メニュー

人気レビュー記事

新着レビュー記事

屋久島トレッキング付きツアーのおすすめ3社を比較はこちら詳しく見る▶

スマートウール ハイク ミディアム レビュー!耐久性の高い定番のウールトレッキングソックス

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。収益はサイト運営に役立てられます。

登山やキャンプやアウトドアの際に足元を暖かく、そして優しく保護してくれるウール系のアウトドアソックスはスグレモノ。ですが、色々とあって選ぶのに困ってしまいます。

そこで、おすすめなのがスマートウールから発売されている登山用ソックス「ハイクミディアムクルー」。ニュージランド産の高品質なメリノウールを使ったスマートウール社のスタンダードモデルです。

ハイクミディアムクルーの良さを挙げるならば、

  1. 春から秋まで使える
  2. 登山以外に使える汎用性の高さ
  3. 耐久性
  4. お求めやすい価格

など多数。

登山のみならず、普段履きとしても活躍できるポテンシャルの高さです。

では、初めての登山ソックスにもちょうどいい、「スマートウールハイクミディアムクルー」について解説します。ではどうぞ!


自他共に認めるアウトドアアイテム好き。元屋久島の自然ガイド。現在は出身地である埼玉県の秩父に戻り、埼玉の秩父で初心者向けハイキングツアーを開催。ご予約受付中です♪

\秩父エリアでハイキングツアー参加者募集!/

秩父の森を歩くハイキングツアーでリフレッシュしませんか?

東京から近く、静かなのが秩父の森の魅力!

→オーセンの秩父ハイキングツアーを見る


目次

スマートウールのソックスの選び方について

スマートウール社のソックスのラインナップ数は膨大です。

登山やスキーなどのアクティビティごとに、それぞれ生地の厚さの違うモデルがあり、最初はどれを選ぶべきか正直分かりづらいです。

ただ、通常の登山となると以下の6つの中から選べばいいでしょう。

  1. ハイクシリーズ(スタンダードなタイプ)
    • ライトモデル
    • ミディアムモデル←今回はコレです
    • ヘビーモデル
  2. phDシリース(フィット感重視なタイプ)
    • ライトモデル
    • ミディアムモデル
    • ヘビーモデル

保温性については

  1. ライトモデル(暑い季節中心)
  2. ミディアムモデル(春から秋)
  3. ヘビーモデル(寒い季節中心)

となっています。

もっと涼しい「ウルトラライト」や厳寒期使用の「マウンテニアリング」などというモデルもあります。

この記事ではスタンダードなハイクシリーズのミディアムモデルについて解説しています。

スマートウールハイクミディアムのスペック

ハイクミディアムクルーのスペックについて見てみましょう。

スペック

ウール66%
ナイロン33%
ポリウレタン1%

ウールの配分率は66%程度。

ウールの利点は

  • 調湿
  • 防臭
  • 冷え防止

などがあります。

その反面、ウールは耐久性が低く、長期間使用していると穴が開いてくるのがデメリットです。

このソックスのウールの比率が66%・ナイロン33%は他の登山用ウールソックスよりもナイロンが多い印象。

そのおかげで、強度が高い作りになっています。

足全体の保温とクッションに重点をおいている

ハイクミディアムを裏返して、内部の生地を見てみます。

すると全体的に同様の厚さのパイル地で覆われているのがわかります。

登山の歩行時に一番荷重がかかるのは足の裏のかかとと足の先端部分です。

ただ、それ以外にも登山靴の硬い生地に当たる、甲の部分スネの部分も靴下で保護する必要があります。

全体的にクッションが施されたハイクミディアムなら、硬めの靴からも足を保護してくれます。

パイル生地のクッション

このハイクミディアムクルーの特徴は内部の全面にクッションが配置されていることです。

この事によって、全方面からの圧力を分散できます。

またクッション性のある生地は保温性もあるので、ソックス全体に保温性が高いといえます。

メンズモデル・レディスモデルが選べる

スマートウール社は男性用モデル・女性用モデルに分かれています。

男女兼用ではないところが、ソックスへのこだわりを感じられますね。

スマートウールハイクミディアムは汎用性の高いアウトドアソックス

やりすぎないフィット感がもたらす安心感

登山用のソックスの大きな目的には

  • 保温
  • 保護

が挙げられますが、最近はフィット感を重視した高機能なソックスもあります。

足の筋肉をサポートするように、フィット性を強くすることで動きをサポートし、歩行を楽にするモデルです。

同社の別ラインであるphDシリーズのソックスなどはいい例です。

phDシリースは足の甲をクロスするように締め付けが施され、フィット感向上疲労軽減など狙ったソックスとなっています。

それに対して、このハイクミディアムクルーはそのようなサポート機能を強化したソックスではありません。

あくまで、ウールのクッションで足を全体的に包み、保温と保護に務めることを目的としたモデルなのです。

フィット感という点では他に優れたモデルがありますが、登山の後もずっと履いていたい。

家にいるときも履いていたいと思わせる安心感

それが、このハイクミディアムクルーの良さなのでしょう。

耐久性があるので長く使える

個人的にはハイクミディアムクルー耐久性の高いソックスだと思っています。

僕はアウトドアの仕事で年間180日以上は山を歩き、その都度いろいろなメーカーのソックスを履きます。

そんななかで、このハイクミディアムはなかなか穴が空かない長持ちするソックスだなという印象があります。

正確な数字を出して耐久性の高さを示せないのですが、長く使えるのでついつい買ってしまうソックスがハイクミディアムクルーなのです。

スマートウールハイクミディアムクルーは初めてのアウトドアソックスにピッタリ

良質なニュージランド産ウールを使い、登山だけではなくキャンプにも旅行にも使えるスマートウールハイクミディアムクルー

締めすぎないフィット感が使いやすく、登山のみならず冬の普段遣いにもぴったりなソックスです。

おまけに、お値段も登山ソックスでは手頃な方なのに、耐久性も高いので、初めての登山ソックスにおすすめできます。

まだ、登山ソックスを持っていない方は、まずはこの靴下を基準に自分好みソックスを選んでいくのもいいのではないでしょうか?

デザインも派手すぎないので、靴や服にも合わせやすいです。

オールマイティな使い方ができるスマートウールハイクミディアムクルーを是非試してみて下さい。

もっと読みたい方はこちら

売れてるトレッキングソックスのランキングを見る

トレッキングソックスの売れ筋・おすすめランキングをAmazon・楽天・ヤフーショッピングでチェックしてみよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!