屋久島ネイチャーガイドツアー ご予約受付中!!ご予約はこちらから

レビュー|モンベルダウンハガー800#3|キャンプ初心者から登山まで使える寝袋!

モンベルダウンハガー800#3は初めての寝袋(シュラフ)にピッタリ。

モンベルの寝袋はダウンを使ったものから、化学繊維を使ったものまで、幅広いラインナップ。

初めて寝袋を買うという方には、どれを選んでいいのかわからなくなるほどです。

しかし、春〜秋にかけてのキャンプや、低山のテント泊トレッキングならこのモンベルのダウンハガー800#3がオススメです。

この記事ではオススメなモンベルのシュラフと選び方について解説します。

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
\商品詳細や口コミをチェック/

類似商品を探すならこちら

created by Rinker
ISUKA(イスカ)
\商品詳細や口コミをチェック/
created by Rinker
ナンガ(NANGA)
\商品詳細や口コミをチェック/
読みたいところをタップ

寝袋の選び方は保温素材の性質を知ることから

寝袋を選ぶときのまず基本は保温素材に選ぶことから・

寝袋に使用される保温素材は大きく分けて、

  • 「ダウン」
  • 「化学繊維」

を使ったものに分けられます。

ダウンは軽くて暖かいが、水分にすごく弱い一方、化学繊維は重くかさばるが、水分にすごく弱くない。

少しでも軽さを追求したい登山で使うならダウンの方にメリットがあります。その代り、湿気や濡れに対して弱く、使用するのにコツが必要です。

一方、「化学繊維」で出来たものは重量があるものの、多少濡れても保温力が落ちづらいというメリットがあります。

自転車やバイクツーリング、オートキャンプなどで使うのであれば、化学繊維のシュラフの方が濡れに対して神経質になりすぎることなく使えます。

登山で使用する寝袋ならコンパクトになるダウンのものがおすすめ

登山で使用することを考えるなら、ダウンの寝袋がコンパクトで軽いのでおすすめです。

登山でテント泊をする場合は寝袋以外にもたくさんの荷物を人力で持って登るので、荷物を少しでも軽くするのが鉄則。

寝袋が濡れることへの不安はありますが、軽さとコンパクトさを追求することも大切になってきます。

安くて高品質|モンベルの寝袋はダウンの品質で分けられている

モンベルのダウンシュラフのシリーズはたくさんあって、選ぶのに迷ってしまうほどです。

ダウンシュラフだけでも

[list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before list-raw”]

  • ダウンハガー900
  • ダウンハガー800←今回のご紹介はコレ
  • アルパインダウンハガー800
  • ダウンハガー650
  • アルパインダウンハガー650

[/list]

の5シリーズがあります。

シリーズ名の中にある900とか800とか650という数字は、ダウンの品質であるフィルパワーを表していて、数字が大きいほど高品質です。

900フィルパワーは軽くて温かい相当良いダウンです。

800フィルパワーは最近アウトドアでは標準的な品質(といっても相当良い品質ですが・・・)。

650フィルパワーを使ったものは値段が安く抑えられるというメリットがありますが、多少重量が増えます。

さらにモンベルのダウンシュラフは、それぞれダウン量によって細かく分類されているので、

トータル30種類以上のモデルから選ぶことになります。

細かく分けられているおかげで様々なニーズに対応できるのですが、どんなシチュエーションでも対応できる万能のモデルはありません。

なので、自分が使うシチュエーションを想定して選ぶ必要があり、これがとても難しいのです。

モンベルのシュラフに表記されている使用可能温度はどのくらい参考になるか

モンベルのシュラフの対応可能温度を詳しく見てみましょう。

モンベルのカタログで表記されているシュラフの対応温度表示は、欧米で使用されているものを採用しています。

日本人の肌感覚は欧米の方よりも暑さが得意で寒さが苦手。

なので、表記された温度を鵜呑みにしてしまうと、「思ったよりも寒かった」ということになるかもしれません。

例えば、ダウンハガー800#3の対応温度は

[list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before list-raw”]

