ブログ

屋久島への行き方 飛行機と船を使ったアクセス方法

屋久島への行き方には、いくつかルートがあることは意外と知られていません。

旅行会社のツアーを頼むと、飛行機を乗り継いだり、船を使ったりといろいろなパターンのルートを提示されますが、それぞれのルートには特徴があり、場合によっては自分で手配した方が効率良く、旅を組み立てることができます。

今回はいくつかある屋久島への行き方についてまとめてみました。

屋久島アクセス

スポンサーリンク



屋久島への行き方は飛行機か船(高速船・フェリー)旅のスタイルに合わせて

意外に知られていない屋久島の位置

まず、屋久島への行き方を知る前に、屋久島がどこにあるのかを知っておきましょう。

屋久島は九州の鹿児島県本土より、南に60km離れた場所にある離島です。

屋久島は南の島のイメージが強いので、奄美大島などの近くにあるのかと思われがちですが、屋久島から奄美大島までの距離は250kmほど離れています。

これは東京ー名古屋くらいの距離に相当し、屋久島から見れば奄美大島は更に遠くの南の島です。

屋久島は鹿児島県本土から僅かに南下した場所で、鹿児島を基点にして①飛行機または②船で行くというのが基本になります。

まずは全国各地から鹿児島へ行き、そこから飛行機や船で屋久島に渡るのが王道ルートです。

鹿児島から屋久島へ行く方法は 飛行機、高速船、フェリーの3つ

フェリー屋久島2

鹿児島空港からは1日に数便の屋久島行きのフライトがあり、わずか25分で屋久島に到着することができます。

船を使う場合は、鹿児島の港から高速船トッピー・ロケットが1日数便(乗船時間 2時間前後)、それよりも時間のかかるフェリー屋久島2(乗船時間4時間)とフェリーはいびすかす(船中泊で翌日着)が、それぞれ1日1便出航しています。

その他、鹿児島空港を使わない方法としては伊丹空港と福岡空港からは屋久島への直行便があります。この2つの空港を使える方は更に便利に屋久島に行くことができます。

まとめると、屋久島へ渡るルートは以下の5つに分けられます。

1. 鹿児島空港へ行き、飛行機を使って空路で屋久島へ
2. 鹿児島港へ行き、高速船を使って海路で屋久島へ
3. 鹿児島港へ行き、フェリーを使って海路で屋久島へ
4. 伊丹空港から空路で屋久島へ
5. 福岡空港から空路で屋久島へ

※鹿児島空港から鹿児島港まではリムジンバスが運行しています。(50分 1250円)
⇨南国交通 リムジンバス 鹿児島空港⇨鹿児島港

それぞれのルートによって、値段、時間、手間、旅のスタイルが違ってきます。ご自分の旅のスタイルに合わせて、使う交通手段を選びましょう。

それでは、それぞれのルートについて解説していきます。

飛行機での屋久島への行き方 直行便は3つの空港から

屋久島空港

 

全国各地から一番早く、簡単な屋久島へ行き方は飛行機を使った方法です。

2017年現在3つの空港から直行便が就航しています。

  1. 鹿児島空港(1日数便)
  2. 伊丹空港(1日1便)
  3. 福岡空港(1日1便)

 

