メニュー
オーセンのネイチャーガイドエコツアー一覧 詳しく見る▶

ドイター ACライト 24をブログレビュー 夏のハイキングにピッタリなシンプル登山リュック

※当サイトはプロモーションを含む場合があります

ドイター ACライト24は暑い季節の日帰りハイキングにちょうどいい、シンプルで軽量な登山リュックです。

温かい季節のハイキングは、背中の汗蒸れが悩みの一つ。

発汗は体力を奪い、脱水症状などのリスクにつながるので、できるだけ避けたいところです。

そこでおすすめなのが、背中と背面に空間を設けることで通気性を高め、排熱を促すことができる、ドイターのACライト24!!

背面の排熱にこだわりが強い、ドイツのドイター社のシンプルなハイキング向けのリュックです。

本記事では、ドイターACライト24の特徴・クチコミ・メリットデメリットなどを詳しく解説します。

関連記事 同じくらいのサイズのリュックを探すならコチラの記事もどうぞ↓

目次

ドイター ACライト 24のスペックと特徴

ドイター ACライト 24のスペックと特徴を見ていきましょう!

スペック

まずは基本スペックから。

カラーは3色。お値段は¥17,600(税込)ですが、Amazonだと15,000円程度で購入できそうです。

項目内容
商品名AC LITE 24
品番3420821
カラーアトランティック×インク(1374)
アルパイングリーン×アークティック(2344)
ブラック×グラファイト(7403)
価格¥17,600(税込)
重量960g
容量24L
サイズ(高さ×幅×奥行)cm56 / 30 / 22

