11月・12月におすすめ!縄文杉&白谷雲水峡2日間セットツアー募集中!

縄文杉登山の前に要チェック!準備やツアーについてまとめ

こんにちは。屋久島で現地ガイドをしている佐藤です。

いつかは縄文杉を見に行きたいという方に向けて「縄文杉」についてまとめました。

 

毎年、たくさんの登山客が訪れる縄文杉。

私も年間100回近くはガイドの仕事で登っているかも知れません。

 

この記事では、縄文杉について縄文杉の大きさや標高などの基礎知識から、持ち物や装備、登山ルートの詳細についてなど、

縄文杉登山をお考え方に必要な情報について解説しています。

縄文杉の基礎情報と歴史について

縄文杉はいつ発見されたのか?

その大きさは?年齢は?

など、今知られている基本的な情報について簡単にまとめてみました。

縄文杉登山について

特に登山初心者の方に向けて、縄文杉登山に必要な装備や成功の秘訣などをまとめました。

何よりも準備が肝心な縄文杉登山。

登山のための体力づくりや必要な装備などが登山の成功を左右します。

縄文杉登山のコースについて

縄文杉までのコースを把握しておくのもとても重要です。

一般的な荒川登山口からだと往復歩行時間10時間以上。

距離にして20数km、歩数4万歩前後と言われています。

まずは、コースの概要を把握してイメージしてみて下さい。

縄文杉登山に必要な装備について

縄文コースはしっかりとした登山です。

装備が不十分だと、天候の悪化などで遭難の危険も高まります。

そして、ほぼスマホの電波が届かない場所なのです。

縄文杉登山の装備や服装などの準備はしっかりとしていきましょう。

また、屋久島にはレンタルショップもあるので活用しましょう。

屋久島は縄文杉のツアーが盛んです。

個人で縄文杉に行くこともできますが、多くの方が利用するのが縄文杉ガイドツアー。

「縄文杉ツアーに参加したほうがいいの?」という質問も良くありますが、

難しい時間配分をしてくれたり、自然の解説を織り交ぜて歩いたりするガイドツアーは便利なサービスです。

もし、登山に不安があるならばガイドツアーに参加するのも良いでしょう。

そして、ガイドツアーを選ぶのもまた頭を悩ませるものです。

おすすめのガイドさん選びの参考には以下の記事を御覧ください。

縄文杉登山口へのアクセスとお弁当準備

ガイドツアーに申し込んだ場合は送迎があるので便利です。

ところが、個人で行くとなると登山口までのアクセスやお弁当の手配など、

ツアーの前日から準備をしなければならないこともたくさんあります。

以下にそれぞれ説明します。

レンタカーの利用とおすすめのお宿

荒川登山口までは3月〜11月まで専用のシャトルバスorタクシーの利用が義務付けられています。

そのバス乗り換え所までは、お宿からレンタカーを利用するのが便利です。

また、縄文杉登山の日は朝が早いのでお宿の場所も登山口に近いところが便利です。

縄文杉に行く前に知っておきたい豆知識

縄文杉についての豆知識です。知っていなくても大丈夫ですが、知っていおくとちょっと見方がかわるかも。

白谷雲水峡から縄文杉の日帰りは辛いです

実際に経験したので断言できます。

白谷雲水峡から縄文杉へも道は続いているのですが、

このルートは本当に辛いです。

さらに、森を楽しむこともできないので、あまりおすすめはしません。

屋久島旅行についての手配

縄文杉登山の準備と同時に屋久島の旅行の手配も必要です。

飛行機と宿がセットになったパックツアーを利用するのが一番手軽でおすすめです。

また、格安ツアーは乗り継ぎの時間が多いこともあるので注意が必要ですね。

オーセンの縄文杉ガイドツアーのご紹介

当店では縄文杉のツアーを開催しています。

無料の装備レンタル、お一人からご参加OKの少人数雨星のツアーです。

どうぞよろしくお願いします。

まとめ 縄文杉は準備が肝心 一生に一度ならなおさらです。

よく、一生に一度は縄文杉に行ってみたいという言葉を聞きます。

確かに屋久島は遠いところだし、縄文杉なんて時間がたくさん必要なので、何度も登るところではないかも知れません。

だからこそ、せっかくの縄文杉登山を成功させるために、事前の準備がとても重要になります。

 

実際、縄文杉登山の途中で体力的に難しくてリタイアされる方も時々見かけます。

決して甘く見ていたわけではないのでしょうが、誰でも簡単に行ける場所ではないということです。

 

なので、みなさんも縄文杉を目指すと決めたら、事前の準備をしっかりとして、挑んでくださいね。

上の記事が縄文杉登山成功のお手伝いになれたら幸いです。