ブログ

縄文杉トレッキング ガイドなしで行くなら必ず知っておきたい3つのこと

屋久杉自然館駐車場(無料)向こう側にバス停があります

縄文杉トレッキングへガイドなしで行くなら、必ず知っておきたい3つのことがあります。

  • ●1つめは、縄文杉登山の登山口へ行くためには、荒川登山バスに乗らなければ行くことができません。(3月〜11月の期間)
  • ●2つめは、宿泊先から荒川登山バスの発着している「屋久杉自然館」までの交通手段を確保する必要があります。
  • ●3つめは、登山弁当は前日までに、予約する必要があります。

縄文杉のガイドツアーへ参加してしまえば、荒川登山バスについての案内がありますし、宿泊先と屋久杉自然館との間はガイドさんが送迎してくださる場合がほとんどです。

登山弁当はガイドショップによっては、代行注文していただけることもありますし、宿泊先でお願いできる場合もあります。

ですが、特にツアーなどの参加されない場合は、やはりご自身で準備しておく必要があります。

それでは、この3つの準備について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク



1つめ 縄文杉登山の登山口へ行くには、荒川登山バスに乗らなければ行くことができない

屋久島交通バス 路線図

縄文杉の出発口である荒川登山口までは、荒川登山バスかタクシーでしか乗り入れることができません。

(3月〜11月の期間中でそれ以外は荒川登山口まで車での乗り入れが可能です。)

これは近年縄文杉の登山客増加に伴い、環境への配慮と登山口の混雑の緩和を理由に義務づけられたためです。

荒川登山バスは「屋久杉自然館」から出発しており、「屋久杉自然館」と「荒川登山口」の区間を往復しています。(片道約35分)

屋久杉自然館からの、荒川登山バスの出発時刻は朝4時台から6時までしかありません。

(月によって運行時刻に変更があります。必ず時間を確認しましょう。)

また帰りの荒川登山口からの最終便は夕方18時です。その時間までに乗らなければ、タクシーを使う以外は、戻ってくることができません。(バスの時刻については変更になる場合があるため、事前に確認しましょう。)

「屋久杉自然館」は安房地区にあり、近くに大きな無料駐車場と屋久杉自然館のバス停があります。

屋久杉自然館のバス停

荒川登山バスのチケットは登山バスに乗る直前に窓口で購入が可能です。できれば当日の朝は混雑することもありますので事前に購入しておけばスムーズです。

●シャトルバスのチケット(荒川登山バス券)の料金
中学生以上  1,380円/往復    690円/片道
小学生    700円/往復     350円/片道

チケットを事前購入できる場所については、屋久島観光協会の窓口や一部島内のお店などがあります。

シャトルバスチケット(荒川登山バス券) 販売所
⇒屋久島山岳部車両運行対策協議会 シャトルバスチケット(荒川登山バス券)券販売所

 

荒川登山バス(シャトルバス)チケット購入窓口 屋久島自然館バス停の横にあります

 

 

2つめ 宿泊先から「屋久杉自然館」までの交通手段を確保しておく必要がある

屋久島交通のバス

縄文杉登山の出発地点である「荒川登山口」へ行くためには、「屋久杉自然館」発着の、「荒川登山バス」(シャトルバス)に乗らなければなりませんが、その「屋久杉自然館」へ宿から行くまでの、交通手段の確保が必要です。

バスを利用して「屋久杉自然館」へ行くのであれば、「荒川登山バス」に間に合う時間のバスは1本だけです。

そのバスに乗るために、バス停の近くに宿をとり、バスの時間を確認しておく必要があるでしょう。

もし、レンタカーやタクシーを利用するのであれば、前日までに手配が必要です。タクシーは必ず前日に予約しておきましょう。

レンタカーの場合は、自然館へのルートを確認しておきましょう。屋久杉自然館の駐車場は無料です。

<屋久島のレンタカー店はこちら>
▼宮之浦地区のレンタカーショップ
⇨【保存版】屋久島 宮之浦レンタカーショップまとめ <地図あり>
▼屋久島空港のレンタカーショップ
⇨【保存版】屋久島空港 レンタカーショップまとめ <地図あり>
▼安房地区のレンタカーショップ
⇨【保存版】屋久島 安房レンタカーショップまとめ <地図あり>

▼屋久島のタクシー会社
⇒屋久島のタクシー会社

3つめ 登山弁当は前日までに予約しておく必要がある

できたて屋2の日替わり弁当

屋久島島内に24時間営業しているお店はありません。もちろんコンビニエンスストアもありません。

ですので、縄文杉登山へ出発する早朝の時間帯に開いているお店もありません。

ということは、前日までにご自身でパンなどを購入して準備しておくか、お弁当であれば、早朝弁当専門のお店に予約しておかなければ、お弁当は手に入りません。

お弁当難民にならないために、必ず前日に準備しておきましょう。また、お泊まりの宿でお弁当を準備していただける宿もあります。事前に確認しましょう。

屋久島のスーパー・ドラックストア

スーパーわいわいらんど (宮之浦)
  • ●宮之浦地区スーパー→「ヤクデン」・「わいわいらんど」・「Aコープ宮之浦店」
  • ●安房地区スーパー→「Aコープ安房店」
  • ●尾之間地区スーパー→「Aコープ尾之間店」)
  • ●小瀬田地区ドラックストア→「ドラックストアーモリ」、「ドラックイレブン」

早朝登山弁当

早朝弁当専門店 あさひ弁当(安房)
  • ●できたて屋(安房) 0997-46-3071
  • ●あさひ弁当(安房)0997-46-3790
  • ●日の出弁当(安房) 0997-46-2882
  • ●島むすび(宮之浦)0997-42-0770

まとめ

いかがでしたでしょうか?縄文杉登山は「島」という、特殊な場所での登山であるため、本土では必要ない点を配慮しなければなりません。

ぜひ参考にしていただき、スムーズな縄文杉登山をなさってください。

オーセンが開催する 縄文杉と白谷雲水峡のツアー

初めての屋久島なら定番コースから行ってみよう!縄文杉と白谷雲水峡の日帰り2日セットツアー

2日間セット縄文杉+白谷雲水峡ツアー
オーセンでは縄文杉と白谷雲水峡を、それぞれ日帰りで行く2日間セットツアーをご用意しています。初めて屋久島に来られる方が楽しめるように、登山時のサポートや森の見所のご案内。その他レインウエアーなど登山アイテムの無料レンタルもご用意しております。
同じガイドが2日間サポートしますので、縄文杉トレッキングツアーと白谷雲水峡ツアーをトータルでコーディネートします。

⇒日帰り2日セット 縄文杉+白谷雲水峡ツアーについて

初心者でも体力があれば大丈夫! 1泊2日縄文杉&白谷雲水峡ツアー

jomonsugi-bannar
世界遺産の森で一夜を過ごし、朝焼けの縄文杉を眺める。そんな貴重な体験も山に宿泊すれば可能です。オーセンが無料レンタルを行っているレインウエアや宿泊用装備は、高機能で軽量なものばかり。縄文杉をもっと楽しむなら宿泊スタイルの縄文杉ツアーもおすすめです。
※登山道の難易度は低いですが、体力的には中級者以上です。しっかり体力づくりが必要です。

⇒1泊2日縄文杉&白谷雲水峡ツアーについて

URL
TBURL
Return Top