メニュー
オーセンのネイチャーガイドエコツアー一覧 詳しく見る▶

登山向けレディースリュック日帰り20リットルクラスのおすすめをご紹介

※当サイトはプロモーションを含む場合があります

20Lクラスのレディース登山リュックのおすすめを知りたい

いろいろ探してもどれがいいのかわからない

本記事では日帰り登山に最適な、女性向け登山リュックをご紹介します。

グレゴリーやオスプレー、ノースフェイスやミレーなど、人気のアウトドアブランドから厳選しました。

女性用の登山リュックは男性用と違い、女性の骨格に合わせた作りになっています。また、色合いもおしゃれなものが多く、女性ならではのカラーリングも見逃せません。ぜひあなたに合った登山リュックを選んでみてくださいね。

⬇20リットルのおすすめリュックのメンズ・ユニセックスモデルも見たい方はこちらにまとめてあります。

目次

レディース向け登山リュック20L〜29Lのおすすめな選び方

レディース用登山リュックは、女性の体に合わせてショルダーハーネスやウェストベルト、背面長などが設計されています。

なので、女性の体によりフィットするため、快適に、疲労感が少なく背負うことができます。

ただ、レディース用の登山リュックを選ぶときは下記のポイントも重要です。

① リュックの容量を選ぶ

日帰り登山では20リットル前後の容量のリュックが最適とされています。

また、日常使いもすることを考えると、20リットルくらいが使いやすいサイズ。

ですが、春秋などの肌寒い季節に防寒着を持っていったり、山の上でお湯を沸かしたりする道具を持っていったりなどを考えると、それよりも少し大きめの25〜29リットルくらいの容量がおすすめです。

