10月・11月・12月におすすめ!縄文杉&白谷雲水峡2日間セットツアー募集中!

2019年6月のツアーレポート【屋久島オーセン】

雨の多いことで有名な屋久島。

普段から雨がちではありますが、6月の梅雨時期はさらに雨の頻度が増します。

そんな季節に屋久島に行っても、雨の中を歩くには大変なのでは?

そう思われるのも当然ですが、梅雨の屋久島はかえって人も少なく、静かな森歩きが楽しめるチャンスのシーズンでもあります。

たしかに、梅雨前線の活発な時は山に入れずツアーが中止になることもありますので、声を大きくしておすすめの季節とは言えません。

ただ、少しの雨くらいで屋久島の静かな森を(ほぼ貸切に近い感じで)歩けたらラッキーと思えるなら、この季節はおすすめなのです。

2019年の6月もツアーが中止になったり、コースを変更しながらも、森の中を歩けたりとお天気に左右されることも多かったですが、それでも静かな屋久島を楽しむこともできました。

それでは、2019年6月のツアーの様子について書いてみましたので御覧ください。

6月1日白谷雲水峡フルコースツアー

この日の開催は白谷雲水峡フルコースツアー

女性二人組とお一人参加の合計3名で白谷雲水峡へ行ってきました。

お天気は雨模様だったので上記の写真のように太鼓岩の景色はありませんでしたが、白谷の沢が増水することも無く無事にコースを全て回りきることができました。

ヤクザルなどにも会うことができ。

森はひたすら静かで、苔の潤い具合もばっちりです。

6月の梅雨時期は白谷の苔が水分を含んで、本当に美しく、「雨で良かった」と思える瞬間です。

今回は雨で太鼓岩からの景色はあまり見えませんでしたが、その代り潤った森を体験することができました。

ツアーにご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

2019年6月4日1泊2日縄文杉ツアー

朝焼けの縄文杉も楽しみな1泊2日縄文杉ツアー

正直、6月はお天気が崩れがちなので、朝日が縄文杉を照らす確率は少ないものの、なんとこの日は奇跡的に晴れ!

しかも、朝の縄文杉は誰もおらず貸切でした。

こんな日があるから6月の梅雨時期でも、ついついおすすめしたくなる屋久島なのです。

初日からお天気の具合はあまり良くなく、山の上は雲の中といった感じです。

5月に屋久島を襲った大雨で道路が崩壊し、久しぶりの縄文杉でした。

トロッコ道の途中にはこんな転石も。

雨が多く、花崗岩でできた屋久島では、がけ崩れや転石などは珍しいものではありません。

大雨の後はこのような転石が見られることが多いのは事実です。

逆に大雨の時にしっかり崩れるべきところが崩れてくれていれば、通常時にいきなりがけ崩れを起こすということがないので、それほど心配することは無いのです。

ただ、こんな転石を見せられると、やはり屋久島の大雨の威力はすごいなと感じさせられます。

と同時に、そんな自然の猛威のなか何千年も立ち続けている縄文杉の生命力もすごいなと改めて思うのです。

屋久島は決して穏やかな環境だから木々たちは長生きをしているのではなく、このような自然の影響を強く受ける環境なのに、長生きをしているのだと考えると、屋久島の本質が少し垣間見える気がします。

