メニュー
屋久島のおすすめホテル情報 →

アウトドアソックスのおすすめ|靴下が登山の「歩き」を変える!

登山で使う靴下は外からあまり見えない部分でもあるため、身につけるアイテムの中では「脇役」に見られがち。

「靴下なんてどれも一緒でしょ!」と思うかもしれませんが、実はめちゃくちゃ大切なアイテムでソックス一つで山歩きが変わります。

トレッキングで酷使する「足」を「寒い!」や、「痛い」から保護してくれる非常に大事なアイテムなのです。

さらに言うなら、素材はウールのものがオススメ。理由はクッション性・吸湿性・保温性・防臭性などなど、ウール素材を用いたソックスならでは機能が登山にはピッタリだからです。

筆者もウール系ソックスの快適さを知るまでは、足の裏にタコを作り、寒さと匂いに耐えながら、「登山は気合でなんとかなる!」と、間違った気合の使い方をしていました。

登山はアイテム選びで幸せになります。

ということで、本記事ではウール系ソックスのメリットとオススメをご紹介します。

管理人プロフィール

屋久島オーセン代表。2003年に屋久島へ移住し、17年間屋久島のフィールドでガイドツアーを行った経験を持つ。現在は出身地である埼玉県の秩父に戻り、全国でのネイチャーガイドツアー開催を計画中。

自他共に認めるアウトドアアイテム&道具マニア。

もくじ

登山に使えるアウトドアソックスの選び方

登山ソックスはフィット感とサイズが大事

靴の中で生地が余っていると、靴ずれの原因になります。生地が余らずしっかりと足にフィットした靴下が理想です。登山用のソックスはフィット感の良いものが多いです。さらにフィット感を重視したい方は土踏まずの部分などを折り方を変えてさらにフィット感を良くしたタイプもあるのでそういったものを選ぶといいでしょう

ソックスの長さは合わせる靴の丈よりも長いものを選びましょう。靴と地肌が直接接してしまうと炎症を起こしますのでそれを保護する役割があります。特にこだわりがないのであればミドル丈の長さを最初は選びましょう

登山ソックスは適度な厚みでクッション性のあるものが◎

ほしいのはクッション性です。特に登山靴は足裏のソールが硬いものが多いのでクッション性は非常に重要です。

靴下の生地が厚ければクッション性は高まりますが、保温力も高くなってしまうので、暑い季節には汗をかいてしいまいます。薄手のものもありますが、あまり生地が薄いと吸湿性が減り逆に靴擦れの原因になることもあります。

基本的には中厚手でタイプのものがいいでしょう。それでも熱くて汗をかくならば薄手タイプのもので足裏部分だけ厚みのあるモデルを使用しましょう。

登山ソックスの素材はウールが配合されているものを選ぶ

ウールを選ぶ理由はウールが持つ吸湿性の高さによります。

登山靴は防水素材を使っているものが多く、水の侵入を防ぎますが通気性が良くありません。靴の内部は汗をかきやすいため、湿気がこもってしまいます。ウールは吸湿性の高い素材で靴の内部にこもった湿気を吸い取ってくれます。

その他ウールならではの機能として、

  • 保温性
  • 濡れに強い
  • 防臭効果
  • 靴擦れ防止

などがあります。ウールの特徴については次の章でもう少し詳しく解説します。

メリノウールの登山(アウトドア)ソックスの5つのメリット

アウトドアや登山で絶大な威力を発揮するウールソックス。その効果は多様で、足の保温・保護・調湿・防臭などなど様々なメリットがあります。

ウールソックスと言っても、ウールの弱点を補うようにナイロンやポリエステルが混じっているのが普通。できればプールの配合率が60%以上のものが品質が良いでしょう。ウール100%だと耐久性が低かったり、乾きにくかったりします。

1 ウールソックスは足元が冷えづらい

ウールなのでもともと保温性が高いのは納得です。それだけではなく、発汗時にはウールが吸湿し、そして発熱してくれます。

そのため、肌がドライな状態が保たれ、しかもポカポカでいられるのです。ウールなら寒い日や登山でも足元ポカポカでいられます。

2 ウールソックスは濡れても冷えづらい

雨が降って靴の仲間で水が滲みてきても、冷えづらいのがウールのソックスです。

ウールの繊維の表面はスケールという松ぼっくりの傘のような形状。繊維が保水しても肌表面に触れる面積が小さくて済むのです。

そのおかげで、濡れても足が冷えづらいのです。登山靴の防水性がちょっと心配な時や、雨に濡れて冷えるのが嫌という場合はウールのソックスがいいですよ。

3 ウールソックスなら防臭効果で安心

ウールは防臭性の高い素材。匂いの成分をウール内部の空間に閉じ込めてくれるそうです。

通気性が悪い登山靴を1日に履き続けると、やはり足の臭いが気になりま。ウールの配合率が高いほど匂いは少ないです。山小屋に泊まる時や、テントで寝るキャンプのときなども、安心して靴を脱ぐことができます(すぐに靴下を履き替えればいいのですが・・・)。

