メニュー

登山リュック 容量別

登山リュック タイプ別

アウトドアウェア

レインウェア

フットウェア・アクセサリー

ヘッドライト・サポート

テント・スリーピング

調理器具

ビジネスリュック

登山リュックのおすすめ▶

《レビュー》グレゴリー コミュート デイは通勤がラクになる軽量ビジネスリュック

アウトドア系ビジネスリュックは背負いやすさと機能性が魅力。なかでもグレゴリーのビジネスリュックは背負やすさに定評があります。

そして、2022年に発売された新しいラインがコミューターシリーズです。

そのなかから、本記事ではスタンダードなモデルで使い勝手のいい「コミュートデイ」をレビューします。

グレゴリーのビジネスラインで代表的なカバートシリーズよりも、カジュアルでスポーティーな印象。

より軽量な素材を使い。その名の通り毎日の通勤をラクにしてくれるアイテムです。

ということで、本記事ではグレゴリーのコミュートデイについてレビューしていきます。

グレゴリーのビジネスリュックをもっと詳しく知るなら下記の記事が参考になります。

私が書きました
管理人

2003年に屋久島へ移住し、17年間屋久島のフィールドでガイドツアーを運営。現在は出身地である埼玉県の秩父に戻り、秩父を舞台にネイチャーガイドツアー開催。
自他共に認めるアウトドアアイテム&道具マニア。

→秩父でのんびりハイキングツアーやっています

目次

グレゴリー コミュートデイの概要は?

背面側

ビジネスリュックをいくつも発表しているグレゴリーですが、「コミューター」シリーズは軽量でスポーティーな印象のライン。

実際に背負ってみると、カバートクラシックシリーズで感じる重厚さよりは、軽くて取り回しやすく、通勤で重たいビジネスリュックを使っている人におすすめです。

カバートシリーズで特徴的な分厚いショルダーハーネスは影を潜め、やや薄くて細めのショルダーハーネスを使用。

おかげで、スーツにもより違和感なくフィットします。

その他、各部のスペックは以下の通り。

容量20L
重量810g
サイズワンサイズ
カラーブラック
寸法45H×29W×16.5Dcm

容量20Lで本体重量が約800g!

グレゴリー コミュートデイの容量は公称値で20L。なのに、本体重量がたったの810gです!

容量的には毎日の通気にちょうどいいサイズ。それがたったの800g弱というのは驚き。

素材は軽量なCORDURA Hollofil AIR

素材は引き裂き強度と軽量性が高いCORDURA Hollofil AIRを使用。

強度の高いコーデュラ使用
CORDURA Hollofil AIR

生地の厚さやキメの細かさは中庸といったところ。

カバートシリーズと比べると、目の荒い生地ですが、遠くから見ればそれほど違いはわからないかもしれません。

グレゴリー コミュートデイのサイズ感は?

グレゴリー コミュートデイのサイズ感を比較するため、500mlのペットボトルを横に置いてみました。

容量20Lでややコンパクト

45H×29W×16.5Dcmで容量は20リットル。大きすぎず、小さすぎずのちょうどいいサイズ感です。

いろいろと荷物を入れてみましたが、生地自体に伸縮性が少ないものの、結構パンパンに。

ただ、ここまで荷物を入れてしまうと、背負ったときの背負心地が悪くなるので、入れ過ぎは良くないです。

荷物が多い人は容量の大きいものを選んだほうがいいですね。

ルックスはスッキリとしてややスポーティー

デザインはザノースフェイスのシャトルデイパックにも似た、スッキリとした印象。

背面側

横から見るとこんな感じ。

ロゴもしっかり主張する感じなので、どちらかといえば元気な印象を与えます。

前面側
ショルダーベルト

ビジネスリュックとして使うなら、主張し過ぎは良くないのかもしれませんが、このくらいならアクティブな印象を与えられていいかもしれません。

「アウトドア好きなのかな?」「元気そう!」そんな印象を持たれそうですね。

グレゴリー コミュートデイの背負やすさは?

ショルダーベルトは薄型。メッシュ使いがスポーティー

リュックの背負心地を左右するのが、ショルダーベルトの品質。

グレゴリーにしてはやや薄型で、メッシュ使いがスポーティーな印象です。

おかげで、夏場でも蒸れることが少なく、サラッとしてくれるので、このへんは好みが分かれそうなところです。

背面クッションで背負いやすさアップ

背中に当たる部分にはクッションが当てられ、背負やすさがアップしています。

硬いPCを入れたときでも、干渉することが少ないので、PCをよく持ち歩く人にもよさそうです。

ショルダーハーネスにはチェストベルトも装備されています。

荷物が重たくてショルダーハーネスが広がりがちなときは、しっかりと体にフィットさせられていいですね。

朝、電車に乗り遅れそうなときに走っても、荷物の揺れがすくなそうです 。

グレゴリーコミュートデイの使い勝手は?

