無料のレンタル・お一人様からOKの縄文杉・白谷雲水峡のガイドツアー参加者募集中!

【登山におすすめ】ゴアテックスのレインウェア選び


レインウェアが大切なアイテムだとわかっているけれど、いざ買おうとすると高価なものが多くて、どれを買っていいのか迷ってしまいますよね。

「レインウェアなのに3万円!(しかもジャケットだけで・・・)」と、ビックリします。

ただ雨をよけるだけなら安いビニールカッパでもいいんじゃないか、と思う方もいるはず。

ぼくも学生の頃は安いレインウェア(上下セットで7000円。それでも高く感じたのに・・・。)を使って山に登っていました。

しかし、しっかりとした登山用のレインウェアに買い換えてからは、その使い勝手の幅広さを知ってちゃんとしたものを買うようになりました。

レインウェアが使える場面って雨の時だけじゃないんだなあというのが感想です。

レインウェアはオールウェザーウェアと捉える!


レインウェアというネーミングから雨のとき専用と捉えがち。

けれども、雨以外にも、

  • 防寒対策
  • 風邪対策
  • 日よけ
といろいろなシチュエーションで使える場面があるのが最近のレインウェアです。

もはやレインウェアというよりは「オールウェザーウェア」というべきアイテムなのです。

どんなときでも、着たい時にサッと着て、天候の変化に対応するのがレインウェアの使い方。

オールウェザーウェアと呼びたいのですが・・・、一般的な名称ではないので、この記事ではレインウェアの名称を使いますね。

レインウェアはゴアテックス素材がいいの?