普段使いも考えるなら、25リットル以下。

春空きや、長時間のトレッキングを考えるなら25リットル以上がおすすめです。

② 重量をチェック

20リットルクラスの登山リュックなら1kg前後の重量が一般的。

もっと、軽量化を狙ったアイテムもありますが、そのぶん機能も削ぎ落とされているので、使いこなすのにコツが必要なこともあります。

もし、初心者ならばリュックの機能と丈夫さのバランスがいい1kg前後のリュックを選んでおくと間違いがないでしょう。

③ ウェストベルトをチェック

重さを支えるヒップベルト
揺れを防ぐウェストベルト

荷物が重たくなるほど、肩だけで荷物を支えるのは大変になってきます。

なので、容量が大きくなるほど腰で荷物が支えられるように、ウェストベルトがしっかりした登山リュックが多くなります。

しかし、20リットルクラスの登山リュックはちょうどその境界線上で、ウェストベルトがしっかりとしたタイプと、簡易的なタイプのものに分かれます。

ウェストベルトがしっかりタイプは、荷物をしっかり支えられて肩の負担が減りますが、本体重量も重たくなり、普段使いするのにもウェストベルトが邪魔になったりします。

ウェストベルトがシンプルタイプのものは、重たい荷物には向いていませんが、本体重量が軽くなり、普段使いもしやすいです。

もし、登山だけで使い荷物も重たくなりがちならウェストベルトがしっかりしたタイプを。

荷物が少なくて、普段使いもするのであればウェストベルトは簡易タイプか取り外しができるタイプを選ぶといいでしょう。

④ 背面のタイプをチェック

リュックの背面構造は背負いやすさと快適さを左右します。

背面構造の代表的なものは下記の3つ。

  1. パネルタイプ
  2. クッションタイプ
  3. メッシュタイプ

パネルタイプは背中の曲線に沿ってフィットしてくれます。

クッションタイプは柔らかいクッション材で快適に背負ううことができます。

メッシュタイプは通気性を促し、汗をかくような季節や歩き方に向いています。

また、これらの背面タイプがミックスされているものもありますが、それぞれの特徴を知っておくと選びやすいでしょう。

⑤ 荷室の開閉方式をチェック

リュックの開閉方式は

  • 開けやすい「ファスナータイプ(パネルローディング)」
  • 機能的な「雨蓋タイプ(トップリッド)」

の2つが主流。

ファスナータイプは手数が少なく荷室にアクセスできるので、スグに荷物が取り出せます。重量も軽いものが多いです。

雨蓋タイプは文字通り雨の侵入を防いでくれます。また荷物が多い時はベルトを締めて圧縮することも可能。雨蓋部分にポケットが付いているので、小物類を入れられます。

⑥ デザインのおしゃれ・かわいさで選ぶ

20リットルの登山リュックは小型で気軽に使えるサイズ。

機能性も大事ですが、気持ちがアガるデザインも重要なポイント。

せっかくレディースモデルを選ぶのなら、かわいくて、おしゃれな登山リュックに挑戦してみるのもおすすめです。

アウトドアメーカーの登山リュックから選べば、おしゃれでも機能的にも十分なものが揃っているので安心。

お気に入りのデザインのものから選ぶのもおすすめです。

グレゴリー|おすすめ登山レディースリュック(20L〜29L)

グレゴリー ジュノー24はフレーム入りで荷物をしっかり背負いたい方向け

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)
容量24リットル
重量875g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面メッシュ
開閉ファスナーオープン
サイズ展開ワンサイズ
価格17,600円

グレゴリー ジュノー24は合金製のフレームを搭載しているのが特徴。おかげで多めの荷物も型くずれせずにしっかりと支えてくれます。ヒップベルトもしっかりとしているので、腰に荷重を乗せやすく方の負担を減らせます。日帰り登山リュックとしてはとてもハイスペックです。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

グレゴリー スイフト22は通学にも使いたい人向け

GREGORY(グレゴリー)
¥29,260 (2024/02/19 10:47時点 | Amazon調べ)
容量22リットル
重量726g
ウェストベルトシンプルタイプ
背面パネル&メッシュ
開閉ファスナータイプ
サイズ展開ワンサイズ
価格14,300円

グレゴリー スイフト22は普段使いをメインに、たまにハイキングに使いたいという方にぴったりです。メインコンパートメントと別々になったハイドレーションポケットは、普段はPCを入れて持ち運ぶのに適しています。本体重量も700g程度と軽量にできています。手の届きやすい価格も魅力。

GREGORY(グレゴリー)
¥29,260 (2024/02/19 10:47時点 | Amazon調べ)

グレゴリー ジェイド28は背面がメッシュ仕様で通気性が欲しい人へ

容量XS/SM 26リットル
SM/MD 28リットル
重量1160g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面メッシュ(長さ調整可)
開閉ファスナータイプ
サイズ展開XS/SM, SM/MD
価格23,100円

ファスナーオープンタイプで荷物の取り出しが楽にできます。軽量ながら、高いフィット感と通気性のいい背面構造が特徴です。

オスプレー|おすすめ登山レディースリュック(20L〜29L)

オスプレー テンペスト20はアクティブに使いたい方向け

容量S/M=18L
M/L=20L
重量S/M=810g
M/L=870g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面長固定
開閉ファスナータイプ
サイズ展開S/M、M/L
価格23,100円

小型で様々な使い方ができるリュック。このクラスのリュックには珍しいほど、ウェストベルトがしっかりしているので、スピーディーなハイキングから自転車に乗る時などにも使えます。実際自転車用ヘルメットのアタッチメントなどの機能も備えています。荷物は少なくても、体をしっかり動かすようなアクティビティ全般に使えそうです。

オスプレー スキマー20は普段使いがメインな人向け

容量20リットル
重量620g
ウェストベルト簡易タイプ
背面固定
開閉ファスナータイプ
サイズ展開ワンサイズ
価格17,600円

シンプルな構造で誰にでも簡単に使うことができます。ハイキングから日常使いまで対応。ウェストベルトは簡易タイプなので重たい荷物を長時間運ぶには適していませんが、かさばりが少なく気軽に使えるのが魅力です。

