メニュー
屋久島のおすすめホテル情報 →

白谷雲水峡 苔むす森コースをネイチャーガイドが徹底解説

スタジオジブリの映画『もののけ姫』の制作の際に、ジブリのロケハンが訪れたという『白谷雲水峡』。屋久島でも人気のトレッキングスポットです。

白谷雲水峡にはいくつものコースがあり、体力や時間に合わせて歩くことができます。1日歩けるならば最奥の太鼓岩コースがおすすめ。ですが、半日だけでも苔むす森コースなら十分白谷雲水峡の良さを知ることができます。

苔むす森コースに向いている人

  • 半日程度しか時間がない
  • 1日歩ける体力がない
  • 苔の森だけ見られたら十分

本記事では苔むす森コースに焦点を当て、必要な装備や注意点などもまとめてみました。白谷雲水峡のトレッキング情報についてはこちらの記事もどうぞ。

管理人プロフィール

屋久島オーセン代表。2003年に屋久島へ移住し、17年間屋久島のフィールドでガイドツアーを行った経験を持つ。現在は出身地である埼玉県の秩父に戻り、全国でのネイチャーガイドツアー開催を計画中。

自他共に認めるアウトドアアイテム&道具マニア。

もくじ

白谷雲水峡の「苔むす森」とは?

白谷雲水峡 苔むす森(もののけ姫の森)だけでなく白谷雲水峡はどこも素晴らしい森です

白谷雲水峡を歩けばどこもかしこも、苔がむしていて苔むす森なのですが、有名な『苔むす森』とは、白谷雲水峡を入り口から、1時間30分ほど歩いた場所にある、苔が特に多い一帯の森をそのように呼んでいます。

白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)屋久島の北部、宮之浦地区から車で20分ほどの標高600m〜1050mの場所。『屋久島自然休養林』として自然を楽しむために設けられた森です。

面積は424haで、苔の美しさだけではなく屋久杉の巨木である、弥生杉や七本杉なども観ることができる森林レクリエーション施設です。

コースマップ『苔むす森』へ行くには『太鼓岩コース』の途中まで

白谷雲水峡は、

  1. 『弥生杉コース』
  2. 『奉行杉コース』
  3. 『太鼓岩コース』

と、3つのコースに分けられています。

『苔むす森』はその中の『太鼓岩コース』(往復4時間)の途中にあります。

『苔むす森』までの森は、特に名前が付いている訳ではありませんが、苔のグリーンが美しい森の中を歩きます。

白谷雲水峡入り口からスタート

入り口まで定期バスもあり

白谷雲水峡の入り口には管理棟があり、協力金の徴収を行っています。大人ひとり300円です。その際に白谷マップをもらえるのですが、縮尺が正確ではありません。あくまで目安と思って下さい。

近くにはトイレもあるので、済ませていきましょう。

スタートは舗装された道
憩いの大岩

初めは舗装された道で始まり、「簡単な道だな」と思っていると、次に出てくる「憩いの大岩」で度肝を抜かれます。

ここで道が途切れているように見えるますが、ルートはこの岩を登っていきます。雨の日は滑りやすいので気をつけて下さい。

飛流落とし
さつき吊り橋

その先には、真っ直ぐに割れた花崗岩の間を流れおちる、白谷の滝「飛流落とし」があります。

その脇を通り抜け、さつき吊り橋を渡ったらいよいよ登山道です。

石積みの楠川歩道を歩いて行く

先程までの舗装された道から変わり、石積みの道を歩いていきます。楠川歩道と呼ばれるこの道は、江戸時代から整備され利用されてきた道。山奥で伐採された屋久杉を運び下ろした道と言われています。