1、鹿児島空港からは1日数便のフライトがあり、時間的な融通が一番あります。

2・3、伊丹空港と福岡空港からは1日1便だけなので、時間的な融通はありません。

ただ、それぞれの空港にアクセスの良い場所に住んでらっしゃる方や、北海道などの遠方から屋久島を目指す場合は、鹿児島空港を経由するよりは簡単な場合があります。

船で屋久島に移動するより、早く、簡単なのが飛行機のメリットです。

移動に時間を取られたくない方や、縄文杉登山の為に体力を温存したい方なら、断然飛行機が良いでしょう。

行き方1、 鹿児島空港から飛行機で屋久島へ

鹿児島空港から飛行機を利用した屋久島への行き方・アクセス方法についてです。

基点となる鹿児島空港からは1日に数便のフライトがあります。

鹿児島空港経由なら好きな時間の便が選べますので、フライトの選択肢が広がります。

主に全国各地から鹿児島へ飛行機で来られる方におすすめのアクセス方法です。

鹿児島空港から屋久島へ飛行機で行く方法

行き方2、 伊丹空港から飛行機で屋久島へ

1日1便だけですが、関西からの行き方として伊丹空港から直行便でアクセスする方法もあります。

便数は1便と少ないものの、屋久島からの帰りの便は16時〜17時台に設定されることが多く、1日屋久島でフルに遊んでから帰ることもでき、時間を効率よく使えます。

また、北海道など遠方から来られる方にとっても乗り継ぎ空港として利用価値が大きいです。

新千歳ー伊丹ー屋久島と、羽田空港を経由するルート(新千歳ー羽田ー鹿児島ー屋久島)よりも、1便少ない本数で屋久島に来ることができます。

伊丹空港からの直行便については以下の記事にまとめましたので、ご参考にしてみて下さい。

伊丹空港から屋久島へ飛行機で行く方法

 

行き方3、 福岡空港から飛行機で屋久島へ

こちらも1日1便だけですが、九州の福岡空港からも屋久島への直行便があります。

福岡から屋久島への行き方で、一番簡単なのはやはり飛行機です。比較的福岡空港へもアクセスしやすいですし、屋久島まで1時間のフライト時間というのは魅力的です。

福岡からのルートは新幹線を利用して鹿児島へ⇒船を使って屋久島、というルートが考えられますが、それよりも断然早く、早割のチケットを使えば、値段もほぼ変わらずに来られるのではないでしょうか。

屋久島を目指すならば、まずは飛行機をご利用をおすすめします。福岡空港からの直行便については以下の記事にまとめましたのでご参考にして下さい。

福岡空港から屋久島へ飛行機で行く方法

 

船(高速船・フェリー)を使った屋久島への行き方

鹿児島港へ入港する 高速船

 

島を旅行するならば船に乗りたいという方や、屋久島と一緒にに鹿児島も観光したいという方に、おすすめなのが船を使った屋久島への行き方・アクセス方法です。

船ならではの雰囲気もあり、旅行に時間的な余裕があるならば、屋久島のついでに鹿児島観光も楽しめてしまいます。

屋久島への船が出ている鹿児島の港は繁華街である鹿児島天文館からすぐそば。屋久島行きの船に乗り継ぎの時間が4時間もあれば、天文館で鹿児島グルメを楽しむ事もできます。

鹿児島で1泊できるならば、レンタカーを借りて霧島や指宿などの温泉でゆっくりするのもいいでしょう。

飛行機で屋久島に行くことを考えると、空港から港までの乗り継ぎで手間や時間がかかりますので、交通費が安いというだけの理由で船を使うのはあまりおすすめではありません。

また、実際には空港から港までの(50分)リムジンバスの料金(¥1250)も必要になりますので、トータルコストで考えると、飛行機を使う場合とそれほどの違いがないこともあります。

鹿児島から屋久島は船を使うのであれば、乗り継ぎの時間を多めに取って、鹿児島観光も楽しんでしまいましょう。

鹿児島の港から屋久島へ向かう船の種類は

の3つがあります。

フェリー屋久島2とフェリーはいびすかすは1日1便。高速船は季節変動しますが1日4〜7便。

鹿児島に到着したら1泊して、翌日に屋久島に渡るなら朝8:30出航の「フェリー屋久島2」に。

その日のうちに屋久島に渡るのであれば、高速船を選ぶと良いでしょう。

屋久島の行き方として船を利用するメリットは

  1. 屋久島だけではなく鹿児島も観光できる
  2. 船なら島旅の気分を盛り上げてくれる
  3. 僅かながら交通費が抑えられる

 

といったところでしょうか?

屋久島行きの船について詳しくは以下の記事にまとめましたので、是非ご参考にしてみて下さい。

鹿児島から屋久島へ高速船・フェリーで行く方法

 

屋久島旅行の参考にこちらの記事もどうぞ

 

屋久島登山 気温と服装<春夏秋冬>

 

屋久島のガイドがオススメする屋久島ガイドブック・本・地図

 

屋久島の登山・トレッキング・観光のベストシーズン

URL
TBURL
Return Top