フェリー屋久島2が欠航時の対処法!現在の運行状況の調べ方も紹介

※当サイトはプロモーションを含む場合があります

鹿児島から屋久島へのアクセス手段として利用される「フェリー屋久島2」。その運行状況や欠航情報が気になる方は多いのではないでしょうか。

この記事では、フェリー屋久島2の最新の運行状況や、欠航や遅延が発生した場合の対処法、料金や乗り場、予約に関する情報など、旅行者が知っておきたい情報を詳しくお伝えします。

目次

フェリー屋久島2の最新の運行状況を知る

フェリーを使って屋久島の旅で、最も気になるのはフェリー屋久島2の運行状況ですよね。最新の情報を知ることで、安心して旅を楽しめます。以下では、運行状況の調べ方やその変動の原因について詳しく解説します。

フェリー屋久島2の最新の運行状況を調べるには

フェリー屋久島2の公式サイトに運行状況は記載されておらず、九州のりもの.comへのリンクへ飛び見る形になります。

九州のりもの.comさんへのリンクを参照する形になります。旅客船・フェリーは下の方にスクロールすると確認できます。

>>九州のりもの.comで運行状況を確認

↓スクロールすると九州ののりものの運行状況が確認できます。フェリー屋久島2は「鹿児島(本港南埠頭)〜屋久島(宮之浦港)」の欄を確認してください。

何も問題がなければ、安心して出発することができますが、遅延や欠航の情報もしっかりとキャッチしておくことが大切です。

翌日以降の運行予定は天気予報で確認

フェリー屋久島2の運行予定は、波の高さや天候、機材のによって判断されます。波の高さが3mを超えてくると、条件付きの運行になったり、欠航の可能性が出てきます。特に気象条件が悪い日が続く場合や、台風が発生したときは数日間運行が停止することも。旅行が近づいてきたら/旅行中はこまめに天気予報をチェックするようにしましょう。

欠航や遅延の主な原因

フェリーの運行に影響を与える要因はいくつかありますが、主な原因としては天気や海況が挙げられます。特に台風シーズンや冬季は注意が必要です。

また、フェリー自体の保守・点検のスケジュールや、機械トラブルも欠航や遅延の原因となることがあります。このような情報を事前に知っておくことで、旅行の際のトラブルを避ける手助けとなります。

フェリー屋久島2の保守・点検スケジュールは公式HPでチェックすることができます。

フェリー屋久島2が欠航や遅延が発生した場合の対応方法

欠航や遅延は旅行の予定を大きく狂わせる可能性があります。この章では、そうした場合の代替ルートや乗船券の取り扱いについて詳しく解説します。

すぐに代替ルートの確保をしましょう

フェリー屋久島2が欠航や遅延をした際は、速やかに代替ルートの確保が大切です。事前に情報を収集しておくことで、トラブル時の対応がスムーズになります。

鹿児島と屋久島間の代替交通手段

  • 高速船トッピー: フェリー屋久島2よりも波の高さに対して若干強いですが、高波の際は欠航のリスクも。
  • 飛行機: 波の影響を受けにくいですが、座席数が限られているため、早めの席確保が必須です。

フェリー屋久島2の予約の取り消し

もし、事前にフェリー屋久島2の予約をしているならば、速やかにキャンセルの連絡をしておきましょう。

フェリー屋久島2の乗船券を事前購入することはほぼないと思いますが、当日の窓口で支払うようにしておけば、トラブルの際に払い戻しの手続きをする必要がありません。特にマイカーを乗せる場合を除いて、ほとんどの場面で予約無しで乗船可能です。しかし、お盆などの帰省ラッシュや旅行シーズンには注意が必要です。これらの時期を除くと、事前決済よりも当日決済を選んだ方が柔軟に対応できるでしょう。

以上のように修正しました。いかがでしょうか?

フェリー屋久島2の料金、乗り場、予約に関する情報

船旅の魅力を存分に楽しむために、フェリー屋久島2の基本的な情報をしっかりと把握しておくことは欠かせません。この章では、料金、乗り場の所在地、そして予約に関する詳しい情報をご紹介します。

料金に関する詳細

フェリー屋久島2の料金は、利用するクラスによって変わります。

基本の2等料金については書きをご覧ください。

  • 大人
    • 片道:6,000円
    • 往復:11,500円
  • 子供
    • 片道:3,000円
    • 往復:5,800円

>>更に詳しい料金はこちらから

繁忙期である下記の期間は割安な往復運賃の利用ができませんので、往復するならば片道運賃×2倍となります。

繁忙期
G.W4月27日~5月7日
お盆8月10日~8月16日
年末年始12月28日~1月6日

学生や障害者割引などの割引の設定もあるので、料金に関する最新の情報は公式サイトで確認をしてください。

乗り場の所在地とアクセス

フェリー屋久島2の乗り場について解説します。

鹿児島市内の乗り場は鹿児島市内の本港南埠頭に位置しています。

鹿児島中央駅からタクシーで10分。天文館バス停からは徒歩約15分の距離です。

屋久島の乗り場は宮之浦港にあり、宮之浦の中心から徒歩10分ほどです。近くには屋久島環境文化村センターや観光案内所やもあり、屋久島の観光情報を手に入れることもできます。

