屋から屋久島への行き方は?オススメのアクセス方法についてでした!