無料 レインウェアレンタル

レインウェアの素材としてよく使われるゴアテックスという素材。

その特徴は簡単に言うと、外からの水を防ぎ&衣類内部の湿気を外に逃がすという魔法のような素材です。

この機能のおかげで、雨を防ぎながらも運動時に体から放出される蒸気が外に出ていくという仕組み。

この透湿性がほとんどないビニールガッパなどは登山で使うと、体からの蒸気で生地が蒸れてしまい、結果的に体を濡らしてしまいます。

ゴアテックスなら絶対に体が濡れないわけではないと認識しておこう


ただ、ゴアテックスを使った高機能のレインウェアといえども、完全にドライな状態を保持してくれるわけではありません。

というのも、雨が降っている天気では空気中の湿度も高く、衣類内部と外の湿度に大きな差がありません。

このようなシチュエーションでは、衣類内部の湿度の放出も進まず、衣類内部に湿気が滞留し、衣類の内側に付着してしまいます

さすがのゴアテックスもそこまで劇的なドライ状態を 保つということはさすがに難しいのです。

ですから、過度に信用することはせず、乾いたアンダーウェアを予備で持っていくことも必要です。

それでも、外からの雨を防ぐ機能と内部の透湿性の機能のバランスを考えれば、ゴアテックス使ったレインウェアが、現在の選択では一番でしょう。

それでは、ゴアテックスを使ったレインウェアをタイプ別に見ていきましょう。

スポンサードサーチ

オススメのゴアテックスレインウェア紹介

それではオススメのゴアテックスレインウェアをご紹介します。

モンベル ストームクルーザージャケット&パンツ

高品質でコストパフォーマンスの良いアイテムを提供してくれるモンベルさん。

ストームクルーザーは日本のレインウェアを牽引してきた銘品といってもいいでしょう。

しなやかさと透湿性をアップさせたGORE®C-ニット™バッカーテクノロジーを採用。

日本人の体型にもよくマッチした作りです。

レングスを選べるストームクルーザーパンツ

ノースフェース レインテックス プラズマ

ノースフェースのレインウェアらしく切り替えのパターンを採用したモデル。

しっかりとした作りで、前部のジッパーはフラップ採用なので、防水性が更に高まっています。

上下セットのお値段なのも魅力的。

アークテリクス ゼータ LT ジャケット

カナダのアウトドアメーカーアークテリクス社の高機能レインジャケット。

シンプルで軽量な作りながら、体にフィットする美しい作り。

タイトめな作りなので、スマートに着こなせます。

ノースフェース クラウドジャケット

またもノースフェースのアイテム。

ゆったり目のシルエットで中に重ね着も可能なクラウドジャケット。

フロントがダブルフラップなので、雨に強いのも魅力です。街着にしてもOKなデザインですね。

スポンサードサーチ

ゴアテックスレインウェアのテクニック

収納袋を使わない

レインウェアを購入するとついてくる収納袋。収納袋があるとついつい畳んで入れたくなりますよね。

山でレインウェアを着たり、脱いだりする時に収納袋があると、無くす可能性があったり、たたむのに時間がかかったりと、デメリットのほうが大きいです。

せっかくしまったのに、また雨が降り出すということもよくあります。

山で使うときは収納袋には入れずに軽くたたんで、出しやすいところにしまっておく方が手間が省け行動がスピーディーになります。

また、レインウェアを家で保管する時も、折りたたんでしまうと折り目から劣化するという話を聞いたことがあります。

ハンガーなどに吊るして風通しのいい、出来るだけ乾燥した所に保管した方が、湿度に弱いゴアテックスの生地を痛めづらいと言われています。

撥水性を高めることがレインウェアの機能を引き出すコツ

防水性と透湿性がゴアテックス機能の大事な要素ですが、その機能を十分に引き出すのが撥水性です。

水分が水玉のようにころころと転がって、生地の表面を滑り落ちていくのがが撥水性の高い証拠です。

撥水性がなくなってしまうと、水が生地に付着したまま残ってしまい、透湿性を妨げてしまいます。

撥水性を高めるため方法

レインウェアの機能を発揮させるには、こまめに洗濯をして、生地の表面をきれいな状態で保っておくことが挙げられます。

生地表面の撥水性を落とす原因は生地に付着した油やホコリなどの汚れなのです。

また洗濯した時に生地に残った僅かな洗剤も、生地の撥水性を低下させる原因になります。すすぎを良くしてきれいな状態を保つことことが撥水性回復のポイントなのです。

それでも撥水性能が落ちてきてしまったら撥水剤+熱を加えると必要があります。

何度も洗っているとさすがに生地表面の撥水機能が落ちてきます。

そんな時は専用の撥水剤を塗布して高温のランドリー、もしくは当て布をしてアイロンをかけることで、生地表面の撥水性が復活します。

洗濯をしっかりして、風通しの良いところに保管すれば、5年以上は使い続けることができますよ。

デザインも選べば、普段遣いもOK

せっかくならデザインの良いものを選んでおくと、雨の時以外にも積極的に着たくなり、使用頻度も高まります。

山への行き帰りの移動や、なんだったら普段のお散歩でも使えるくらいのデザインだと嬉しいですよね。

さらに軽量なものならば、荷物になりにくく、旅行にも使えるし、活躍する場面はたくさんあります。

まとめ:高いと思ったレインウェアもヘビーユースすればコスパ抜群です

レインウェアなのにジャケットだけで3〜5万円もするなんて、高いぞ!

と思っていたレインウェアも高機能でデザイン性が高いものだと、普段遣いもできて結果的にお得な買い物となります。

デザインが理由で登山の時以外は使わないものだと、タンスの奥にしまいこんでしまい、湿度の影響で劣化が早まりますし、使用頻度も下がってしまいます。

しっかりとした機能を持ったレインウェアでさらに普段使いもできるようなものならば、少々高くても、気に入ったものを買ったほうが良いのではないでしょうか。

ぜひ、お気に入りの「レインウェア(オールウェザーウェア)」を見つけてみてくださいね。

以上、オススメのレインウェア選びについてでした。

アウトドア用品のネット購入ならば、アマゾン楽天市場好日山荘エルブレス、ici石井などが品数も多く選びやすいです。