メニュー
オーセンのネイチャーガイドエコツアー一覧 詳しく見る▶

【グレゴリー ジュノー24ブログレビュー】 レディース向け背中が涼しい日帰り登山リュック

※当サイトはプロモーションを含む場合があります

レディース向け日帰り登山・ハイキングリュックにおすすめなグレゴリー ジュノー24

グレゴリージュノー24の特徴は下記の3つ

  1. 優れた通気性: ベイパースパン・サスペンションの採用により、長時間の使用でも背中が蒸れにくく、快適に使用できます。
  2. 女性専用設計:ショルダーハーネスやヒップベルトが女性の体型に合わせて作られているため、体によく馴染みます。
  3. 使いやすいポケット類: 各所に使いやすいポケットが多数配置。ヒップベルトには大型のジッパーポケット、両サイドのメッシュポケットなど、小物の整理に便利です。

要約すると「通気性が高く暑い季節にピッタリの小型トレッキングリュック!」なのです。

  • 夏の暑い時期に背中が蒸れないリュックを探している
  • 女性の体にあったリュックが欲しい
  • 背負いやすさや使いやすさも犠牲にしたくない

そんなリュックを探している女性の方はぜひチェックしてみてください!

本記事では、そんなグレゴリー ジュノー24を詳しくブログレビューしていきます。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)
目次

グレゴリー ジュノー24のスペックと特徴

スペック

スペック詳細
商品名ジュノー24
カラーエメラルドグリーン
ビンテージブルー
ミネラルイエロー
価格¥19,800
容量24L
重量875g
最大積載重量9.1㎏

特徴1:通気性の高い背面で汗をかきすぎず体力の消耗を防ぐ

グレゴリー ジュノー24の特徴の一つが、吸湿発散性メッシュと合金製外周フレームを備えた背面システム「ベイパースパン・サスペンション」。

非常に通気性の高いメッシュの背面パネルで、背中の排熱を効率的に促してくれます。

また、リュック本体とメッシュパネルの間には隙間が空いており、通気を促すことで背面の排熱効果を高めてくれます。

背面が涼しいリュックを探している女性ハイカーにおすすめです。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

特徴2:レディース専用設計で体に合わせやすい

グレゴリー ジュノー24は女性の体にしっかり合うように設計されたレディースモデル。

  • ショルダーハーネスは肩幅に合わせ、バストに干渉しない幅・角度
  • 背面の長さは男性モデルより短め
  • 丸く幅広い骨盤を包み込むようなウェストベルト

洋服でも男性と女性が別れているように、リュックも体型に合わせて違うモデルが用意されています。

ちなみに、男性用はシトロ24です。

今ではどのメーカーも男女別モデルのリュックを発売していますが、着るバックパックと言われるグレゴリーは多くのモデルで男女別のラインナップを用意しています。

グレゴリー ジュノー24は女性向けに設計されているので、体型にしっかり合わせることが可能です。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

特徴3:使いやすいポケット類

グレゴリー ジュノー24は各所に使いやすいポケットが配置されています。

リュックの全面にはストレッチポケットを使った大型のポケットがあります。

すぐに取り出したいジャケットなどを入れておくのにべんりです。

その上部には小物類をしまっておける小型のポケットがあります。

地図を入れたり、おやつを入れたりすぐに取り出したい小物を入れるのにちょうどよいポケットです。

リュックをオープンすると内部にはメッシュで中身が見やすいポケットがあります。貴重品などはこのポケットに入れておくと良さそうですね。

サイドには(両サイドとも)ボトルが入れられるストレッチメッシュのポケットがあります。

500mlのナルゲンボトルならしっかりと収まりました。

ウェストベルトにも小物を入れられるポケットが付属。

手の届くところにはだいたいこのようなポケットが配置されているので、収納に困ることが少なく荷物の多い女性ハイカーにもおすすめです。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

その他の特徴もチェック

グレゴリー ジュノー24のその他、細かいところもチェックしておきましょう。

リュックの内部にはハイドレーションシステムに対応したポケットが付属しています。ハイドレーションを使わないときでも、収納ポケットになるので便利です。

荷物の量が少ないときに活躍するサイドコンプレッション。しっかりと締め込むと荷物がホールドされて、疲労軽減に繋がります。

ショルダーハーネスの付け根にはスタビライザーがついています。ぐっと引っ張れば荷物が背中に近づき、より背負いやすく疲労軽減に役立ちます。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

