10月・11月・12月におすすめ!縄文杉&白谷雲水峡2日間セットツアー募集中!

2019年7月のツアーレポート

梅雨がまだまだ続く7月の前半。そして梅雨が開けるのが7月の後半。

天気の読みづらい7月ですが、夏本番前の静かな森歩きを楽しめる季節でもあります。

それでは、オーセンの7月のツアーについてレポートします。

7月3日 縄文杉はぜひ次回リベンジを! 白谷雲水峡ツアー

長引く屋久島の梅雨。

この日は本来は2日間セット縄文杉&白谷雲水峡ツアーの1日目。縄文杉登山の予定でしたが、天候悪化が予想されるために登山バスが動きませんでした。

なので、予定を変更して白谷雲水峡の森へ。

お天気の悪化を懸念して、最奥の太鼓岩までは行かずに、途中の苔むす森までを目指しました。

雨は森を美しくします。

梅雨時期の白谷雲水峡はいつも潤っていて苔が元気です。苔の森の本領発揮といったところでしょうか。

晴れの日だけが100点の日ではないということを教えてくれます。

自然を相手にして遊ぶ時は、危険な状況に身を置かないというのが鉄則です。この日はそうならないようにバスが運休しました。

ただ、無理をしない範囲であればこんなに森は綺麗で、そういう屋久島の瞬間を見たいというのが僕の願いです。

川もここのところ降り続いている雨で少し水は多めです。この後、大雨がふれば一気に増水するでしょう。

白谷雲水峡は川の増水の危険があるので、無理はできないところです。こんな雨の日の増水状況を見極めて判断するのもガイドの仕事です。

結局、翌日も悪天候の懸念があるので縄文杉バスの運行が無く、結局お客様は縄文杉登山には行けませんでした。

2019年5月に発生した大雨で車道が崩れ、その車道の本格復旧がまだ出来ていません。

また、登山者の安全を考慮して、悪天候が予想される場合は登山口までのバスの運行が中止になるようになりました。

夏休みのオンシーズンを前に、早く車道の復旧を願いたいのですが・・・。

7月7日 梅雨の中休みの晴れ! 2日間セット縄文杉&白谷雲水峡ツアー

この日は2日間セット縄文杉&白谷雲水峡ツアーの1日目。縄文杉登山の日です。

やっと晴れてくれました!

まだ、梅雨は明けてはいないのですが、梅雨の合間の晴れといったところです。

この日のお客様は2人組の男女と一人旅の女性の合計3名。

途中、森の中に光が差し込みました。久しぶりの晴れ間です。

そして、縄文杉へ。

縄文杉を眺めるデッキの上は人が少なく、写真のように座って鑑賞することができました。

日帰りの縄文杉ツアーでこのように人が少なく、ゆっくり縄文杉を眺めるのって、すごく珍しいことです。

どうやら今年の屋久島は観光客が少ない年のよう。

こんな年に屋久島に来られた人はすごいラッキーですね。

スポンサードサーチ

2日目は白谷雲水峡へ

そして2日目は白谷雲水峡へ。

2日目もありがたいほどの晴れの日です。

太鼓岩でもこの天気。

梅雨の季節の晴れ間は本当にありがたいです。

皆様本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました!