歩きやすいように段差が組まれ、無駄なアップダウンが無いようにルートも考えられている道です。

苔が美しい森
雨の日や直後は苔が美しい

足元ばかり気にしてしまいますが、ときどき足を止めて、周りの森を見てみてください。

苔に覆われた森が広がっているはずです。白谷雲水峡の森はどこも苔が美しい。特に雨の日は苔の先端にしずくがたまり、宝石のようです。

入り口から1時間ほど歩くと、白谷川の本流とぶつかります。

ここは橋のない川。岩を伝って渡っていきましょう。その川の上流部も美しい写真スポットです。ぜひ写真を撮ってください。

ついつい、奥の方まで行きたくなりますが、緑の苔は踏まれると剥がれて死んでしまいます。あまり奥には入らないようにしましょう。

くぐり杉

くぐり杉

土台に合った屋久杉がなくなり、その上に生えた杉だけが残った「くぐり杉」。土台が合ったらしき部分がきれいに穴になっています。

願でもかけながらくぐったら、もしかしたら叶うかも!?

シカの宿

小学校5年生の女の子が名付けた「シカの宿」。木の内部でシカが休んでいるのをイメージしたとのことです。可愛らしい名前に思わずほっこりとしてしまいます。

蛇足ですが、筆者は大雨の日に本当にこの穴の中でシカが休んでいるのを見ましたよ。

七本杉

七本杉も立派な屋久杉

この白谷雲水峡の苔むす森コースで一番の屋久杉です。樹齢1000年以上のものを「屋久杉」と屋久島では言います。なんでも、直径1mで1000年ぐらいと言うそうです。

樹高18.0m
胸高周囲8.3m
推定樹齢不明
標高850m
七本杉のスペック

胸の高さの周囲が8.3mなので、直径は2mを超えています。ということは2000年クラスの屋久杉ということになりますね。

苔むす森 

苔むす森とヤクシカ

そして、いよいよ苔むす森に到着です。入り口からゆっくり歩いて1時間30分〜2時間ほど。

この苔むす森はその日のお天気などで様々な表情を見せてくれます。

薄っすらと霧がかかる日も

時間があるなら太鼓岩へも挑戦

もし、時間があるならその先の『太鼓岩』も挑戦してみてください。苔むす森からは片道1時間程度です。

絶景ポイント『太鼓岩』からは、奥岳(屋久島の奥にある山々)を望めます。

太鼓岩コースについて詳しくは以下の記事でご紹介しています。
白谷雲水峡|太鼓岩トレッキング 所要時間と距離 〜苔むす森(旧もののけの森)経由〜

トイレは白谷小屋1箇所だけ

白谷小屋

このコースのお手洗いは入り口を除けば、途中の白谷小屋だけです。

白谷小屋は入り口から1時間10分ほどの場所。男女別のトイレで、山のトイレとしては整備されたトイレです。

し尿の搬出は人がタンクに詰め替えて行っています。協力金も募っていますので、ぜひ協力したいですね。トイレットペーパーなども置いてあります。本当にありがたいです。

白谷雲水峡へのアクセス方法

白谷雲水峡へは定期バス、タクシー、レンタカー等でアクセスすることができます。入り口には無料の駐車場もあるので気軽に登山を開始することができます。

宮之浦地区から20分ほど山道を走ります。カーブの多い道なので、レンタカーで行く時は十分注意が必要です。

白谷雲水峡への行き方についてはこちらをご覧ください
⇨白谷雲水峡への行き方 ポイントや注意点も掲載しました!(バス・レンタカー・タクシー)

白谷雲水峡 持ち物と服装について

白谷雲水峡の標高は600メートル〜1050メートルです。真夏でも標高が上がれば、ひんやりとし、雨に濡れれば凍えることも。

白谷雲水峡は道も整備されています。手ぶらで、スニーカーで問題ないのでは?とお考えの方もいらっしゃると思います。確かにトレッキングは不可能ではないのですが、白谷雲水峡はかなりの確率で雨が降りますし、相当足場の悪い箇所もあります。

景色を楽しむ余裕を持って安全にトレッキングをするのであれば、ゴアテックス製のレインウエアや登山靴など、しっかりとした日帰りトレッキングの装備で臨まれることをおすすめします。

