無料のレンタル・お一人様からOKの縄文杉・白谷雲水峡のガイドツアー参加者募集中!

「もっとゆっくり贅沢に」1泊2日縄文杉ガイドツアー

「世界遺産の森で夜を過ごして、
縄文杉をこんなに静かに見られるなんて、すごく贅沢!」

これは、このツアーにご参加したお客様の言葉です。

条件が揃えば、朝日に当たる縄文杉も眺められます

夜は縄文杉の近くにある、世界遺産の森の中の小屋で夜を過ごして、

夕方は静かに、翌朝は朝日を浴びる縄文杉を眺める。

そんな、贅沢で特別な時間を過ごせるのが、オーセンの1泊2日縄文杉ツアーです。


縄文杉登山は日帰りで行くのが一般的。

ですが、オーセンではわざわざ時間のかかる『1泊2日縄文杉ツアー』を催行しています。

しかも、年間30回以上は開催するオーセン人気のツアーです。

でもなぜ1泊2日なのか?

 

その理由は、『特別な森で夜を過ごして、最高の状況で縄文杉を楽しんでいただきたいから。』

この一言に尽きると思っています。

 

正直、縄文杉に行く手軽さで言えば、日帰りスタイルの方が有利です。

日帰りならば、荷物だって軽くて済みますし、お宿に帰れば、お風呂に入ってお布団で眠れます。

しかし1泊2日だと、荷物も増え、普段の生活とは違いますから、様々な不便なことも出てきます。

 

ですが、1泊2日縄文杉ツアーには、日帰りではできない『世界遺産の美しい森で夜を過ごす』という体験をすることができます。

日帰りトレッキングツアーの半分のペースです。

ですので、多くの日帰りトレッキング登山者と時間をずらせ、静かにゆっくり歩けるのも魅力です。

また、朝日に染まる縄文杉を堪能できます。屋久島の自然を深く味わいたい方におすすめのツアーです。

夕食後の高塚小屋で夕焼けを眺める

  • ゆっくりと静かな屋久島の山を歩きたい方。
  • 世界遺産の森で夜を過ごして、朝焼けの縄文杉に会いたい方。
  • 人混みの忙しい日帰りトレッキングではなく、屋久島の自然と縄文杉を深く味わいたい方。

もし、登山初心者で道具を持っていない方でしたら、山を歩けるウェア、足に合った登山靴だけご用意下さい。

その他、ザックや寝袋、レインウェアなど、宿泊登山に必要な道具はオーセンが無料でレンタルいたします。

 

そしてお一人様でも追加料金なしでご参加いただけます。

また、送迎や【往復バス料金1,380円/人】の手配&料金も全てガイド料に含まれております。

 

山の上での食事はガイドが『鹿児島の食材』を使った、暖かい料理を手作りいたします。

世界遺産の森の中で、静かに贅沢な時間を過ごせるのが1泊2日縄文杉ツアーの魅力です。

スポンサードサーチ

ツアー料金

通常プラン貸切プラン
料金43,000円/人(税込)追加料金30,000円
4名様以上で追加料金無料

※2019年2月26日より山岳保全協力金2,000円分を差引いたお値段に改正いたしました。既に旧料金でお支払いの方は現地にてご返金いたします。詳しくはお問い合わせ下さい。

【料金に含まれるもの】
・ガイド料・送迎・レンタル・傷害保険料
・往復バス料金1380円/人
(ご自身でご用意される場合は相当額を割引ます。)
・ツアー中の食事3食(1日目の夕食、2日目の朝食・昼食)
※1日目の昼弁当は1食500円にて代行注文を承ります。

ツアーのご参加条件

  • 参加年齢: 13歳〜65歳
  • 催行人数: 1名から最大5名(平均:3~4名程度)
  • 開催期間: 3月15日〜11月23日
  • 体力度: 初級〜中級レベル。長時間(1日9時間以上)歩ける方向けです。
  • 健康状態: 心臓病のような重大な持病をもってない健康な方
  • 送迎範囲: 安房地区〜尾之間地区まで

※貸し切りツアーの場合17時以降の便でしたら、空港や港へもお送りすることが可能です。

しかし、ツアー中のトラブル等で搭乗できないこともございます。

できれば、ツアー終了翌日のお帰りをお勧めいたします。

1泊2日縄文杉ツアーのオススメ特典

無料の山道具レンタルあり

「レインウエア ・ザック・寝袋・マット・ヘッドライト・ストック・食器・テント・ダウンジャケット(春秋)」

などは全て無料でレンタル可能です。お客様は登山ウェアと登山靴をご用意下さい。
無料レンタルを詳しく見る

1,380円分の登山バス往復チケット込みの料金設定

登山口までの往復のバスチケットはガイド料金に含まれています。

無料送迎がついているので安心。

屋久島の南側「尾之間地区〜安房地区」にお泊まりの方は送迎可能です。

その他の地区にお泊まりの方はバスやレンタカー等で屋久杉自然館までお越し下さい。

追加料金ナシでお一人様からOK!

