屋久島の里の生活 冬は南北で寒暖差が大きく服装選びが大変

雪のモッチョム岳。手前は屋久島 原漁港

九州より南に位置する屋久島。「屋久島は暖かくていいところね」とよく言われます。たしかに麓は比較的暖かく、おいしい「ぽんかん」や、「たんかん」など採れますので、比較的温暖なのは間違いありません。

ですが、冬のあいだ中ずっと暖かいかと言われると、そうでもありません。しっかりと寒い日は寒く、家の近くの山が雪で白くなることもしばしばあります。

冬の屋久島来島をお考えの方へ、決して温かい日ばかりではない屋久島の天気ついてご案内します。

MEMO

この記事では屋久島の「麓」の気候についてご紹介しています。屋久島の「山」の天気・気候についてはこちらの記事を御覧ください。

屋久島の1月と2月屋久島の登山 1月と2月

屋久島の冬は12月・1月・2月

秋の終わりの11月や春の始まる3月も寒い日がありますが、大雑把に屋久島の冬シーズンは12月〜2月頃でしょうか。

この期間は寒波が襲来するかどうかで寒さが大きく違ってきます。

屋久島の麓の気温 南北でフリース1枚分の違い

屋久島の麓の1月の平均気温は11.6℃。最高気温の平均は14.4℃。最低気温の平均は8.7℃となっています。2月は後半になるともう温かさが戻ってきますので、1月よりも少しだけ気温が高くなりますがほぼ同水準の気温です。

東京の冬の最低気温は氷点下にもなりますので、やはり屋久島は温暖ではあります。

面白いのは、屋久島の北部と南部で気温差が大きいこと。フリース一枚分は違うと言われるほどの気温差です。

屋久島の北側は北西風が吹き付ける為、気温が低く天気も曇りがちになります。ところが南部は、島の真ん中の高い山で北風が遮られることもあり、晴れることが多く穏やかで暖かい陽気です。

この季節の屋久島に暖かさを求めて訪れる方は、南部のお宿に宿泊するとよいかもしれません。

屋久島の冬の雨と雪

1月の屋久島は1年の中でも最も降水量の少ない時期で、月間降水量の平均値は約270mmです。

東京の同時期の月間降水量の平均値は50mm程度ですので、比較するとやはり屋久島は雨の多いところです。

それでも、1年中雨の多い屋久島においては、冬が一番雨の少ない季節で、6月の月間降水量の平均値は700mm比べると、1月の2〜3倍となります。

屋久島の麓で雪がつもることはほぼありませんが、山の上ではしっかり雪が積もっています。山に行かれる予定の方は雪対策の装備もわすれずにしておきましょう。

また、全国に寒波がやって来るときは屋久島もしっかり寒くなります。旅行直前にお天気の情報収集は忘れずにしておくとよいでしょう。

屋久島での服装

晴れれば気温が上がりやすく、寒ければダウンジャケットも必要になってくるのが屋久島の気温です。脱ぎ着して調節できる服装が便利かもしれません。シャツ一枚でも過ごせる日もあれば、ダウンジャケットを着込む日もあります。

ただし、縄文杉や白谷雲水峡など、屋久島での登山、トレッキングをお考えの方は、山と里地とは全く気温が違いますので注意してください。

山岳地の標高の高い場所は屋久島の地形の関係で、ほぼ北海道と同じ気候、気温です。

山での服装の詳細については、屋久島登山 気温と服装<春夏秋冬>を参考になさってください。

まとめ

屋久島は、山岳地と里地の温度差がかなりあります。山岳地は雨だけでなく、雪の可能性もありますので、そこが注意する最大のポイントです。

屋久島の冬は個人的には、雪の山へ入ることより、島の南側で温泉につかってのんびりしたり、ジョギングしたりするのに最適だと思うのですが、いかがでしょうか?

屋久島の天気の注意点はこちらをご覧ください

屋久島の位置と地形から見る 天気の特徴と注意点