白谷雲水峡 太鼓岩コース つつじ吊橋を渡ってすぐ 急勾配の岩場

▼装備と持ち物 についてはこちらをご覧ください。

▼服装・気温についてはこちらをご覧ください。

白谷雲水峡へ個人で行かれる場合はこちらをご覧ください。

白谷雲水峡のトレッキングツアーを利用するなら

白谷雲水峡に行きたいけど、一人で行くのはちょっと不安。そんな時はガイドツアーに参加しましょう。ガイドツアーに参加すると、自然のことや屋久島のことをたくさん聞けるので、一気に屋久島ツウになれますよ。

さらにほかの参加者との交流も楽しいもの。ツアーに参加するだけで旅の楽しみが何倍にも膨れ上がります。

ガイドツアーに参加するには①旅行会社のトレッキング付きツアーに参加するか、②現地ガイドショップに直接申し込むかの2種類。

トレッキング付きツアーはJALパック、エイチアイエス、クラブツーリズムなどが開催しています。

現地ガイドツアーのおすすめは以下の記事にまとめました。

屋久島旅行便利サイト集

屋久島のツアー(宿+移動)を調べる

屋久島旅行は「空き」があるうちに!早めの予約がおすすめです!

パックツアータイプ

  1. JALダイナミックツアー オススメ
    • 宿と飛行機が自由に選べます。料金はタイミングによって変動しますが、基本早めの予約が安いです。旅をアレンジしたい人向きです。
  2. 楽天トラベル
    • 提携する屋久島の宿が一番多い楽天トラベル。格安宿を選べばグンと費用を節約できます。楽天セールのときはチャンスです。
  3. じゃらん
    • 提携宿は楽天に次いで多いです。クーポンを利用すると楽天を上回るお徳佐になることも。要チェックです。
  4. JTB
    • 提携宿の多さと、安心感のあるJTBブランドが魅力。迷った時の強い味方です。

ダイナミックツアータイプ

  1. JALパックツアー オススメ
    • 縄文杉や白谷雲水峡などのトレッキング付きツアーも選べます。グレードの高い宿を選ぶなら実はお値打ち。JAL便利用なら欠航時もすぐに対応できて安心です。
  2. 近畿日本ツアー
    • クラブツーリズムと提携して、トレッキングツアーやバスツアーなどに力を入れています。屋久島ツアーは人気なので、空きがあればすぐに予約するのが秘訣です。
  3. H.I.S
    • トレッキング付きのプランが人気です。一人旅専用プランもあるので、安心して参加できます。

屋久島のホテルを予約する

屋久島のホテル・民宿・ゲストハウスを予約。

  1. 楽天トラベル
    • 知名度の高さと口コミの多さ特徴。屋久島の提携している宿は楽天が一番多いです。
  2. じゃらん
    • じゃらんも屋久島の提携宿が多いサイト。楽天トラベルと一緒に比較するといいですよ。
  3. ヤフートラベル
    • ヤフープレミアムとソフトバンクユーザーはポイント還元率が高くお得です。
  4. 一休
    • 高級ホテル・旅館に特化したサイト。頻繁にクーポンやセールを行っていて、憧れのお宿にお得に泊まれるかも。
  5. agoda
    • 獲得ポイントを航空会社のマイルなどで貯められるのユニークなサービスもあり。

カメラやWIFIをレンタルして行こう

  1. DMMいろいろレンタル
    • スーツケースを中心に旅行用品をレンタルできるサービス
  2. TAVISHOT
    • GOPROや防水カメラなどのレンタルサービス
  3. WIFIどっとこむ
    • WIFIスポットの少ない屋久島。旅の情報収集にモバイルWIFIが役立ちます

屋久島の遊び・体験を予約する

現地トレッキングツアーやダイビングなどの予約に便利。

  1. じゃらん体験
    • クーポンがあるのも特徴で、利用する体験によってはかなりお得に利用できます
  2. アソビュー
    • 実際の利用者の口コミと写真が豊富。見るだけでも参考になります

屋久島のレンタカーを予約する

  1. じゃらんレンタカー
  2. たびらいレンタカー予約
  3. タイムズカーレンタル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

もくじ
閉じる