追加料金がないので一人旅の方に嬉しい料金設定です。

無料でグループ貸切(4名様以上)になります

グループ(4名以上)なら貸切料金30,000円が無料になります。

ツアー催行予定は?スケジュール

  • ツアーの開催状況をご確認ください。開催予定がない日程も、ご希望の日程やツアーがございましたらご相談下さい。
  • ツアースケジュールの情報は常に更新を心がけておりますが、反映が遅れる場合もございます。何卒ご了承ください。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。


1泊2日縄文杉ツアーは静かな縄文杉を楽しめる

縄文杉トレッキングのイメージは、

「もっと、人が多くて行列で縄文杉にいくのかと思っていました。」

というのが一般的かもしれません。

縄文杉登山は日帰りで行くのが主流。

 

およそ、9割以上の方は日帰り登山で縄文杉に行くといわれています。

日帰り登山だとみなさん同じ時間にスタートして&同じ時間に帰ってくるというコースタイム。

特に、ハイシーズンであるGWや夏休み期間は混雑するのも当然です。

日帰り縄文杉のピーク時

縄文杉を静かに頼む裏技は泊まりで行くこと

けれども、山に宿泊するスタイルならば、日帰り登山客が帰った後の静かな時間の縄文杉に到着。

時間に余裕もありますから、ゆっくりと、じっくりと静かに縄文杉を眺める事ができます。

本当に森の奥なので車のエンジンの音も、人の喧騒もない、

静かな森の中でゆっくりと縄文杉を眺める時間は贅沢そのものです。

1泊2日だと人が少なくなった時間帯に到着

縄文杉に朝日があたるのを期待して

奇跡的にも縄文杉は東向きの斜面に立っています。

天気の条件が良ければ、縄文杉に朝日が当たり、赤く染まることもあります。

ほんの10数分の間のわずかな時間でが、あまりにも美しい瞬間です。

必ず見られるとは限りませんが、朝の静かな縄文杉は気持ちのいい時間であることは間違いありません。

 

朝も夜明け前から


スポンサードサーチ

1泊2日縄文杉ツアーは「山に泊まる」を贅沢に楽しめる

屋久島は1993年、日本で最初の世界自然遺産に選ばれました。

現在、国内で世界自然遺産は屋久島、白神山地、知床、小笠原等、数カ所しかありません。

 

この世界遺産の森の中で、シュラフを使って自然を直に感じながら寝るなんて、なかなかできない体験です。

山小屋に泊まることもあれば、持参したテントで寝ることもあります。

不便もあるけど、冒険気分になれる場所

このツアーで利用する山小屋は「高塚小屋」と呼ばれる避難小屋。

水道も電気もなく、ましてや布団もありませんので、寝袋も全部持参しなければなりません。

 

夜になれば本当に真っ暗。

ヘッドライトの明かりを頼りに過ごさなければならず、正直便利さとは程遠い場所です。

そして仮に、その避難小屋が満員ならばテントで寝ることになります。

そんなところで一晩過ごすなんて、大丈夫かしら?と不安もあるでしょう。

けれども、ちょっとだけ見方を変えると、実は凄く贅沢な場所である事に気づくはず。

 

この森が世界遺産になれたのも、自然が状態良く残されていたから。

何でも揃っている便利な山小屋ではなく、必要最小限のシンプルな避難小屋のほうがこの場所にはふさわしいのです。

 

そんな自然の要素がたっぷりの場所でヘッドライトの明かりを頼りに、

寝袋で寝て、小屋が満員ならば雨の中でもテントで寝る事になります。

普段の街の便利な生活とは程遠い環境。

でも、その不便さを少し楽しむという事であれば、これ以上に素敵な場所はないはずです。

世界遺産の森の夜は特別

木の間からは星空を眺めることが出来ることもあります。

屋久島 1泊2日縄文杉ガイドツアー

木々の間から天ノ川も

風の音、鳥の声、ヤクシカなどの動物の気配を感じながら、一晩を森の中で過ごしてみて下さい。

最初は少し緊張して眠れないかもしれませんが、不思議な感覚です。

 

お子様だったらまるで冒険をしているような気分でしょう。

もちろん、大人だって、都会の生活で味わえない感覚をおぼえるはずです。

世界遺産の屋久島の森に包まれる夜は、より深く自然と自分を感じられる時間になります。


スポンサードサーチ

アウトドアでもおいしいごはんを!