予約について

フェリー屋久島2の予約は、旅客のみの場合は予約の必要がありません。ピークシーズンでも乗れなかったという話は聞いたことがないので大丈夫です。

ただし、マイカーを乗せる場合や団体の場合、個室の利用には予約が必要です。車両を乗せるときは車両の長さを確認した上で、電話をしてください。

フェリーの予約 099-226-0731

車両·団体(12名以上) ・ 個室のみ予約
予約の受付時間 9:00〜17:00

フェリー屋久島2の季節による欠航の可能性の違いとその理由

屋久島への船旅は、季節によって欠航の可能性が変わります。 ここでは、がフェリー屋久島2の運行に及ぼす影響について詳しくご紹介します。

台風シーズンの夏〜秋と北西風の強い冬に多い

夏から秋にかけては台風の影響を受けやすく、この時期は特に欠航や遅延が多発します。台風は強風や高波をもたらすため、安全を考慮してフェリーの運行が中止される場合があります。

また、冬には北西風が強まることが知られており、これも運行のリスク要因となります。具体的には、冬の北西風は波の高さや強さが予測困難なため、船長が判断して運行を中止する場合が考えられます。

ただ、それ以外の季節も天候が悪化しやすいのが屋久島。天気予報で風が強いときなどは注意して運行状況を確認してください。

保守・点検のスケジュール

季節に関係なく、定期的な保守・点検が必要なことも欠航の原因となりえます。フェリー屋久島2も年に1回、安全確保のためのメンテナンスが行われます。

このメンテナンス期間中は、フェリーは運行を停止します。予定を事前に確認し、その期間を避けて予約や計画を立てることが、予期せぬトラブルを避けるコツとなります。

屋久島への訪問を計画する際は、これらの要因を考慮して、安全かつスムーズな移動を心がけましょう。

フェリー屋久島2の利用に関するコツや注意点

フェリー屋久島2が初めての方でも、安心して乗船できるようにするためのポイントをご案内。旅行者のためのアドバイスから、計画時のポイント、乗船時の注意点までを詳しく解説します。

屋久島を訪れる旅行者のためのアドバイス

屋久島は自然豊かな観光地として知られていますが、そのための準備は欠かせません。特に天気予報ベストシーズンのチェックは欠かせません。

例えば、梅雨時期には突然の豪雨があり、その際の対応策を持っておくと安心です。また、夏場の日差しも強く、日焼け止めや帽子、長袖の準備もおすすめです。

フェリー屋久島2と高速船トッピーの乗船ブログレビュー

フェリー屋久島2は比較的ゆっくりとした移動を楽しめるのに対し、高速船トッピーは短時間で屋久島に到着します。実際の利用者の声では、「フェリー屋久島2はのんびりとした時間が気に入っている」や「高速船トッピーは急な旅行計画でも役立つ」との声があり、どちらもそれぞれの良さがあります。

フェリー屋久島2と高速船トッピーの乗船ブログレビューについては下記の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

フェリー屋久島2にマイカーを乗せて屋久島に行く方法

マイカーをフェリー屋久島2に乗せての屋久島旅行も人気です。具体的な方法や注意点に関しては、以下のリンクから詳細な情報を得られます。詳しくはフェリー屋久島2を使って、マイカーで屋久島へ行く方法の記事をご覧ください。​​

屋久島旅行の計画時のコツ

フェリー屋久島2での移動を計画するなら少なくとも4泊5日以上の旅行日程がおすすめ。2泊3日や3泊4日だと、移動に時間がかかり屋久島の滞在時間が少なくなることも考えられます。

もし、旅行日数が3泊4日以下なら、飛行機を使った旅行がおすすめです。

飛行機を使う場合は飛行機と宿がセットになったツアーを利用するのがおすすめです。屋久島のツアーについて詳しくは下記の記事でも案内しています。

まとめ

フェリー屋久島2は屋久島への主要なアクセス方法の一つで、運行状況や欠航情報は常にチェックしておきたいポイントです。

この記事では最新の運行状況の調べ方や、対処方法、料金や乗り場情報など、屋久島への旅行をよりスムーズに行うためのポイントをご紹介しました。

屋久島への旅行を計画中の方は、この情報を参考に、安全かつ快適な旅行をお楽しみください。

  • URLをコピーしました!
目次