  • コンフォート温度3度まで
  • リミット温度マイナス2度まで

[/list]

となっています。

実際にダウンハガー800#3をコンフォート温度の下限である3度の環境下で使うとなると、

「冬用のアンダーウェアを装着+フリース+ダウンジャケット+ダウンパンツ」

くらいは着用しないと寒くて眠れないかもしれません。

山では寒くても眠れればいいという考え方もありますが(軽量性を重視して、多少の寒さは耐えるスキルも必要)、そこまでのストイックさを追求しないのであれば、就寝時に温かいほど血行が良くなり疲労回復が図られます。

暖かくして眠ることで、体力の回復を図り、集中力の低下などが防ぐのも安全な山行ということで言えばというのも一つのスキルです。

応用範囲が広いモンベルダウンハガー800#3クラスのシュラフ

個人的な感想を言わせてもらうならば、3シーズンの低山なら品質面・重量面・料金面と合わせて考えると「800フィルパワー」がコストパフォーマンスが高く、間違いのないモデルです。

ただ、冬はこのシュラフ単体だと寒いので、#2や#1などのもっと温かいモデルを使用することをオススメします。

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
\商品詳細や口コミをチェック/

類似商品を探すならこちら

created by Rinker
ISUKA(イスカ)
\商品詳細や口コミをチェック/
created by Rinker
ナンガ(NANGA)
\商品詳細や口コミをチェック/

モンベルダウンハガー800#3の季節ごとの使い方

それでは、ここからは私が普段、標高2000m以下の登山やキャンプで、このシュラフを使っている使用感をレポートします。

私は4月頃〜11月頃まで、モンベルダウンハガー800#3を中心に、ダウンジャケットなどを組み合わせて使用しています。

夏の6月・7月・8月・9月の利用方法

モンベルダウンハガー800#3を単体で

日によってはシュラフはいらないくらい暖かい日もありますが、それは特別な日であって基本的には持っていったほうがいいです。

この時期は暑いので、シュラフのジッパーを全開にして、涼しくし、掛け布団的に使うようにしています。

春の4月・5月と秋の10月・11月頃の利用方法

モンベルダウンハガー800#3とダウンジャケット&パンツの組み合わせ

この季節は寒い日もあるので、ダウンハガー800#3単体では寒く、ダウンジャケットと場合によってはダウンパンツを併用するときがあります。

モンベルダウンハガー800#3と他の保温着の組み合わせで使う基準

感覚としてはダウンハガー800#3の使用感は、山での最低気温が10度前後の時だと薄手のフリースを着ればちょうどよく、それ以下の温度ならばう少し暖かさが欲しくなり、ダウンジャケットを併用します。

山での最低気温が0度前後になると、それでも足りず、ダウンパンツダウンソックスを併用し、やっと暖かく眠れるといった状況です。

テントに寝るか、それとも人が多い山小屋で寝るかにもよりますが、モンベルダウンハガー800#3の場合だと以上のような使用状況です。

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
\商品詳細や口コミをチェック/

類似商品を探すならこちら

created by Rinker
ISUKA(イスカ)
\商品詳細や口コミをチェック/
created by Rinker
ナンガ(NANGA)
\商品詳細や口コミをチェック/

保温力を上げるマットの重要性

シュラフで寝る時は、地面からの冷えとクッション性を確保するために、マットを敷きます。

このマットの品質(保温・断熱性)によっても、寝袋の暖かさが全然違います。

私が使用しているのはサーマレストネオエアーXサーモ。

氷の上でもコレがあれば眠れるという謳い文句です。

確かに、マットを変えるだけで、シュラフをランクアップしたかのような暖かさです。

シュラフが対応温度内なのに、寒いなと感じている方はマットを変えてみて下さい。

created by Rinker
THERMAREST(サーマレスト)
\商品詳細や口コミをチェック/

ダウンハガー800#3のサイズ・使用感・値段

モンベルダウンハガー800#3サイズ

私は身長180cmありますが、ダウンハガー800#3の普通モデルを使っています。

使用感としては窮屈というほどではないが、余裕があるわけでもないといった感じです。身長175cm以上で余裕がある方が好きならば、ダウンハガー800のロングモデルを使用したほうがいいです。