たくさん歩いた後は、ガイドが作る暖かい食事をどうぞ

たくさん歩けばお腹も減ります。

ただ、宿泊する高塚小屋はただの避難小屋ですので、そこにレストランはありません。

だから、食事はふもとから担いでいく必要があります。

でも、そこはガイドが食材を運びますからご安心ください。

 

山の食事は簡素なインスタント食品でも十分美味しいのですが、そこはちょっとがんばって

ガイドが手作りする暖かい料理をご用意します。

食材はできるだけ地産地消を意識して、鹿児島や屋久島のものを選んでいます。

料理の内容はその日によって変化しますが、鹿児島の美味しいお肉を使った料理がメインとなります。

ツアーには山小屋での夕食、翌朝の朝食と昼食の合計3食がツアーに含まれています。

(初日のお昼のお弁当はお宿でご用意していただくかorオーセンでも代行注文も承ります。)

 

山の中という不便な環境ですので、食材や調理道具・調理スタイルも限られます。

なかなか凝ったものは出来ませんが、体の温まる料理をお召し上がりください。


オーセンの1泊2日縄文杉ツアーの特典の詳細

オーセンの1泊2日縄文杉ツアーの特典をご紹介します。

特典1 無料の装備レンタル ウェアと登山靴だけご用意ください。

オーセンでは山小屋泊に必要な道具は無料でレンタル可能です。

あとはウェアとご自身の足にあった登山靴をご用意ください。

 

レンタルのアウトド装備は無料だからといって、安価な道具は使うことはせず、

できるだけ軽量で高性能のアイテムを使用しています。

無料レンタルアイテム一例

  • ザックは軽量&防水機能も備えたマウンテンハードウェア社製orアークテリクス社製。
  • シュラフは800フィルパワーの高性能なダウンを詰め込んだ、モンベル社製の3シーズン用。
  • スリーピングマットは氷の上でも眠れるほどの保温力を持ち、地面からの冷えを遮るサーマレスト社製のNEOAirを使用。
  • 着心地とデザインに優れたアークテリクス社製のゴアテックス製のレインジャケット
  • 日本人の体型に会うモンベル性のゴアテックス製のレインパンツ。

せっかくの縄文杉登山ですから、少しでも登山の不快さや苦痛を柔らげたい。

そんな思いから、無料でも手を抜かずに高性能のアイテムを利用しています

無料レンタルのアイテムにしてはオーセンの道具は高機能すぎるかもしれません。

 

けれども、これだけの高機能なアイテムを使用することで、慣れない山の中で宿泊することの体や精神的な負担を軽減。

寒い夜でも暖かく、しっかりと休息を取る事が可能になります。

無料レンタルについて詳しく見る

特典2 1名様から追加料金ナシでご予約OK!

こちらのツアーは1名様から追加料金なしでご予約可能です。

少人数制のツアーで、他のお客様との混合ツアーの場合は最大4名様まで。

縄文杉

特典3 無料でグループ貸切(4名以上)OK!

さらに4名様以上でしたら貸切料金30000円が無料にて貸切ツアーとなります

貸切ツアーならば、

  • グループ・家族旅行で楽しみたい
  • 年齢を重ねてきて体力が心配だから(気兼ねなく自分たちだけで楽しみたい)
  • ツアーが終わったら、早めの飛行機で帰りたい
  • ツアー終了後に温泉に寄ってもらいたい
  • ツアー対象年齢に満たない子供がいる

など、自分たちのスタイルにセミオーダーすることも可能です。

ちょっとの雨なら美しい縄文杉

家族旅行やグループ旅行、自分たちだけの特別な旅行を企画されている方は、

貸切プランをお気軽にお問い合わせ下さい。

特典4 対象地域のお宿なら送迎つき

ツアー当日の朝のお泊まり先が、「屋久島の南側、安房地区から尾之間地区」ならガイドの車で送迎も可能です。

送迎のお時間は朝4:40〜5:30頃。その日のお客様のご宿泊先によって変化します。

 

