メニュー
2021 屋久島のおすすめホテル&民宿|エリア・目的で比較 

【レビュー】ミレー クンブ30は雨蓋無しで軽量、さらに荷物が出しやすい日帰りザック

ハイキングやトレッキングに使える、30リットルクラスのザックは種類も多く、使う人の好みもそれぞれ。

トレッキングザックは雨蓋(トップリッド)が付いたものが主流。ですが、荷物の取り出しやすさで考えるなら、雨蓋が無く、ジッパーで開けるタイプのものもあります。開口部が大きく開いて、奥のものをさっと取り出せるので、カメラ好きや自然観察好きの方に根強い人気があります。

とはいえ、雨蓋なし仕様のザックは中型のトレッキングザックでは数が少なく選択肢が少なめ。さらに、背負やすいザックとなると、探すのも大変です。

そこで、雨蓋無しで背負いやすさ抜群でおすすめのザックが、ミレーの「クンブ30」です。

容量が30リットルと日帰りトレッキング用のザックとしては十分な容量を持ちながら、大きくジッパーで開く開口部のおかげで、奥の方の荷物もすぐに取り出せます。

さらに、ミレーらしく背負心地も抜群なので、一日背負っていても体への負担が少ないです。

雨蓋が無いことで心配な、雨の侵入も、レインカバー付属なので安心。

普段、雨蓋付きのザックを使っている方も、荷物の出し入れのしやすさに驚くかもです。

ということで、本記事では「ミレー クンブ30」をレビューします。

MILLET(ミレー)
¥15,304 (2021/06/17 06:18時点 | Amazon調べ)
\今日は5と0のつく日ポイント5倍/
楽天で探す
本記事の著者

ネイチャーガイド歴17年。
埼玉の秩父出身⇨大学で森林生態学⇨専門学校で環境保全⇨屋久島移住&ネイチャーガイドショップ運営。
年間200日ほどガイドツアーを行う
⇨現在、拠点を関東に移し活動中!

森の中が好き!
もくじ

ミレー クンブ30のスペック・外観のレビュー

ミレー クンブ30は雨蓋(トップリッド)の無い、ジッパータイプのザックです。

本格トレッキングよりはハイキングや旅行向けのザックという位置づけのようですが、背負いやすさや使い勝手は抜群。

雨蓋がないので、荷室の荷物へのアクセスはジッパーを開けるだけの「ワンアクション」で済みます。

オーソドックスなトレッキングのザックは雨蓋があるものが一般的。雨蓋は字面からも分かるとおり、荷室内部に雨が侵入するのを防ぐ役割のもの。

ザックの雨蓋の役割とは
雨蓋タイプのザック

雨蓋のメリット

  • 荷室内部に雨の侵入を防ぐ
  • ストラップを占めることで、荷室を圧縮して、ザックをコンパクトに

雨蓋のデメリット

  • 荷室へのアクセスに一手間かかる
  • やや重量増

荷室に蓋をすることで、雨の侵入を防いだりする役割があります。

その一方で、荷室へアクセスする時に雨蓋を開ける必要があり、ひと手間増えてしまいます。急いでいる時や、疲れている時は、荷物を出すのが面倒だなと感じる原因の一つはこの雨蓋にあると言ってもいいでしょう。

頻繁に小物を取り出すような場合は、むしろ雨蓋が無いほうが利便性が高い場合もあります。

写真撮影が中心のトレッキングや、図鑑を見ることがおおい自然観察などは、雨蓋なしのザックのほうが向いている場合があります。

ミレー クンブ30
メイン素材ナイロン 210D DOUBLE R/S SD (68*62) PU
容量30L
サイズ・背面長S=43cm, M=48cm
重量1140g
レインカバー付属
ハイドレーション

