お一人ご参加OK!レンタル無料のガイドツアー

屋久島の登山に便利なお宿をご紹介

登山前日は登山口に近い地区のお宿で

登山の日は朝早く起きて、早めに出発したいもの。そのためには前日に泊まる宿は登山口に近いところがおすすめです。

屋久島は島といえども、かなり大きな島。例えば、日帰り縄文杉登山の入り口である「荒川登山口」までは、宮之浦地区から車で1時間10分もかかります(実際はシャトルバスに乗り換えるので、待ち時間を入れると2時間はかかります)。

そうなると、登山口から遠いお宿になるほど、朝の起床時間が早まります。

登山の前日は利用する登山口に近い地区で宿泊するのがおすすめです。

白谷雲水峡から入山するなら宮之浦のこちらのお宿がおすすめ

屋久島の宮之浦地区は白谷雲水峡の麓にあります。そして、屋久島で最も大きな集落(屋久島では集落という呼び方が一般的)です。

お宿も多くあり、スーパーなどもありますので何かと便利な場所です。また港から歩いていける距離にもあります。白谷雲水峡を目指すなら宮之浦のお宿がおすすめです。

【宮之浦】白谷雲水峡へ行くのに便利なオススメの宿 

荒川登山口に便利な安房のこちらのお宿がおすすめ

屋久島の第2の街である安房集落。縄文杉へ日帰りで利用する荒川登山口に一番近い街です。街の規模は宮之浦に負けますが、こちらも小規模な港があり、早朝出発&夕方到着の高速船もこの安房に到着します。

朝が早い縄文杉登山。縄文杉登山の前日は一番近い安房にお宿を取るのがおすすめです。宮之浦地区からだと片道30分のドライブが必要ですので、安全のためにも(朝は眠くて、帰りは疲れています)近場のお宿が良いでしょう。

【安房】縄文杉登山に便利なオススメの宿