オスプレー シラス26は雨蓋タイプで機能性を重視する人へ

オスプレイ
¥27,500 (2024/02/16 22:58時点 | Amazon調べ)
容量26リットル
重量1,380g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面調節可能
開閉雨蓋式
サイズ展開ワンサイズ
価格27,500円

背面長の調節ができ、しっかりしたウェストベルトタイプなので腰荷重が可能。少し重たい荷物も快適に背負うことができ、様々な身長の方にフィットします。エアースピードサスペンションが改良され、通気性が35%改良されました。

オスプレイ
¥27,500 (2024/02/16 22:58時点 | Amazon調べ)

オスプレー シラス24は使いやすい登山リュックを探している人へ

OSPREY(オスプレー)
¥25,300 (2024/02/19 10:47時点 | Amazon調べ)
容量24リットル
重量1,240g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面調節可能
開閉ファスナータイプ
サイズ展開ワンサイズ
価格26,400円

しっかりめのウェストベルトで腰荷重が可能。ファスナータイプの開閉方式ながら、背面長の調節もできるタイプ。ワンサイズ展開でも様々な身長の方にフィットすることができます。エアースピードサスペンションが改良され、通気性が35%改良されました。

OSPREY(オスプレー)
¥25,300 (2024/02/19 10:47時点 | Amazon調べ)

ノースフェイス|おすすめ登山レディースリュック(20L〜29L)

ノースフェイス テルス25は幅広く使えるトレッキングリュック

容量26L
重量910g
ウェストベルト簡易タイプ
背面固定
開閉ファスナータイプ
サイズ展開ワンサイズ
価格18,150円

テルス25はハイキングから日常使いまで幅広く対応できるのが魅力。EVAフォームとメッシュで構成した背面パネルで背負心地も良く、夏場もムレずに快適に背負えます。レインカバーも付属しているので雨の日も安心です。

ノースフェイス ウラノス25は背面メッシュタイプでトレッキングにぴったり

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥31,308 (2024/02/17 17:42時点 | Amazon調べ)
容量26リットル
重量970g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面固定
開閉ファスナータイプ
サイズ展開ワンサイズ
価格22,000円

ウラノス25はトレッキング使用を想定したリュックです。背面はフレームとメッシュの組み合わせで通気性が高く、荷物もしっかりと支えられます。ウェストベルトもしっかり目に作られているので腰で荷物を背負うことが可能。レインカバーを内蔵し雨の日も安心です。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥31,308 (2024/02/17 17:42時点 | Amazon調べ)

ミレー|おすすめ登山レディースリュック(20L〜29L)

ミレー スイウ22は軽量でハイキングにぴったり

MILLET(ミレー)
¥10,338 (2024/02/18 10:22時点 | Amazon調べ)
容量22リットル
重量530g
ウェストベルト簡易タイプ
背面固定
開閉雨蓋式
サイズ展開ワンサイズ
価格9,790円

軽量で撥水性の高い素材を使っているので、ハイキングはもちろん小旅行にも持ち出せます。雨蓋タイプなので雨の侵入もしにくく、衣類などを簡易的に挟むことも可能です。背面の長さやショルダーベルトは女性に合うように設計されています。

MILLET(ミレー)
¥10,338 (2024/02/18 10:22時点 | Amazon調べ)

カリマー|おすすめ登山レディースリュック(20L〜29L)

カリマー tatra20は小型なのにしっかりトレッキング仕様

Karrimor(カリマー)
¥10,658 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)
容量20L
重量600g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面固定
開閉雨蓋式
サイズ展開ワンサイズ
価格11,200円

カリマーのtatra25は小型モデルながら雨蓋式を採用しているので、雨が侵入しづらくトレッキングに向いています。ウェストベルトも小型リュックなのにしっかりタイプなので、しっかりと腰に荷重をかけることが可能。筋力の少ない人でも安心です。