逆に小柄な女性などはダウンハガー800のwomen’sモデルを使用するといいでしょう。

モンベルダウンハガー800#3ストレッチ性

このダウンハガー800#3は伸縮性がありますので、就寝時に程よく体にフィットします。ダウンは体温が伝わって暖かくなると、ふわっと大きく広がり保温力は高まります。

シュラフ内部に余計な空間が多くなるよりは、体に密着しずぎない適度な空間があるほうが、保温力が高まります。

また、シュラフをモンベルダウンハガー800の生地と縫製はとても良く、羽毛が抜けることがほぼありません。

サイドのジッパーが生地にかんで開け示しづらいということもほぼありません。

ジッパーは足元から開くこともでき、暑くて換気したい時は足元だけ温度調整することも可能です。

モンベルダウンハガー800#3の値段

これだけのスペックでお値段が定価27500円であるならば、コストパフォーマンス的にも申し分ないでしょう。それどころかかなり安く感じてしまいました。

ダウンの品質を考えると、とてもお買い得のアイテムです。そして、これだけの完成度の高さだと、今後小さなアップデートはあるでしょうが、買い換えたくなるほどの大幅なモデルチェンジも考えづらいと思います。

管理さえしっかりしておけば、10年は使えるアイテムに違いありません。

Q & A どの程度の山と季節で使える?

モンベルダウンハガー800#3の対応気温を本州の山に当てはめると、7月8月頃の2,000m程度の山か、低地でのキャンプに適していると思います。

秋や春の使用を考えるならば#3ではなく、#2や#1などのもっと温かいモデルを使用したほうが良いでしょう。

Q & A 他のシュラフメーカーと比べて性能の違いは?

日本国内メーカーのナンガのシュラフやイスカもとてもいいメーカーです。

私はナンガのシュラフも持っていますが、細かなギミックは違うものの、寝心地や使い勝手に大きな差は感じません。

つまるところ、ダウンのシュラフはちゃんと暖かく、羽毛が抜けないように縫製と生地がしっかりしていればいいのではないかというのが私の考えです。

類似商品

created by Rinker
ナンガ(NANGA)
\商品詳細や口コミをチェック/

created by Rinker
ISUKA(イスカ)
\商品詳細や口コミをチェック/

まとめ:モンベルのダウンハガー800#3は低山や夏を中心としたテント泊登山におすすめ

モンベルのシュラフは保温素材の種類、ダウン品質の違い、ダウン量の違いなど多種多様に別れていて、選ぶのが難しいです。

なので、最初に基本のモデルを使ってみて、そこから自分の山のスタイルに合わせて買い足していくのがいいでしょう。

屋久島ならが#3あたりが使い勝手がいいのですが、本州の2000mを超える山ならば#2〜#0が選択の中心になると思います。

これだけの品質のダウンを使って、定価27,000円という値段はとても安く感じます。ダウンシュラフは一度買うと長く使えますので、災害時用にも揃えておいても良いかもしれません。

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
\商品詳細や口コミをチェック/

類似商品を探すならこちら

created by Rinker
ISUKA(イスカ)
\商品詳細や口コミをチェック/
created by Rinker
ナンガ(NANGA)
\商品詳細や口コミをチェック/

アウトドアアイテムをネットで買えるショップとお得な方法

アウトドアショップが近くにあればいいですが、なかなか品揃えのいいお店を探すのも大変です。

私が普段から愛用しているアウトドア用品のネットショップをご紹介します。少しでもお得に買えるようにポイント還元方法も記しておきました。

アウトドアアイテムのネットショッピングの際は是非参考にしてみて下さい。

読みたいところをタップ
閉じる