年に一度のAmazonブラックフライデー12/1まで日替わりサプライズセールを見る▶

《レビュー》ミレー EXP30は軽くて大容量なビジネスリュック

1泊の出張をこなせる容量があっても、軽量なビジネスリュックはなかなか見つからないもの。

そこで、おすすめなのがミレーのEXP30

容量30リットルの容量ながら、コーデュラナイロン210デニールの丈夫を使うことで、1kgを切る重量に仕上がっています。

重厚感のあるビジネスリュックではありませんが、軽いので多少荷物が増えても大丈夫。

容量があって、軽いビジネスリュックを探している人におすすめです。

MILLET(ミレー)
¥15,840 (2022/11/21 22:41時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

屋久島に行くチャンス!全国旅行支援で屋久島がもっと行きやすくなっています。

\お知らせ/

オーセンでは埼玉の秩父でもハイキングツアーを行っています。屋久島に行く前の足慣らしに、週末のリフレッシュに、ぜひご利用下さい

目次

ミレー EXP30の概要

登山リュックでは背負やすさに定評のあるフランスのアウトドアメーカー「ミレー」。

同社から、ビジネスや旅行、日常使いに適したリュックが「EXP30」です。

30リットルと大容量で収納ポケットがたっぷり用意されているので、荷物の多い方におすすめ。

なのに、1kgを切る軽量性も魅力です。

素材はナイロン210Dのコーデュラナイロンで耐久性高く長く使えます。

スペックをまとめると以下の通り。

メーカーミレー
名称EXP30
容量30L
重量950g
素材ナイロン 210D CORDURA®
価格17,600円

スクウェアタイプなので、PCや書類もしっかり入ります。

シンプルなブラックは見た目もおしゃれ。

やや光沢のある生地なので、アクティブな印象があります。

MILLET(ミレー)
¥15,840 (2022/11/21 22:41時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

ミレー EXP30を実際に使ってみた感想

ミレーのEXP30の①大きさ、②背負いやすさ、③収納性に分けてご紹介していきます。

大きさをチェック

まずは全体のサイズ感です。

ミレーのEXP30は容量30リットルなので、それなりの大きさはあります。

程よく荷物を詰め込むと厚みもまあまあある感じ。

日常使いとして使うならジムなどに通う、荷物多めの人に良さそうです。

MILLET(ミレー)
¥15,840 (2022/11/21 22:41時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

背負やすさをチェック

ミレーのEXP30の背負いやすさを左右する背面とショルダーハーネスを見ていきます。

⬇全体的にはシンプルな構造です。

アウトドアメーカーだからといって、ごつい感じはありません。むしろシンプル!

⬇背面は表面に厚手のフォームなどは付いておらず、心配なほどシンプル。

ですが、実際背負ってみると、程よく背中にフィットして、背負いにくいということはありません。

⬇ショルダーハーネスの程よい厚さと柔らかさがあります。

裏面はメッシュ素材になっているので、汗をかいてもサラリと快適そうです。

⬇胸の前のチェストベルトも体格に合わせて位置を変更できます。

チェストストラップのプラスチック部分も外からは見えないようにカバーされています。

シンプルな見た目にもこだわっている様子がわかります。

⬇特徴的だったのはショルダーハーネスを調節するバックルがロック式だったこと。

背負っている時に不意にバックルが伸びてしまうことを防ぐ仕様になっています。

  • ベルトを長くしたいときだけバックルを解除します。
  • 短くしたい時はロック状態でも可能です。

⬇EXP30は3WAY仕様。なので肩がけのショルダーベルトも付属します。

ショルダーベルトは取外し可能なので、使わない時は何処かのポケットに入れておけばOK!

