お一人ご参加OK!レンタル無料のガイドツアー

屋久島お天気役立ちサイト

屋久島のアクティビティはいつもお天気サイトとにらめっこです。同じ屋久島内でも場所によって天気が違いますから、テレビの天気予報だけでは不十分です。屋久島のお天気を予想するポイントは天気図と風向きと雨雲レーダー。リアルタイムで判る雨雲レーダーはツアーの時の強い味方です。それでも、天気予報を過信することなく、その場の天気の変化も感じながらツアーを進めていきます。以下ではオーセン屋久島のガイドがよく利用するお天気サイトをご紹介します。

お天気総合サイト

以下の3つ位のサイトでお天気のおおまかな状況を把握します。まったくお天気の心配がなければそれで済んでしまうのですが、お天気が良くない時は屋久島の天気の荒れ方は尋常ではないので慎重に見ていきます。それぞれの予報で違いが多少ありますが総合的に判断します。

気象庁(鹿児島)

[ss url=”http://www.jma.go.jp/jp/yoho/352.html” title=”気象庁(鹿児島)” caption=”” hatebu=0 tweets=0 likes=0 class=”” width=”180″ alt=”気象庁(鹿児島)”] まずは基本の気象庁です。週間天気予報,天気図,雨雲レーダ、台風情報、警報情報等、天気の概要が調べられます。

Yahoo!天気予報(屋久島)

[ss url=”http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/46/8830.html” title=”Yahoo!天気予報(屋久島)” caption=”” hatebu= tweets=0 likes=0 class=”” width=”180″ alt=”Yahoo!天気予報(屋久島)”] 一つのページでいろいろな情報が見られるのでサクッと確認したい時に便利です。1時間毎、3時間毎の降水量の予想も見られます。

Wheternews

[ss url=”http://weathernews.jp/index.html” title=”Whethernews” caption=”” hatebu=0 tweets=0 likes=0 class=”” width=”180″ alt=”wheternews”] こちらも有名なお天気サイト。ビジュアルが綺麗で台風の進路予想も動画的に見せてくれてわかりやすいです。

波浪・降水量等をもっと詳しく知りたい時

波の高さや降水予想などをもっと詳しく知りたいときは以下のサイトも活用します。山に波の高さは関係ないのですが、お客様が船で帰られるときはしっかりチェックして、もし船が欠航になりそうな時はツアーを早めに切り上げることもあります。

GPV気象予報(奄美)

[ss url=”http://weather-gpv.info/” title=”GPV気象予報(奄美)” caption=”” hatebu=1 tweets=0 likes=0 class=”” width=”180″ alt=”GPV気象予報(奄美)”] ガイドの先輩、屋久島人さんより教えてもらった優れものサイト。降雨予測が39時間先まで見られます。気象庁等は6時間先までしか見られませんのでとても参考になります。

国際気象海洋株式会社の沿岸波浪予想

[ss url=”http://www.imocwx.com/cwm.htm” title=”国際気象海洋株式会社の沿岸波浪予想” caption=”” hatebu=0 tweets=0 likes=0 class=”” width=”180″ alt=”国際気象海洋株式会社の沿岸波浪予想”] 屋久島近海の波の高さを知るのに便利です。山のガイドですが、波が高く船が欠航するとお客様が屋久島に来られなかったり、でられなかったりしますからこのサイトをチェックして、船便の予想を立てるのに役立ちます。

国土交通省 川の防災情報

[ss url=”http://www.river.go.jp/nrpc0303gDisp.do?wtAreaCode=8832&itemKindCode=901&timeAxis=60 title=”国土交通省 川の防災情報” caption=”” hatebu=1 tweets=0 likes=0 class=”” width=”180″ alt=”国土交通省 川の防災情報”] 屋久島各所の実際に降った降水量がわかります。屋久島は場所によって天気が違い、南が晴れていても北は大雨ということも良くあります。特に増水が懸念される白谷雲水峡などはこのサイトで宮之浦地区の降水量をチェックしておくと便利です。