【2021】安心できる屋久島のツアーおすすめ旅行サイト比較6選

東京発の屋久島への行き方【飛行機や船利用のおすすめ4ルート】

東京からたくさんに人が訪れる屋久島。なのに、まだ東京からの直行便がありません。

なので、東京から屋久島へ行くには、どこかで乗り継ぎが必要になります。となると、悩むのが飛行機がいいのか?、船がいいのか?、そして、乗り継ぎ時間はどのくらい取ったらいいのか?ということ。

そこで、屋久島と東京を何度も往復している筆者がおすすめのルートを解説します。ポイントは

  • 3泊4日までの短期旅行なら、屋久島まですべて飛行機を利用する!
  • 長期の旅行なら鹿児島から高速船やフェリーもあり
  • メリットは少ないけど、伊丹空港、福岡空港から直行便も可

という点です。

それでは詳しく解説します。

読みたいところから

東京発⇨屋久島 すべて飛行機で行く3つのルート

東京から屋久島までは飛行機移動が時間ロスが少なく便利。3泊以内の旅行なら飛行機利用がおすすめです。東京から屋久島まで、飛行機を利用した4ルートをご紹介します。

① 羽田ー鹿児島空港ー屋久島空港 メインのート。便数が多いのでおすすめ

便数も多く、東京からだと一番使いやすいルート。便数が多いので、選べる時間の幅も多く、パックツアー利用もしやすいです。東京から屋久島へ行く多くの人が一番使うルートです。

スタート
羽田空港
利用できる航空会社JAL/ANA/スカイマーク/スターフライヤー/ピーチ
便数1日数便
片道料金数千円〜3万円
乗り継ぎ
鹿児島空港
利用できる航空会社JALのみ
便数1日数便
片道料金約8,000〜16,000円
ゴール
屋久島空港
ツアーの手配は

⇨JAL国内ツアー楽天トラベルじゃらんヤフートラベルならダイナミックパッケージで自由にツアーを組み立てられます。

その他、エイチ・アイ・エスクラブツーリズム国内ツアーなどはトレッキング付きツアーやバスツアーなどが豊富。

② 成田ー鹿児島ー屋久島 LCC利用ならこのルート

成田空港からはLCCが鹿児島空港に就航しているので、このルートを使うこともできます。早朝や夜の便があるので、たっぷりと時間を使えるのもメリットです。

スタート
成田空港
利用できる航空会社ジェットスター/ピーチ
便数1日数便
片道料金約数千円〜3万円
乗り継ぎ
鹿児島空港
利用できる航空会社JALのみ
便数1日数便
片道料金約8,000〜16,000円
ゴール
屋久島空港

成田発の飛行機が早朝や午後便が多いですが、LCC利用なのでコストが低く抑えられます。

予約の手配方法は?

このルートでLCCを使ったツアーはエアトリが便利。ただし、成田から鹿児島までしかツアーが組めません。鹿児島から屋久島は別途チケットを手配する必要があります。
⇨エアトリ

③ 東京ー伊丹・福岡空港ー屋久島 便数が少ないけど、こんなルートもあります。

屋久島空港へは伊丹空港・福岡空港からも直行便があります。ただ、このルートを利用する方は少ないかもです。なぜなら、便数は1日1便ですし、料金的にも高めだからです。でも、参考としてご紹介します。

スタート
羽田・成田空港 出発
航空会社JAL/ANA/スカイマーク/スターフライヤー/ピーチ
便数1日数便
片道料金数千円〜3万円
乗り継ぎ
伊丹・福岡空港 経由
航空会社JAL
便数1日1便
片道料金12,000〜38,000円
ゴール
屋久島空港 到着

屋久島便は一日一便だけの運行なので、値段も高めです。

ツアーの手配は

東京から伊丹・福岡までの飛行機は多数あるものの、そこから屋久島まではJAL便のみなので、やはりツアーはJAL系のダイナミックツアーを利用します。

⇨JAL国内ツアー楽天トラベルじゃらんヤフートラベルならダイナミックパッケージで自由にツアーを組み立てられます。

3泊4日以内の旅行なら、すべて飛行機で屋久島がおすすめ

3泊4日以内の旅行なら、すべて飛行機で屋久島がおすすめです。

それは、屋久島は鹿児島から船で行くと移動に時間がかかるからです。

飛行機だと30分程度ですが、船だと3〜4時間ほどかかります。また、乗り継ぐためにバスを利用するのですが、交通渋滞などで定時どおりに進まない可能性もあります。

3泊4日以下の旅行日程だと時間は大切。移動で時間をロスしないように飛行機を利用するのがおすすめです。

東京発⇨屋久島 鹿児島から船を使うルート

旅行日程に余裕があるなら船の旅もおすすめ。鹿児島の港は鹿児島の繁華街「天文館」のすぐ近くです。ついでに、1泊して鹿児島市内観光を楽しむというなら、船を使ったルートがいいでしょう。

