【2020】屋久島の雨にも負けない!登山におすすめのレインウェア


登山の時に必ず必要なアイテムがレインウェア。

雨が降りそうにない時も必ず持っていくのが山での常識とされています。

とはいえ、雨から身を守るアイテムなのにお値段を見るとびっくするほど高くて、初めて購入するときは躊躇してしまいますよね。

特にゴアテックス素材を使ったものは値段が張り、モノによってはジャケットだけで10万円近くするものも!

しかし、レインウェアは実は山では多機能なアイテムで、

  • 雨対策
  • 防風対策
  • 保温効果

と、雨だけではなく風よけや多少の保温性もあり、急変しやすい山の環境では体温保持に重要なアイテムで、命を左右するほど大事なもの

なのでしっかりしたものを選ぶ必要があります。

この記事では、登山で利用できるおすすめのレインウェアについて解説します。

登山用のレインウェアを選ぶポイントは素材・軽量性・デザイン

【素材】よく聞くゴアテックスとは?

プロモンテ 画像:Amazon

レインウェアでよく使われるゴアテックス素材とは一言で言うと、防水透湿性素材

防水透湿性素材
  • 外からの雨は弾いて
  • 衣類内部の湿気は外に逃がす

という魔法のような性質の布です。

  • 外からの雨を防ぐのは→「防水」
  • 内部の湿気を逃がすのは→「透湿」

と言います。

これを可能にしているのはゴアテックス素材に空いた超微細な穴のおかげ。

この穴のサイズが「水は通さないけど、水蒸気は通すよ」という微妙な大きさ。

そのおかげで、雨の中でも体を濡らさずに行動できるというわけです。

ゴアテックスにも機能によって種類がある

ゴアテックス素材は薄い膜のようなもの。

それをナイロンの生地に貼り付けて2層にしたり、サンドイッチのように挟んで3層にしたりしています。

この「ゴアテックス素材+ナイロン地」が基本構造で、レインウェアの生地となっています。

ゴアテックス自体の性能や、組み合わせるナイロン生地を工夫すると機能の違った生地ができあがります。

  • 軽さを追求したもの
  • 耐久性を追求したもの
  • 透湿性を追求したもの

などです。

それぞれモデル名が付与されていて、登山用のレインウェアでよく使用されているのは、

  • 「GORE-TEX」→オーソドックス
  • 「GORE-TEX PRO」→最強・高価
  • 「GORE-TEX PACLITE」→軽量
  • 「GORE-TEX PACLITE PLUS」→もっと軽量

などです。

特徴としてGORE-TEX やGORE-TEX PROは耐久性はありますが、重量がかさみます。

一方、GORE-TEX PACLITE とGORE-TEX PACLITE PLUSは裏地がない2層構造で、軽量・通気性が高いです。

その反面、耐久性が劣るのと、裏地が無いので肌触りがベタッとして快適性が落ちます。

それぞれ、細かな性能の違いがあるのですが、個人的には、

  1. 着心地が良いのが欲しければGORE-TEX
  2. 軽いレインウェアが欲しければGORE-TEX PACLITE

という選び方がいいと思います。

ゴアテックスじゃなくても機能十分&安価

ミレー 画像:Amazon

ゴアテックスはゴアテックス社の商品。

ゴアテックス社以外にも、各アウトドアメーカーが頑張って高機能素材の開発をしています。

  • H2No(パタゴニア)
  • FUTURELIGHT、HYVENT(ノースフェース)
  • ドライエッジティフォン50000(ミレー)
  • エバーブレス(ファイントラック)
  • ドライテック(モンベル)

などなど。

各メーカーが力を注いで作り出す防水透湿性素材も機能が高く目が話せません。

また、手に届きやすいお値段のものが多いのも魅力的です。

【軽量性】登山のレインウェアはジャケットなら400g以内に収めたい

晴れた日でも、必ず登山に持っていきたいレインウェア。

まったく使用せずに一日終わるなんてこともあります。

なので、ザックにしまったままでも負担になら無い重さのほうがいいです。

軽ければ軽いほどいいのですが、その反面、生地が薄く耐久性が低くなるのも心配です。

僕の場合は、耐久性も程々にあり、2〜3年はハードユースに耐えられるものが好ましいので、ジャケットで400g以内のものを選ぶことにしています。

【デザイン】が優れたレインウェアなら普段遣いも

レインウェアのデザインは結構重要です。

例えば、雨の中で憧れの山にやっと登頂した時の事を考えて下さい。

一生に一度かもしれないその山での記念写真は、やっぱりかっこいいレインウェアのほうがいいです。

それに、雨が降っていないときだって、風よけにレインウェアを着るシチュエーションは意外に多いもの。

ならばレインウェアもおしゃれなもののほうが、テンションも上がります。

お気に入りのレインウェアを着ると思えば、登山の雨もそんなに嫌になりませんよ。

使用頻度を上げてればコスパも上がる

レインウェアは登山の時だけ利用と考えると、確かにお値段も高く感じます。

しかし、デザイン性の高いものなら、街着として着回すことでコスパは良くなります。

それに、レインウェアは保管時に仕舞い込んでしまって使わない期間が長くなると、湿気で生地が剥離して劣化が進んでしまいます。

普段着としてガシガシ使ったほうが結果的に長く使えるのです。

おすすめのオーセンガイドツアー
2日間セット 縄文杉+白谷雲水峡ツアー レンタル無料&お一人からご参加OK!