その他の地区にお泊まりのお客様は、ツアー当日の朝にレンタカーやバス等で屋久杉自然館の駐車場までお越しください。

オーセンオススメの送迎可能なお宿もございますので、ご予約の際にお問い合わせ下さい。

特典5 1,380円の往復バスチケット付き。事前購入の手間が省けます

荒川登山口までは安房地区の屋久杉自然館から、往復バスorタクシー利用が義務付けられています。

このバスの往復チケットは通常事前の手配が必要ですが、

オーセンのツアーではこのチケットも含まれていますのでご安心ください。


お申し込みはこちらから

誠に申し訳ございません!
ツアーは月に数回のみの限定開催です

誠に申し訳ございません。こちらのツアーの催行はひと月に数回程度の開催となります。

このツアーはオーセンのガイドも大好きで思い入れのあるツアーなのでが、

ガイドの体力を酷使するツアーでもあるので、ひと月に数回程度の催行が精一杯です。

ツアーの日程もガイドの空き状況次第で先着順ですので、参加をご希望のお客様はお早めにご予約ください。

スポンサードサーチ

ツアー料金

通常プラン貸切ツアー
料金43,000円/人(税込)追加料金30,000円
4名様以上で追加料金無料

※2019年2月26日より山岳保全協力金2,000円分を差引いたお値段に改正いたしました。既に旧料金でお支払いの方は現地にてご返金いたします。詳しくはお問い合わせ下さい。

【料金に含まれるもの】
・ガイド料・送迎・装備レンタル・傷害保険料
・往復バス料金 1380円/人
※ご自身でご用意される場合は相当額を割引ます。
・ツアー中の食事3食(1日目の夕食、2日目の朝食&昼食)
※1日目の昼弁当が必要の方は1食500円にて代行注文を承ります。

ツアー条件

  • 参加年齢: 13歳〜65歳
  • 催行人数: 1名から最大5名(平均:3~4名程度)
  • 開催期間: 3月15日〜11月23日
  • 体力度: 初級〜中級レベル。長時間(1日9時間以上)歩ける方向けです。
  • 健康状態: 心臓病のような重大な持病をもってない健康な方
  • 送迎範囲: 安房地区〜尾之間地区まで

※貸し切りツアーの場合17時以降の便でしたら、空港や港へもお送りすることが可能です.

しかし、ツアー中のトラブル等で搭乗できないこともございます。できれば、ツアー終了翌日のお帰りをお勧めいたします。

ツアースケジュール

  • ツアーの開催状況をご確認ください。開催予定がない日程も、ご希望の日程やツアーがございましたらご相談下さい。
  • ツアースケジュールの情報は常に更新を心がけておりますが、反映が遅れる場合もございます。何卒ご了承ください。

ご希望の月日を選択して下さい。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

ツアーの流れ

1泊2日縄文杉ツアーのツアースケジュール例です。尚、お客様の体力や気象条件によってはスケジュールの変更がございますので、あくまで目安としてご覧下さい。

1日目のスケジュール

  • am.5:00〜
    ご宿泊先へお迎え〜バスで登山口へ

    お客様がお泊まりのお宿に順次お迎え。送迎可能範囲は「安房地区〜尾之間地区」。

    その他の地区にお泊まりの方は屋久杉自然館に朝5:30までにご集合下さい。

    バス停の駐車場にて荷物のパッキングとお手洗いを済ませて、バスに乗りましょう。40分ほどで荒川登山口です。

  • am.7:30〜
    荒川登山口出発〜トロッコ道

    屋久杉自然館で荷物のパッキングをして荒川登山口行きのバスに乗ります。

    登山口に到着したら準備体操等をしていよいよ出発です。スタートから続くトロッコ道。

    途中何度か休憩を挟みながら歩けば、やっとトロッコ道終点に到着です。

  • am.11:00〜
    トロッコ道終点〜縄文杉
    その後からいよいよ本番の山道です。
    途中、ウィルソン株や大王杉などを見ながら縄文杉に近づいていきます。
    登りの道は大変ですが、歩くほどに巨木が出てきますので、がんばりがいがあります。
  • pm.14:30
    縄文杉&高塚小屋到着