東京⇨鹿児島空港⇨鹿児島港⇨屋久島

スタート
東京から鹿児島空港へ

羽田・成田空港から鹿児島空港へ飛行機で移動

乗り継ぎ
鹿児島空港からバスで市内へ
移動時間約1時間
便数多数 15分間隔
片道料金1,300円
参考URL鹿児島交通 高速バス
南国交通 高速バス
乗り継ぎ
鹿児島港から船
移動時間2時間〜2時間30分
便数1日数便
片道料金約9,200円 (各種割引あり)
参考URL高速船トッピー&ロケット
ゴール
屋久島 到着
ツアーの手配方法は?

このルートのツアーはエイチ・アイ・エスクラブツーリズム国内ツアーで探せます。

またJAL国内ツアー楽天トラベルじゃらんヤフートラベルのダイナミックパッケージで鹿児島までツアーを作り、鹿児島から屋久島のチケットは自分で手配する方法もあります。

高速船は料金が安くなる?早めの予約なら飛行機がいいかも

高速船を使ったほうが、料金が抑えられるようなイメージがあります。ただ、飛行機の早割のチケットを予約できるなら料金的はそれほど変わりません。

鹿児島空港から屋久島までのおおよその料金を飛行機と高速船で比較してみます。

料金その他料金
飛行機の場合5,000~15,000円特になし
高速船の場合6,000〜9,000円空港〜港移動費 バス 1,300

早割なら飛行機が安くなることも。

高速船を使う場合は港までの移動費もあり、時間的なロスも大きいです。なので、コストパフォーマンスは飛行機のほうがいいと言えるでしょう。

ちなみに、鹿児島から屋久島までは船を利用すると4〜5時間ほど。

直前の予約で旅行日程も長めなら高速船を使ったほうが安くなりそうです。

早めの便で東京出発がおすすめ 屋久島に確実に到着しましょう

できるだけ、早めの便で東京を出発し、鹿児島空港に到着しておきましょう。そして、屋久島行きの便は最終便の利用を控えましょう。

というのも、屋久島便は天候不良等で欠航になることがあります。最終便だとその日のうちに屋久島にいけないことも考えられるからです。

鹿児島空港から屋久島への最終便は夕方頃。ただ、この便が欠航してしまうと、その日のうちに屋久島に到着するのは不可能になります。

いっぽう早い時間ならば、飛行機は諦めて船で屋久島に渡ることも可能です。

飛行機が欠航になることも考慮して鹿児島へはお昼ごろまでには到着しておきたいです。

東京発⇨屋久島はツアーを利用すると簡単・便利・安心

旅行の手配が心配なら旅行会社のツアーを利用するのがおすすめです。

東京発の屋久島行きは乗り継ぎがあるので、時間など考慮しなければいけないことが多いです。

個人で飛行機の手配をすると、旅行当日に間違っていなかったかハラハラドキドキ。その点、オンラインで旅程を確認しながら予約でるツアーは安心感があります。

さらにホテルも一緒に予約できるので、さらに手間ナシで、ツアー代金が安くなることもあります。

ツアーだと定期的にクーポンやセールもあるので、それも見逃せません。セールの情報は以下の記事にまとめました
屋久島旅行の予約に使えるクーポン・セール情報まとめ!

まとめ

東京から屋久島のツアー選びのポイントは、移動時間を抑えること。そのためには屋久島まですべて飛行機を使ったツアーを利用するのが一番です。

そうすれば、屋久島での滞在時間が増え、縄文杉以外にもカヤックをしたり、温泉に入ったりといった遊び方の幅が増えます。

また、屋久島に降り立つ飛行機はプロペラタイプの小型飛行機で座席数が少なめ。予約も早く埋まってしまいますので、旅行の日程が決まったらツアーは早く取り押さえてしまいましょう。

人気のホテルに泊まりたいときも早めの予約がオススメです。

カテゴリー別新着記事

【厳選7サイト】屋久島Go To トラベルのおすすめ

おすすめ記事

読みたいところから
閉じる