お一人ご参加OK!レンタル無料のガイドツアー

【ガイドツアーレポート】「4月の屋久島は本当に静かだよ」と声を大きくして伝えたい 18/4/10

こんにちは。オーセンのガイドの佐藤です。

新年度を迎えて、なかなか休暇も取りづらい4月。

後半にはゴールデンウィークが控えていますので、どうしても4月の中盤はお客さんが減ってしまう屋久島なのですが、その代わり静かな森を楽しむことができます。

 

今回は4月の屋久島の静かな森を「11泊2日縄文杉&白谷雲水峡ツアー」で歩いてきましたので、その様子をレポートします。

4月の屋久島は静かだけど、最高に気持ちのいい季節

白谷雲水峡の沢

冬の寒さが遠のき、徐々に暖かくなる4月の屋久島。

新緑と桜と、その他の小さな花が咲き始める、一年のうちでも森が美しい季節でもあります。

賑やかだった3月の春休みシーズンが終わって、新年度が始まると、屋久島の山も束の間の静けさを取り戻してきます。

気候的にも森の美しさ的にも素晴らしいので、人が少なくなるのはちょっともったいなくなる気もします。

太鼓岩も静か

このツアーで通過する人気スポットである「太鼓岩」や「ウィルソン株」、そしてもちろん「縄文杉」も基本的に人が少なく、混雑することはありませんでした。

朝の縄文杉もばっちりと晴れてくれました。

昼間は人が多い、縄文杉のデッキも朝はこんな感じで、静かにゆっくりと見られます。

これが、山に宿泊する縄文杉ツアーの醍醐味です。縄文杉の前で日の出前から1時間ほど眺めたり、写真を撮ったりすることができました。

 

 高塚小屋だけは人で混雑していたのでテント泊で

今回はテント泊で

ツアーで利用する高塚小屋。

縄文杉の近くにある小屋で、最近リニューアルされ定員が増えたものの、最大16名ほどでいっぱいになってしまう小さな避難小屋です。

この小屋は宮之浦岳を経由してきた縦走の登山客と、縄文杉を目指してきた登山客で常にいっぱいでなかなか小屋に入ることができません。

この小屋より1時間30分ほど登ったところにはもう一つの山小屋である「新高塚小屋」があるので、宮之浦岳を経由する縦走の方はそちらを利用したほうが、快適かもしれません。

けれども、この日は天気がよく、快適に過ごすことができました。

この日参加していただいたお客様


この日、参加していただいたお客様は全部で5名様。

ありがたいことにツアーは満員となりました。

新婚旅行で屋久島にいらしたご夫婦と、それぞれひとり旅の方3名の合計5名です。

みなさん、初対面でしたが、とても楽しそうにされていたのが印象的です。

みなさんまた屋久島に来てくださいね!

ここまでお読みいただきまして誠にありがとうございました!