グレゴリー ジュノー24のメリット・デメリット

デメリット

グレゴリー ジュノー24のデメリットを確認してみます。

  • パネルローディング式なので、雨に弱い
  • レインカバーが付属していない
  • 背面長の長さは調節できない

がデメリット。

雨が降るかもしれない時や、荷物たっぷりの長時間のトレッキングなどにはあまりおすすめできません。

別途レインカバーを購入するか、晴れた日の軽いハイキングやトレッキングなどに使いたいリュックです。

メリット

グレゴリー ジュノー24のメリットは下記の通り。

  • 背中と腰によくフィットする
  • パネルローディング式なので開閉が楽。荷物が取り出しやすい。
  • スタビライザー付きなので、荷物を背中に引き寄せられる。
  • 気軽に背負える。

上記の点がメリット。

ちなみに女性に背負ってもらったら、他のリュックよりもフィット感がいいとのことでした。

トップリッドタイプではなくパネルローディングタイプなので、荷物の出し入れがしやすいのも大きなメリット。

気軽なハイキングやトレッキングでもしっかり背負いやすい作りなのがメリットです。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

グレゴリー ジュノー24のクチコミ・評判

良いクチコミ・評判:日帰りハイキングに最適なサイズ

一日のハイキングに最適なサイズで、簡単にアクセスできるポケットがあり、背面が通気性に優れています。また、セーター、レインジャケット、ランチ、水、おやつなどの収納にちょうどいいサイズ。
>Amazonクチコミ

ハイキングに使うのにちょうどいいサイズ、荷物の収納量ですね。

悪いクチコミ・評判:背面が固くコンピューターポーチへのアクセスが不便

以前のモデル(miwok)に比べて、背面が硬くてかさばり、ポケットが一つしかなく、コンピュータポーチへのアクセスが不便
>Amazonクチコミ

グレゴリーのミウォックと比べると上記の点がお気に召さなかったようです。

ちなみに、ミウォックは廃盤となり、今はミコ(メンズ)マヤ(レディース)が現行モデルです。

もし、違うモデルを探すならグレゴリーのミコ(メンズ)マヤ(レディース)がおすすめです。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

グレゴリー ジュノー24をおすすめする人・おすすめしない人

おすすめしない人

グレゴリー ジュノー24はこんな人にはあまりおすすめしないです。

  • たくさん荷物を担ぎたい人
  • 背面長を調節してより体にフィットさせてい人
  • 雨蓋式のリュックが欲しい人

要約すると、ガッツリ登山に使いたい人にはもっと高機能なものがおすすめかも知れません。

例えば、同じグレゴリーなら背面長が調節できるマヤ30あたりがいいかもです。

おすすめする人

グレゴリー ジュノー24はこんな人にはとてもおすすめです。

  • 気軽に背負えるハイキング用リュックがほしい
  • 背面の汗をかきにくいメッシュタイプがほしい
  • ポケットがしっかりあって、背負いやすいのがいい

要するに、ハイキングなど軽いトレッキングがメインで、背負いやすくて涼しいリュックを探している人向けです。

特に、背負やすさに関しては他のアウトドアメーカーよりも秀でているので、肩や腰に負担の少ないリュックを探している人には最適ですよ。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

まとめ:グレゴリー ジュノー24は涼しいリュックを探している女性ハイカーに使ってほしい

グレゴリー ジュノー24は涼しいリュックを探している女性ハイカーに使ってほしいです。

背面の通気性が高いのに、しっかりと背負いやすい工夫がされています。それでいて機能もシンプルなので、軽いハイキングにはもってこいです。

各所にポケットも多いので、小物が多くなりがちな方にもピッタリ。

涼しくて、背負いやすいリュックを探している女性ハイカーは一度チェックしてみてくださいね。

GREGORY(グレゴリー)
¥18,072 (2024/02/15 13:59時点 | Amazon調べ)

2003年に屋久島へ移住し、17年間屋久島でエコツアーガイド業に従事。現在は屋久島や秩父でガイドツアー開を企画・運営。アウトドアアイテムが好物。関東(秩父・奥武蔵)と屋久島を中心にネイチャーガイドエコツアーを開催中。日本エコツーリズム協会会員

このページのブックマーク、シェア、リンクをしていただけると震えるほど喜びます\(^o^)/

  • URLをコピーしました!

オーセンは秩父・関東・屋久島などでネイチャーガイド&エコツアーを行っています。

オーセンでは関東を中心に屋久島などのネイチャーガイド&エコツアーを行っています。ペースを上げすぎず、ゆったりと森を歩く少人数制のツアーです。

\現在開催中のガイドツアーはこちらから/

目次