おすすめ登山リュック 詳しくはこちら

マムートのおすすめビジネスリュックまとめ! シンプルなデザインが魅力

丈夫で耐久性が高く、背負やすさも兼ね揃えているアウトドアブランドのビジネスリュック

ですが「質実剛健・機能が優先」というイメージが強くデザイン面ではちょっと。。。と、抵抗を感じる方もいるはず。

管理人

ビジネスシーンでは大きなアウトドアのロゴがついたバッグは使いづらいですよね。

ですが、スイスのアウトドアブランド「マムート セオンコレクション」のビジネスリュックはむしろ都会的な洗練された逸品。

アウトドアっぽさは少なく、シンプルで落ち着いたデザインが目を引きます。

なのに、中身はしっかりと機能満載&背負いやすいので、重たい荷物を持ち歩く人にもピッタリ。防水性の高い表面生地のおかげで、急な雨でも大切なPCを濡らすリスクが低いのも嬉しいポイント。

ということで、本記事ではスイスのアウトドアブランド「マムート」が作るおすすめビジネスリュックをご紹介します。

気になるところから飛ばし読み

マムートのビジネスリュックの魅力

マムートはスイスの高品質アウトドアブランド

マムートは1862年から続くスイスアウトドアブランド。トレッキング、クライミング向けの製品が中心で、アパレル、ギア、フットウェアなど多くのアイテムを世に多く送り出しています。

トレードマークはマンモスで、可愛らしくも見えますが、中身は超がつくほどの本格志向。アウトドア界ではハイブランドの一つで、登山家やガイドなどプロの人達がよく愛用しています。

街でもマムート品質を

そんな、高品質アウトドアブランドのマムートが作り出す「マムート アーバニアリング コレクション」。アウトドアで培った技術をタウンユースにも応用したラインナップが売りです。

そのなかで、ビジネスリュックとしておすすめしたいのが「Seon」シリーズ。

防水性の高い表面素材は大切な書類やノートPCをからしっかり守ります。使いやすいポケットの配置や、体へフィットするショルダーハーネスなど、アウトドアブランドならではの技術がふんだんに投入され快適に使う工夫が満載です。

マムートのビジネスリュックのラインナップ

それでは、マムートのビジネスで使えるリュック「セオンシリーズ」をご紹介。

スクロールできます
Seon Transporter25
Seon 3-Way 20
Seon Courier 20
Seon Transporter26
サイズ(H×W×D)46.7×30.5×14.5cm47×28×11 cm46~58☓28☓12cm52×32×20.5cm
容量25L20L20L26L
重量990g1050g約890g960g
商品リンクAmazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

Seon Transporter25【定番モデル】

マムート Seon Transporter 25の特徴
  • フルオープンするメインコンパートメント
  • シューズや着替えなどの専用ポケットあり
  • 耐候性の高い素材で雨に強い
  • フック付きのトップポケットで貴重品を安心して収納
  • キャリーバックのハンドルに取付可能
容量25L
重量990g
サイズワンサイズ
カラーブラック・マリーン・ダーククレイ
寸法46.7H×30.5W×14.5Dcm

カラー展開

大きさを感じさせないスタイリッシュなデザイン

膨らみすぎない生地で容量を抑えられる

いろいろと荷物を入れてパンパンにしてみたのですが、生地自体に伸縮性が少ないので、それほど膨らみませんでした。

背負心地の良い背面クッション

背中に当たる部分には適度な硬さのクッション材が配置されています。

手持ちできるハンドル尽きで2WAYで使用できる
マムート Seon Transporter 25ビジネスリュックとして背負うだけではなく、手持ちができるハンドルも付いています。

手持ちできるハンドル尽きで2WAYで使用できる

マムート Seon Transporter 25ビジネスリュックとして背負うだけではなく、手持ちができるハンドルも付いています。

スリーブが2つとポケットが2つの組み合わせ

マムート Seon Transporter 25の荷室の構成は大きなコンパートメントが2つとポケットが2つ。

フルオープンするメインコンパートメント

メインのポケットはジッパーを全開にするとフルオープンして、中の荷物の出し入れがしやすくなっています。

PCとタブレット専用のポケット

PCとタブレットをそれぞれ入れられる仕切りが設けられています。公式HPではPCは17インチまで対応と謳って言いますが、手持ちの古い15インチマックブックを入れてみたら、ぴったりな感じでした。

トップポケットは貴重品を入れるのにちょうどいい

PCコンパートメントとメインコンパートメントの間には、深さがリュックの半分くらいまでのポケットがついています。

Seon 3-Way 20【3ウェイ仕様】

マムート Seon 3-Way 20の特徴

  • 手持ち、ショルダー、リュックと使い分けられる3wayタイプ
  • 撥水性のある生地、止水ジッパーを使い耐候性が高い
  • 15インチノートPCまでを収納可
  • ハンドキャリーと接続可能
  • 3-WAYなのに重量1050gと軽量
容量20L
重量1,050g
サイズワンサイズ
素材Carbonate coated 840D Nylon JR Ballistic
寸法47W×28H×11D (cm)

ちょうどいいサイズ感

マムート Seon 3-Way 20の公式サイズでは短辺が28.5cm☓長辺が47cm、容量が20Lと大きすぎないサイズです。同じくマムートの人気ビジネスリュック「Seon Transporter 25」よりは容量はやや小さめとなっています。