Karrimor(カリマー)
¥10,658 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

カリマー lancs 28 Small

Karrimor(カリマー)
¥12,600 (2024/02/13 10:48時点 | Amazon調べ)
容量28リットル
重量980g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面固定
開閉雨蓋式
サイズ展開3サイズ
価格16,500円

カリマーのlancs28 smallはトレッキングに特化したモデル。背面部にプレートが内蔵しているので、リュックの形状が保たれ、背中にしっかりフィットします。雨蓋には表と裏に収納ポケットがあり、小物類をまとめられます。雨の日に嬉しいレインカバー付き。

Karrimor(カリマー)
¥12,600 (2024/02/13 10:48時点 | Amazon調べ)

マムート|おすすめ登山レディースリュック(20L〜29L)

デュカン24

MAMMUT(マムート)
¥31,977 (2024/02/19 10:47時点 | Amazon調べ)
容量24リットル
重量850g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面固定
開閉雨蓋式
サイズ展開ワンサイズ
価格18,700円

女性の体型に合わせてデザインされているので背負いやすいです。背面は通気性の高いメッシュパネルで、蒸れにくく夏場でも快適。軽量なリュックなので、体力が少ない方におすすめです。

MAMMUT(マムート)
¥31,977 (2024/02/19 10:47時点 | Amazon調べ)

リチウム25

MAMMUT(マムート)
¥16,876 (2024/02/15 13:29時点 | Amazon調べ)
容量25リットル
重量840g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面固定
開閉ファスナータイプ
サイズ展開ワンサイズ
価格17,050円

マムート リチウム25 womenはショルダーストラップは女性の体に合わせた作り。背面はパネルとメッシュのあわせ技で蒸れにくく快適に背負えます。レインカバー付属で雨の日も安心。より快適なトレッキングのためのリュックです。

MAMMUT(マムート)
¥16,876 (2024/02/15 13:29時点 | Amazon調べ)

ドイター|おすすめ登山レディースリュック(20L〜29L)

ドイター フューチュラ24 SLはしっかりトレッキングをしたい人に

deuter(ドイター)
¥20,659 (2024/02/19 10:47時点 | Amazon調べ)
容量24L
重量1,380g
ウェストベルトしっかりタイプ
背面固定
開閉雨蓋式
サイズ展開ワンサイズ
価格20,900円

ドイター フューチュラ24SLは通気性の高い背面構造でムレを防いで余計な汗をかきたくないひとにおすすめ。フロント側が大きく開くので、荷物の出し入れを素早くしたいときに便利。しっかりめのウェストベルトを採用しているので長時間の歩行に最適です。

deuter(ドイター)
¥20,659 (2024/02/19 10:47時点 | Amazon調べ)

レディース用の登山リュックはこちらの記事もどうぞ

レディース用の登山リュックに関しては下記のページでもご紹介しています。

15リットルクラスの登山リュックをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

20リットルクラスの登山リュックをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

30lクラスの登山リュックをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

40lクラスの登山リュックをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

50lクラスの登山リュックをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

2003年に屋久島へ移住し、17年間屋久島でエコツアーガイド業に従事。現在は屋久島や秩父でガイドツアー開を企画・運営。アウトドアアイテムが好物。関東(秩父・奥武蔵)と屋久島を中心にネイチャーガイドエコツアーを開催中。日本エコツーリズム協会会員

このページのブックマーク、シェア、リンクをしていただけると震えるほど喜びます\(^o^)/

  • URLをコピーしました!

オーセンは秩父・関東・屋久島などでネイチャーガイド&エコツアーを行っています。

オーセンでは関東を中心に屋久島などのネイチャーガイド&エコツアーを行っています。ペースを上げすぎず、ゆったりと森を歩く少人数制のツアーです。

\現在開催中のガイドツアーはこちらから/

目次