メニュー
オーセンのネイチャーガイドエコツアー一覧 詳しく見る▶

ブログレビュー『ノースフェイス テルス35』ハイキングや旅行におすすめの登山リュック

ザノースフェイス テルス35

※当サイトはプロモーションを含む場合があります

30Lクラスの登山リュックがあれば、コーヒーセットや簡単調理セットなども入れられて、楽しみの幅を広げることができるのでおすすめです。

登山だけでなく、旅行にも使えるデザインのリュックを探しているなら「ノースフェイス テルス35」がおすすめ!!

アウトドアメーカーらしく基本のスペックはしっかりして背負いやすいのに、アウトドア以外でも使えそうなデザイン。

さらに、男性用・女性用ともにサイズが2種類あるので、体格に合わせてフィット感の良いものを選べます。

レインカバーが付属していたり、大きめのトップポケットが使いやすかったり、かゆいところに手が届く仕様なのも好印象。

本記事では人気の登山リュック「ノースフェイス テルス35」についてブログレビューしていきます。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥23,100 (2024/02/21 20:27時点 | Amazon調べ)
目次

ノースフェイス テルス シリーズとは

テルスシリーズはノースフェイスの人気トレッキングリュック。

細身のシルエットで狭い道でも歩きやすく、使い勝手を考えられた豊富なポケット類が特徴。

登山リュックのなかではスタイリッシュなデザインなので、小さめ容量ならタウンユースに、大きめ容量なら旅行用にも最適。

一つ持っていると多用途に使えるのがノースフェイスのテルスシリーズです。

ノースフェイス テルス35のスペック

ノースフェイス テルス35はレギュラーモデル(男性用)とレディースモデル、それぞれの体格に合わせたモデルを用意してくれています。

容量レギュラー:M/36L、L/38L
レディース:M/35L、L/36L
材質210DスノーダイアHTナイロン
355DHTナイロン
重量レギュラー:M/約1,310g、L/約1,330g
レディース:M/約1,250g、L/約1,270g
気室1気室
サイズ・背面長レギュラー:M/43-51cm、L/48-56cm
レディース:M/39-47cm、L/42-50cm
レインカバー付属
ハイドレーション

レディースモデルは「テルス30」となっていますが、容量はMサイズで35リットルとのこと。なぜ30にしたのかは謎ですが、十分大きなサイズになっています。

また、豊富なサイズ展開でレギュラーモデル、レディースモデルともMサイズ・Lサイズの2つのサイズが用意されています。

体格や体型に合わせて自分にフィットしたサイズを選べるのが嬉しいですね。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥23,100 (2024/02/21 20:27時点 | Amazon調べ)

ノースフェイス テルス35 ブログレビュー|外観

それでは、ノースフェイス テルス35の外観をブログレビューしていきます。

⬇180cm・71kgの成人男がLサイズを着用しています。

背負ってみると、さすが35リットルサイズです。日帰りに使うにはやや大きく感じるかもしれません。

ですが、このくらいの大きさがあれば、アウトドアを楽しむアイテムをいろいろと入れることができるので、ガマンしなくて済みます。

たくさんおやつを入れてもいいし、コーヒーやお茶セットを入れてもいいです。カメラが趣味な人はこのくらいの大きさがあったほうが安心ですよね。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥23,100 (2024/02/21 20:27時点 | Amazon調べ)

ノースフェイス テルス35 ブログレビュー|フィット感

フィット感を左右するのは、まずは自分の体にあったサイズを選ぶこと。その点、ノースフェイス テルス35はレギュラーモデル・レディースモデルともに2種類のサイズがあるので、自分にあったものを選びやすいです。

その他、フィット感を左右するポイントは背面構造、ショルダーベルト、ヒップベルトです。

背面構造はパネル構造でシンプル

全体的に軽量化が計られていてシンプルなデザインです。

背面は一体成型さらたパネルタイプ。通気性を確保するためにメッシュ状の穴と、空気の流れを確保するための凹凸があります。

最近は背面がメッシュになったものが多いですが、そこまでのメッシュ感ではありません。背中にフィットさせると、ピタッと面で支える感じになります。

ショルダーベルトは薄型のタイプ

ショルダーベルトはかなり薄型のタイプ。ここは好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、分厚いクッションタイプではありません。

薄型な分、方のカーブによくフィットする印象です。幅も広いので、肩に食い込むということはありません。

腰ベルトも薄型ながらフィット感がいい

ヒップパット部分は幅広&薄型タイプ。腰を包むようにきれいにフィットします。

腰のベルトとバックル自体はそれほど太いものではなくやや細めのもの。このあたりのアイテム使いが軽量化に一役買っているようです。

腰ベルトを締め込むとかなりのフィット感です。

チェストベルトはホイッスル付き

チェストベルトもフィット感を高める大事なパーツ。緊急時に使えるホイッスル仕様になっています。

チェストベルトの位置調整も上下に無段階にできるので、ちょうどよい場所に移動してフィットさせることが出来ます。

以上のように、体にフィットさせる機能としてはさすがアウトドアメーカーのリュックといったところです。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥23,100 (2024/02/21 20:27時点 | Amazon調べ)