こんな、自然の凄まじさを見られるのも屋久島の魅力なのです。

と、いろいろな事を考えながらこの日は山小屋に到着して、翌朝を迎えました。

予想に反して、朝はお天気。まさに奇跡としか言いようがありません。

ばっちりと朝日が当たる縄文杉を眺めることができました。

6月の屋久島の魅力はやはりこの静けさにあります。雨の驚異もあり、ツアーが催行できない事もありますが、こんなに静かな森を体験できるのも贅沢なシーズンなのですね。

スポンサードサーチ

6月10日 2日間セット縄文杉+白谷雲水峡ツアー

この日は2日間セット 縄文杉+白谷雲水峡ツアー

この日はようやく5月の大雨で通行止めとなっていた車道が仮復旧しました。

日帰りで縄文杉に行くのは久しぶりです。

お客様はお二人様で、お天気もばっちり晴れました。

トロッコ道の途中から標高1860mの翁岳もばっちり。

この梅雨の季節に青空を拝めることが何よりもありがたいです。

この日の登山者はおおよそ50名前後といったところでしょうか。

夏のハイシーズンは一日に300名以上になる縄文杉ルートですので、いかに人が少ないかがわかります。

この日のようにお天気も晴れてくれたら、ほぼ貸切状態の静かな森歩きを楽しむことができます。

安房川沿いではご覧の通りサツキの花が咲き始めていました。

2日目は白谷雲水峡へ

そして、翌日は白谷雲水峡へ。

前日の2名様のお仲間がさらに2名加わって、合計4名での森歩きです。

白谷雲水峡も皐月の花が満開です。

太鼓岩からの景色もばっちり。

正面に宮之浦岳も見えています。

そして、この日は太鼓岩をずっと貸切にできるくらい人が少なかったです。

5月の大雨の影響で、屋久島の観光客も減っている様子。

やはり、増水の映像が全国区で放送されていたので、お客さんも少なくなっているようです。

大手の旅行会社さんも今年は屋久島を積極的には宣伝しなくなっているとも聞いていますので、さらに今後観光客も減ってくることでしょう。

でも、屋久島自体は特に問題なく、いつもの屋久島ですので、今年屋久島に来る人は静かな自然を楽しめて穴場の年かもしれませんね。

6月の梅雨時期にありがたい晴れの2日間でした。

スポンサードサーチ

6月26日 (中止)日帰り2日間セット 縄文杉+白谷雲水峡ツアー

こんにちはオーセンガイドの佐藤です。2週間ほど屋久島を離れ、関東や信州の山を登っていました。

そのために、2週間ぶりのツアーとなります。

この日予定されていた2日間セット 縄文杉+白谷雲水峡ツアー

ところが、残念ながらこの日は大雨の予報のために中止となりました。

中止の理由は、大雨で警報等が発令されたわけではないのですが、大雨が降るかもという予報で登山口へのアクセス手段であるシャトルバスが運休してしまったためです。

5月に屋久島を襲った大雨で起きた事故により、荒川登山口へのシャトルバスの運行基準が変更となり、それまでは警報等が発令されたら運休していたバスが、警報等が発令される可能性が高いと運休するという方針に変更となったようです。

まだ登山口への車道が仮復旧中ということもあり、安全を優先にした処置のようです。

誠に残念なのですが、6月26日〜29日までの4日間連続でバスが運休し、この間に予定されていた縄文杉ツアーは全て中止となりました。

代替案としてヤクスギランドや西部林道エリアのツアーに変更してツアーを行いましたが、写真もあまり撮っておらず、文章だけの報告となってしまいました。

6月30日 日帰り2日間セット 縄文杉+白谷雲水峡ツアー

この日は2日間セット縄文杉+白谷雲水峡ツアー

女性4人グループの貸切ツアーです。

4日間連続で運休していた登山口へのシャトルバスですが、この日はやっと動いてくれました。

お天気は雨が降ったり止んだりと不安定だったものの、無事に縄文杉まで行ってくることができました。

この日も全体的に登山者は少なく70名前後といったところ。

縄文杉もご覧の通りゆっくりと見ることができました。

連日の雨ですが、森の植物たちは色鮮やかで新鮮な緑を見せてくれます。

森はこの雨を喜んでいるようですね。雨は大変ですが森が本当に美しい季節です。

2日目は白谷雲水峡へ

2日間とも雨がちの天気でしたが、お客様はみんな元気・・・というか、雨の森の美しさを楽しんでらっしゃるご様子。

「この季節の屋久島は雨を覚悟できました」と言うだけあって、どんな状況でも楽しもうというお気持ちなのだと思います。

そう思えば、雨の屋久島も美しく見えてくるのですね。

とはいえ、この日は沢の増水が怖いので、太鼓岩まではいかずに途中で引掛してきました。

無理をしすぎない、その潔さも屋久島を楽しむ秘訣なのかもしれません。

まとめ:2019年9月の屋久島のツアーレポート

6月の屋久島はやはり梅雨時期ということもあって、雨の多い季節です。

けれども、その雨を楽しんでしまえという気持ちになれば、雨の見方も変わります。

どうしても、大雨でツアーを行えなかった日もありますが、天候不順が理由でツアーが中止になるのはどの季節でもあり得ること。

自然相手のアクティビティにはつきものです。

残念な部分もありますが、また屋久島に遊びに来る理由ができたと思っていただいて、ぜひ次回リベンジして下さい。

そして、雨の屋久島を楽しめたのならば、今度は季節を変えて屋久島に来て下さい。

屋久島の梅雨時期の森の美しさもその時期ならでなものだと感じるはずです。

2019年6月は5月の大雨によるイメージダウンによって観光客の少ない屋久島でしたが、人が少ないからこそ静かな森の中を思う存分堪能することができました。

観光業を営むものとしては複雑ですが、今年の屋久島は穴場の季節で狙い目なのかもしれませんね。

屋久島おすすめ旅行手配
JAL国内ツアー
良質な宿泊施設を取り揃える安心のJALツアー。イチオシです!
JALダイナミックツアー
JALの飛行機とお宿を自由に組み合わせるセミオーダー式ツアー。
JALじゃらんパック
マイルもポイントも貯まるじゃらんツアー。豊富なお宿が魅力。
楽JALパック
こちらもマイルもポイントも貯まる楽天トラベルツアー。豊富なお宿が魅力。
JTB国内ツアー
品質に定評のあるJTB。旅行に不安があるなら安心のJTBです。
エイチ・アイ・エス屋久島ツアー
格安のイメージが強いですが、幅広いプランも魅力です。
クラブツーリズム屋久島ツアー
屋久島以外の地域との組み合わせたプランなどがあります。
▼宿泊の手配▼
じゃらん
楽天トラベル
▼飛行機の価格比較▼
skyticket(スカイチケット)
エアトリ