おすすめ登山リュック 詳しくはこちら

【カリマー tatra25(タトラ25) レビュー】デザイン良くて、背負いやすいリュック!

日帰りハイキングに便利な20リットル〜30リットルクラスの小型リュック。

デザインの良いものならハイキングだけではなく、街でも小旅行にも使えるのでとても便利。

だけど、デザインも使いやすさも両立した小型リュックを見つけるのはなかなか難しいもの。

「デザインが良くてハイキングで使えるリュックが欲しい!」

そんな方におすすめなのが今回ご紹介する「カリマーのタトラ25」です。

カリマーの名品リュック、人気のリッジシリーズを彷彿させるようなデザイン。

それでいて、ヒップベルトやショルダーベルトがしっかりで、背負った時に体への負担を少なくする工夫もしっかりしてます。

といことで、デザイン良し、背負心地良しの「カリマーのタトラ25」をレビューします!

気になるところから飛ばし読み

カリマー タトラ25の概要

さっそくカリマー タトラ25の外観とスペックを見ていきましょう。

全体的に丸みを帯びた可愛らしいスッキリとしたデザイン。

サイズは男女兼用のワンサイズです。

このサイズのリュックなのに、ヒップベルトがしっかりしていて、腰で荷物を背負えます。

カリマー タトラ25の特徴

  • 日帰りのハイキングにちょうどいい小さめサイズ
  • ヒップベルト、ショルダーベルトで背負いやすい
  • デザインがシンプルでカジュアルや散歩にも使いやすい

ひとつあると、ちょっとしたハイキングや、ちょっとした散歩などにも使えそうです。

でざいんがいいので、ついつい持ち出したくなりますよ。

カリマー タトラ25の基本スペック

スクロールできます
重量容量素材気室背面長レインカバー定価
カリマー
tatra25(タトラ25)
730g25LKS-N420HD1気室45cm¥13,200(税込)

本当にオーソドックスなハイキングリュック。

多機能なリュックではありませんが、シンプルで無駄のないリュックです。

カリマー タトラ25の各部分をレビュー

それでは、カリマー タトラ25をもっと詳しくレビューしていきます。

カリマー タトラ25の外観

身長180cmの筆者が背負ってみましたが、しっかり背負えるリュックです。

小ぶりで丸みを帯びたデザイン。ボディー本体部分の大きさに対して、ヒップベルトの幅が広く、荷物をしっかりウェストで支えられます。

全面から見ると、カリマーのシンプルなロゴが目を引きます。カリマーファンにはたまりません。

両サイドにはメッシュのポケット付き。水筒などを収めることができます。

管理人

こぶりながらも背負やすさは抜群です!

横から見ると、肩を包み込んでくれそうな湾曲したショルダーベルトのカーブが美しいです!

株には「tatra25」の文字が入っています。

前面側にはサイドからアクセスできる、ポケットが付いています。

カリマー タトラ25の背負いやすさをチェック

リュックの背負いやすさを左右するカリマー タトラ25の背面構造を見ていきましょう

背面は通気性の高いメッシュとクッション性のあるパッドを採用

背面は集めのクッションを使い、体と接する部分には汗のベタつきを抑えるメッシュ生地を採用しています。

メッシュ部分を拡大してみました。

ショルダーベルトは肩の丸みの沿うような、ウィング上のシルエットです。

実際に背負ってみると、非常にフィット感が高く快適です。

管理人

大型リュック並みのフィッティングへのこだわりが好印象です

背面パネルは三箇所で「折れ曲がる」ようになっていて、背中のカーブに沿って程よくフィットします。

おかげで、リュックと背中の間に空間ができにくく、荷物が背中に近い場所に位置します。

管理人

荷物が背中に近くなるのでブレにくく、疲れづらいです。

ショルダーハーネス部分をチェック

ショルダーハーネス部分について見ていきます。

カリマー タトラ25のショルダーベルトはこのクラスのリュックにしてはかなり厚手の作り

しかも横幅も広いので、たとえ荷物が重たくても重さで肩にショルダーベルトが食い込むことが少ないです。

ショルダーハーネスの裏側もメッシュ素材なので汗をかいてもベタッとしづらくなっています。

荷物を背中に引きつけるスタビライザー機能も備わっています。

スタビライザーを引っ張れば、よりしっかりとしたフィット感を得られます。

管理人

容量の大きなリュックではないのに、大型リュックなみのフィッティング機能が素晴らしい!

