9月は【ゆっくり楽しめる】1泊2日縄文杉ツアーを大募集中!

屋久島から見た!種子島のロケット発射。

こんにちは。オーセン屋久島のガイド佐藤です。
8月4日未明、種子島宇宙センターよりH−ⅡBロケットの発射が無事成功しました。自宅が安房なのでちょうどロケットの発射が家の近くから見ることができます。発射予定時刻は4時48分。ちょっと早起きして見て来ました。

辺りが明るくなりました。ロケットの発射が始まったようです。ここから種子島の宇宙センターまでは距離にして20kmほど。それなのにこれだけの明るさに変化します。相当量のエネルギーなんですね。以下、打ち上がっていく様子です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

130804_52891

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

種子島から発射されたロケットは最初はゆっくりと、次第にスピードを上げて夜空に消えて行きました。ちょうどここからの角度だと上空にある三日月へ目掛けて飛んでいく感じです。夜のロケット発射は初めて見たのですが、人が作ったものを宇宙に飛ばすって結構考えさせられるものがありました。

発射の際に周囲に放つ大量の光はそれだけエネルギーの消費量が多い事を表しています。大量のエネルギーを使わなければ宇宙に物を送り込めないと言う事は地球にとってはエネルギー的負担を強いているということです。その莫大なエネルギーをもっと必要としている人が地球に居るのでは?などと考えてしまうのです。

それでも、宇宙に思いを馳せて夢を持つというのも人類の大昔からの素直な願望だったはず。もっと、低エネルギーで宇宙と関われる技術が開発されれば、さらに宇宙と人類の距離が近づくのでしょうね。

そんな事を思いつつ、いつか宇宙にも行ってみたいと思う夏の朝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です