ブログ

屋久島の1月と2月 <縄文杉 白谷雲水峡 ヤクスギランド 宮之浦岳など> 

 

屋久島の1月と2月

観光地としてもローシーズンに当たる屋久島の冬。北西の季節風が吹き、屋久島といえどもしっかりと寒くなります。

秋までは沢山訪れていた観光客も少なくなり町も森も静かになるので、都会の喧噪から離れてゆっくり過ごすにはとてもいい季節です。ちょっとゆっくりしたい方や、2度目の屋久島というリピータさんにもお勧めです。そうそう屋久島は温泉もいいですよ。

スポンサーリンク



屋久島の1月・2月の縄文杉

寒波が来ると雪も降ってしまうのが屋久島の山岳地帯。縄文杉付近でも1m以上の雪が積もることもあります。ただ、雪の量は年によって大きく変化しますので、雪が少ない年なら雪に苦労すること無く歩けることもあります。

しかしながら雪が降ってしまうと木道の階段に雪がたまり、歩きづらくなったり滑りやすくなったりします。トロッコ道の橋の上なども凍結しますので注意が必要です。

そんな雪のリスクのある時期ですがお天気が許せば、日により複数名の縄文杉登山者はいますので、ある程度雪が踏み固められ全く歩けないということもありません。

チェーンスパイクなどの滑り止めと十分な防寒具、日が短くなるのでヘッドライトなどの装備がしっかりしていれば、この時期でも縄文杉登山は可能です。むしろ人が少なくひっそりとして、自然の静けさをダイレクトに感じられる貴重な季節でもあります。

冬の季節でもガイドツアーの募集は行っておりますので、必要な装備の貸し出しや天気の難しい判断などを任せられるので安心です。

屋久島の1月・2月の白谷雲水峡 ヤクスギランド

縄文杉へ向かう途中 荒川コース

 

白谷雲水峡は標高600m〜、ヤクスギランドは標高1000m〜と屋久島では真ん中あたりの標高に位置しています。縄文杉登山と同じくらいの標高です。

苔が多い白谷雲水峡やヤクスギランドでは一面緑の苔や木々に覆われた風景を想像しますが、この季節に限ってはやはり雪の影響を受けやすくなりますので、一面緑の森では無いときがあります。

どうしても、緑の森をイメージして(それを目的にして)森を訪れてしまうと、イメージと違う!ということにもなりかねません。

けれども、純白の雪化粧が施された苔の森も味わい深いものがあります。純白の雪が緑の苔に覆われた岩の隙間を埋めるように降り積もり幻想的な風景です。

緑一面だと思っていた白谷の苔の森に雪が交じり、それでもたくましく緑の葉をたたえている様子は一見の価値がありです。

屋久島の1月・2月の登山 宮之浦岳 黒味岳

T201301050022 1024
1月の宮之浦岳の眺め

宮之浦岳や黒味岳などの奥岳といわれる屋久島高標高の山岳地帯はさらに気候的条件は厳しくなります。雪の量も増え、完全に雪山となりますのでしっかりとした経験が必要となってきます。

また、スタート地点となる淀川登山口までの道も積雪により封鎖されることもありますので、登山口までのアクセスも大変になります。

ただ、山の上の景色は夏とは大きく変わり雪の美しい景色になりますのでこの季節限定の特別な屋久島になることは間違い有りません。雪山に対しての十分な知識と経験をお持ちの方ならば十分に楽しむことが出来るでしょう。

この季節の一番のおすすめの山は南部のモッチョム岳。標高940mほどの山ですが、スタート地点が200m位なので標高差700m程度の山です。この山、夏に登るのは少々厳しい山です。

というのも屋久島の低標高からスタートする山なのでとにかく暑さとの戦いが続きます。それに加え、屋久島の中でも登山道が険しく勾配がきついことで知られています。この山のベストシーズンは夏より冬が良いでしょう。(ガイドの佐藤も夏に挑戦したことがありますが、あまりの暑さに敗北したことがあります)

 

さいごに

山は雪が降る可能性の高い屋久島の1月と2月。この季節の屋久島は山に登れない可能性もある季節です。その反面里地でゆっくり時間を過ごすには最高の季節となります。

P2040063 1024
ポンカン(みかんの一種)一般的なみかんよりサイズが大きく甘いです。

観光で訪れる方も少なくなるので、屋久島らしいゆったりとした時間を楽しむことができ、車でドライブすれば島内のあちこちでみかける無人市でポンカンやタンカンが信じられないくらい安い値段で手に入れることが出来ます。また、最近は都会でも知られるようになった安納芋や脂がのってこの時期おいしさが増す首折れサバなどもこの季節限定の楽しみです。

島内各地には温泉場もありますので、ゆっくりと温泉巡りをするのも楽しみの一つでしょう。また、2月の後半には暖かさが戻ってきて里地では桜が咲き始めます。2月の後半にはお花見が楽しめてしまうなんてすごいですよね。

屋久島の観光地というと縄文杉や白谷雲水峡などの山岳地帯に集中しがちですが、里地を巡るだけでも十分に楽しむことができるのです。

2月下旬に咲く 屋久島の桜
屋久島里地の桜

 

 

Return Top