メイン・PC・前面ポケット上下2コの4つの荷室で構成

グレゴリーコミュートデイは「メイン」「PC」「前面(上)」「前面(下)」の4つの大きなコンパートメントで構成されています。

  1. メインスリーブ
  2. PC
  3. 前面上
  4. 前面

大きく口が開くメインコンパートメント

メインのコンパートメントは大きくファスナーが開くので、中の荷物が取り出しやすいです。

内部は斜めにカットされたポケットもあるので、書類やファイル・雑誌など折り曲げたくないものを収納することが可能です。

手前側には小物入れに便利なメッシュのポケット付き。メッシュなので、外から内部が確認できるので、何が入っているのかすぐに分かります。

管理人

ワイヤレスイヤホンや目薬など、小さくてどこに仕舞ったかわからなくようなものを入れておくのに便利です!

PCコンパートメントは15インチも可。タブレットもOK!

PCコンパートメントには15インチサイズのノートPCもしっかりと入ります。

別ポケットにタブレットを入れることも可能。背中側は衝撃から保護するクッションのおかげで安心です。

止水ジッパーで水に強い

PCコンパートメントは止水ジッパーを採用しているので水が侵入しづらい作りになっています。

このあたりはアウトドアブランド系のビジネスリュックではもはや標準装備といったところ。

前面上部のポケットはスマホを入れるのにちょうどいい

前面側の上部のポケットは内部の仕切りがたくさんあって、小物を仕分けていれるのに便利です。

また、大切な鍵をなくさないようにキーフックが備わっています。

ポケットの深さもまあまああり、大きめのお財布やモバイルバッテリーなども入れられそう。

前面上部のポケットは使いやすい場所なので、ついついいろいろなものを入れてしまいがち。

ただ、あまりたくさん入れてしまうとバランスが悪くなってしまうので、そんなときは下側のポケットも活用しましょう。

前面下部のポケットも止水ジッパーを採用しているので、多少濡れても心配が無さそうです。

その他、サイドにはペットボトルも収められるポケットが左右に備わっています。

サイドポケットは生地に伸縮性がないので、ペットボトルを入れると、本体側を圧縮します。荷物が多いときはちょっと使いづらいかも。

ただ、サイドポケットは水抜きの穴が空いていて、使い終わった折りたたみ傘などを収納するのにも便利です

グレゴリー カバートシリーズとの違い

コミュートはカジュアル、カバートは高品質

グレゴリーのビジネスリュックでは人気の「カバートクラシック」シリーズがあります。

例えば、下の写真はカバートミッションデイスリムですが、全体的なデザインは似ているものの、より高級感があるのが特徴です。

カバート ミッションデイスリム

クラブハンドルの部分に革が使われていたり、ファスナーの持ち手がスエードだったりするところがその理由でしょう。

一方、本記事のコミュートデイはファスナーには樹脂の持ち手が使われています。

コミュートデイ

このあたりが、印象を左右しているかもしれません。

  • かっちりとオトナな雰囲気ならカバートシリーズ。
  • スポーティーで元気さを演出するならコミュートシリーズ。

そんな使い分けをするといいでしょう。

グレゴリー コミュートデイは軽量でガシガシ使えるビジネスリュック!

グレゴリー コミュート デイ
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • スポーティーで元気な印象のビジネスリュック
  • 軽量なビジネスリュック
  • 前面のポケットが上下にある
デメリット
  • 高級感は少ない

本記事ではグレゴリーのコミュートデイをレビューしました。

その名の通り通勤(コミュート)を意識した、使いやすいビジネスリュック。

容量20Lながら本体重量が800gと軽く、グレゴリーのビジネスリュックの中では軽量さが際立っています。

筆者の印象ではコミュートデイはスポーティーでよりカジュアルな印象。

同社のカバートクラシックシリーズの「硬派」なイメージを持っていた方には、コミューターシリーズが向いているのではないでしょうか?

アウトドアブランドのビジネスリュックをもっと詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。

グレゴリーのビジネスリュックをもっと詳しく知るなら下記の記事が参考になります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次