無料のレンタル・お一人様からOKの縄文杉・白谷雲水峡のガイドツアーご予約受付中!>>

人気のクラブツーリズムの屋久島パックツアーは縄文杉に行かない人向けプランもあり。

屋久島というとどうしても縄文杉の登山ばかりが注目されがち。けれど縄文杉は登山にある程度慣れた体力のある方向けのハードなコースです。

それでは、登山をされない方ははどんな楽しみ方をすればいいのでしょうか?

縄文杉のようなハードなトレッキングをしないと屋久島は楽しめないのでしょうか?

大丈夫です。決してそんなことはありません。

 

屋久島のパックツアーを企画しているクラブツーリズムでは、縄文杉以外の観光スポットをバスを使ってたくさん歩かずとも楽しめるツアーが用意されています。

たとえば、こちらの『小型バス利用だから島内1周実現 憧れの世界遺産屋久島 3日間』<プレミアムステージ>コース情報 航空機利用:バス1台につき22名様限定 JRホテル屋久島連泊プランなどは3日間で屋久島の観光スポットをしっかり巡れるパックツアー。

世界遺産エリアにも指定されている屋久島西部林道照葉樹林の森や、ラムサール条約に指定され、ウミガメの産卵で有名な永田のいなか浜など、屋久島に訪れたら必ず見ておきたいポイントも網羅している内容です。

さらに、ミニトレッキングとして、白谷雲水峡やヤクスギランドなどの森を、30分〜1時間程度歩くこともできるので、屋久島の森の雰囲気を少しだけ、でもしっかりと楽しむことができます。

まさに「縄文杉以外の」屋久島のいいところを少しずつ詰め込んだパックツアーになっています。

温泉付きホテルが魅力的

こちらの『小型バス利用だから島内1周実現 憧れの世界遺産屋久島 3日間』<プレミアムステージ>コース情報 航空機利用:バス1台につき22名様限定 JRホテル屋久島連泊プランですが、まだまだ魅力的な内容です。

宿泊のホテルが屋久島で人気の高い JR ホテル屋久島さんを利用。海を眺めながら入れる絶景温泉で、その泉質は美容液のようにトロリとして抜群です。

屋久島では温泉付きのホテルは数が少なく、他には屋久島いわさきホテルさんや縄文の宿まんてんさんなど、数えるほどしかありません。

その中でも人気のJRホテル屋久島さんをプランに組み込んでいる所に、クラブツーリズムのやる気が見えてきます。

組み合わせが面白いクラブツーリズムのパックツアー

もちろん、しっかりと縄文杉に登りたいという方にも、縄文杉トレッキングを組み込んだツアーがありますので、色々なタイプの旅行者にも対応できます。

その他クラブツーリズムのパックツアーはお隣の種子島も巡れるツアーがあったり、鹿児島の温泉どころ「霧島温泉」と組み合わせたプランがあったりと、他のパックツアーではあまり見られない面白い組み合わせのツアーが多いです。

日程も2泊3日が中心なので、長過ぎることがないので気楽に参加できます。

屋久島と鹿児島の温泉を楽しめるパックツアーなんて、屋久島に住んでいるぼくでも魅力的です。

いろいろな屋久島プランを見比べてみて下さい。

スポンサードサーチ

催行日に都合が合わせられるかがポイント

こちらのパックツアーは日時指定で開催されています。

3日間のプランとはいえ、上手く都合が合わせられるかがポイントになってきます。人気のある日程は早々と締切になってしまうようなので、早めに予約をしておいたほうが良いでしょう。

また、最少催行人数が15名なので、人数が集まらない時はツアーが中止になる可能性もあります。

その他、天候不順等で飛行機が欠航になった場合は別途英国料として1万円程度が徴収されるそうです。

屋久島は船が飛行機ですする場所なので、天候不順で島を出られなくなることも可能性としてはあります。できれば予備日を設定して、1日延泊をしても大丈夫な旅行日程を考えておくといいでしょう。

スポンサードサーチ

オフシーズンも狙い目


一般的には旅行は晴れている気候の良い時にするのがいいのですが、雨の多い屋久島はいつの季節でも雨の可能性があります。

縄文杉トレッキングを考えているならば、天気の良い季節を選びたいものですが、温泉中心のパックツアーならば、多少の雨でも大丈夫。むしろ思い切って、料金の安くなる6月などのオフシーズンを狙ってみてもいいのではないでしょうか?

屋久島の雨を楽しむつもりならば、混雑を避ける意味においても、6月は悪くないです。

まとめ:登山だけではない屋久島の魅力を発見するパックツアー

クラブツーリズムのパックツアーは登山以外のプランに力を入れているものが多いです。

それでも、しっかりと屋久島の快適で人気の宿をチョイスする所が素晴らしいです。

他にも、客船を使ったプランやひとり旅限定のプランがあったりと、ツアー商品が魅力的でした。