    途中、下山する日帰り登山者とすれ違いながら進み歩きます。

    人が少なくなり森も静かになってきたら縄文杉はすぐそこです。

     

    午後の時間帯に到着しますので、ゆっくりと縄文杉を眺めましょう。

    縄文杉を眺め終わったら、10分ほど先にある高塚小屋へ移動します。

  • pm.19:30
    消灯・就寝

    山小屋に到着したら、寝床の確保・着替えなどをして、食事をします。

    食事はガイドが作りますので、出来上がるまではゆっくりしていてください。

    お酒がお好きな方もぜひお持ちくださいね。

     

    就寝は19:30〜20:00頃と早い時間です。

    一日の疲れもありますし、周りの方も寝床につく時間です。山の夜は早いのです。

2日目のスケジュール

  • am.4:00〜
    起床&朝の縄文杉
    その時期の日の出の時間によって、起床時間は変わりますが、おおよそ4:00〜5:00に起床します。
    朝のお手洗いを済ませたら、朝の縄文杉を見に行きましょう。
    お天気が良ければ朝にひそまる縄文杉が見られるかもしれません。
  • am.7:30〜
    朝食&出発準備
    朝の縄文杉を眺めたら、一度小屋に戻って朝食を取りましょう。
    ガイドが料理を作っている間に、荷物をまとめたりと出発の準備をお願いいたします。
    朝食が済んだら、1日目と同じ道を下山していきます。
  • am.11:00〜
    下山〜トロッコ道途中で昼食

    1日目と同じ道を下山していきますので、初日に撮り逃した場所があれば、再び撮影のチャンスがあります。

    ウィルソン株などは1日目とは光の当たり方が違うので、切り株の中の雰囲気も違ってるはずです。

    トロッコ道に出たら、居心地の良い場所を見つけて昼食を取りましょう。

    1泊2日縄文杉&白谷雲水峡ツアー
  • pm.14:30
    荒川登山口に到着。お宿にお送り

    最後、トロッコ道を抜ければ、出口の荒川登山口に到着です。

    15:00発のバスに乗って下山しましょう。

    それから各お宿へガイドの車にてお送りいたします。

    下山後に温泉をご希望の方は温泉施設までお送り可能です。JRホテルの日帰り温泉か尾之間温泉へお送りできます。

MEMO
  • コースタイムはあくまで目安です。季節や参加人数・年齢等により時間に±60分程度のズレが生じる場合がございます。
  • 縄文杉登山の日の朝食はバスの待ち時間等で食べます。ご一緒にお持ちください。

良くあるご質問

Q,山登りの道具を全く持っていません。登山靴のレンタルはありませんか?

オーセンでお貸出しできるのは、ザック、レインウェア、寝袋、ヘッドライト、マット、ストック、食器、テントの一部、となっております。

誠に申し訳ございませんが、登山用のウェアと登山靴に関してはお客様ご自身で体に合うものをご用意いただいております。

また、屋久島ではアウトドア用品のレンタルショップもございます。

 

以下にご紹介いたしますのでお問い合わせください。

また、最近は郵送でアウトドア用品をレンタルするサービスもございますので、ご検討ください。

Q,荷物の重さはどれくらいになりますか?

寝袋とマットなど最低限の道具でだいたい7〜8kg。食材はガイドが持ちます。

山に寝袋やマット、テントのパーツなどを持って行くとなると、どれくらいの重さになるか重量が心配です。

 

けれども、オーセンで無料レンタルしている道具をご利用いただければ、ご自身の着替え等を含めても7〜8kg位の軽さに収まるはずです。

オーセンではお客様のお荷物が重くなりすぎないように、軽量で高機能な道具を無料レンタルしています。

Q,日帰りと1泊2日はどちらが楽でしょうか?

縄文杉登山は荒川登山口からだと往復25km程度、40,000歩前後という長大なコース。

このルートを日帰りで行くか、2日間に分けて山泊スタイルで行くかというのがポイントになります。

 

個人的な感想ですが、

「荷物の量が増えたとしても、ゆっくりと1泊2日の山泊スタイルで行った方が体力的には楽なようです。」

1泊2日ならば片道12km程度、20,000歩を1日で歩けばいいと思うとグッとそのハードルが下がります。

さらに、行動時間は朝スタートして夕方前までに縄文杉に到着すればいいので、1日6〜8時間とたっぷりあります。

ということは日帰りよりもさらにゆっくりと歩けるのです。

 

ただ、荷物が7kg前後となりますので、やはり事前に体力づくりはしておいたほうが良いでしょう。

もし、運動習慣が無いのであれば、この機会に少しづつ、歩くことから初めてみてはいかがでしょうか?