⬇また、背負うためのショルダーハーネスはリュック本体にしまい込むことができます。

こうすればかなりスッキリとした肩がけスタイルにすることができます。

MILLET(ミレー)
¥15,840 (2022/11/21 22:41時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

荷室とポケットをチェック

ミレーのEXP30は大きく4つのポケットに分かれています。

メインポケット

一番大きな容量を持つメインのポケット

⬇ガバっとフルオープンすることができるので、荷物の出し入れも簡単です。

しかも、中は視認性の高いスカイブルーの内張り。

⬇向かって左側には小さなポケットが多数。

とにかく、ポケットがたくさんあって、何処に何を入れたらいいのか迷ってしまいそうに思いました。

ですが、メッシュのポケットは外から中身が一目瞭然。何が入っているのかがすぐに分かるので、迷わずに使えますよ。

⬇反対側の向かって右側はPCやiPadを入れるパッド付きのポケットがあります。

PCは17インチまで対応とのことです。筆者の13インチのノートももちろん楽に入れられます。

iPadもその隣のポケットに入れられました。中身が動かないようにベルトで止めることもできます。

MILLET(ミレー)
¥15,840 (2022/11/21 22:41時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

フロントポケットをチェック

もう一つ大きなポケットがL字型に開くフロントポケット

⬇ポケットは大きめなのでA4の書類が入れられます。

すぐに取り出したい書類などはここに入れておくといいですね。

⬇内部は同じくスカイブルーの内張りで視認性が高いです。

⬇小物を収納する内蔵ポーチが付属しています。

内蔵ポーチはバックルで本体に取り付けられています。

ですが、取り外すことも可能。また、向きを変えて付けることも可能です。

⬇ケーブルや充電器などガジェット類を入れても良さそうです。

フロントミニポケットをチェック

⬇さらに前面側には小さいフロントポケットが付いています。

ここは小物を収納するのに良さそう。

⬇書類を入れてみたのですが、A5サイズくらいなら入りました。

小物類や小さめの書籍を入れておくのに便利そうです、

トップポケット

リュックスタイルにすると、前面トップにポケットがあります。

深さはそれほどないので、小物類を入れておくのに便利。

⬇メガネケースやスマホなどを入れられれそうです。

ポケットの容量は大きくないので、財布などは入らないかもしれません

MILLET(ミレー)
¥15,840 (2022/11/21 22:41時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

ミレー EXP30の残念なところ

ミレーのEXP30の残念だなと思うところもご紹介

生地が薄い

軽量化のためだと思うのですが、生地が薄くてハリがありません。

なので、リュック内の荷物が少ないとヨレてしまいます。

荷物が少なめの方は容量がもう少し少ないモデルがおすすめです。

⬇25リットルタイプ

MILLET(ミレー)
¥19,990 (2022/09/15 09:03時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

ミレー EXP30の口コミ

ミレーのEXP30を使っている人の意見もAmazonで調べてみました

まとめてみると、

良かった点

  • 容量が大きくて良かった
  • 持ち方を選べる点が良かった

悪かった点

  • 荷物が少ないとヨレてしまう
  • 取っ手が小さく頼りない

などでした。

素材や作りが弱いという意見がありましたが、よく考えてみたらこの容量で1kgを切っているので仕方ないかもしれません。

軽くて、容量のあるリュックを探している方ならおすすめです。

MILLET(ミレー)
¥15,840 (2022/11/21 22:41時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

ミレー EXP30はどこで購入する?

ミレーのEXP30はAmazonや楽天、ヤフーショッピングなどECサイトでも購入できます。

Amazonのプライム会員限定の「try before you buy」で試着もできるので、一度背負心地を試したい方は利用してみましょう。

MILLET(ミレー)
¥15,840 (2022/11/21 22:41時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

ミレー EXP30のまとめ

この記事ではミレーのEXP30の使用感をレビューしました。

簡単にまとめると、

  • 大容量で
  • 軽量で
  • 収納の多い

ビジネスリュックということができます。

細部のつくりはガッチリしていないように思いますが、軽量化のためだと思えば納得です。

出張などが多くて、20リットルクラスのビジネスリュックでは物足りないという方におすすめです。

MILLET(ミレー)
¥15,840 (2022/11/21 22:41時点 | Amazon調べ)
\年に一度のブラックフライデー開催中/
Amazonで探す

]]>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次