スポンサードサーチ

7月13日〜 雨だったけど元気女子が集まった! 1泊2日縄文杉ツアー

この日は久しぶりの1泊2日縄文杉ツアー。

お客様は2人組の女性グループとそれぞれ一人旅の女性2名という、全て女性のツアーになりました。

お天気は曇り〜雨という感じでしたが、時にはレインウェアも脱いで歩けるような天気。

この季節の屋久島は湿度が高めなので、半袖で歩くのがいいですね。

この日は無事に夕方前に小屋に到着。

翌朝は早朝から縄文杉を眺めました。

他の人は殆どおらず、ほぼ貸し切りのような状態。

朝もゆっくりと縄文杉を眺めました。

スポンサードサーチ

7月15日 なんと3日連続の登山 白谷雲水峡ツアー

この日は白谷雲水峡フルコースツアーの開催。

お客様は前日1泊2日縄文杉ツアーにご参加された方達。

3日連続の屋久島登山で、体力が持つか心配でしたが、その疲れを吹き飛ばすほどの美しい白谷の森でした。

上の写真はしっとりとした白谷の森に差し込む木漏れ日。

雨の多い屋久島の森は湿度が高く、朝もやが発生したところに光が差し込むと芸術的な封家を見せてくれます。

木漏れ日の中を進んでいきます。

と思ったら、また靄がかかってきました。

変化の激しい日です。でもこんな日はいろいろな森の表情が見れて『お得』なのです。

心配していた太鼓岩からの景色です。

途中曇ってきたので「どうかな〜」と思っていたのですが、無事に景色が見られました。

いろいろな景色が楽しめるのが、白谷雲水峡のいいところなのです。

7月18日〜 雨だけど静かで快適 2日間セット縄文杉&白谷雲水峡ツアー

この日は2日間セット縄文杉&白谷雲水峡ツアー。

少し雨がちのお天気でしたが、人が少なく快適に歩けました。

やはり人が少ない今年の屋久島。

でも、その分たっぷりと自然を楽しめるというメリットもあります。

それぞれのポイントでもこのように貸し切りで写真が撮れたり。

頭上を見上げるとヤクザルがいたり。

人が多すぎるとこのような動物との遭遇率も下がってしまいます。

縄文杉に到着しても、とてもゆっくりと縄文杉を眺めることが出来ました。

2日目は白谷雲水峡へ

2日目は白谷雲水峡へ。

雨も上がり、しっとりとした白谷の苔の森です。

太鼓岩の上は風が強く、あまり岩の先端まではいけませんでしたが、大きな安房川の谷が見えていました。

7月24日 東京からお越しのご夫婦 2日間セット 縄文杉&白谷雲水峡ツアー

この日は2日間セット縄文杉&白谷雲水峡ツアー。

お客様は東京からお越しのご夫婦でした。

梅雨明け宣言も出て、気持ちのいい晴れた空の屋久島です。

今年の屋久島は登山客が少なめ。そのおかげか道中によく動物たちに会えます。

上の写真はヤクシカの子供です。

親子のヤクシカとかも見ることが出来ました。

2日目の白谷雲水峡

↑そして2日目の白谷雲水峡もしっかりと晴れています。

↑白谷雲水峡の森も静かでした。

↑太鼓岩の上で、お客様二人を後ろから撮影。

なかなか絵になっていますね。

登山客が少ないのでどこも貸切状態でした。観光業者としてはお客さんにたくさん来て欲しいのですが、お客さんにとっては人の少ない屋久島のほうがいい体験ができます。

うーん、悩ましいです。

今年の屋久島は5月の豪雨の影響で登山客は少なめ。かえって穴場の年ですよ。

7月27日 仲良しなご姉妹でした。 2日間セット 縄文杉&白谷雲水峡ツアー

この日のツアーは2日間セット縄文杉&白谷雲水峡ツアー。

お客様は姉妹でご参加のお二人。とても仲良しのご姉妹です。

↑梅雨が開けた屋久島は晴れの日も多くなってきます。

この日もトロッコ道に光のシャワーが!!

朝のトロッコ道はこんな光りに包まれることがあります。

この後、縄文杉に無事到着し、帰り道では沢に寄ってみました。

↑疲れた足を冷たい沢に浸すと、一気に疲れが取れます。

夏の屋久島の登山の嬉しい瞬間です。

2日目の白谷雲水峡も晴れました

↑2日目も予定通り白谷雲水峡へ。

沢沿いで水を掛け合う仲良しの二人。

↑太鼓岩でもしっかり晴れました。

晴れた日の太鼓岩は日差しがきついので、しっかり日焼け止めと帽子が必要です。風も強いので帽子が飛ばされないように注意です。

↓最後も川でクールダウンです。

夏も本番を迎えて屋久島も暑さが続いています。

こんな季節は沢に足を浸すとひんやりと気持ち良いので、屋久島に来た際は沢の水にも触れてみてくださいね。

7月30日〜 夏が楽しい! 2日間セット縄文杉&白谷雲水峡ツアー

この日は2日間セット縄文杉&白谷雲水峡ツアー。

お客様は女性二人旅の方と、男女カップル2名の合計4名のツアーになりました。

↑空は快晴!気持ちの良いお天気です。

早朝の屋久島の山は清々しい空気の中を歩きます。昼ころになるとさすがに暑さと湿度が高くなってきます。

↓この日ご参加の男性が背負ってきたアウトフレームタイプのザック。

↑玄人好みのザックで、すれ違うガイドさんの羨望の眼差しでした。

なんでも、知人に借りてきたもので、本人はほぼ初めての登山だったそうです。この日の山で一番注目を集めていたかもです。

無事に縄文杉にも到着し、帰りに沢で足を冷やして下山しました。

2日目 白谷雲水峡へ

2日目は白谷雲水峡へ。

↑太鼓岩もしっかり晴れましたよ。

雲の感じもしっかりと夏ですね。

まだまだ暑い夏は続きそうです。

そして、白谷雲水峡の小屋にいた。アブラゼミ。

6月〜9月にかけて、屋久島の森は様々なセミが順次鳴き始めます。アブラゼミは季節的に夏本番のセミです。

↓夏の屋久島は強い太陽の光と青空が魅力的です。まだ夏の旅行が決まってない方は屋久島にどうぞ。

終わりに

梅雨と夏の始まりという、天気の変化が大きい7月の屋久島。

雨になるか、晴れになるかはその時次第ですが、どちらでも対応できるような準備をしておくといいですね。

夏休みになると観光客も増えますので、静かな森を楽しむならば、7月中旬ころまでがおすすめですよ。