登山におすすめのレインウェア【ゴアテックス編】

それでは、おすすめのゴアテックス製のレインウェアをご紹介していきます。

ザ・ノース・フェース クライムライトジャケット

画像:好日山荘

アメリカのアウトドアメーカですが、日本向けにはゴールドウィンが国内商標権を買い取って独自の商品開発を行っています。

ブランド名こそアメリカメーカーですが、日本のザ・ノース・フェースは国内メーカーと言っていいほどです。

ファッション性も高く、街着としても定着しているノースフェースなので着回せばコスパが良くなります。

驚くべきは高機能なのに超軽量なところ。

値段的にもこなれているので、初めてのレインウェアに是非オススメです。

クライムライトジャケット(メンズ)

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
¥25,305 (2020/03/31 15:12:35時点 Amazon調べ-詳細)

マムート アヤコ プロ

画像:好日山荘

150年以上の歴史を持つスイスの高性能アウトドアブランド。

マンモスのマークが特徴的で可愛らしいですが、かなり本格派のアウトドアブランドです。

ヨーロッパメーカーらしい微妙な色使いなので、オシャレ度アップ間違いなしです。

アークテリクス ゼータSL

画像:エルブレス

アークテリクスはカナダの高品質アウトドアメーカー。

ブランドロゴは始祖鳥が由来です。

ゴアテックス製のジャケットのモデルがたくさんありますが、ハイキング用のレインウェアはゼータSLが適度なスペックでおすすめです。

絶妙なカラーリングで街着としても利用しやすいハイデザインでコスパよしです。

ゼータ SL ジャケット メンズ

登山におすすめのレインウェア【非ゴアテックス編】

ミレー TYPHON 50000 ST JKT

画像:好日山荘

フランスのアウトドアメーカー「ミレー」。

レインウェアの硬い生地のイメージを覆す、独自開発の生地で着心地が抜群です。

着てみると本当にレインウェアなの?と疑ってしまいますよ。

透湿力の高い素材なので、雨以外のときも活躍するアイテムで、重宝するジャケットです。

created by Rinker
MILLET(ミレー)
¥25,180 (2020/03/31 15:12:36時点 Amazon調べ-詳細)

ベルグテック ストームセーバーEX

画像:好日山荘

この価格でこの機能!

驚のコスパを見せるミズノのベルグテック。

日本のスポーツメーカーの安心感と、日本人の体型に合った形で人気のレインウェアです。

レインウェアはそれほど頻繁に使わないから安いものを、という方に間違いのないレインウェアです。

ファイントラック エバーブレスフォトン

画像:好日山荘

こちらも日本のアウトドアメーカー、ファイントラックのアイテム。

驚くほど薄く、軽く、そしてストレッチするレインウェアです。

時々来ていることを忘れてしまう、雨が降っていなくともさっと羽織る事ができるのが魅力です。

created by Rinker
finetrack(ファイントラック)
¥25,300 (2020/03/31 15:12:38時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのオーセンガイドツアー
2日間セット 縄文杉+白谷雲水峡ツアー レンタル無料&お一人からご参加OK!

レインウェアの撥水性はメンテナンスで回復

どんなに高機能なレインウェアでも、長く使えば撥水性のが落ち、折角の機能が低下します。

撥水力低下の原因
  • 生地表面の汚れ
  • 洗濯の仕方
  • 撥水コーティングの低下

が原因です。

解決策としては

  • 正しい洗濯
  • 撥水剤の塗布

になります。

専用の洗剤&コーティング剤が売られているので、撥水力が低下したら新しいものに買い換える前に、是非メンテナンスをして下さい。

本当にレインウェアが蘇りますよ。

まとめ:登山におすすめのレインウェア

以上、登山におすすめのレインウェアについてご紹介しました。

雨の時にだけ着るものと考えると、お値段が高く感じてしまうレインウェア。

しかし、デザイン性の高いものを選ぶと、街着としても着れて応用範囲が広がります。

普段から着られるものを買えば、意外とコストパフォーマンスがいいアイテムに変わるのです。

また、お値段重視で選んでも、探せば高機能なアイテムも見つかります。

山だけではなく街でも電車の中と外の温度差や、急な雨などのアウトドアレインウェアの防水透湿性能が発揮される場面が意外と多いです。

予期せぬ災害時用としてもひとつ揃えておくといいですね。

【最大2.5%還元】Amazonでアウトドア装備を買うなら

アマゾンでの買い物ならアマゾンギフトカードにチャージして購入するのお得。

チャージした金額に対して最大2.5%のポイントが貯まる大変お得な買い方です。

普段、Amazonを利用して買い物をしているなら、Amazonプライム会員と合せ技で絶対やるべき。

特にアウトドアアイテムは値引きが少ないですから。

ギフト券詳細・チャージ方法は公式サイトでご確認ください。

今回ご紹介したアイテム

MAMMUT Convey Pro GTX HS Hooded Jacket
created by Rinker
マムート
created by Rinker
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
¥25,305 (2020/03/31 15:12:35時点 Amazon調べ-詳細)