厚みは11cm〜最大17.5cmと絶妙なサイズ

荷物を詰め込んで厚みを見てみると、おおよそ14cm程度となりました。

さらに荷物を詰め込むことができ、公式ホームページによると最大値は17.5cmとのこと。

背面はショルダーハーネスを隠すことができる

3ウェイタイプなので、背負うためのショルダーハーネスが付いているのですが、使わない時は簡単に隠すことができます。

ショルダーハーネス使用時
ショルダーハーネス未使用時

リュックとして使わないときショルダーハーネスを隠してしまえば見た目もスッキリ

取外し可能な肩がけベルト

肩がけする時に使うショルダーベルトも使わない時は簡単に取り外し可能です。

伸縮可能なショルダーベルト
型あたりの良いパッド付き

取り外しができるからと言って簡易的なものではなく、しっかりとした肩当てが付いていて、長さも調整可能です。

手持ちスタイル時のハンドル

手持ちスタイルで使う際のハンドル部分。芯材が入っており、程よい硬さで持ちやすいです。

リュックスタイル時の持ち手もあり

リュックスタイルのときに、一時的に荷物を下ろしたいときに使えるハンドグリップも付いています。

フルオープンするメインポケット

一番荷物が入る、メインの荷室。下の写真の様に大きく開くために中身が見やすく荷物の取り出しもしやすいです。

15インチのノートPCやタブレットを収められるPCポケット

パックの背中側にはPCとタブレットが入れられる専用のPCポケットがあります。

背負った時に活躍するトップポケット

ショルダーハーネスを使用して背負った時にトップ位置に来るトップポケットが便利です。

フロントポケットは薄い書類を入れるのに便利

厚みはありませんが、薄い書類や文庫本などを入れるのに便利なフロントポケット。手持ちスタイルの時はアクセスがしやすく、使い勝手のいいポケットです。

Seon Courier 20【ちょっとカジュアル】

マムートSeon Courier 20のの特徴
  • 撥水性の高い素材で水が侵入しづらい
  • PCスリーブとメインスリーブが分けられている
  • クッション性のあるショルダーベルトと背面
  • シンプルで無駄のないデザインで色々なスタイルに合わせやすい
商品名Seon Courier 20(2510-04250
容量20L
重量約890g
サイズワンサイズ
カラーdark clay/black/marine
寸法[H] 46~58☓[W]28☓[D]12cm
価格¥18,700(税込)

マムートSeon Courier 20のサイズ感

マムートSeon Courier 20のサイズ感をチェック。500mlのペットボトルを横に置いてみました。縦46〜58cm☓横28cm内容量20lのサイズです。

ある程度の荷物を入れた状態だと、厚みが約23cmほど。

重量の実測値は約800g。とても軽量です。

柔らかく幅の広いショルダーベルトが肩に優しい

リュックの背負やすさを左右するショルダーベルト。柔らかく幅広なものが使われていて肩に優しいです。

厚みもある
幅広なハーネス

また、ショルダーハーネスはハの字型に整形されているので、体のラインに沿ってくれます。

背面のクッションも柔らかく、背負いやすい

背面部分は柔らかめのフォームが使われています。硬いPCを入れた時でもクッション性が高いので、痛くなりにくく、PC自体の保護にもなります。

手触りはさらりとした感触。

マムートSeon Courier 20はメインスリーブ・PCスリープ・の2つのコンパートメントで成り立っています。

  1. メインスリーブ→リュック前面
  2. PCスリーブ→背中側

リュックの前面側にあるメインコンパートメントは、ファスナー式で大きく開き中身の確認もしやすいです。

タブレット専用のポケット付き

隣にはタブレットを入れるスペースもあります。仕切りも同じくクッション性のある素材で、衝撃から守ってくれます。

PCスペースは15インチのノートPCもしっかりと収まるサイズです。

PCスリーブ自体は止水ジッパーが使われており、水が侵入しづらくなっています。

Seon Transporter26(旧モデルだけどおすすめ)

「Seon Tranceporter26」は「Seon Tranceporter25」の比較

この「Seon Tranceporter26」は「Seon Tranceporter25」の先代モデル。よって、旧モデルということになります。

比較するとこの「Seontranceporter26」は、

  • PCスリーブがフルオープンする
  • 表面の生地に光沢感がある
  • 荷室内部の内張りが明るく視認性が高い

などの点が挙げられます。

また、ネットショップなどでは売られているかもしれませんので、こちらも要チェックです。

マムート セオン トランスポーター26Lはたくさんの荷室が仕分けに便利

マムート セオン トランスポーター26Lの特徴はたくさんのコンパートメント(荷室)に分かれていること。そして容量が26Lと大きめなので荷物もたくさん入れいます。

2つに分れているコンパートメントは、

  1. PCなどを入れる「ワークコンパートメント」
  2. シューズなどを入れる「クライムコンパートメント」

目を引くのはクライムコンパートメント内にあるシューズ専用の荷室。

全面オープン仕様で使いやすいワークコンパートメント

マムート セオン トランスポーター26Lはワークコンパートメントのジッパーがフルオープンする仕様になっています。

まとめ:マムートのビジネスリュックを街で使おう!

ビジネスリュックとして使える、マムートの「セオンコレクション」。アウトドアで培った、荷物を快適に安全に運ぶ技術が盛り込まれ、ビジネスマンの強い味方として活躍してくれること間違いなしです。

特徴は防水性能の高い生地や、背負いやすいショルダーハーネスなど。デザインもスタイリッシュでスーツに合わせやすいです。

アウトドア好きな人はもちろん、そうでない人も機能的でカッコいいビジネスリュックを探してるなら強くおすすめします!

本記事でご紹介したアイテム一覧

目次
トップへ
気になるところから飛ばし読み
閉じる