⬆サイズは容量30リットルで、SサイズとMサイズの展開。

雨蓋が無い分重量がやや軽く、1140gに抑えられています。荷物の軽量化を考えるハイカーにもおすすめです。

ザック上部からはメインの荷室・ポケット小・ポケット中にアクセスができます。メインの荷室とポケット中はダブルファスナー仕様です。

ファスナーは止水ファスナーではありません。が、その分、スムーズに開閉できます。

MILLET(ミレー)
¥15,304 (2021/06/17 06:18時点 | Amazon調べ)
\今日は5と0のつく日ポイント5倍/
楽天で探す

ミレー クンブ30の背負心地・使用感レビュー

ミレー クンブ30の背負心地や使用感についてレビューします。

ミレー クンブ30の背負心地

ザックの背負心地を左右する、背面、ショルダーベルト、ヒップベルトについて紹介します。

ミレー クンブ30の背面は凹凸のあるパネルタイプで、型が崩れずしっかりとしています。

中央部が立体成型パネル、サイドがメッシュ素材になっていて、背中にしっかりフィットする作りです。

メッシュ素材なので、汗をかいても速乾性があります。

ショルダーベルトはしっかりとした作り。幅も厚みもしっかりとあるので、肩に食い込みずらいです。

30リットルの容量なので、それほどたくさんの荷物を持つわけではありません。ですが、これだけしっかりとしたベルトなので、背負っていても快適です。

さらに、しっかりとしたカーブが程よく肩に沿ってくれるのも、食い込みづらい要因となっているようです。

ショルダーベルトの前側には、ミレーお得意のハンドレストがあります。

ミレー クンブ30は十分背負心地はいいのですが、この部分に手を掛けると、より肩への荷重が減り、楽になります。長時間の歩行で、肩の当たりを和らげたい時に有効です。

ヒップベルトも、しっかりと幅のある作りで、しっかりと腰を包み込んでくれます。

このサイズのザックなのに、荷物を強く引きつける事ができる、ハーネスが付いています。より、荷物と体のフィット感を高める事ができます。

MILLET(ミレー)
¥15,304 (2021/06/17 06:18時点 | Amazon調べ)
\今日は5と0のつく日ポイント5倍/
楽天で探す

ミレー クンブ30の各部をレビュー

ミレー クンブ30の荷室・ポケット類などの各部を紹介します。

メインとなる荷室はかなり大きく口が開き、荷物の出し入れが本当にしやすいです。

ハイキング中に取り出したい荷物をさっと取り出せます。カメラの愛好家の方なら、レンズをすぐに取り出せるし、自然愛好家の方なら、図鑑をすぐに取り出せます。

ハイキングの時の休憩時に、保温着をさっと取り出せるのも便利です。

雨蓋式だと荷室の奥底にある荷物を取り出すのが面倒で躊躇してしまうことがあるのですが、コレなら気軽に躊躇せず取り出すことが出来ます。

上部には中・小のポケットがそれぞれついています。

それぞれのポケットに荷物を分けられるので、よく使う小物を入れておくのに便利です。

中ポケットのほうには、付属のレインカバーがクリップで取り付けられています。

個人的には、レインカバーはこのポケットではなくても良いと思うので、別の場所に移動してしまったほうが使い勝手が良くなるかもしれません。

レインカバーは頻繁に取り出すものでもないですし、せっかくのアクセスの良いポケットなので、おやつなどを入れておいたほうが良いのかと思います。

幸い、このザックはサイドポケットが深いので、そこに入れておいてもいいですね。

⬇ザック前面には薄手の物がはいりそうなポケットが2つ付いています。

この部分は口が大きく開かないので、地図や図鑑や雑誌などを入れるのに適してそうです。

上からアクセスできるポケットと、サイドからアクセスできるポケットの2つがあります。

ペットボトルや水筒などを入れられるポケットはサイドポケットか、ショルダーベルトのメッシュポケットに。

どちらでも、好きな方に入れられます。

ヒップベルトにはおやつなどの小物を入れられるメッシュポケットが左右に備え付けられています。

残念ながらスマホが入るサイズのポケットではなかったですが、おやつなどを入れておくのにいいですね。

トレッキングストックホルダーもザックの右側に備えられています。

ストックホルダーは若干締め付けが弱かったので、心配ならサイドポケットとサイドのコンプレッションベルトを使って固定したほうが安心かもしれません。

さらに、ミレー クンブ30ザックカバーが付属しています。

雨蓋なしのザックにレインカバーをかけると、上部までしっかり覆えない場合があるのですが、ミレー クンブ30ならしっかりと覆うことができます。

外れる心配もなさそうなので、雨の時も安心です。

ただ、雨蓋が無いことと、荷室の入り口が止水ジッパーでないので、荷室への水の侵入が不安というかたもいるはず。そんんときは、ザック内部に防水バッグや大型のビニル袋などを入れた上で荷物を詰めるといいかもしれません。

MILLET(ミレー)
¥15,304 (2021/06/17 06:18時点 | Amazon調べ)
\今日は5と0のつく日ポイント5倍/
楽天で探す

ミレー クンブ30のレビューまとめ

本記事ではミレー クンブ30についてレビューしました。

ミレー クンブ30は容量が30リットルと、日帰りのハイキングなどでは十分な容量を持ちながら、大きくジッパーで開く開口部のおかげで、奥の方の荷物もすぐに取り出しやすいのが特徴です。

さらに、背負心地も良さも妥協せず、一日背負っていても体に負担が少ない作りになっています。

雨蓋が無いくても、レインカバー付属なので安心。雨蓋がない分軽量なので、軽めのザックを探している方にもおすすめできます。

MILLET(ミレー)
¥15,304 (2021/06/17 06:18時点 | Amazon調べ)
\今日は5と0のつく日ポイント5倍/
楽天で探す

ザックのおすすめと選び方

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

もくじ
閉じる