Q,参加年齢は何歳から何歳までですか?

ツアーのプランによって異なります。

通常プランですと、13歳〜65歳までとさせていただきます。

また、貸切プランでしたら対象年齢外の方も可能の場合がございます。一度ご相談ください。

 

通常プランですと他のお客様とご一緒になることもあるため、確実に縄文杉に到着する事が必要です。

そのため、誠に勝手ながら年齢の幅を狭くしております。

逆に貸切プランでしたら、小学校高学年のお子様からご参加可能ですので、家族でご一緒にご参加される事も可能です。

スポンサードサーチ

ツアー料金

通常プラン貸切プラン
料金43,000円/人(税込)追加料金30,000円
4名様以上で追加料金無料

※2019年2月26日より山岳保全協力金2,000円分を差引いたお値段に改正いたしました。既に旧料金でお支払いの方は現地にてご返金いたします。詳しくはお問い合わせ下さい。

【料金にふくまれるもの】
・ガイド料・送迎・レンタル・傷害保険料
・往復バス料金 1380円/人
・ツアー中の食事3食(1日目の夕食、2日目の朝食&昼食)
※1日目の昼弁当が必要の方は1食500円にて代行注文を承ります。

ツアーご参加条件

  • 参加年齢: 13歳〜65歳
  • 催行人数: 1名から最大5名(平均:3~4名程度)
  • 開催期間: 3月15日〜11月23日
  • 体力度: 初級〜中級レベル。長時間(1日9時間以上)歩ける方向けです。
  • 健康状態: 心臓病のような重大な持病をもってない健康な方
  • 送迎範囲: 安房地区〜尾之間地区まで

※貸し切りツアーの場合17時以降の便でしたら、空港や港へもお送りすることが可能です。

しかし、ツアー中のトラブル等で搭乗できないこともございます。できれば、ツアー終了翌日のお帰りをお勧めいたします。

ツアーご参加特典

無料の山道具レンタルあり

「レインウエア ・ザック・寝袋・マット・ヘッドライト・ストック・食器・テント・ダウンジャケット(春秋)」

などは全て無料でレンタル可能です。お客様は登山ウェアと登山靴をご用意下さい。
無料レンタルを詳しく見る

1,380円分の登山バス往復チケット込みの料金設定

登山口までの往復のバスチケットはガイド料金に含まれています。

無料送迎がついているので安心。

屋久島の南側「尾之間地区〜安房地区」にお泊まりの方は送迎可能です。

その他の地区にお泊まりの方はバスやレンタカー等で屋久杉自然館までお越し下さい。

追加料金ナシでお一人様からOK!

追加料金がないので一人旅の方に嬉しい料金設定です。

無料でグループ貸切(4名様以上)になります

グループ(4名以上)なら貸切料金をいただかなくても無料で貸切ツアーとなります。

ツアースケジュール

  • ツアーの開催状況をご確認ください。開催予定がない日程も、ご希望の日程やツアーがございましたらご相談下さい。
  • ツアースケジュールの情報は常に更新を心がけておりますが、反映が遅れる場合もございます。何卒ご了承ください。

ご希望の月日を選択して下さい。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

ツアーの注意事項

ツアーご参加のお客様は必ずお読みください。

1 安全なツアーの為のお願い

  • 悪天候時や不測の事態により、ツアー参加者及びガイドに危険が生じる恐れのある場合は、ガイドの判断によりツアーを中止、変更する場合があります。
  • 気象に関わる警報が発せられた場合、安全の確保のためツアーは強制的に中止となります。また、警報発令時に起きた事故には保険が適用されない場合がございます。
  • ツアー参加の条件として、こちらで用意した傷害保険への加入が必須となります。(料金はツアー代に含まれています。)また、お客様ご自身でもアウトドア用の保険にご加入される事をお勧めいたします。

2 お支払い・キャンセル・返金について

お支払い

料金はガイドツアー終了後に直接ガイドに現金にてお支払いください。
事前にお振込いただくことも可能です。恐れ入りますが手数料はお客様ご負担となりますので何卒よろしくお願いいたします。
尚、クレジットカードによる決済は行っておりません。