チェストストラップは段階的に調整

チェストストラップ付きですが、位置の調整は3段階で選べます。

最近はチェストストラップの位置調整は無段階にできるものが多いいので、この部分は少し残念ポイントです。

といっても、一度セッティングしてしまえば、あまり調整はしないので大きな問題ではありません。

カリマー タトラ25のウェストベルトをチェック

カリマー タトラ25のウェストベルトはこの小型リュックにはアンバランスなほどしっかりとした幅広タイプ。

荷物をしっかりウェストで固定できます。

もちろん、裏面はメッシュ素材に覆われています。厚みもあるので、腰へのあたりも柔らかく快適です。

ウェストベルトはストラップを中から外へ引っ張るタイプです。

ウェストベルトの左右には小物を入れられるポケット付き。

カリマー タトラ25の荷室・ポケット・ストックホルダー

荷物の仕分けのポイントとなる荷室やポケット類について見ていきます。

カリマー タトラ25のポケット類は以下の作り。

  1. メインの荷室☓1
  2. トップポケット☓1
  3. フロントポケット☓1
  4. メッシュ式サイドポケット☓2
  5. ウェストベルトポケット☓2

カリマータトラ25は荷室への雨の侵入を防ぎやすい雨蓋方式。

雨蓋には小物を入れるのに便利なポケットが付けられています。

ポケット内部にはキークリップがあるので、大切な鍵などを落とす心配がありません。

雨蓋を開くと、ドローコードとバックルで開閉できるタイプになっています。

入り口を開くと内部へアクセス可能です。口が広く物が出し入れしやすい1気室構造です。

トップスカートはやや眺めになっているので、少し荷物が増えても対応できそうです。

荷室内部にはメッシュのコンパクトなポケット付き。貴重品などを入れるのに便利そうです。

場所は変わって、リュックの前面側にはサイドからアクセスできるポケットがあります。

それほど容量は大きくありませんが、地図などを入れるのに便利そう。あるいは別売りですがレインカバーなどを入れておくのもいいですね。

サイドにはメッシュタイプのサイドポケットがあります。

500mlのナルゲンボトルを入れられます。

反対側にも同じサイズのメッシュポケット。今度は1Lのナルゲンボトルを入れてみました。ちょっとギリギリです。

ウェストポケット

ウェストベルトにはジッパー式の小物ポケットが付けられています。

おやつなどを入れるのに便利です。

ストックホルダー

トレッキングストックなどはストックホルダーを使うと簡単に取り付けられます。

リュックの右側の上下にある伸縮式のコードでストックをホールドできます。

ストックをホールドするとこんな感じになります。

サイドポケットを利用しても良いですが、リュックが小さいのでストックが上に突き出てしまいました。

ストックホルダーを利用するのが正解のようです。

カリマー タトラ25はどこで買える?

カリマータトラ25は以下のECサイトで販売されているのを確認しました。

公式オンラインショップAmazon
楽天市場Yahoo!ショッピング
GsMALL
tatra25を取り扱っているサイト

各サイト値段はいろいろなので比較してみるといいと思います。

Amazonのプライム会員なら「送料無料」サービスや、自宅で無料で試着ができる「prime try before you buy」サービスをりようできるので大変おすすめです。

まとめ

本記事ではカリマーの25リットルサイズのリュック「tatra25」をレビューしました。

丸みを帯びた可愛らしいデザインとは裏腹にしっかりと背負いやすい機能が優れていて、ハイキングでも十分に使えるしっかりとしたリュックでした。

男女兼用モデルなので、パートナー同士使えるのも嬉しいところです。

また、デザインがシンプルにまとまっているので、小旅行や街歩きにも使えそうで、一つあると便利なリュックだと思います。

ということで、カリマーの「tatra(タトラ)25」の ご紹介でした!

目次
トップへ
気になるところから飛ばし読み
閉じる