ノースフェイス テルス35 ブログレビュー|ポケット・機能

ノースフェイス テルス35の各種ポケットと機能について見ていきましょう。

雨蓋はかなり大きめで使い勝手良し

まず、気に入ったのは雨蓋の大型ポケット。全面的にパカッと空くので、中のものが探しやすいです。

こういったリュックでは、中身がこぼれ落ちないようにポケットが大きく開かないものが多いですが、その反面中身のものが探しづらかったりします。

ゴソゴソと奥の方のものを探しているうちに、ポロッと小物が落ちてしまったりということもあります。

ですが、割り切ってココまで大きく空くなら、探しものもすぐに見つかりますね。あとは落とさないように気をつければ大丈夫です。

ヒップベルトにもポケットあり

そしてヒップベルトにも左右にポケットが付いています。

ゼリー飲料やエナジーバーなどを入れるのに便利なポケットです。スマホを入れるには少し小さいかもですね。

そして、サイドポケットは大きさを可変する事ができます。

使わない時はベルトを締めて、スマートにしておくことができます。水筒やペットボトルなどを入れたい時はベルトを緩めることで、マチの部分が開き、容量が大きくなります。

雨蓋の裏にもポケット付き キーチェーンあり

雨蓋裏にはキーチェーンつきのポケットがあります。

鍵はもちろんのこと、お財布や小物を入れておくのに便利なポケットです。

リュック前面に大型ポケット レインカバーも付属

リュックの前面側にはすぐに取り出したいレインウェアなどを入れておける大きめのポケットがあります。

ここにはメッシュポケットが内部にあり、付属のレインカバーが隠れています。雨が降った時にすぐに着たいレインウェアと、装着したいレインカバーを一箇所にまとめておけるのが便利です。

ストックホルダーも両サイドにあるので、1本ずつ取り付けることができます。

コードロックでワンタッチで取り付けることができるので、取り外しも簡単です。

開閉はスピーディーなワンアクションタイプ

雨蓋を開けると、荷室へアクセスできます。入り口のループを左右に広げるとワンアクションで開くことができ便利です。

内部にはハイドレーションポケットも配置されています。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥23,100 (2024/02/21 20:27時点 | Amazon調べ)

ラインナップ豊富なノースフェイスのテルスシリーズ

ノースフェイスのテルスシリーズは本記事で紹介している35リットルのもの以外にも、容量違いで以下のモデルがあります。

  • テルス20(キッズ)
  • テルス25
  • テルス30(レディース)
  • テルス35(本記事紹介)
  • テルス42(レディース)
  • テルス45
  • テルスフォト40

好みの容量・用途に合わせて選べるのがいいですね。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥23,100 (2024/02/21 20:27時点 | Amazon調べ)
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥29,700 (2024/02/20 13:33時点 | Amazon調べ)

ノースフェイス テルス35ブログレビューまとめ

本記事ではノースフェイス テルス35のレギュラーモデルについてブログレビューしました。

ノースフェイス テルス35アウトドアリュックとしての基本性能はしっかりとありながら、旅行などアウトドアシーン以外でも使えそうなおしゃれなデザインが特徴です。

近場のハイキングでもコーヒーを淹れる道具を持っていったり、アウトドアクッキングをしたりするときも、35リットルあれば容量に困ることが有りません。

また、そんなに「本気じゃない」デザインなので旅行のときにもコーディネートしやすく使いやすそうです。

もっと高機能なリュックは他のメーカーにもありますが、「気軽なアウトドアにちょうどいい」リュックはなかなか貴重。これからハイキングや森林浴を楽しみたいという初心者の方にもおすすめできます。

ということで、本記事ではノースフェイス テルス35をブログレビューしました。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥23,100 (2024/02/21 20:27時点 | Amazon調べ)

登山リュックのおすすめをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

ノースフェイスのアウトドアリュックをもっと詳しく知るなら下記の記事が参考になります。

20lクラスの登山リュックをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

2003年に屋久島へ移住し、17年間屋久島でエコツアーガイド業に従事。現在は屋久島や秩父でガイドツアー開を企画・運営。アウトドアアイテムが好物。関東(秩父・奥武蔵)と屋久島を中心にネイチャーガイドエコツアーを開催中。日本エコツーリズム協会会員

このページのブックマーク、シェア、リンクをしていただけると震えるほど喜びます\(^o^)/

  • URLをコピーしました!

オーセンは秩父・関東・屋久島などでネイチャーガイド&エコツアーを行っています。

オーセンでは関東を中心に屋久島などのネイチャーガイド&エコツアーを行っています。ペースを上げすぎず、ゆったりと森を歩く少人数制のツアーです。

\現在開催中のガイドツアーはこちらから/

目次