[口座番号]住信SBIネット銀行 ミカン支店 (103) 普通3774056
[氏名]佐藤崇之(サトウタカユキ)

キャンセル料

お客様のご都合により、やむをえずガイドツアーをキャンセルされる場合は以下のキャンセル料を申し受けます。
また、屋久島までの飛行機や船の欠航、台風時などのキャンセルの場合はキャンセル料は発生いたしませんのでご安心ください。

ガイドエコツアー日より起算して
  • 21日前より・・・・・・・・ガイドエコツアー代金の30%
  • 7日前より・・・・・・・・ガイドエコツアー代金の50%
  • 3日前より・・・・・・・・ガイドエコツアー代金の100%

返金

  • 悪天候等でガイドエコツアー開始前に中止になった場合、事前にお振込みいただいたガイドエコツアー代金は全額を返金いたします。
  • ガイドエコツアー開始後にコースの変更等があった場合、ツアーが終了するまではガイドはお客様の安全の確保、自然解説等のガイドサービスを提供いたしますので、ガイドエコツアー代金の減額はございません。何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

3 基本装備について

→参考:屋久島 1泊2日縄文杉登山ツアーの持ち物と防水方法
◆お客様にご用意いただくもの
【一部のアイテムは無料レンタルもございます。お気軽にお申し付け下さい。】

  • 40リットル以上のザック【無料レンタルあり】
  • レインウェア【無料レンタルあり】
    (ゴアテックス等の防水透湿性素材で登山用のもの)
  • 寝袋【無料レンタルあり】
  • 寝袋用マット【無料レンタルあり】
  • ヘッドライト【無料レンタルあり】
  • トイレットペーパー(半ロール程度)
  • ペットボトル(500ml程度1本)
  • おやつ(お気に入りのものを日数分)
  • 肌着・靴下の着替え
  • タオルor手ぬぐい1枚
  • 帽子

※その他テントの一部、ご自身の食器をお持ちいただきます。

◆あると良いもの(荷物に余裕があれば)

  • トレッキングポール
  • サプリメント類(ビタミン、アミノ酸)
  • 嗜好品(お酒など)
  • 耳栓(就寝時のいびきや雨音などの騒音対策)
  • 常備薬、保険証のコピー
  • 日焼け止め
  • 折りたたみ傘
荷物軽量化のコツ

上着やズボンは速乾性のものをご用意いただくと着替えが必要なくなり軽量化になります。屋久島は水場が多いので飲み物は1リットル以内で十分です。

◆ガイドが持つ共同装備は以下の通りです。参考にしてください。
調理道具、食料、飲み物(コーヒー・お茶等)、救急セット(薬品、テーピング等)、タープ、携帯トイレ、

4 無料レンタルについて

レンタルの道具は当日の朝、登山口にてお渡し&パッキングします。ご自身のお荷物はビニールの袋などにまとめておくと防水にもなり便利です。

寒さ対策の為に

保温力アップのためダウンジャケット、ダウンパンツ、ダウンソックスの無料レンタルもございます。

レンタル品の取り扱いについて

オーセン屋久島のツアーで使用しているレンタル装備は無料のアイテムでもできるだけ高品質のものを使用しております。ですので、ツアー中の取り扱いには十分ご注意ください。アウトドア活動中の不意の損傷は仕方ありませんが、故意に損傷された場合は修理費等をご請求させていただく場合がございます。

5 服装について

大切なポイント

  • できるだけ登山・スポーツウェアをご用意ください。綿製品は濡れると動きづらさや寒さの原因となりますので避けて下さい。
  • 登山靴は防水性のあるものをご用意下さい。(撥水スプレーは防水効果はありません)

参考:屋久島登山 気温と服装のヒント

春と秋の服装 4月、9月後半~10月

  • トップス:速乾性やウールの薄手の半袖シャツ+長袖シャツ
  • ボトム:速乾性の長ズボンやハーフパンツ+タイツ
  • アウター:アウターは厚手のフリース等
  • その他:暖かい手袋や帽子、休憩時にダウンジャケット

気温が5度前後まで冷えることもある季節です。また、日によって大きく気温が変化します。寒くても暑くても重ね着で対応できるように、衣類は幅広くお持ちください。

また、寒さに弱い方は保温のために更に薄手のダウンジャケットなどをプラスします。

夏の服装<6月〜9月前半頃>

  • トップス:速乾性やウールの半袖シャツ
  • ボトム:薄手の長ズボンorハーフパンツ+タイツ
  • アウター:ウインドブレーカーや長袖シャツなどの羽織もの
  • その他:雨が降ればそれなりに寒くなります。レインウェアも忘れずに。