ザック自体の重さが1kgを切っているので、軽量なカテゴリーの登山リュックですね。

続いて、ドイター ACライト 24の特徴を見ていきます。

特徴1:エアコンフォートシステムで余計な汗をかきにくい

ドイター ACライト 24はメッシュパネルとバックパック本体の間にできる空間が空気の循環を促す、エアコンフォートシステムを備えているのが一番の特徴。

そのおかげで、背面の排熱が促進され、最大25%の発汗を抑えてくれます。

長時間の使用しても背中が蒸れにくく、汗をかきすぎないため、体力の温存にも役立っています。

実際、使ってみると背中に涼しさを感じ、歩く度に風が通り抜ける感覚がありました。

夏場のハイキングに積極的に使いたいと思えるリュックです。

リュックの下部にも空気の通り道となる隙間があり、縦も横も風が通り抜けます。

横から見てみると大きな空間が背中と本体の間にあります。

背面パネルは大きな穴のメッシュパネルでより通気性が高く、かいた汗を吸収しないので、手触りもサラサラです。

特徴2:シンプルな作りながら収納性も必要十分

ドイター ACライト 24はシンプルなリュックではありますが、必要最小限の収納ポケットも備えています。

左サイドには500mlのナルゲンボトルが入るサイドポケットがあります。

ストレッチメッシュのポケットでボトルがしっかり固定されているので、歩いているときに不意に落ちる危険が少ないです。

右サイドにはスマホなどを入れておくのに便利な、ファスナー付きのポケットがあります。

その他、おやつなどを入れておくのにも便利です。

トップポケットには大切な鍵などを固定するキークリップがあります。

これなら、鍵を落とすことがなく安心ですね。

トップポケットには地図などを入れられるくらいの大きさがあります。おやつやヘッドライトも入れるのにも便利です。

荷室もシンプルな一気室。ハイドレーションポケット付きです。

開口部が大きく開くので、中の荷物をスムーズに取り出すことができます。

必要十分なポケットと荷室で手軽に使えるのが魅力です。

特徴3:背負いやすいさもばっちり

ドイター ACライト 24は快適に背負える工夫もバッチリ備わっています。

ショルダーベルトは柔らかく、肩に食い込みにくいのが特徴です。

また、裏側はメッシュ仕様なので汗をかいてもベタつきにくいのが特徴です。

ヒップベルトの一部(腰に当たる部分)にはしっかりとクッションが入っています。

なので、荷物がたくさんあるときでも背中へのあたりが柔らかく、背負いやすいです。

その他の特徴:ストック、レインカバー等

ドイター ACライト 24のその他、細かいところの仕様も見ておきましょう。

まず、トップリッドはシンプルな一本締めタイプ。

24リットルの容量ならば、一手間で済む一本締めタイプのほうがスピーディーで快適に使えそうです。

本体前面にはストックなどを通すループが隠されています。

トレッキングストックなども固定することが可能です。

リュックのボトムにはレインカバーが内蔵されています。使わないときはリュック底部のクッション材としても活躍してくれますよ。

トップリッド裏側にもポケット有りです。

すぐには使わない小物などはここに入れておくと良いですね。

軽いハイキングに必要な機能はしっかりと揃っている、良いリュックです。

ドイター ACライト 24のメリット・デメリット

ドイター ACライト 24のメリットとデメリットをご紹介。

まずは、デメリットから御覧ください。

デメリット:多機能なリュックではない

ドイター ACライト 24は多機能なリュックとはいい難いです。

ポケット類も必要最小限。

背面長の調節などもできません。

なので、たくさんの道具を持って長時間歩くようなトレッキングには向いていません。

メリット:シンプルなので使いやすい

その反面、機能がシンプルで限定定期なので、迷うことなく使うことができます。

また、荷物が少なく、シンプルなリュックのほうが使いやすいハイキング用途やベテランハイカーにはおすすめのリュックでしょう。

トップリッドも一本締めなので、開け締めがしやすく、スピーディーに中身が取り出すことも可能。

とにかくシンプルで使いやすいのが魅力です。

ドイター ACライト 24のクチコミ・評判

ドイター ACライト24のクチコミもチェックしてみましょう。

クチコミ・評判①:背中が蒸れにくく、汗をかきにくい

「日帰り登山にちょうどいい。背中も蒸れずいい」

「ドイターの登山リュックは近所のお店ではあまり置いてなかったので、助かります。背中のネットがあるので背中の汗をある程度防止してくれます」

≫Amazonクチコミ

やはり、通気性の良さ、背中に汗がかきにくいところが評価が高いです。

クチコミ・評判②軽くて機能も十分、ハイキングにぴったり

軽いリュックサック。よく調整できます。軽いベルト。一つのバックルだけで便利に扱えます。

トップクオリティ、ハイキングに必要な全てが考慮されています。多くのポケットがあり、一部には機能があります。驚くほどの価格。非常に快適

≫Amazonクチコミ

多機能なリュックではありませんが、その分軽量でシンプルな作りなので、これで十分という人にはバッチリハマるリュックです。

ドイター ACライト 24をおすすめしない人・おすすめする人

ドイター ACライトをおすすめしない人とおすすめする人に分けてご紹介。

商品とのミスマッチを防ぐためにもぜひお読みください。

おすすめしない人:高機能な登山リュックを求める人

登山リュックは多機能で高性能なものがいいという方にはおすすめできません

ドイター ACライト24はシンプルさが何と言っても魅力。

背面長の調節やたくさんのポケットが必要ならば他のリュックがいいでしょう。

多機能なリュックを求めるならば、ドイターACライトはおすすめできません。

おすすめする人:ハイキングに使いやすい軽量リュックを探している人

一方、下記のような方にはドイターACライトはおすすめです。

  • 夏を中心とした暑い季節のハイキング用途
  • 最低限必要な機能が揃っているリュック

背中の通気性の良さは、数あるリュックの中でも抜群です。

これだけ、通気性がいいと秋冬に利用すると逆に涼しすぎるかも・・・。

暖かい季節に快適にハイキングをしたいという方にぴったりですよ。

まとめ:ドイター ACライト 24は夏のハイキングによく行く人に使ってほしい

この記事ではドイターACライト24をご紹介しました。

通気性が高く、シンプルで使いやすい夏のハイキング向けの登山リュックといったところ。

  • 多機能なリュックは使い方が難しい。
  • 簡単に使えるリュックが欲しい。
  • 背中が暑いのが嫌だ。

という人にはぜひともおすすめしたいリュックです。

Amazonや楽天だと定価よりも安く購入することができるので、価格だけでもチェックしておくと良いですよ。

関連記事 同じくらいのサイズのリュックを探すならコチラの記事もどうぞ↓

2003年に屋久島へ移住し、17年間屋久島でエコツアーガイド業に従事。現在は屋久島や秩父でガイドツアー開を企画・運営。アウトドアアイテムが好物。関東(秩父・奥武蔵)と屋久島を中心にネイチャーガイドエコツアーを開催中。日本エコツーリズム協会会員

このページのブックマーク、シェア、リンクをしていただけると震えるほど喜びます\(^o^)/

  • URLをコピーしました!

オーセンは秩父・関東・屋久島などでネイチャーガイド&エコツアーを行っています。

オーセンでは関東を中心に屋久島などのネイチャーガイド&エコツアーを行っています。ペースを上げすぎず、ゆったりと森を歩く少人数制のツアーです。

\現在開催中のガイドツアーはこちらから/

目次