4 ウールソックスは夏でもサラサラ

夏もウールの靴下は大活躍。夏にウールソックスなんて暑いのでは?と思いますが、意外とおすすめなんです。

ウールの持つ吸湿性のおかげで、夏でも肌をドライに保ってくれます。しかも防臭効果もあるので、夏こそウールのソックスの出番と行っても過言ではありません。

とはいえ、厚手のウールソックスはさすがに暑いです。中厚手や足裏だけクッション性の高い薄手のウールソックスというのもあるのです。

5 ウールソックスは靴ずれから足を守ってくれる

靴は足にあっているのに、靴ずれを起こすことがあります。これは、歩いているうちに足も汗をかき、足の皮膚がムレて靴との摩擦が増えることによって、炎症を起こし始めるのです。これが靴ずれです。

ウールには湿度を調節してくれる機能があるので、皮膚表面がサラサラに保たれ、靴ずれを起こしにくいのです。

おすすめの登山用アウトドアソックス

ウール系アウトドアソックスにも色々なタイプがあります。ご自分の使用用途にあったタイプを選ぶといいですよ。

Smartwool(スマートウール)
¥2,200 (2021/07/20 18:21時点 | Amazon調べ)
\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る
\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る
フィッツ
¥2,835 (2021/07/20 20:30時点 | Amazon調べ)
\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る
DARN TOUGH(ダーンタフ)
¥2,750 (2021/07/20 14:52時点 | Amazon調べ)
\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る
smartwool(スマートウール)
¥1,980 (2021/07/20 20:30時点 | Amazon調べ)
\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る
アイテム名ウール配合率厚さ
スマートウール
ハイキングミディアム クルー
74%ミディアム
千代治
本格トレッキングソックス
10%ミディアム
フィッツ
ミディアムハイカー クルー
70%ミディアム
ダーンタフ
マイクロクルー クッション
67%ミディアム
スマートウール
ハイクウルトラライト クルー
73%ライト

オールラウンドタイプな登山用ウール系ソックス

もし、初めてのソックスならオールラウンドタイプを選べば間違いないです。歩く時のためにある程度のフィット感もほしいけど、キャンプでも使いたいという万能タイプのソックスです。

スマートウール ハイクミディアムクルー

アウトドアソックスでは定番とも言えるスマートウールのハイクミディアムクルー。程よくフィットし丈夫さもあるので長く使うことができます。

Smartwool(スマートウール)
¥2,200 (2021/07/20 18:21時点 | Amazon調べ)
\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る

スマートウール ハイクミディアムのレビューはこちら

千代治 トレッキングソックス

ウールの配合率は少ないものの、その分お値段を抑えたコストパフォーマンスの良いソックス。日本製なのもなんだか嬉しいところ。2足セットなので替えの靴下も併せて準備できますね。

\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る

≫千代治 トレッキングソックスのレビューはこちら

ダーンタフ メンズ マイクロクルークッション

高密度に織られ、生地が緻密でクション性と耐久性が高いモデルです。ウールの配合率も高いので、吸湿性や防臭性も期待できます。

DARN TOUGH(ダーンタフ)
¥2,750 (2021/07/20 14:52時点 | Amazon調べ)
\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る

フィット感重視タイプ

しっかり足にフィットさせて、たくさん歩きたい方向けのソックスです。

フィッツ ミディアムハイカークルー

その名の通り、フィット感を追求したソックス。一度履くとヤミツキになるほど、肌にピタリとフィットします。

たるみが少ないので、靴に余裕がなく厚いソックスが履けない方にもおすすめです。

フィッツ
¥2,835 (2021/07/20 20:30時点 | Amazon調べ)
\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る

≫フィッツ ミディアムハイカークルーのレビューはこちら

薄手タイプ

夏でもウールのソックスを使いたい!なら、薄手のタイプを選ぶと良いでしょう。トレランブームもあって、薄手タイプのソックスも充実してますよ。

スマートウール ハイクウルトラ ライトクルー

人気のスマートウール製。ハイクシリーズの中では下から2番めという薄さのソックス。

その下がライナータイプのソックスなので、一枚履きではこれが最薄という設定です。

smartwool(スマートウール)
¥1,980 (2021/07/20 20:30時点 | Amazon調べ)
\口コミレビューもチェック/
Amazonで見る
\お買い物マラソン開催中!/
楽天で見る

おまけ:リラックスタイプ

登山用に使えるかなと重い試してみましたが、結果は「うーん、難しい!」でした。理由はフィット感のある靴下ではなく、靴内で生地が余ってしまうからです。

ですが、その余裕のある作りが普段遣いでは極上で、今はお家の中で大活躍しています。この靴下を履いていると、常に絨毯のうえを歩いているようです。

たくさん歩くわけじゃないキャンプや、ご自宅用に向いているリラックス重視のソックスです。

ファルケ ウォーキー

自宅で使いたくなってくるソックス。正直フィット感は少なく、ゆるい感じですが、その分ふかふかな履き心地で癒やされます。

まとめ:登山用にはウール系のアウトドアソックスがおすすめ

登山に使うならウール素材が入ったアウトドアソックスがおすすめです。なんといっても、吸湿性やクッション性が高いことで、歩行中の足のトラブルが減り、寒い時にも足元を程よく温めてくれます。キャンプや縦走など、泊りがけのアクティビティのときも、防臭性が高いのもありがたいです(それでも、予備のものを別に持っていくようにします)。

ウールが入っているので、お値段が張りますが、一度履いてみるとその快適性が病みつきになってしまうかも。筆者は自宅にいる時も登山用のウールソックスを履いています。冷たいフローリングの床でもふかふかですよ。

以上、登山におすすめのウール系アウトドアソックスについてでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

もくじ
閉じる