登山中は汗を多くかく季節です。シャツは薄手のものを選び汗をかきすぎない工夫が必要です。反面、気温が下がっても対応できるようにウィンドブレーカーがあるとよいでしょう。

冬の服装<11月後半〜3月頃>

  • アンダーウェア:化繊やウール等の中厚手の保温性アンダーウェア
  • トップス:長袖シャツや薄手のフリース
  • 中間着:さらにフリース
  • ボトムス:厚手の長ズボン(寒いときは下にタイツなどをプラスしても。)
  • その他:休憩時用に厚手のフリースやダウン、暖かい手袋や帽子をプラス。必要に応じてカイロなども。

非常に冷え込みます。保温性の高い服装を選びましょう。
※オーセン屋久島では山に泊まる際の就寝時の保温力アップのためにダウン製のジャケット&パンツ&ソックスの無料レンタルもございます。

6 ツアーの食事について

  • ツアーには1日目の夕食から2日目の朝食、昼食が含まれています。
  • アレルギー等で食べられないものがある方はツアーの3日前までにお知らせください。ただし、山中での調理は制約があるために十分には対応できない場合がございますのでご了承ください。
  • 初日の昼食のみお客様ご自身でご準備いただいております。また、1食500円にて弁当店に代行予約も承っております。前日の打ち合わせのお電話の際にお申し付け下さい。

7 傷害保険への加入について

ツアーにご参加の際は以下の保障内容の傷害保険に加入いたします。なお、以下の保障内容以上の保障は致しかねますのでご了承下さい。

  • ・死亡保険金・・・・・500万円
  • ・入院保険金日額・・・5,000円
  • ・手術保険金・・・・・入院保険金の10倍、20倍、40倍
  • ・通院保険金日額・・・3,000円

上記以上の保証が必要の場合はお客様ご自身でも山岳保険等にご加入する事をお勧めいたします。

8 体力づくり・トレーニングのお願い

普段、歩きなれていない方が山を歩くと足が痛くなったり、息切れをしてしまうことが良くあります。オーセンではゆっくりとツアーを進めていきますが、それでも急斜面など大変な箇所もあります。屋久島に来る前に体慣らしをしておくと随分と楽になります。

  • トレーニング① 高低差のあるところを歩く
    近辺の山を歩くのが一番ですが、時間がない場合は駅やビルの階段を積極的に使う事(上りも下りも)で山に必要な筋肉を慣れさせます。
  • トレーニング② スクワットをする
    時間のない方はスクワットなどをして足の筋肉を慣れさせておいて下さい。筋肉痛になるほどがんばらなくてもいいですが、やっておくと随分と違います。
  • トレーニング③ しっかり休養をとる
    屋久島に来る1週間前までには体力づくりを終えて休養しておいて下さい。また、休養をしっかり取って、体力を回復しておくのも大切です。

9 ツアーまでの流れ

  • ご予約メールの注意事項等をお読みください。ご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。
  • 運動不足気味の方は屋久島に来る前に良く歩いたり、階段を登るなどして体を慣らしておいてください。
  • 寝不足や風邪など、体調を崩さぬようお気をつけ下さい。

ツアー前日

ツアーの打ち合わせの為、夕方頃にガイド携帯電話090-2478-9520(佐藤個人)or050-5867-5935(事務所)からお客様の携帯電話へお電話いたします。

  • ※携帯電話は繋がるようにしておいてください。
  • ※携帯電話の電波が届かないお宿もございます。またお泊り先へのお電話はいたしませんので、夜19:00までにこちらからの電話が無い場合は弊店までお電話下さい。
    携帯 090-2478-9520(佐藤個人)
    事務所  050-5867-5935(オーセン)
  • ※16:00~19:00の間にご都合がつかない場合は事前にご連絡をいただきますようお願いいたします。

ツアースケジュール

  • ツアーの開催状況をご確認ください。開催予定がない日程も、ご希望の日程やツアーがございましたらご相談下さい。
  • ツアースケジュールの情報は常に更新を心がけておりますが、反映が遅れる場合もございます。何卒ご了承ください。

ご希望の月日を選択して下さい。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。